2016年 09月 07日

魅惑のカンボジア・パンツ(仮称)

内容的には前回記事の続きと言っていい本日の話。
タイの寺院参拝時のドレス・コードを楽勝でクリアし、しかも涼しいという素晴らしいモノ。
そのモノの正式名称は不明なのだが、イ課長家では便宜上ソレを初めて買った国の名をとって
カンボジア・パンツと呼んでいる。
f0189467_15041222.jpg
 
東南アジアを旅行した人なら見たことある、あるいは買ったことある人は多いはずだ。
ごくごく薄くて軽い布で作られた一種のイージーパンツみたいなもの。これ、東南アジアを旅する
欧米人の女性旅行者には特に好評みたいで、誰もカレもがこれ着て歩いてるって感じ。

初めてこれを買った時のことは前に書いた。シェムリアップのオールドマーケットのお姉さんの営業に負けて
買ったのだ。その時は「トホ妻、喜ぶかなぁ?こんなパンツ・・・」って感じで、あまり期待してなかった。
(ついでに言えば、相場を知らなかったのでものっすごくボラれた)

ところがコレがトホ妻に異常に好評だったんだワ。
着ると、とにかく軽くて涼しくて着心地バツグンなんだと。そのうえ、コレを着用して人に会うと
「アラ、そのパンツいい!」とやたらほめられるらしい。そんなコンナでトホ妻はすっかり
カンボジア・パンツが気に入り、また東南アジア行ったら買ってきてよとネダッてくる始末。

というわけで、翌年ラオスとタイに行った時もまた買った。まずルアンパバーンのナイトマーケットで2本。
2本で75,000キープ(約1,100円)にしてもらったけど、これはまだまだ値切り足りなかった(笑)。
とりあえずこの時は「トホ妻用に2本」のつもりで買ったのだ。
f0189467_15040580.jpg
 
このパンツ、たしかに女性旅行者が着用してるケースが圧倒的に多いんだけどタイでは男性観光客も着てた。
ほう、男性用大きめサイズもあるのか?だとしたらオレも欲しいな・・というわけでチェンマイで自分用に2つ購入。
さらにその後バンコクでも2つ(これはオフクロと叔母用)買った。チェンマイもバンコクも値段は同じで、
「二つ買うから少し安くして」と頼んで2本で220バーツ(当時で700円弱か)、つまり1本350円ありゃ買えるのである。
タイで買った4本をホテルのベッドに並べて記念写真。右の二つ(緑とブルー)がイ課長用になったもの。
f0189467_15040537.jpg
 
ホテルで試着してみたけど、おお、確かに着心地いいじゃん。ヘナヘナに軽くて柔らかい布の触感が
夏のパンツとしては実にケッコウで、これから夏は断然コレだぜっていう気になる。気に入ったから
ホテルの鏡でセルフ撮り。上から撮るとこのパンツの良さがイマイチ伝わらないのだが。
足首のところにはゴムが入ってる。
f0189467_15041275.jpg
 
タイマッサージの時に着るダボダボの、後ろから前にヒモをまわして結ぶパンツ。あれは俗にタイ・パンツって
言うけど、カンボジア・パンツ(仮称)はあれよりもっと布がヘナヘナで柔らかい。しかも腰はゴムだから
タイ・パンツよりはくのもラク。派手なプリント柄がお約束で、圧倒的にゾウさんモチーフが多いというのが
特徴といえるだろう。

ただ、カンボジア・パンツ(仮称)には致命的弱点もある。文字通りの意味で「弱い」んだよ。
ペラペラに薄くて軽い布を縫製して作ったものだから、縫製箇所の強度は極めて低い。アグラをかいたりして
マタの部分が引っ張られ続けてると、ほどなく裂ける。イ課長用の2本は2本とも裂けちまった、トホホ。

裂けたイ課長のパンツを見て「乱暴にはくからよー」なんて威張ってたトホ妻のパンツもほどなく裂けた(笑)。
このパンツ、メンズ・レディースの区別はなく、SML みたいなサイズも厳密ではない。だから小柄な女性がはくと
ダボダボだけど(それがまた着心地イイんだ)、おデブの人とか、イ課長みたいに背がデカい人がはくと
余裕が少ない分、よけい裂けやすくなるんだろうな。アグラかく時とか気を付けないと。

このパンツをあげたオフクロと叔母も「これ夏にはいいわー」と喜んでたくらいで、夏に着心地バツグンなのは
折り紙つき。着た人は全員気に入る。しかし耐久性のなさもまた折り紙つきだから困る。

しかしいくら耐久性がないと言っても旅行中くらいはもつはずだ。
タイに行ったらまずコレを買って、寺院参拝の時はこれを着用すればドレス・コード上も問題ないし、
軽くて涼しい。もうサイコー。欧米人女性が誰もカレもこれを着用するわけだ。寺院参拝以外でも
暑い東南アジアではコレが手放せなくなること請け合い。

軽くて涼しくて寺院参拝にもピッタリ、男も女もはける万能のカンボジア・パンツ(仮称)。
日本の夏用イージーパンツに百発百中ぴったり、まず絶対にハズす心配のない、大好評間違いなしの
東南アジア土産だと思うのである。今度行ったらイ課長は自分用にまた買うぞ。

  
 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-09-07 00:09 | 2015.09 東南アジア旅行 | Comments(8)
Commented by Bきゅう at 2016-09-07 05:20 x
Bきゅうも、日本の夏では、そういうパンツを外履きにしますよお。でも、外用なので、ポケット付きがよく、そうなると、そこそこまともに縫製してあるものになりますう。どこ製だろう。
Commented by ふじっこ at 2016-09-07 08:05 x
おはようございます~😃

私も買いました(*^^*)
アンコールトムの土産物屋で2枚で4ドル☆
小人族の私は裾が絞ってあるのじゃなくて、ふくらはぎ位までの今風に言うとガウチョパンツみたいなやつです。多分欧米人の方が履くと膝丈ハーフパンツ位の丈でしょうか?
ホント、涼しくて快適ですよね~
Commented by tohoiwanya at 2016-09-07 16:27
>外用なので、ポケット付きがよく、そうなると、そこそこまともに縫製してある

Bきゅうさん:
驚くべきことに、カンボジアパンツにも中にはポケット付きのものがある。
しかしコイン入れてしばらく歩けばたちまち底が抜けそうなポケットで・・(笑)。
もうちょっと丈夫な布つかって、キチッと縫製してくれれば強度があがるんだろうけど、
そうするとあのテロッとした軽く柔らかい着心地は失われるはず。
消耗品と思って何本も買うしかないですかねぇ・・。
Commented by tohoiwanya at 2016-09-07 16:41
>アンコールトムの土産物屋で2枚で4ドル

ふじっこさん:
おお、長パンツより若干丈が短いとはいえ、1枚200円は安いっすね。
ベトナムはどうだったか覚えてないけど、カンボジア、ラオス、タイあたりだと
布モノ系土産物屋に必ず売ってますね。ルアンパバーンのナイトマーケットでも
バンコクのスクンビット通りの夜の露店でも、あちこちで売ってた。
今度買う時は私も、2本で150バーツ(今なら450円?)くらいに値切れるまで
頑張ってみます・・って、それほどの思いをして買うほど大層なものじゃないけど(笑)。
Commented by a92 at 2016-09-08 13:04 x
こんにちは。
私も5月にバンコクでこれ買いました。
すごい涼しくて履きやすいので、もっと買って来るべきだった!と後悔しました。
私はバンランプーで(以前イ課長が廃墟の魚を観に行ったところ)で150Bを値切って120B(それ以上はまけてくれなかった)買ってから、しまった、カオサンの方が安かっただろうなと思いました。
しかし!帰ってきてから履いたら左足のゴムがきつくて、ゴムを買って入れなおし、そのゴムは350円しました・・・(-_-)
Commented by tohoiwanya at 2016-09-09 00:31
>(以前イ課長が廃墟の魚を観に行ったところ)で150Bを値切って120B

a92さん:
何と、あそこ行ったんですか!・・って、べつに鯉を見に行ったわけじゃないですよね(笑)。
確かにあそこからカオサンはわりと近くて、確かにあの通りは昼間行った時は
Tシャツ屋だのナンだのがワンサカ出てた。安いのかなぁ?
私がバンコクで2本で220バーツで買ったのはチャオプラヤ・エクスプレスの
船の停泊所の中にある薄暗い土産物屋。商売ヤル気もあまりなさそうだった(笑)。
こうして見るとカンボジア・パンツの価格相場大体値札は150バーツくらいで、
値切りの攻防ラインは110〜120バーツあたりと見られますな。
Commented by a92 at 2016-09-09 12:27 x
いえいえ、見に行ってはおりませんよ〜。あの廃墟はニューワールドデパートと言って、バンランプー地域に長く建ったままなのです。
私はバンコクに行くとカオサンの寺裏と言われるところの安宿によく泊まるので毎朝散歩と食事にバンランプーに行きます。
毎朝衣類や食べ物の屋台が立ち並び好きな場所なので、イ課長の記事を見た時に、すぐにニューワールドデパートだ(魚がいたとは!)とわかりました。
でも衣類の屋台が多いのに案外カオサンの方が安いんです。
多分カンボジア・パンツ(笑)カオサンなら100Bでいけるんじゃないか?とふんでます。
ああ、行きたいなあ〜。
Commented by tohoiwanya at 2016-09-11 00:53
>ニューワールドデパートだ(魚がいたとは!)とわかりました

a92さん:
私の場合は鯉を見に行ったんですけど(笑)、結局中には入れずじまい。
あそこから歩いてカオサン通りまで・・どのくらいだったかなぁ?5〜6分ですかね?
もうその頃には暑さにヤラレてだんだんドウでもよくなって、カオサン通りも
「一応通り抜けた」ってだけで特に何もしなかったなぁ。
カオサンってとにかくスカイトレインやメトロから遠いもんだから、
行ったのはその一度だけ(笑)。


<< 気をつけよう 南の国での 交通事故      タイ寺院参拝ドレス・コード考察 >>