2016年 08月 15日

お盆・墓参・幽霊画

去年のお盆はカンボジアネタの箸休めで墓参の話を書いた。
今年のお盆はラオスネタを小休止して墓参の話を書くのである。標題は三題噺風なのである。

誰でもそうだろうけど、墓参り経験というのはフツー「子供の頃、親に連れられて行く」
というところから始まるはずだ。イ課長もずっとそうだったわけで、墓参りの作法なんて
よく知らなかった。水の入ったオケや柄杓なんかも、途中オフクロがどっかの店に寄って
調達するのをボーッと眺めてたわけだ。

しかし一人で行くとなるとそういうことも自分でやらねばならぬ。
そういう「墓参りの作法」をチャンと知ったのはオヤジが死んでからだよ。

谷中墓地に行くと必ず同じ花屋で水入りオケや柄杓、タワシ、ホウキ、線香等を調達する。
花屋は何軒もあるけど、おそらく墓の区画ごとに縄張りが決まってるはずで、ウチが毎回寄る
花屋は明治中期創業の、実はすごく歴史ある花屋さんらしい。

とはいえ、イ課長家では墓参で調達するのは花ではなく毎回シキビ。
なぜそうなのかはわからない。おそらく花よりシキビの方が安いからだと思われる(笑)。
シキビ1,300円、線香300円。バカ高いシキビだけど、これは一種の利権料というべきなんだろう。

墓の周りの枯葉とかを取り除き、墓石の汚れたところをタワシで掃除し、あとは水をかけて
線香を置いてお参り。オヤジが死んでもうすぐ3年になるんだなぁ・・。
f0189467_23414629.jpg
 
オケやらホウキやらを花屋に返して今年のお盆の墓参り終了。
去年ほど暑くなくて助かった。イ課長だって暑さがコタえるお年寄りなんだから(笑)。

行きはJR日暮里から来たけど、帰りは例によって千駄木に出る。
去年も感じたけど、この辺は特に欧米人に人気のスポットみたいで、今日もけっこう
ガイジンさんが多かった。江戸情緒あふれる店が多いからねぇ。これは招き猫屋?(まさか)
f0189467_23470465.jpg
 
こっちの店は江戸風小物・雑貨屋か?夕焼けだんだんの谷中商店街と違って、このあたりは
飲食店よりこういう雑貨系のお店が多いね。
f0189467_23470319.jpg
 
円朝まつりなんてのもあるんだ。
大名人・三遊亭円朝ってこの辺に住んでたのかと思って調べたら、このポスターにある
全生庵ってところに円朝のお墓があるんだね。
f0189467_23470368.jpg
 
そういや円朝作の怪談「牡丹灯籠」や「累ガ淵」にも確か根津という地名が出て来たはずだ。
いずれにしてもこのあたりに縁のあった人だったんだろうな、きっと。

・・と思って何気なく写真を撮ったのだが、よく見たらこの会場の全生庵って、たぶん
今日通ってきた道に面してあったはずだよ。気をつけて見てなかったけど。
しかも落語会は20日だけど、幽霊画一般公開の方は今日行けば見られたのか?!
うわーーもったいない。幽霊画だけでも見てくればよかったクソ。

来年のお盆の墓参りン時には絶対ここに寄ろうと決めたイ課長なのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-08-15 00:02 | 日本での私生活 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2016-08-17 19:25 x
おおお、シキビってそんなにするのですね。Bきゅう家では、いつからか、シキビを削って、お花だけにしましたよお〜。お花が一杯のほうがきれいだもん。御墓参りご苦労様でしたあ。お盆の御墓参りは、暑いし、お墓って蚊が出るし大変よね。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-17 23:19
>シキビってそんなにするのですね

Bきゅうさん:
普通に買えば数百円がせいぜいのはずで、まさに利権料込みって感じ。
ホントはウチも花はコッチで調達してって、花屋では線香だけ買って
済ませたいんだけど、そうなるといつもシキビ買ってるだけにケチッてるのが相手にミエミエ(笑)。
ウチの墓のある区画の(たぶん)担当花屋だけに、あまりアカラサマに
ケチるわけにもいかず、悩ましいところです。


<< クアンシーの滝からルアンパバーンへ      クアンシーの滝に行ってみよう③ >>