2016年 12月 12日

カヤン族について

カヤン族という少数民族の名前を聞いたことがある方はいるだろうか?
イ課長全然知らなかった。では「カレン族」という名称だと?

イ課長は後者の方は聞いたことはあるような気はするけど、「気がする」程度だから
結局わからない。この名称からどういう少数民族なのか説明しろって言われてもムリだ。
しかし、この写真を見れば「あ!!これ!!」とほとんどの人が思うんじゃなかろうか。
(写真はWikipediaから拝借)


f0189467_01172504.jpg
 
女性が首に真鍮のワッカを付て首を長くする不思議な風習の写真を見た人は多いはずだ。
この風習を持つ、俗に「首長族」といわれるのがカヤン族なのである。その出自は
よくわかってなくて、カレン族の支族という見方もあるようだ。だからモノによっては
首長族=カレン族と書いたものもある。

この首長族の方々、元々ミャンマー・タイ国境の山岳地帯に住んでた人たちで、本来は
「タイ人」というより「ミャンマー人」というべき人たちらしい。しかしミャンマーでは
カレン族(カヤンじゃないよ)による反政府闘争っていうのがあって、それと同一視された
カヤン族の人たちは政府に弾圧され、難民みたいな形でタイに逃げ込んだらしい。
(この辺の記述には不正確な部分があるかもしれない)

だからタイ北部にはミャンマーから来たカヤン族がいる。(おそらく)難民として。
そういう難民の生活を一種の「民俗村」として観光化し、土産物とかを売って生活の糧に
している施設がチェンマイ近郊にあるということを知った。
f0189467_22272269.jpg
 
最初はぜひそこに行きたいと思っていた。
子供の頃に本で見た首長族。その実物。この目でぜひ見たい。単純にそう思った。
現地オプショナルツアーにも「首長族の村見学ツアー」みたいなのはけっこうある。
そういうのに参加すればいいわけだ。

しかし、その民俗村のことをいろいろ調べるにつれて迷いが出て来た。

そういう民俗村って、彼らが元々住んでた村ってわけじゃなく、タイの観光業者が建設し、
そこにカヤン族を住まわせて運営してるらしいんだよね。入場料も安くはないようだ。
(たぶん)難民で、タイで職を得るのも(たぶん)難しい彼らに(そしてタイの観光業者に)とって
観光客が落とすお金が貴重な収入なんだから当然といえば当然だが。

民俗村では彼らは刺繍とか織物とかの民芸品を売ってるらしい。
しかしソコに来た観光客の最大の目的は首に真鍮の輪を付けた首長族の女性の写真を
撮ることなわけで、いわば「撮影料」として民芸品を買って行く。女性たちは観光客の
カメラに向かって、ちゃんとカメラ目線で写真に収まる毎日・・・。

これではまるで人間動物園ではないか!という批判が当然出てくる。
そう言われると返す言葉もない。イ課長だってもし民族村に行けば首長族の女性の写真を
撮りたいわけで、自分が人間動物園を鑑賞するだけのロクでもない観光客に思えてくる。

一方で、だからこそ民俗村でお金を使うことが彼らの生活の足しになるじゃん?という
思いもあった。安くない入場料を払い、民芸品を買ってあげれば難民として苦しい立場にある
彼らの生活をサポートすることになるのでは?

これは難しい選択だった。
迷いに迷った挙げ句、結局「首長族の村見学ツアー」に参加するのは見送ったんだよね。
その決定が良かったのか、悪かったのかは未だにわからない。
f0189467_22272831.jpg
 
ちなみに、あの首長族の女性だが、ああいう奇妙な姿にしてる理由は諸説ある。
①昔、女性がトラに首を噛まれて殺されたから首の保護のために真鍮の輪をつけてる説。
②性欲タギッた他の部族の男たちに襲われても、あの奇妙な姿で相手はビビる。
 結果的にカヤン族としての“純血性”が保たれる説。
③純粋に、ああいう首の長い姿が美しいという審美眼を持ってるから説。

どれが本当かはこれまたわからない。カヤン族の若い女性には輪をつけない人もいるとか。

ちなみに(その2)、俗に「首長族」っていうけど、正確にはロクロ首的に「首が伸びた」っていうより
真鍮の輪っかの重みで鎖骨や胸骨が極端に押し下げられ、逆にアゴは持ち上げられ、そういう状態が
長く続いてああいう姿になるらしい。だからあの輪っかをはずせば肩が徐々に上がってきて
フツーの体型に戻るんだとか。はずしたがらない女性も多いらしいが。

もしイ課長が再度チェンマイに行くことがあれば、今度こそ迷うだろう。
市内のお寺やドイ・ステープは今回見た。もし再びチェンマイに行けば、今度こそ首長族の村を
見たいという気持ちが湧くだろう。果たして自分は人間動物園という批判もあるそこに行くのか?

今のところ自分でもわからないのである。
(本日の記事、冒頭のWikipediaの写真以外は首長族の写真がないわけなので、内容に関係ない
 チェンマイ・ネコ写真でご勘弁を)


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-12-12 00:10 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by なおぼん at 2016-12-12 00:30 x
あたしが「文化人類学」の講義で聞いたんだけど、当時「カヤニ族」(カヤン族)の女が首輪を外すと窒息して死ぬなんてことが言われていましたが、それは嘘ですということでした。
もとに戻るんですってね。
今はこの姿は貴重で、観光資源として残っているだけだそうです。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-13 01:10
>(カヤン族)の女が首輪を外すと窒息して死ぬ

なおぼんさん:
コメントありがとうございます。
「首輪をはずすと死ぬ」っていうのは一種の伝説としてけっこう有名なんだってことを
この記事を書いた後になって知りました(笑)。
年配のカヤン族女性には首輪をはずしたがらない人が多い一方で、若い女性は
ハメたがらない人もいる、なんて話も読みました。実際どうなんだろう?
写真では小学生くらいの女の子が首輪をしてる写真も見ましたが。子供だから
まだワッカの数も少なくて首もそれほど極端には伸びてないんですけどね。
Commented by なおぼん at 2016-12-13 16:25 x
あちこち行ってらっしゃるんですね。
アジアの少数民族ってどれくらいいるんだろう。
カヤン族のような風習も、あたしらからしたらちょっとごめんこうむりたいわけですけど、イバン族だったっけ、バンブーハウスのすごいでかいのを建てる民族。
ネシアの方だったか、ボルネオだったか忘れちゃいましたけど。
ああいう暑い地方に適した暮らしぶりには感心いたします。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-14 00:08
>アジアの少数民族ってどれくらいいるんだろう

なおぼんさん:
数え方にもよるんだと思うけど、相当たくさんいるんだと思います。
台湾でも台北から日帰りで行ける近さの烏來はタイヤル族(高砂族)の居住地。
大体少数民族って山岳部にいることが多いみたいだけど、これってもしかすると
支配層の民族が平地に住んで、少数民族は山地に追いやられた結果なのかもしれない。
若いころに少しは文化人類学を勉強しとけばよかった(笑)。


<< モン族の民芸品マーケット      チェンマイの平面仏教美術たち >>