2016年 08月 26日

英国トラブル・ガイド 【ナショナル・レール編②】

南東じゃないの?いや南西だってば、と、なぜか「東西問題」でモメる南西鉄道への問い合わせ。
「南西鉄道で間違いなってヴァ!」というイ課長のメールに対し、南西から二日後に返事が来た。
今度の返事はさすがにイ課長が東と西をとり違えてるとは思ってないようだったけど、相手は依然として
あなたの予約は南東鉄道を通じてなされた」みたいなことが書いてある。あああ??

向こうがどうしてもそう言い張るなら、考えられる可能性は一つしかない。
南西鉄道のWebサイトに行く前にやった南東鉄道の予約が“影響”したってことだ。信じがたいが。
日本でいえばJR東日本サイトで東北新幹線を予約し、次にJR東海のサイトで東海道新幹線を
予約したらエラー。理由は東海道新幹線の予約が「JR東日本を通じてなされたから」・・不可能だろ!!

だが素晴らしき英国の電脳システムではその不可能が可能になるらしい。
とにかくもうケンカしてる時間はないし、西か東かが問題の本質ではない。
重要なのは乗りたい列車に乗るための切符を予約し、それを発券するコードをもらうことなのだ。
そこでまた英語メール。あーもうウンザリしすぎてヘドがでそう。

○月○日、私はまず南東鉄道でロンドン~カンタベリーの切符を予約した。これは成功した。
次に南西鉄道のサイトでロンドン~プール間の切符を予約した。するとエラーが起きたのである。
ロンドン~プール間の切符をもう一度ネット予約するのは難しいことではない。そこであなたに頼みたい。
予約コード○○を与えられた前回の私のトランザクションを完全にキャンセルし、私のクレジットカードに
請求がこないようにして欲しい。それが確認できれば、私は切符をふたたび予約するであろう。


また中一日おいて南西鉄道から返信。

あなたの前回の予約はキャンセルしたことを私は確認できる。
もうこれ以上は行かない
(請求されない、という意味なんだと思う)。

はぁはぁはぁ・・もうこの時は出発までそんなに日数はなかった。
とにかく相手の言うことを信用してもう一度ロンドン~プール間の切符を南西鉄道で予約したら、
こんどは問題なく切符ピックアップ用のコレクション・コードが記されたメールが来た。
(例によって記事内容にあった写真がないので英国のトリシリーズ)
f0189467_23503366.jpg
 
このトラブル事例から導き出される結論は何か?
英国ナショナル・レールの予約に際して、異なる鉄道会社のサイトに連続してアクセスして予約すると
何かの理由で2社目の予約が「1社め扱い」になる・・かもしれないということだ。どうにも信じがたいが
向こうがしつこく「南東鉄道ウンヌン」と言い続けてることから考えるとそう結論するしかない。

この不可思議なトラブル。原因がわからないんだから、防止対策だってサッパリわからない。
ただ、旅行日程が決まってるならやっぱり切符予約は早めすべきだということは言える。とにかく
いったん「トラブル・オブ・ブリテン」が始まったら最後、相手の対応はゾウガメのように遅い。 
f0189467_23503322.jpg
 
しかもだよ?このトラブルにはすごい続きがあるのだ。
この南西鉄道、最初の予約はキャンセルしたとか言っておきながら、結局そのまま請求してきやがった。
1回しか乗ってない南西鉄道から2回分の請求が来たってことだ。もういいかげんにしろイギリスじん。
こんどはリファンド(払い戻し)請求かよー。

このリファンドのゴタゴタがまたスゴいんだワ。これが英国共通の問題なのか、南西鉄道固有の、
あるいは対応した担当者の「個体差」の問題なのかわからんが、まぁとにかく呆れたよホントに。
英国切符予約トラブルに終点はない。話はまだ続くのである。すべて南西鉄道が悪いのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-08-26 00:04 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(8)
Commented by カプメイ at 2016-08-26 00:54 x
怖いです!
怖すぎます。
トラブルに対しての処理の悪さは国民性から来てるのかしらん。
システムの杜撰さにも呆れます。
で、絶対に謝らないですよね。
担当者(ってのがいるのかさえも怪しい)は、自分に非が無ければ、やる気なし!って感じ。
日本人なんか、営業だったら先ず謝るぞ!
なんだか私まで被害者気分です。あ、これが不幸の連鎖なのね。
Commented by Bきゅう@ソト at 2016-08-26 05:56 x
>最初の予約はキャンセルしたとか言っておきながら、結局そのまま請求してきやがった。

ありそう。オペレーターのご本人は「キャンセルした」つもりなのでしょう。だから、何かあったら、本人には責任ないと言うことになるのだろうなと思いまする。日本みたいな国は少ないかも。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-26 13:21
>怖いです!怖すぎます

カプメイさん:
・・・・リファンド請求編は・・もっと怖くなるよ・・(怪談かよ)

トラブル処理のヒドさ、返答の遅さ等はもうある意味慣れた(慣れさせられた)けど、
南東鉄道ウンヌンの話はどうしてもわからない。面倒くさいから
南東鉄道に押し付けちゃえってことかな?とも思ったけど、そうでもなさそうだし
PCの中に残ったクッキーの影響なんだろうか?とかいろいろ考えたけど
結局わからない。もう英国ナショナルレール予約するの怖くなりましたよ私も。
つうか、英国にはもう生涯行かなくても残念じゃない(笑)。

Commented by tohoiwanya at 2016-08-26 13:26
>オペレーターのご本人は「キャンセルした」つもりなのでしょう

Bきゅう:
たぶんそうなんでしょうねぇ・・。たしかメールには「キャンセルされたこと」を
I can confirm って書いてたけど、実は「あとでやろう」と思ってたのかな。
おっしゃるように、日本の顧客対応に慣れちゃうと心が狭くなっていけませんな。
こないだ、日本の通販で買ったものを返品したら、「返品処理終了」のメールがほどなく来た。
英国トラブルに慣れたあとだったから、私もトホ妻も感動に打ちふるえました(笑)。
Commented by kana at 2016-08-26 16:46 x
こんにちは!初めまして!
8月初めにウィーン&ブダペストに旅行に行ってきまして、その際、イ課長さんのブログがとても役に立ちました^^
とくにブダペストへの日帰り旅行のくだりがすごく参考になりました!
楽友協会のコンサートも行ってみました。楽しかったです^^
ありがとうございました。
いま、イ課長のブログを最初からコツコツ読んでます。
ブログ読んでいるとすぐに旅に出たくなってしまいます。

チケットのトラブル、大変でしたね。
でも、これもいつか参考になるのかもしれません。
更新たのしみにしています!
Commented by げんまいちゃ at 2016-08-26 21:17 x
んー、そこまでして予約せんでもええんちゃう?というのはナシですか。
日本と違ってどうせ電車は時間通りに来ないんだし、日本と違ってどうせきちんとその席が予約されてるかどうかもわかんないし、日本と違って何かあった際にきちんと返金される保証はないのですよ。
ちなみにワタクシの場合、英国内の移動が多い時はBritRailPass購入をします。これとオイスターカードがあればとりあえず困ることはないので。元が取れるほど移動しない見込みの時はBR分はその都度駅で買ってます。
ちなみにコーチで移動したときに、出発までに切符が郵送されなかったことがありましたが、申し込み時に送られてきたメールをプリントアウトして運転手に説明したら、特にどこかに問い合わせるでもなく彼の独断で普通に乗せてくれました。彼らのいい加減さに救われた形です。
ダイエイテイコクバンザイ。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-26 23:47
>ブダペストへの日帰り旅行のくだりがすごく参考になりました!

kanaさん:
コメントありがとうございます。あのブダペスト日帰り旅行は今考えても
往路の切符を予約してたってこと以外は現地での観光計画はまことにズサンで、
バス停探しの時なんてホント途方に暮れました。まぁ反面教師にはなったか・・(笑)。

まぁ「うまくいった」って記事よりドジッたとか、困ったなんて記事の方が
これから行く人のためには概して役立つのも事実。こいつバカじゃなかろうかっていう
ネタにはこと欠かないブログであることは確かです(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2016-08-27 00:05
>そこまでして予約せんでもええんちゃう?というのはナシですか

げんまいちゃさん:
断然予約しますね。今回くらい(ロンドンから日帰り往復3回)の移動だったら
ブリットレイルパスはかえって高いし、ヘタな英語で現地で切符買う心配、
窓口が混んでないか?なんて心配をしなくて済むのも大きい。
しかし何と言っても前売り切符の方がグッと安いという決定的理由があるから、
貧乏性オヤジとしては必死になって安い前売り切符を予約するわけです。

一連のトラブル記事、英国に馴染み&愛着のある方にすれば、悪口言いふらされてるようで
むしろイ課長の無知さ加減の方に呆れることもあろうかと思いますが、
しかし英国に行く旅行者の大半がおそらく私レベルのはず。これは書いておかないと。


<< 英国トラブル・ガイド 【リファ...      英国トラブル・ガイド 【ナショ... >>