2016年 08月 08日

クアンシーの滝に行ってみよう①

ルアンパバーンの街を歩いてると「ウォーターフォール!」「ヘイ、ウォーターフォール?」みたいに
滝を見に行く現地ツアーにオマエも加わらないかと営業されることがある。
f0189467_23001424.jpg
 
ルアンパバーンに滞在する人の「遠足」の定番っつうたら、パクオー洞窟か滝。洞窟の方は船で行くけど
滝は車で行く。だからツアードライバーが空席を埋めるために「オマエも滝ツアーにジョインしないか?」って
道行く観光客に営業してくるわけだ(上の写真の赤シャツがイ課長ツアーのドライバー)。

イ課長はけっこう滝好きの観瀑ジジイだから、ルアンパバーンではぜひ滝を見に行こうと思ってた。
滝には「セー滝」っていうのと「クアンシー滝」っていうのと二つあるみたいだけど、イ課長が行きたかったのは
クアンシーの滝の方。こっちの方デカくて雄大そうなんだよね。しかも雨季まっさかりだから水量はモノすごい
ものであることが想像される。うーん・・見てみたい。

日本からネット予約できる「日本語ガイドつきクアンシーの滝ツアー」はいくつもあるけど、イ課長は現地で
捜すことにした。滝見に行くのに日本語ガイドなんていらないし、現地の代理店に飛び込みで入って、
「明日の滝ツアー、まだ空きある?」って感じで探せば大丈夫だろうと期待したわけだ。

ルアンパバーン到着初日の午後、徒歩観光のついでに明日の滝ツアー催行会社がないかを捜した。
これがもういっぱいあるんだよ。シーサワンウォン通りの中心部にはツアー販売店舗がいくつも並んでて、
クアンシーの滝ツアーだのパクオー洞窟ツアーだの象乗りツアーだのナントカ族の村見学ツアーだの
似たようなツアー商品を似たような料金で扱ってる。
f0189467_23011391.jpg

その中で、滝往復だけで寄り道なしの安い半日ツアーがあったから、その看板の店で申し込んだ。
書類をチャチャッと書き、明日の集合時間にこの店の前に来なさいと言われる。それだけ。なんて簡単なんだ。
ちなみに、集合時間は翌日の11時とか12時頃とか、そのあたりだった。

料金は70,000キープ。日本円なら1,000円強。日本語ガイドつきツアーを日本でネット予約すると、
ナントカ族の村見学なんて余分なモノがついて半日で70$=約7700円。現地で申し込めば1/7で済む。
なんという価格差。滝だけ見たいだけなら現地申込に限るね。

翌日に指定時刻に行ってみると、参加者で日本人はイ課長一人、中国人の女性二人連れ、韓国人の女性一人。
席に余裕があるからってういんで例によってツアードライバーが路上営業開始。これがけっこう引っかかるもんで、
新たに韓国人ニイちゃん4人が急遽追加参加。もっとも、そういう営業のせいでツアー出発はどんどん遅くなる(笑)。
結局滝に向かって走り出したのは1時間近く遅かったんじゃないだろうか。車はこんな感じの普通のバン。
f0189467_23001443.jpg
 
人数順でいうと韓国人(全員で5人)、中国人(2人)、日本人(1人)という東アジア旅行者混成メンバーを乗せ
車は一路、なーんもない田舎道を通ってクアンシーの滝に向かうのでありました(イ課長は助手席だったのだ)。
f0189467_23040044.jpg
  
滝までナンだカンだで1時間くらいかかったかなぁ?ようやく到着。
駐車場には同じようにルアンパバーンから日帰り遠足客を乗せてきたバンがズラリと並んでる。ドライバーは
車を停めると「何時にココに再び集合だかんねー」と我々に言い残してどこかに行ってしまった(笑)。
f0189467_23002563.jpg
 
ここから先は徒歩になる。ゆるい坂道をチンタラ登って行くとまず切符売り場。確か入場料はツアー料金に
含まれてたような気がするけど、すまん、よく覚えてない(ヲイヲイ)。少なくともここでいくらかお金を払ったという
記録は手帳には残ってないのだ。
f0189467_23083531.jpg
 
そのままずーーーっとゆるい登り坂が続く。「コッチが滝です」とハッキリわかった上で歩いてるんじゃなくて、
みんなが行く方に一緒についてってるに過ぎない(笑)。しかしまぁ他にコレといった道もないし、道のワキには
川が流れてるし、どう考えてもこの奥に滝があることは間違いない。中国人観光客が多かったね。
f0189467_23083566.jpg
  
f0189467_23083561.jpg
 
うぉっと、何やら見えてきたぞ滝らしきモノが。いよいよこの辺から滝ゾーンに入ってきたようだ。
しかしクアンシーの滝はまだまだこれから。次回その全貌をたっぷりとお目にかけようではないか。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-08-08 00:30 | 2015.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
Commented by dokuritsusite at 2016-08-08 16:15
ブログ拝見させて頂きました。

海外出張羨ましいです!
私もいつか海外生活してみたいです!

ありがとうございました。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-08 23:20
>海外出張羨ましいです!

南尾さん:
コメントありがとうございます。ブログちょっと拝見しました。
いやー海外出張なんてハタから想像するほどステキじゃなくて、
慣れない外国で絶対にミスできないプレッシャーに追い立てられるだけの
黒い日々ですけど、その反動で自由な旅行が異常に楽しく思えるという
効能はあるかもしれません(笑)。
ぜひガンガン海外出張できるように、頑張って下さい。


<< クアンシーの滝に行ってみよう②      ルアンパバーンという町 >>