2016年 09月 22日

早朝のスコール

タラート・クアディンを後にして、さてホテルに戻ろうとランサン通りを歩き始めたところで
スコールが降りだした。降り出したな、と思ったらたちまち「うわ、こりゃダメだ」ってんで
散歩を一時中止せざるを得ないザーザー降り。というかドシャ降り。ここは悪あがきせず
雨宿りしましょう。タラート・サオ近くの建物の軒下に入って小降りになるのを待った。

この時が何時頃だったかなぁ?もう7時は過ぎてたんじゃないか?
6時前にくらべると道路も多少車やバイクで混んできたけど、朝っぱらからこの雨じゃ・・
f0189467_11000594.jpg
 
まぁ雨季なんだし、地元に人にすれば早朝のスコールくらいどうってことないんだろう。
イ課長もタバコを1本吸って、のんびり待つことにした。シトシト長く降る雨じゃないだろうから
やんでからホテルに戻っても朝食には十分間に合うだろ。
f0189467_11002632.jpg
 
そうしてる間もタラート・サオに(たぶん)出勤してくる人がいる。
ヘルメットかぶった上から傘をさすバイク乗りをたぶんイ課長は生まれて初めて見た(笑)。
f0189467_11003576.jpg
 
フと気付いたんだけど、ヴィエンチャンのバイク乗りって無防備だねぇ・・。
ヘルメットはバックミラーにポンと乗せただけ、雨ガッパもバサッとバイクにかぶせたまま。
盗むのは簡単だ。何十年も前にイ課長がバイク乗ってた頃、長時間バイクを離れる時は
ヘルメットを盗まれないようにバイクにカチンとはめるか、手に持ってったぜ?それを・・・。
f0189467_11005297.jpg
 
「ラオスってけっこうのんびりしてて、治安悪そうな感じが全然ないな・・」
・・と最初に思ったのがこの時だった。ラオス人の欲のなさ、ガツガツしたところのなさは
その後滞在日数を重ねるにつれてますます強く感じるわけだが。

クアンシーの滝でドシャ降りにあって雨宿りした時もそうだったけど、この時も軒下で
他にやることもないから、ただぼんやりと物思いにふける。

いやー・・なんかけっこう充実した早朝散歩だったなぁ。
昨日到着したあと見たパトゥーサイとかタート・ルアンみたいな観光名所とはだいぶ性格の違う
活気あふれる場所を見られてイ課長は嬉しかった。やっと「生活するラオスのひとびと」を
垣間見たって気分になれた。道路の向こうの食堂?も朝の仕込みで活気があるねぇ。
f0189467_11011914.jpg
 
さて、雨もやんだみたいだからホテルに帰るか。
ランサン通りをずっと北の方に歩く。向こうに昨日行ったパトゥーサイが見えるね。
f0189467_11015385.jpg
 
朝の散歩ネタだけで4記事も書いちまったけど、この早朝散歩はホントに思い出深いんだよ。
お坊さんの朝のオツトメも見て、活気&野趣あふれる市場も見て、おまけに
南国スコールの洗礼もうけて、イ課長の気分はだいぶ変わった。いくら人が少ないっつうても
ヴィエンチャンもやっぱ猥雑で人間臭くて面白い東南アジアじゃん。

ホテルで5時過ぎに起きたあと、もし再び眠りコケてたらイ課長はクアディン市場も路上市場も
見ることはなかったわけで、「人の少ないヴィエンチャン」という印象ばかり残っただろうけど
「散歩してみっか」と思ったおかげで非常に充実した早朝のヴィエンチャン見物が出来たわけだ。
前にも書いたけど、やっぱり早起きは三文の徳という哲理はラオスでも絶大な威力を発揮するのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-09-22 00:41 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by グアバ at 2016-09-23 17:15 x
イ課長様、初めまして。旅行の前に時々拝読し、参考にさせていただいております。今日は仕事がオフなので、じっくり読み始めたところ、すっかり「イ課長ブログ」にハマってしまいました。笑いっぱなしでスミマセン。
予想に反して、「課長の出張」はビジネスクラスではないのですね、ビジネスで行くのに。てっきりマイレージをがっつり貯めてプライベートの旅でUPグレードも可、かと思いきや、イ課長はエコノミークラスご愛用と知り、ぐ~と親しみが湧いた次第です。
こちら11月に友人と二人で、カンボジア&ホーチミンの旅を計画しています。実はポーランドへ行こうと思ったのですが、「足腰が達者なうちに」ということで順序を逆にしました。あのプレアヴィヒアを初日に持ってきました。VELTRA(旧Alan.net)で予約しましたが、ホテルまで迎えに来てくれるというコースです。
ところで私たちの今の課題は、ホーチミンで道路の横断ができるかどうかです。写真で見るだけでもすごいバイク・・。
ホテルから出ても横断しないルートで観光や買い物をするなどというのは不可能だと思います。命がけで頑張ります!
これからも旅の楽しい話にダークな話と、心待ちにしています。
Commented by tohoiwanya at 2016-09-24 12:53
>「課長の出張」はビジネスクラスではないのですね

グアバさん:
初めまして。コメントありがとうございます。
私が過去やった海外出張って、ぜんぶ「ある顧客から依頼された業務」のために
行ってるんですけど、その顧客っていうのが必ずおカミ系。使われるお金も公的なオカネ。
従って、エコノミーじゃなきゃダメっていう規定があるんです。なんて可哀想なワタシ(笑)。
これが海外支店で会議とか、純粋な「会社の用事」で会社のオカネ使って行く出張なら
せめてプレミアムエコノミーくらい・・という主張もできるかもしれないんだけど・・。

11月にカンボジア&サイゴンですか。いいなー。特にプレアヴィヒアは激しくねたましい(笑)。
サイゴンの道路は初めて横断したときは「こんなトコ渡れねぇよ!」と私も思ったけど、
追いつめられれば人間は強くなります(笑)。アレはあれで、ベトナム旅情といえなくもないし、
ぜひ楽しんできて下さい。


<< 南西鉄道から英国人気質を考える      早朝のクアディン市場 >>