2016年 08月 19日

英国ナショナルレール切符購入ガイド

イ課長ブログおなじみの切符予約シリーズ。
今回は英国のナショナルレール・・・日本で言えば「JR」といえばいいかな。

英国にはドイツのDBやフランスのSNCFみたいな、全国を1社でカバーする「国鉄」ってない。
営業エリアごとに鉄道会社がたくさんあって、それらを総称してナショナルレールと言ってるわけだ。

ポーランドなんかと違って英国なら切符予約情報も豊富だし、すでにご存知の方も多いだろうけど、
そのうちナショナルレール切符予約トラブルの話を書く都合上、先に書いておく必要がある(笑)。
ここで簡単に整理しておきましょう。

乗りたい列車探しは個別鉄道会社ごとではなく、全国一括このサイトで出来る。
そりゃそうだよな。たとえばロンドンからリーズに行きたいとしても、そこがナニ鉄道の営業エリアか
外国人が知るわけないんだから、こういうサイトがなきゃネット予約しようがない。

使い方は他の国と大体一緒。とりあえずロンドン~プール(っていう駅)を例にとってやってみよう。
9月1日にロンドンから片道切符を買いたいとする。朝8時台希望として黄色いGOをクリックだ。
f0189467_23264247.jpg
 
するとこんな感じで候補が表示される。ナショナルレールって行先によって始発駅が決まってることが
多いけど、プール行きはウォータールー駅から出るわけだ。この例だったら8:35の列車が一番安いし、
乗ってる時間も一番短いから、まぁコレだよな。列車の料金はなぜこんなに差が?ってくらい
差があることがママあって、最安値は黄色く表示される。Buy Nowをクリックだぜ。
f0189467_23264264.jpg
 
すると、アナタはその列車を運行する鉄道会社の予約サイトに自動的に転送されるから、そこで
最終的な予約・決済をするわけだ。この8:35の列車はサウスウエスト・トレインズという会社が
走らせてるけど、他にもサウスイースタンとか、グレートノーザンとか、ナショナルレールには
地域ごとに鉄道会社がワンサカある。
f0189467_23264189.jpg
 
予約・決済するとアナタのところに「コレクションコード」を記したメールが送られてくるはずだ。
このコレクションコードがとーてーもー重要なのである。
切符はロンドンの切符自販機で、コレクション・コードを入力して発券しないといけないから
このコードは印刷しておくか、シッカリ書き留めておかなければならない。

イ課長たちはヒースロー空港からパディントン駅に着いた時、さっそく発券作業に着手した。
まずタッチパネル画面の collect ってトコをタッチ。「買う」んじゃなくて「発券・受け取り」だからね。
f0189467_16490734.jpg
 
次にカードを入れろって画面になるから、画面ワキの差込口に購入時に使ったクレジットカードを入れる。
これは予約した時のものでなくてイイって説もあるけど、何もわざわざ別のにする意味もないので、
イ課長は予約時のカードを使った。こういう時は冒険より安全策ですよオクサン。
f0189467_16491346.jpg
 
するとさっきのタッチパネル画面がキーボードになるから、そこに例のコレクションコードを入力。
このコードがないとどうアガいても切符は発券されない(んだと思う)。コードが正しければ
すぐに切符がガチャンガチャンと印刷されて下に出てくる。
f0189467_16491316.jpg
 
このダイダイ色のやつが乗車時に改札口を通したり車掌に見せたりする切符。なくさないように
乗車日まで大事にしまっておきましょう。
f0189467_16490748.jpg
 
というわけで、ご存知の方も多いだろうからサラッとまとめた英国ナショナルレール切符購入プロセス。
ドイツやフランスやポーランド等々のように事前に切符をPDFで印刷できず、現地でこうやって
発券するしかないっていうのはやっぱ面倒だよね。

しかもヤッカイなのは鉄道会社が送って来るコレクション・コードを書いたメールだ。
同じ書面にやたらといろんなコードやら番号やらが書かれてるから間違えやすい。
下の画像、メールの冒頭がこうなってりゃ、誰だってこのBooking Referenceっていうのが
現地で発券のために必要なコード番号だと思うはずだ。
f0189467_22293191.jpg
 
だが、この10ケタは発券とは関係ないコードなの。肝心のコレクションコードはメールの下の方に
小さく書かれてやがる。なんでこんなヒッカケみたいなことするかなー?これにはイ課長も
見事に引っかかっちまったぜバカヤロウ。
f0189467_21500407.jpg
 
切符発券で重要なのはあくまでコレクション・コード(リファレンス)で、それは必ず8ケタらしい。
鉄道会社によってはこんな間違い誘発メールを送ってくるから間違えないようにご注意あれ。

この非常に間違えやすいメールを送ってきたのはサウスウエスト・トレインズという鉄道会社だ。南西鉄道。
サウスウエスト・トレインズ。この会社名をご記憶いただきたい。近々書く大長編、英国トラブルシリーズの
最後を飾る大トラブルの主役になるのはこの会社だから(笑)。

  
 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-08-19 00:05 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2016-08-19 20:13 x
電車とかバスの切符の買い方ってよくわからんことが多いですう。最近はプリペードカードみたいのが増えて、購入自体は、便利になった反面、たくさん残ると困ることもある。またそこへ行ったら使うだろうと思っても、けっこうその前には紛失。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-20 00:52
>最近はプリペードカードみたいのが増えて

Bきゅうさん:
ロンドンだとオイスターカードがまさにソレですよね。
残高の心配もあるし、その一方で旅行終了時には余りそうだしっていうんで
私は結局アレ買わなかった。またロンドンに必ず来るって人でもないとねぇ・・。
東京に来た外国人観光客はどうしてるんだろ?SUICAとか買ってるとは
思えないから、やっぱイチイチ切符を自販機で買ってるのかな?


<< チェンマイでカオソーイを食らう      クアンシーの滝からルアンパバーンへ >>