2016年 07月 15日

ラオスのビールといえば・・・

カンボジアに行った時も同じような標題の記事を書いたよね。
カンボジアでビールっつうたら、とにかくアンコール・ビア以外にはなかった。

事情はラオスも似たようなもので、ラオスでビールっつうたらね、これはもう誰もが認める
ラオスの国民的ブランド、ビアラオ以外にはないんでございますよシャチョー。

外国人旅行者もそれは強く感じる。ラオス旅行中にビアラオ以外のビールなんて全然見ないもんね。
たぶんビアラオしかないんだよ。少なくとも国産はこれだけ。他の銘柄があったとしてもどうせ
高価な輸入ビールだろうが、そんなの誰が飲むかい。ビアラオこそ最高でございますよダンナ。
f0189467_10172728.jpg
 
暑い国を旅すればイ課長でなくたって冷たいビールを飲む機会は増える。
ラオスを旅した人にとってビアラオが「あの旅でよく飲んだなぁ」という懐かしきビールになることは
間違いない。メコン川に沈む夕日を眺めながら飲んだビアラオがいかに美味だったか・・みたいに、
シチュエーション付きでビアラオを懐かしがる人も少なくない。

実際、ビアラオこそ東南アジアで一番おいしいビールという声もあるみたいなんだよね。
確かにビアラオには前年に飲み慣れたアンコール・ビアにない、独特の味があったんだけど、
その味の秘密、実は米みたいで、すこ~しコメをブレンドして独特の風味を出してるらしい。
f0189467_10172780.jpg
 
値段は常に同じ。500ml缶が10,000キープ(約150円)、上の写真の350ml缶だと7,000キープ(約105円)。
飲食店で出てくる大瓶は12,000キープ(180円)。アンコール・ビアよりは高いけど、日本よりは安い。
ぼったくりゼロのラオスだから、ビアラオの価格差もゼロ。ぼったくられたビールを飲む時と違って
精神的にもたいへん美味しい(笑)。
 
元々は旧宗主国だったフランス資本で作られたビールメーカーみたいだけど、その後ドイツとか、
デンマークなんかからも技術導入して今の味にたどりついたらしい。
f0189467_10172736.jpg
 
・・てな感じで、この記事を書くためにビアラオについて多少調べたんだけど、その調査過程で
イ課長が驚いたデータをお教えしよう。それは「女性一人当たりアルコール摂取量」に関してだ。
ASEAN加盟10カ国で比べるとこうなる(出典は2010年WHOデータ、単位はリットル、カッコ内は世界順位)。

  ラ オ ス   2.3( 98位)
 カンボジア  1.7(110位)
 フィリピン  1.7(110位)
 シンガポール 1.2(127位)
  タ イ   0.8(136位)
 ベトナム   0.2(160位)
 マレーシア  0.2(160位)
 インドネシア 0.1(166位)
 ブルネイ   0.1(166位)
 ミャンマー   0.0(182位)


ひええぇぇ、す、素晴らしい(と言っていいのか・・(笑))。女性飲酒量に関してはラオスがASEANでトップ!
シンガポールなんてGDPじゃ月とスッポンでラオスより豊かな国なのに、女性が飲むサケの量に関しては
ラオスの方が多いのだ。どうだ恐れ入ったか。(ちなみに日本は4.2リットルで56位)

いやーこれにゃイ課長もタマゲたよ。まぁマレーシアとかインドネシアなんかはイスラム国だから酒に関して
厳しいんだろうと思うけど、ラオスがねぇ・・・タイの女性の3倍飲んでるっていうんだからビックリだ。
たとえ東南アジア最貧国の一つと言われようが、女性はしっかりサケ飲んでるのだ。ざまぁみろ。
f0189467_12551711.jpg
 
ラオス女性が摂取するアルコールの大半がビアラオで占められてるのは間違いないと思う。
ビアラオはラオスにおいては絶対的ブランドなのだ。国民ビールなのだ。
ラオス人は男も女もビアラオが好きなのだ。そしてラオスに来たガイジン旅行者もね。

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-07-15 05:38 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(6)
Commented by ふじっこ at 2016-07-15 08:03 x
おはようございます~

ラオス、女性の飲酒に寛容なんでしょうかねぇ。
興味深いです。

ちなみに、最近カンボジアの事を調べていて知ったのですが、「バイヨン・ビア」なるものもあるらしいです。アンコール並びにバイヨンを堪能してきたいと思います☆
Commented by tohoiwanya at 2016-07-15 09:40
>「バイヨン・ビア」なるものもあるらしいです

ふじっこさん:
カンボジアの航空業界って、(カンボジア的には)大手のアンコール・エアがあり、
それに次いでバイヨン・エアがあるっていう業界構造みたいなんだけど、
ビールもそれと同じだったとは(笑)。
バイヨンビールなんて全然見かけなかったけど、名前からすると国産なんでしょうねぇ・・。

ふじっこさん・・これから行くカンボジアのことを調べてたわけですよねぇ・・・
ああいいなぁーーープレアヴィヒア、ちくしょう(←まだ言ってる)。
Commented by a92 at 2016-07-15 14:30 x
そう言えば、ルアンパバーンの道端での宴会に何度かお邪魔したことありますが、確かにラオス人女性はビアラオ沢山飲んでましたね。女性のお酒にオープンな気がします。いいところだ。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-16 07:25
>確かにラオス人女性はビアラオ沢山飲んでましたね

a92さん:
イスラム教みたいに宗教的理由で酒が飲めないっていうのはともかくとして
そうじゃない場合は結局「女がサケがぶがぶ飲むもんじゃない」という意識が
どの程度強く残ってるか、ということじゃないかと思うんですよね。
そういう意味じゃラオスは男女平等意識が強いのかもしれない。いいトコですよねぇ。
Commented by Bきゅう at 2016-07-17 07:31 x
ラオス、飲む国なんですねえ。アジアの薩摩?

ねえねえ、でも、なんで女性なの? 男性では比較しないの? ふふふ、男性で比較すると、日本の男性は、ラオスに負けちゃうから出さないのかなー?(って、Bきゅうも知りませんでしたが、そうみたいですう)

ラオス、蒸留酒(らおらお)の消費が多いそうですよ。
だから相対して、女性の飲酒量も上がるのではないかとおもいましたあ。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-18 13:05
>日本の男性は、ラオスに負けちゃうから出さないのかなー?

Bきゅうさん:
あ、そうなの?確か男性の飲酒量だとラオスがASEANトップじゃなかったはずで、
やっぱ「ASEANトップ」という女性の方のデータを優先したんですけど、
ほー、ラオス、男も飲むんだ。つうか、実は日本人の男性の飲酒量って
世界的に見るとまったく大したことないんですよね。女性の方がまだ上位だった。
蒸留酒ってのは見かけなかったなぁ?当然コメから作るんですよねぇ?


<< ラオスのカオ・チー・サイ・クアン      黒の仏塔 >>