2016年 11月 07日

「野趣あふれる」とはこういうことか

汲めども尽きぬルアンパバーンネタ。本日は食い物のお話でござんす。

野趣【やしゅ】
:自然のおもむき。また、田舎らしい素朴な味わい。(デジタル大辞泉)

3泊したルアンパバーンでは晩メシも当然3回。その1回めと2回めは同じところで食ったんだけど、
これがまぁ実に野趣あふれる飲食店街?だったので、ご紹介したいのだ。

その一角というのはイ課長ホテルからも歩いて割と近い。
空港タクシーをおろされた交差点近くの路地なのだ。昼間はどうってことない路地なんだけど、
この路地が夜になるとズラッと屋台食堂が並び、にぎやかな飲食街に変貌する。
狭くてゴチャゴチャしてて、いかにもイ課長が好きそうなトコなんだここが。

もちろんソコにそんな屋台飲食街があるなんて知らなかったんだけど、
偶然足を踏み入れた路地が思いっきり「野趣」あふれる場所だったんで、一瞬のうちに
「今夜の晩飯はここで食おう」と決めた。
f0189467_17553138.jpg
 
細い路地のコッチにずらりとテーブル&イス、あっちにずらりと屋台が並び、真ん中が通路。
客はまず店で注文し、食い物や飲み物を受け取ったら店の前のテーブルで食うというスタイルらしい。
f0189467_17560115.jpg
 
店のタイプは大きく分けると二種類あるようで、一つは炙り焼き屋。いろーーんなものを焼いてる。
これがもうたまらなく美味そうでさぁ、ああこれを食わずにおれようか。手前の列の
真ん中へんにあるのはカエルか?ま、これはさすがによしとこう・・(笑)。
f0189467_17562731.jpg
 
もう一つはいろんなオカズを大皿に並べてる店。客は何万キープ(2万だったかな?)か払うと
皿を与えられて、盛り放題という仕組みのようだ。しかしイ課長としてはやっぱ冷菜よりも
焼きたて炙り焼きをかじりつつ、ぐいっとビアラオ傾けたい。
f0189467_17562726.jpg
 
で、あるオバさんの屋台でトリ肉炙り焼きとビアラオ大瓶1本を注文。
炙り焼き10,000キープ、ビアラオ12,000キープ。合わせて300円ちょいってところか。
ビアラオはどこも同じ値段だけど、トリ炙り焼き1万キープは安いんじゃないか?
皿に直接置かず、バナナの葉っぱを敷くのはあとで洗う手間を省くためかもしれない。
f0189467_17563206.jpg
 
もぐもぐ・・・あー幸せ。せっかくラオスに来たんだから、ホテルのレストランなんかじゃなく、
こういう野趣あふれるトコで食いたいよねぇ。すっかりこの路地が気に入ったぜ。
f0189467_17563245.jpg
 
で、次の晩もまた吸い寄せられるように同じ路地に行った。
今夜はトリじゃなくてサカナの炙り焼きにしてみようかなってんで、昨夜のトリより数倍デカい
細長いナゾの魚を食った。ついでにカオニャオも食ってみよう。もちろんビアラオつきでね。
ナゾ魚の塩焼きが2万キープ、ビアラオは同じ1.2万キープでカオニャオは5000キープだった。
f0189467_00464876.jpg
 
この日はお皿もなく葉っぱだけ。しかしこのナゾの魚・・・見れば見るほどナゾだ。
当然淡水魚のはずで、口の形はわりと平べったいように見えるからナマズの仲間か?
味は意外なことにけっこう脂がのってて、焼き魚としてなかなかイケた。おいしかったよ。
f0189467_17564023.jpg
 
この時、反対側のテーブルにいたカップルと二日後にチェンマイの空港で偶然会って
「キミ、ルアンパバーンのメシ屋でこんな風に食い物の写真撮ってたよね?」と言われたわけだ。
写真を見るとわかるように、客同士のテーブルもすごく近いんだよね、ここは。

炙り焼き食ってビアラオ飲んでると、足元に何か触れたような気がしたから下を見ると
あらら、ネコだ。客のお余りを狙ってか、この路地、ネコもけっこう多い。
ニンゲンもネコも同じように食い物を求めて集まる路地。いやーサイコウですね。
f0189467_17564586.jpg
 
f0189467_17564587.jpg
 
正式名称が何ていうのか知らないけど、この「野趣横丁(イ課長命名)」はとにかく楽しかった。
一人でも楽しいくらいだから、何人かでテーブルに陣取って「次はアレ食ってみようか」とか
「もう1本ビール買ってこいよ」なんて言いながらダベッてたら、ルアンパバーンの長い夜も
アッという間に過ぎてしまいそうだ。

こうして二晩続けて行ったから、三晩めはついフツーのレストランで晩飯食っちゃったんだけど、
今考えると毎晩この「野趣横丁」行きゃよかったなぁと軽く後悔してるよイ課長は。もしアナタが
ルアンパバーンに行ったら、一度はこの野趣横丁を覗いてみることをお勧めするのである。
一度行ったらその「野趣あふれる」雰囲気にハマッて、次の日もまた行きたくなること請け合い。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-11-07 00:02 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by ふじっこ at 2016-11-07 17:20 x
こんにちは~

炙り焼き!美味しそうです~~Σ(>Д<)
惣菜盛り合わせじゃなくて、こっち食べれば良かったーーー(。>д<)きーーっ。
↑盛り放題につられた人

屋台の良さって出来立てアツアツなのに、惣菜は作りおきだからヒンヤリだったんです!!でも欲出して沢山盛ったから炙り焼きまでたどり着けなかった。。。_| ̄|○
Commented by tohoiwanya at 2016-11-07 23:37
>こっち食べれば良かったーーー(。>д<)きーーっ

ふじっこさん:
私は一度くらい、あの冷菜盛り放題食えばよかったかなーと思ってる(笑)。
ホテルのそばの盛り放題屋は欧米人観光客で盛り上がってました。
でもやっぱ炙り焼きですよねー。見てるだけで美味そうで、特にあの
鯛みたいなヤツにひかれたんだけど、けっこうデカいから一人だとちょっと
持てあますかなぁと思ってナマズにした。
一応サッと炙りなおしてくれるけど、アツアツってほどじゃないんですけどね(笑)。
ルアンパバーンまた行く機会があれば、ここまた絶対行きます。
Commented by いつも心は旅人 at 2016-11-13 18:37 x
はじめまして。ほぼ同時期にルアンパバーンに行っていました。まだ1ヶ月なのに懐かしく拝見しました。
魚はナマズですね。あの雰囲気で食べるとなんでもおいしく感じますねー。
Commented by tohoiwanya at 2016-11-14 01:10
>まだ1ヶ月なのに懐かしく拝見しました

いつも心は旅人さん:
10月にルアンパバーン行かれたんですか。実は私がルアンパバーンに行ったのは
昨年の9月で、1年以上前の話書いてるんです、スミマセン(笑)。
でもルアンパバーンはホントに良かったから、一年以上たっても、まるで
昨日のことのように書けますね。この炙り焼き横丁もホントになつかしいです。


<< チェンマイ国際空港から市街へ      ナイトマーケットのひそやかな愉しみ >>