2016年 11月 12日

ルアンパバーンの子供たち

チェンマイネタがちったぁ続くのかと思ったらまたルアンパバーンネタに戻ります(笑)。
ルアンパバーンの話はいくらでも出てきそうだなぁ・・。

本日の記事はイ課長の思想信条を表明したブブンはまったくない(いつも大体ないが)。
どちらかというとコドモ写真紹介記事と思って気楽にご覧いただきたい。
ルアンパバーン子供図鑑だね、要するに。
f0189467_23463738.jpg
 
托鉢のことを書いた時に「小学校前」という場所のことを書いた。
シーサワンウォン通りを地図でいうと左下から右上の方向に歩いていくと、左側に
小学校があるんだよ。この町に来た観光客なら一度や二度はここを通るはずだ。

托鉢してる早朝通っても学校は誰もいない。夜通っても誰もいない(はずだ)。
しかしイ課長はたまたま平日の昼間、この小学校の前を通る機会があった。

うほほほ、校庭は子供だらけだ。当たり前だが。
これから校庭で集会か何かが始まる様子。女の子たちはみんなシン着用。かわいいねー。
f0189467_23465234.jpg
 
上は白、下は黒(か濃紺?)、それに赤いスカーフを付けるのが制服みたいだ。
なかなかオシャレな制服ではないか。
f0189467_23465213.jpg
 
こっちは1年生くらいかな。まだホント小さいよね。女子はシン着用。
元気だねー。
f0189467_23463809.jpg
 
たしかこの小学校の校庭だったと思うけど、すべり台があって、そこにまだ未就学の
小さな子供たちが遊んでた。視線があっただけでたちまち仲良くなってパチリ。
f0189467_23464688.jpg
 
せっかくだから、今写した写真をモニターで見せに行ったら例によって大喜び。
ゴキゲンのところをもう一枚撮らせていただいた。ラオスの子供かわいい。
f0189467_23464576.jpg
 
ルアンパバーン最後の朝は托鉢見学のあと渡し船でメコン川対岸の村に行った。
早朝の渡し船を待ってると、こんな朝早く子供たちがタムロってる。何やってんだ?
f0189467_23471648.jpg
 
しばらくするとそのワケがわかった。彼らはたぶん渡し船の船頭の子供なんだな。
一緒に渡し船に乗ってる。
f0189467_23470517.jpg
 
一番大きな男の子はロープをあやつって接岸の時に活躍したりして、立派な戦力だ。
まだ小学校3〜4年くらいかな?もうお父さんの手伝い。えらいなぁ。
f0189467_23471131.jpg
 
対岸の村にも早朝から子供だちの姿が見えた。この子なんかまだホント小さいけど
一人でひょこひょこ歩き回ってる。イ課長が就学前のガキだった頃、こんな早朝に
起きることはメッタになかったはずだが・・。
f0189467_23470412.jpg
 
この時、まだ朝の7時前だったはずだけど、すでに小さな子供たちはちゃんと起きて
そこらで普通に遊んでる。すっげー早起きチルドレンだな。
f0189467_23471634.jpg
 
ラオスの子供たち。おそらく暮らしは貧しいんだと思うけど、みんな素朴で、
こまっしゃくれた感じが全然ない、大変よい子たちだった。
ラオスの未来はキミたちの肩にかかっているが、今はそんなこと考えず、
いっぱい学んでいっぱい遊んで、お父さんやお母さんのお手伝いもしてね。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-11-12 04:55 | 2015.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
Commented by Piki at 2016-11-13 20:03 x
みんなかわいいですねー。
なんか、日本人の子供みたい。
Commented by tohoiwanya at 2016-11-14 01:14
>なんか、日本人の子供みたい

ぴきさん:
ラオスって中国と国境接してるし、おそらく東南アジアの中じゃ
ベトナム北部なんかと同じように中国系が多いんだと思う。顔立ちは
日本人と変わらないですよね。

でもこうして改めて見るとメガネかけてる子は1人もいませんねーーー。
日本の小学校だったら多少はいるんじゃないかな?


<< 名古屋観光で行ったところ      チェンマイ国際空港から市街へ >>