2016年 07月 27日

ラオス・フルーツスムージー生活

ラオスでカオニャオ(ラオスおこわ)を食ってみたくて、結果的に米飯中心の
メシ生活になったという話は前に書いた。

だが食い物だけではない。ラオスのルアンパバーンではアレもよく飲んだんだよ。
アレっていうのはフルーツスムージーなのである。
f0189467_15433036.jpg
 
これ、正式には何ていうのか知らないけど、とにかく透明プラスチックカップに生のパインとか
イチゴとかを入れたものをズラッと並べておいて、これら果物と氷と、たぶんシロップを入れて
その場でジューサーでガーーーッと混ぜて作ってくれるもの。現地の看板にはフルーツシェークって
書いてる店もあったけど牛乳は入ってないはずで、かと言って普通のフルーツジュースとも違うから
ここでは便宜上フルーツスムージーと書かせていただく。
f0189467_15433061.jpg
 
別にこれはルアンパバーン名物ってわけではない(と思う)。タイなんかでもよく見かけるよね。
でもなぜか、イ課長はルアンパバーンでよくこれを飲んだんだよ。暑い国で飲む冷えたスムージーは
めっちゃ美味しいし、水分補給になるし、ビタミンも摂取できる。

というわけで、ルアンパバーンで飲んだスムージーを飲んだ順にご紹介していこうと思うのである。
最初のうち「ごくオーソドックスなもの」から始まって、杯を重ねるに従ってだんだんと
「珍しいもの」にシフトしていくのがよくわかる。

スムージー1号(到着初日)レモン味(10,000キープ)
これは屋台ではなく、昼飯にチャーハンを食った店で、ドリンクとして注文した。
ラオスで初めて飲むスムージーだから、とりあえずレモンという無難なところからトライしたわけだ。
f0189467_15455022.jpg
 
スムージー2号(滞在二日目)パイン味(10,000キープ)
これはクアンシーの滝を見に行くツアー出発までの時間つぶしに、カフェで飲んだ。
つまり1号・2号までは店舗を構えた飲食店で飲んだわけで、器もグラス。
f0189467_15455057.jpg
 
スムージー3号(滞在三日目)マンゴー味(10,000キープ)
1号・2号はグラス入りだったけど、3号からは外の屋台で飲んだからプラスチックのカップ。
だんだん慣れてきて、屋台のスムージに手をだすようになってきたわけだ。
f0189467_15482966.jpg
 
これは例のカオ・チー・サイ・クアン、つまりラオサンドと一緒に飲んだアレ。この頃から
レモンとかパインみたいなありきたりの味じゃなく、南国らしい果物を選ぼうって気になってきた。

スムージー4号(滞在三日目)パッションフルーツ味(10,000キープ)
これは道端の屋台で注文して立ち飲み。飲みっぷりもワイルドになってきた(笑)。
しかもパッションフルーツときた。日本じゃまず飲めないものだ。生のパッションフルーツを
その場で作るから底の方に黒いタネがいっぱい。もちろんタネも一生懸命ストローで吸った(笑)。
f0189467_15482941.jpg
 
スムージー5号(滞在四日目)パイン+ジンジャー+ミント味(10,000キープ)
今日はルアンパバーンを出発という日の午前中、また道端のテント屋台で飲んだ。
最後なんだからパインとジンジャーとミントという前衛的?組み合わせでイッてみようじゃねぇか。
もちろんこんな組み合わせの液体、飲んだことがない。大変チャレンジングなオーダーといえる。
f0189467_15494274.jpg
 
「ショウガとミントの混じったパインってどんな味だべ?」と思ってたけど、いざ飲むと
これが意外なほど美味しい。ショウガらしい辛味とミントのスーハー味がちゃんと舌を刺激して、
しかも冷たくて甘酸っぱくて飲みやすい。作った店のお姉さん、ジューサーで少し作りすぎたみたいで、
余った分を二杯目のカップに入れて飲ませてくれたのもたいへん嬉しかった。

以上、イ課長がルアンパバーンで飲んだフルーツスムージー1号から5号までのラインナップ。
なんかサンダーバードみたい(笑)。

とにかく水分補給&ビタミン補給にいいのは間違いないし、ルアンパバーンでは道を歩いてれば
スムージー屋台はそこらじゅうにあるから、ノドが渇くとつい飲んでしまうのである。
値段はどれも10,000キープ(150円)と、それほど高くない。

今にして思えばレモンとかパインなんて単独味の保守的な味じゃなく、ジンンジャー+ミント
みたいな野心的フレーバーをもっと試しておけば良かったなぁと思う。こういう組み合わせは
メニューに書いてるから、その中から選べばいい。面白そうな組み合わせがたくさんあったよ。
f0189467_15540268.jpg
 
南国での生果物っていうと、お腹壊すリスクがないとはいえないわけだけど、4日間で5杯飲んで
イ課長は一度も腹を壊すことはなかった。スムージーにしちゃうと大丈夫なのかな?

もしかすると、イ課長の腹が少~し東南アジア仕様になったせいなのかもしれないけど、
その辺はよくわからないのである。


  
[PR]

by tohoiwanya | 2016-07-27 10:58 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2016-07-28 20:28 x
よっぽどスムージー気に入られたようですね。「お腹に、、、」は、先を越されて、コメントされていますね。わしは、イ課長さんは、東南アジアでは、「氷の入ったものはお腹に悪いかもしれないので、安全なビール」を推奨されていたのかと思ってました。
Commented by tohoiwanya at 2016-07-29 00:28
>氷の入ったものはお腹に悪いかもしれないので、安全なビール」を推奨されていたのかと

Bきゅうさん:
確かにベトナムとかカンボジアとかタイとかで、生果物+現地の氷を
こんなにガブガブ飲んだことってない。なぜルアンパバーンでこんなに
スムージーをガブ呑みしたのか、自分でも理由は不明(笑)。

ラオスって日本と同様、平地が少ない山岳国なんですけど、山が多いから
水の質がいい→氷の質もいい・・のかもしれない。あるいは、喉が渇きすぎてて
アッという間に吸収+汗として排出して、腹を壊してるヒマがなかったのかな(笑)。
Commented by ふじっこ at 2016-07-29 07:52 x
おはようございます~

スムージー5号、凄く飲んでみたいです!
美味しそうだ。
変わり種といえば、私はサイゴンではよくアボカドのスムージーを飲みます。スッキリサッパリとはいきませんが、暑くてぐったりしたところで飲むとなんか元気が出るのです☆
Commented by tohoiwanya at 2016-07-30 00:21
>私はサイゴンではよくアボカドのスムージーを飲みます

ふじっこさん:
やっぱ暑い国だからこその特殊?なスムージーってあるんでしょうね。
パイン+ジンジャー+ミントっていうのも何となく暑さバテで効きそうだった。
フルーツ+香草あるいは香辛料的な組み合わせってのはけっこうあるんでしょうな。
しかしアボガドスムージーとはまた・・ネットリ青汁みたいな感じ?
・・・私は他のにします(笑)。


<< ラオス経済について考える その1      ヴィエンチャンの床屋で髪を刈る >>