2016年 07月 04日

英国トラブル・ガイド 【トラベルカード編②】

さて、問い合わせフォームで何度問い合わせてもラチが明かないトラベルカード予約トラブル。
こういう時、一体ドコに掛け合えばいいのか?

まず考えたのは英国観光庁の東京事務所だ。きっとそういうのがあるだろう。そこに電話して日本語で
直接事情を説明し、素早い対応を頼もうと思った。

だが問い合わせメールアドレスすら書かれてないVisit Britainの日本語サイトだ。日本での連絡先なんて
全然載ってない。いろいろ調べてみると、どうも英国観光庁の東京事務所って何年か前に閉じたみたいなんだよね。
それでも連絡拠点は残したようで、その電話番号が書かれた古い情報を発見。さっそく電話してみた。


     おかけになった電話番号は現在使われておりません・・・・


ムカーッ!
 ネット購入顧客からの連絡方法は、あの連絡フォーム以外一切ナシってわけやな?
くっそーー泣き寝入りしねぇぞ、くぬやろう。

こうなったら英国の日本大使館に談じ込もうか・・と考え始めた時、イ課長はたまたま英国観光庁の本庁、
つまりロンドンの英語サイトに「お客様の声」フォームというのを発見した。もうこの際しかたがない。
ロンドン本庁の「お客様の声」窓口に英語で掛け合おうじゃねぇか。こういうコトを調べるためにイ課長が
どれだけの時間を費やしたと思ってんだ!イギリスじん!!

またまた英語で、静かな怒りを込めた文章を書き(笑)、送った。ロンドン本庁の問い合わせフォームは
ファイル添付も可能だったから、相手の目につくように前回記事に載せた2枚の写真も添付して送った。
ちなみに「確かに受け取りました」という受信確認はここでもない。
これが5月の終わり頃の話。とにかく早く送ってもらわないとイカンのだ。イ課長たちが出発した後に自宅に
切符が届いたって意味ないんだってば。早くメール見ろ!担当者!!
f0189467_23033962.jpg
 
すると一日経ってやっと返信が来た。ロンドン本庁の方からで、「アナタからのメールはVisit Britainの
リテール部門に転送した」てなことが書いてある。とりあえず今回のトラブルで初めて向こうから何らかの
反応が得られたことになるが、ここまでに軽く一週間くらいかかってる。

ロンドン本庁から「このメールに対応されたし」と連絡があったのは効果があったようで、その翌日くらいに
英国観光庁の東京現地担当者(とでもいうのか?)から日本語で「ご迷惑おかけした、昨日付でトラベルカード
もう一枚送付した、一週間~10日で着くはず」という主旨のメールが届き、その一週間後くらいに
トラベルカードの実物が届いた。これでようやく注文の品が二枚そろったわけだ。
f0189467_22474204.jpg
 
お読みになるとわかるように、いったんトラブルが起きるとその後の問い合わせに等に対する対応がとにかく遅い。
確かにWebサイトに問い合わせメールアドレスや電話番号を書きたくないと思う気持ちはわかる。
問い合わせフォームに書かせて送らせようというならソレはそれでいい。

しかし、それならまず
①問い合わせフォームは何語で書けばいいのか、の明記
②確かに問い合わせを受け取りましたという受信確認の返信
③その問い合わせフォームをちゃんと読み、すみやかに対応すること

くらいは必要じゃないの?何度送っても何の返事もなく、結局ロンドン本庁に掛け合って、やっと初めて
返事が来るってドウいうことなのだ?何度送っても無反応だったあのお問い合わせフォームが本当に
誰かの所に届き、読まれているのかどうかもわかんないじゃん。

これまで欧州のいろんな国の切符をネット予約して、こういう購入トラブルが起きた経験はない。
だから、トラブル対応の善し悪しも比較できないけど、今回の事例から考えればVisit Britain サイトの
対応が迅速でないことだけは確かだ。
 
英国旅行を計画し、Visit Britainのサイトからロンドンのトラベルカードやブリットレイルパス等を
注文する人は多いだろう。そういう方のためにとにかく申し上げたいのは「購入トラブルがあった時、
問い合わせフォームに書いて送っても返信は遅い(つうか、ない)から、対処する時間を確保するために
早めに注文しておいた方がいい」ということだ(予約番号なんかはもちろん記録しておかねばならぬ)。
f0189467_22474295.jpg
 
何度も言うけど、出発ギリギリになってやっと解決して先方から「はい、郵送しましたよ~」なんて言われても
出発した後に届いたら何の意味もない。しかし請求は絶対に来る(笑)。こんな事態を避けるためにも、
発送に日数を要する切符の注文は安全策をとってお早めに、ということは声を大にして言っておきたい。

いや〜、この時は行く前からすでにガックリ疲れちまったよ。
しかし英国の切符予約に関するトラブルはこのトラベルカードだけではなかったのである・・・。

思い出すだけでも疲れる「英国トラブル・ガイド」シリーズ。続編はいずれ書くっす。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-07-04 00:06 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(10)
Commented by ふじっこ at 2016-07-04 08:05 x
お疲れ様でした。。。(。>д<)

とりあえずもう1枚、届いて良かったです。

海外とのメールのやり取りでたまに困るのが、先方の返信がこっちのサーバーの都合?で受け取れない。1回目の返信は受け取れてたりするので、迷惑メール云々が原因じゃないし、cc. の友人には届いてるから確かに返信してくれてるのに。届いてるのか、届いてないのか、返信したのかしないのか。。。ほんと、目に見えないものってもどかしいです。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-04 15:12
>先方の返信がこっちのサーバーの都合?で受け取れない

ふじっこさん:
あああーーーーそれもあった。
いずれ書くであろう英国トラブル・ガイドのPart3はそれに類した話。
(たぶん)ネットの技術的な問題のせいでメールが届かなかったことがあったんです。
切符予約したら直後に確認メールが届くってよくあるパターンで、
他の国でも何度も経験したのに、なぜか今回は問題が発生した。
まぁこれも最後には無事乗れたからイイといやイイんですけど、出発前にこんなことが
二つもみっつも重なるとさすがにゲンナリ。
Commented by カプメイ at 2016-07-04 17:46 x
何とか連絡が取れて、切符を受けとれて良かったですね。
出発は迫るし、焦りまくり。
読んでて私も「くぬやろう!」って思いましたよ。(笑)

昔、パリオペラ座とガルニエの2公演をHPから申し込んだことがありました。チケットは郵送。
フランスからの郵送ってだけで不安に思ってたら、届いたはいいけど、1公演分だけ。
一生懸命英語でメールで問い合わせるも、返事は英語で「待て」次は「送った」だけ。
「じゃあ待つけど、出発に間に合わなかったらどうすりゃいいのだ、高いチケットだぞ!」に対する返事は「アカウントのファックスを持ってこい」でした。
結果的に出発の数日前に届きましたが、正に「くぬやろう!」でしたね。
相手も慣れない英語だったのかもしれないけれど、不手際はそっちだろうに、謝らないねぇ。
Commented by Bきゅう at 2016-07-04 21:16 x
トラブったときに、トドが氷なく、するすると対処してくれるのって、日本ぐらいに思いますう。ご苦労様でした〜。それにしても、大英帝国、そんなことでEU離脱してやってけるのだろうか。レポーターにこれを話せば喜んでもらえたかも。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-05 13:56
>郵送ってだけで不安に思ってたら、届いたはいいけど、1公演分だけ

カプメイさん:
今回のウチといい、カプメイさんといい、そのパターン多いですねぇ・・・。
我々は今回の英国旅行でコベントガーデンのオペラ、ロイヤルフィルのコンサート、
さらにナショナルシアターのミュージカルと三つのチケットを予約したけど、
そっちの方は郵送でもなかったし、すべて順調でノートラブルでした。
英国は鉄道業界より舞台・演劇業界の方が優秀な人材が多いのかも(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-05 14:05
>するすると対処してくれるのって、日本ぐらいに思いますう

Bきゅうさん:
もう一枚トラベルカード至急送付という要求をしなきゃならなくなったとき、
「日本みたいにはいかねぇだろうな」とは思ったけど、予想以上にいかなかった(笑)。
ロンドン本庁のお客様の声窓口をたまたま発見したからイイようなもんの、
もし発見してなかったらどうなったんだろ?やっぱ英国政府日本大使館に
言ったんだろうなぁ、きっと。
Commented by piki at 2016-07-10 12:07 x
お久しぶりです。

ロンドントラブル特集、非常に興味深く読ませていただいています。まだ、出てくるんですよね。 パンドラの箱なんですよね。 私は、あらゆる支払いをPAYPALにしてから、(信用できない外国関係の)問題が激減しました。 PAYPALを通して、クレームいれると、向こう側への支払いがストップするのか、すごい勢いで解決するんです。 London Travel Card.. Paypal で支払えるか、ちょっと、チェックししゃいました。

ロンドン、、いまだ、憧れの旅行地ではあるものの、ポンド高からなのか、昔ほど人気ないですよね。 私は、飛行場が広くて、面倒臭いので、乗り換えを含めて、ロンドンは避けてます。 
Commented by tohoiwanya at 2016-07-11 09:29
>PAYPALにしてから、(信用できない外国関係の)問題が激減

ぴきさん:
ははぁ~PAYPAL・・・聞いたことあるけど、どんなモンか全然知らなかったス。
確かにネットで何か買う時、PAYPALのロゴを時々見かけますねぇ。Visit Britainにあったかな?
ちょっと勉強してみます。

EU離脱が決まったトタンにポンド、ごぼっと下がりましたけど、それでも
英国の物価はクソ高い。国立の大型ミュージアムには無料のところも多いけど、
その一方で有料のミュージアムになるとおっそろしく高いですからねぇ。
交通博物館見るのに二人で5000円以上もとられたのは今考えても
夢でもみてるようですよ(笑)。
Commented by 田口 at 2017-03-01 13:49 x
突然のコメント失礼します。
先日visit Britainからヒースローエクスプレスを購入しましたが届かず、カードの請求のみされている状態です。なんとか連絡をとり、返金していただきたくお問い合わせ送ってみましたが返信はもちろんなく、連絡先がわからず困っております。どちらからコンタクトとられたかお教えいただけないでしょうか。よろしくお願いします。
Commented by tohoiwanya at 2017-03-02 01:53
>どちらからコンタクトとられたかお教えいただけないでしょうか

田口さん:
英国本庁のサイト、久しぶりに調べちゃいました。たぶんここだったと思います。

https://www.visitbritain.org/feedback-form

旅行からはもうお戻りになってるんですか?
もう切符は必要なくて、純粋にリファンドを請求するのであれば
私が書いたこちらの記事もご参照ください。私の場合、ある鉄道会社に
リファンド請求して全然反応がなくて、最後はクレジットカード会社に
クレームいれてもらいましたから・・。

http://iwanya.exblog.jp/25721752/
http://iwanya.exblog.jp/25739715/

英国旅行は予約トラブル、ほんと多いですねぇ・・。
あきらめずに頑張って下さい。正義はこちらにあるのですから。


<< ラオス・カオニャオ生活      英国トラブル・ガイド 【トラベ... >>