2016年 09月 30日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 40

こないだの早朝散歩シリーズを書き終わって、ヴィエンチャンに関してはおおむね
書き終わったはずだから、最後にヴィエンチャンのホテル評価いってみよう。

物価の高いラオスだけあって、ヴィエンチャンのホテルも東南アジア的に考えるとけっこう高い。
ハノイあたりのホテルの方がヴィエンチャンより質は高くて、しかも安いって印象がある。
そんなヴィエンチャンで散々迷った末にイ課長が最終的に選んだのはココ。

Lalco AR Hotel
らるこ えーあーる ほてる と読めばいいのだろうか?まぁ他に読みようもないが。
スタンダード・ダブルもしくはツインで26.78ドル(10%税、10%サービス料込み)。
ヴィエンチャンのまともなホテルの中では安い部類だと思う。
f0189467_02194926.jpg
 
立地・利便性★★★☆☆
このホテルが安い理由の一つは立地だと思われる。ヴィエンチャンでホテルや観光客向け飲食店が
集まるのはメコン川に近いエリアなんだけど、そこからイ課長の早歩きでも10〜15分くらい離れてて、
このホテルの近くにはコジャレたレストランなんてあんまりない。観光には不便かなぁ?・・と、
行く前はちょっと懸念してた。

しかし行ってみたら気にならなかったね。
川から遠いってことは、パトゥーサイなんかには逆に近いわけだし、川の方まで歩くのも全然
苦にならなかった。ホテル近くに缶ビール買える店もあったし(それさえあればイイのかよ)、
タラート・サオやお寺のある所まで、フツーの路地を歩くのもなかなか楽しかったよ。

とはいえ、これは歩くのをあまり苦にしないイ課長の評価で、歩くのがオックウな人にとっては
やっぱリバーサイドのホテルの方がいいかも。

部屋★★★★☆
場所はちょっと不便だけど部屋がイイというのは口コミで読んでたけど、確かに良かった。
狭くもないし、暗くもない。世界一静かな首都というだけあって、ホテルの周囲も静かだし。
ゆっくり安眠させていただきました。床はジュウタンなしのタイルだけど、暑いから、かえって
冷たいタイルを裸足で歩く方が気持ちいい。
f0189467_02194354.jpg
 
f0189467_02194371.jpg
 
このホテルの部屋は全部そうなのかもしれないけど、ドアが二つある。最初に案内されたドアとは
別に裏口があって、そこを出るとまた別の廊下があって、イスやテーブルがあって、こうやって
タバコが吸えるようになってる。部屋の中は禁煙だったと思う。
f0189467_02194302.jpg
 

朝食★★★★☆
朝食はこんな感じの基本メニュー。「上半分くらいの中から選べ」と言われたような気がする。
GやHは朝食メニューって感じじゃないから、たぶんそういう「限定選択方式」だったはずだ。
イ課長はAのアメリカン・ブレックファストにしてみた。
f0189467_02194967.jpg
 
この時は例の充実の早朝散歩を終えて身体はすっかり目覚めてたし、腹も減ってたから
例によってガツガツと食わせていただきました。フランス植民地伝統の美味しいパンもついてて、
朝食はグッドで問題なし。
f0189467_02194927.jpg
 

サービス★★★★☆
以前にも触れたけど、このホテルについては何と言っても空港送迎無料サービスの存在は大きい。
このサービスを往復で利用すればビアラオ500ml缶12本分のコストが浮くんだから大変な違いだ。
従って、サービスは文句なく★5つか?というと、そうでない。何がマイナスポイントなのか?

それはレンタル自転車サービスが使えなかったことによる。
ホテルによっては自分のところで自転車を保有して貸し出すところもあるみたいなんだけど、
このホテルでは「近くの●●ホテルで借りてくれ」と言われた。ここじゃやってないのか・・。

ところが、●●ホテルに行って「ラルコに泊まってる者だけど、自転車貸しておくれ」って頼んだら
「宿泊客にしか貸さねぇ。市場の方にレンタル自転車屋あるからそっち行きな」ときたもんだ。
何だよそれー。話違うじゃん。でもまたホテルに戻って「貸してくれないよ?」なんて言うのも面倒だし、
結局徒歩に切り替え。徒歩にしたために行くのをあきらめた場所は特にないし、ま、いいんだけどね。
でも歩くのがキライで(暑いし)、自転車をアテにしてた人にとっては問題だ。

部屋はマトモだし朝食はイイし、無料の空港送迎サービスの存在は何と言っても大きい。
それなのに、ちょっと不便な場所のせいか宿代は他より安いときた。そのうえ素敵なシンをまとった
美しい女性従業員もいる。イ課長的には非常に良いホテルだった。
f0189467_01491781.jpg
 
実際には「歩くのが苦にならない人にとっては」という条件付きの良いホテルと言うべきかもな。
観光客向けのレストランやバーで賑わったエリアに近い方がいいという人にはあまり向かない。
もっとも夕方のあの感じじゃ、ヴィエンチャンの“繁華街”なんて夜も大したことないと思うが(笑)。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-09-30 00:04 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by ふじっこ at 2016-09-30 08:03 x
おはようございます~

ホテル選びって旅の手配ではなかなかに手間と時間がかかりますよね。。。飛行機とかは行き先さえ決まればそれほど選択肢もないし。でもホテルを選びながら地理的なこととか、空港からのアクセスとか色々調べるから現地の予習にもなるけど。

この一ヶ月ほど、年末と来年の旅行の計画やら手配やらで何かと頭を悩ませているのでした。。。すんなり泊まりたい宿が見つかる所もあれば、凄くよさそうな宿なのに立地がイマイチとかスゴく便利場所なのにちょっと予算オーバーとかでなかなか決まらない街もあり。年末泊まる予定の街は、何やらイベントがあるらしく、バカ高いわ、空きがないわ、もぅ、うきーーっ!!(←イライラが募るふじっこ)です。早くココロ穏やかに旅立ちたいデス。。。

にしても、ホテルのお姉さん、美しいです。。。
(´▽`*)
Commented by tohoiwanya at 2016-10-01 00:53
>予算オーバーとかでなかなか決まらない街もあり

ふじっこさん:
私の場合、ラオス行った時はヴィエンチャンもルアンパバーンも、どっちも
「なかなか決まらない町」でしたね。どうしても「ラオスなら安くて当然」っていう
先入観(偏見?)があるから、どのホテルもやけに高く思えてなかなか決まらなかった。
そういう時に予約サイトで「残りあと1室!」なんて書かれるとあせりますよね(笑)。
まぁ結果論ですけど、ヴィエンチャンのこのホテルに関しては無料空港送迎と、
この美しいお姉さんの存在だけで当りホテルといえます。


<< バンコク・クイッティアオ生活      大英帝国航空のキケンな機内食 >>