2016年 05月 30日

ロッブリーでサルまみれ【その3】

その3って、サルまだあるのかよ?!とアナタは思っていますね?まだあるんだよ。
せっかくロッブリーに来たら、もう一カ所ある「サルの名所」を見ずには帰れないのだ。

ロッブリーの駅のそばに一つ寺院があって、ここがまた猿の寺として有名なんだよ。
その名はサーン・プラ・カーン。しかしイ課長だってこの寺の名前なんてトックに忘れて、
この記事を書くために調べ直したくらいだ。ここでは「サル寺」という略称で書かせていただく。
f0189467_21350284.jpg
 
サル寺とサル遺跡はおっそろしく近い。サル遺跡から踏切と道路をわたるともうサル寺なのだ。
要するにこの一帯がロッブリーで最もサルが集まるエリアなんだろうな。すでにサル遺跡で十分
サルまみれになったイ課長だ。毒を食らわばサルまでも。サル寺上等、行ってくれようじゃねぇの。

おお、階段の両脇が早くもサルときやがった。思いっきりサルをフィーチャーしてきてるね。
まぁ日本だってキツネ(各種稲荷神社)とかタヌキ(秋葉原の神田川沿いにある柳森神社がそう)を
祀った神社があるくらいだから、動物のサルが信心の対象になってもおかしくはない。
f0189467_21315736.jpg
 
むしろ日本人がキツネやタヌキを信仰してると知ったらタイ人は驚くよなぁ・・って以前にタイには
キツネやタヌキなんているのか?東南アジアで動物を対象にした信心っていうとやっぱゾウとかサルだよな。

叙事詩「ラーマーヤナ」でもサル将軍ハヌマーン率いるサル軍が活躍する。バリ島のケチャで有名な
「チャッ!チャッ!チャッ!」っていう男声合唱?もラーマヤナのサル軍の声を表してるっていうし、
東南アジアじゃなんつったっておサルさんは偉いのだ。
f0189467_21315767.jpg
 
お?エサ場がある。
しかしエサ場にサルが群がってるという感じじゃない。どうもロッブリーのサルは基本的にみんな
飽食気味なのかもしれない。サル遺跡では「サルに餌やらないで」って看板があったはずだけど、
それでも面白がってエサやる観光客はいるだろうしねぇ。
 
f0189467_21322752.jpg
 
ここで重要なことを書いておく必要がある。
サル遺跡と違ってサル寺のサルはおとなしいんだよ。サルまみれになることはない。ヨジ登られない。
サル寺においては噛まれるとかひったくられるといった心配せずに「ああサルがいっぱいいるなぁ」と
思いながら普通にサル鑑賞できるわけで、当初はサル遺跡もこういう感じだろうと予想して行ったんだが・・(笑)。

推測するに、サル遺跡の方がいわば「サル団地」で、大人も子供もあそこに居住していると考えられる。
赤ん坊から生意気盛りの中高生バカザル、メスザル等々も多いんじゃないかと思う。
一方このサル寺は道路一つ隔てて出張してこなきゃいけないから大人のオスが多いんじゃないかなぁ?
イ課長の肩にとっついたバカザルどもに比べて顔つき・身体つきが少し大人っぽいように思う。
大人は分別があるからイタズラなんてしないのだ。
f0189467_21322763.jpg
 
サルまみれになる心配がないと、ちったぁ落ち着いて寺を見ることができる。寺の一角には古い石積みの
遺跡チックなものもある。何だろうか?周囲にクメール遺跡がワンサカあることを考えれば、これもまた
ロッブリーがクメール帝国に支配されてた当時に遺構なんだろうな。
f0189467_21312741.jpg
f0189467_21312711.jpg
 
(たぶん)成熟したサルが多いせいか、おサルさんたちもみんなまったりしてる。
イ課長の経験則からいうと、ゆっくりサル鑑賞したいならサル寺、サルまみれになりたいなら
サル遺跡に行きましょうってことになるな。
f0189467_21315730.jpg
 
これまでご紹介した「サルなし廃墟」や「サル遺跡」、さらに「サル寺」等々はすべて
ロッブリー駅周辺に集まってる。だから徒歩でまったく問題ない。しかし遺跡とサルだけ見て
帰るというのもナンだし、まだ時間は昼頃だし、腹も減ったし、というわけで、イ課長は
「猿の惑星エリア」を離れてロッブリー中心街の方に行ってみることにしたのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-05-30 00:09 | 2015.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2016-05-31 20:43 x
成熟したサルが多いとは、お寺のサルは、ちびっこを増やさないように、去勢とかしているのかなと思いました。ともあれ、こっちは、よじ登られないでよかったですね。あと噛まれたりひっかかれたりしないで、ふんとによかったですよ。
Commented by tohoiwanya at 2016-06-01 01:07
>ちびっこを増やさないように、去勢とかしているのかなと

Bきゅうさん:
私の想像では、サル寺の成熟猿たちは普段はサル遺跡の方に奥さんやガキどもと住んでて、
昼間だけサル寺に“出勤”してくるんじゃないかって気がするんですよ。
近いとはいえ、広い道路や線路を渡らないといけないわけだから、
女コドモは通れない。大人のオスザルだけがサル寺に出勤できるという・・

・・ま、サル寺に出勤したって、何も働いてないわけだけど(笑)。


<< ロッブリーという町      ロッブリーでサルまみれ【その2】 >>