2016年 09月 27日

大英帝国航空のキケンな機内食

ついでだからもう一つ英国関連ネタでいこう。これも南西鉄道モンダイと同様、ある意味
「重要な注意喚起」といえる。しかも今度は金銭的被害ではなく、純粋に肉体的被害を伴う(笑)。
大英帝国航空の機内食に関する話なのである。

大英帝国航空には3年前の欧州出張の時も乗ったから、どんな機内食が出てくるか大体想像はついた。
「味はフツウで量的にちょっと不足」という感じであろうと思って乗り込んだわけだ。往路のフライトは
離陸が12:35、ロンドン着が現地時間17:10だから「昼メシ時に出発し、晩飯前に到着」という感じだが
機内ではその間に12時間くらいが経過するわけだ。

まずは小袋入りスナックとドリンクサービス。ま、ごくフツーだわな。
f0189467_13515584.jpg
 
トホ妻はトマトジュースなんぞ飲みやがった。ビール頼んで、余った分くれりゃいいのに・・(笑)。
f0189467_13515510.jpg
 
しばらくすると最初のメシ。メインはビーフストロガノフ(だったかな?)にマッシュポテト。
サラダやデザートもついて、まぁこれもフツーのメシと言っていいだろう。
f0189467_13533100.jpg
 
体内時計的には夜になった頃アイスクリームが配られた。ところがこれがフツーではなかったのだ。
どうやって冷やしたらこうなるのか?というくらいカチカチに冷えてて、プラスチックスプーンを一生懸命
アイスに突き刺そうとしても固すぎてムリ。強引にやれば絶対スプーンの方が折れる(笑)。
しょうがないからしばらく放置プレイしてアイスが“温まる”のを待つしかなかった。
f0189467_13534249.jpg
 
やがて二度目のメシ。
これは何と言えばいいのか・・巨大洋風茶碗蒸しみたいな感じだ。トホ妻の天敵・シイタケどっさり。
右にある茶色いのはケーキだったかな?あとは水だけ。
f0189467_13534227.jpg
 
やっぱりこれだけじゃ足りないという乗客は特に欧米人に多かったようで、何人かは途中でカップ麺を
食ってた。量的にやや不足、足りない人はカップ麺という大英帝国航空機内食の伝統は健在のようだ。
イ課長はカップ麺なしでも大丈夫だったけどね(成田空港でラーメン食ったし)。

さて帰路。
最初のメシでは珍しく和食を頼んだら、こんな感じのサカナ弁当みたいなのが供された。ほほう。
f0189467_13543110.jpg
 
ちなみに、トホ妻が頼んだのはこんな感じ。これは・・ドリアかなぁ?よくわからん。
f0189467_13543115.jpg
 
成田が近づいてきた頃に出てきた第二のメシはこんな感じ。
いかにもイングリッシュブレックファストという感じで太いソーセージ、やけに白いスクランブルエッグ等々。
特に美味しくはなかったけど、イギリスめしならこんなもんだろ。
f0189467_13550301.jpg
 
と、まぁ往復でこういう感じの機内食を食ったわけなのである。
人によって量はやや足りないかもしれないけど、内容的には特に大きな問題はない・・ように思える。

だが実は問題があるのだ。それも大きな問題が。
その主役はやっぱりアイスで、帰路に配られたアイスは問題があるっていうより、もはや「危険」といえる。

帰路、照明を落とした暗い機内でアイスが配られた。行きはカップアイスだったけど、帰りは棒アイス。
とーころがこれがまた激冷えのカチカチで、普通の棒アイスのつもりでヒョイと口に運ぶと
唇の裏の口腔内粘膜が一瞬のうちにアイスに貼りつく。それをひっぺがし、しばらく待ってまた
食おうとするとまた粘膜がピターっと貼りつく。またひっぺがす。

カップアイスなら放置プレイでもいいけど、棒アイスだとずっと手に持ってないといけないじゃん?
早く食ってしまいたいんだけど、あまりに冷たいから粘膜がくっつくばかりで全然マトモに食えない。
機内が暗かったから写真は撮らなかったけど、暗い中で目をこらすとオレンジ色の棒アイスにところどころ
赤いイチゴ味が混じったごく普通の棒アイス。一体どうやったらこんなに冷やせるのか・・?

だがそれはイチゴ味ではなかった。あれはイ課長の唇の裏の粘膜と、そこから流れ出たとがアイスに付着し、
再氷結したものだったのだ。何度もくっついてはひっぺがすのを繰り返してるうちに、とうとう
出血しちまったじゃねぇか。ベロで唇の裏をなめて、ソコがどういう惨状になってるかやっと気が付いた。

大英帝国航空の機内食に関しては重要な警告を発しておく必要がある。機内で配られるアイスは
液体窒素のように凍ってて危険だ。カップアイスならスプーンが突き立てられない程度の問題で済むが、
激冷え棒アイスをうっかり口にくっつけると文字通り「血を見る」ことになる。

あの時、よく考えずあの棒アイスを何度も口に入れたせいで、イ課長は日本に戻っても数日間は下唇の裏、
ちょうど下の歯に向き合う部分の粘膜がズルムケてガビガビ状態だったのである。いやはや・・・。

とにかく大英帝国航空のアイスには気をつけた方がいい。配られたらしばーらく放置プレイ。これしかない。
イ課長みたいに普通の棒アイスのつもりで食おうとすると、結果的に「自分の血の味フレーバー」の
凄惨な棒アイスを食うことになる。まぁそれはソレで珍味かもしれんが・・・(笑)。
とにかく、大英帝国航空で配られるアイスにはお気をつけいただきたいのである。
 

 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-09-27 00:01 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2016-09-30 20:32 x
アイスが固いのは、冷凍庫(-20度)を使わずに、ドライアイス漬け(-79度)にしているからだと思いますよ。ドライアイス漬けのアイスはかちかちになりますう。
Commented by tohoiwanya at 2016-10-01 00:57
>ドライアイス漬け(-79度)にしているからだと思いますよ

Bきゅうさん:
ドライアイス漬けなんて設備があるの?!ひえーー。
零下79度でカッチンカッチンにされりゃ、そりゃ粘膜も凍りますわな。
他の航空会社じゃこんな目にあったことないんだけど、考えてみたら
棒アイスを配ること自体、わりと珍しいような気もする。
Commented by 権左衛門 at 2016-10-01 20:50 x
お久しぶりです。ここんとこ読み逃げしてたんですが、今回は大笑いしたのでご報告です。
棒アイスが機内食なんですか?
カップのはよく見ますけど、色々あるんですねー
血の味ってストロベリーに近い?(笑)
新説に驚愕です。
機内食で棒アイスが出た時は放置プレイを肝に銘じます。
Commented by tohoiwanya at 2016-10-02 01:22
>棒アイスが機内食なんですか?

権左衛門さん:
私も受け取った時は「へ~?飛行機で棒アイスって珍しいかもなぁ?」と思った。
でもそれを口に運んだら、珍しいかどうかなんてことはもはや問題ではなくなった(笑)。
とにかくこれまでの人生で経験したことがないような、異常に冷えた棒アイス。
棒アイスが配られたら、とりあえず粘膜がはがれる心配がないように、まず
ベロでさわって検証してみることをお勧めします。
ベロがアイスにくっついたら、もうダメ。放置プレイしかありません(笑)。


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価 40      南西鉄道から英国人気質を考える >>