2016年 12月 16日

ロンドン交通博物館というところ

東南アジアにはさまって、時々出てくる英国旅行ネタ。
といっても、長編は書きづらいから単発でイケるネタとなるとコレあたりか。

英国旅行の最後の金曜(木曜のEU離脱国民投票結果が出た、あの金曜だ)は遠出する計画が
なかったから、グリニッジまで行き、そこからテムズ川を船で市内中心部に戻ってきた。
その日の夜はミュージカル鑑賞の予定があって、その前に一度ホテルに戻ろうと思ってたけど
それにしたってまだ時間がありすぎだろ。どこか寄っていこうか?

というわけで、近くて手頃なところというのでロンドン交通博物館に行ってみたわけだ。
コヴェント・ガーデンの近くにある博物館なのである。
f0189467_01140792.jpg
 
チケット売り場で「二枚」って言ったら「1回?」と聞かれた。そりゃ1回券だよ。明日はもう
日本に帰るんだから。1回券は17ポンド、二人で34ポンドだった。

入口に向かいながら頭ン中で計算してみた。17ポンド?
EU離脱が決まったあとポンドは急落したけど、イ課長が日本で換金した時は1ポンド160円くらい。
ってことは160×17=2,700円?!二枚買ったわけだから二人で5,000円以上ってことかい?!!

いやこれにはたまげた。日本でも入場料の高い展覧会あるけど、こんなに高いのは少ないだろ。
しかもココの場合通常展示でこの値段ってことだから、これはもう驚くべき高さだ。

展示内容はまぁそれなりに面白い。
何せ世界で最初の地下鉄、真っ赤なダブルデッカー、真っ黒なロンドンタクシーと、ロンドンなら
交通関連の展示物にはコト欠かないからね。
f0189467_01162962.jpg
f0189467_01154197.jpg
 
古い列車の展示は中に入れる。当時の服装をしたマネキン人形が置かれている。
アガサ・クリスティの「パディントン発4時50分」なんて(読んだことない)、こんな感じだったのかな?
時代的にちょっと違うか・・。
f0189467_01154014.jpg
 
ロンドンの地下鉄建設の歴史なんかは特に興味深い。
ロンドンにはこんだけいろんな長距離鉄道のターミナル駅があり、これらを結ぶ都市鉄道を
地下鉄にしたわけだ。
f0189467_01152408.jpg
 
東京の場合、ターミナル駅を結ぶ役目は主に山手線が負っている。そのおかげで、たとえば
東京駅から新宿駅に行く場合も同じJRの切符のまま行くことができる。ロンドンの場合は
ドコに行くにも地下鉄に乗り換えなければならない。

しかし都市鉄道を地下鉄にしたおかげでロンドンの都心には鉄道のガードってものがない。
だからロンドンでは二階建てバスが走れるわけだ。イ課長の勤務先近くにある神田の中央線の
ガードは制限高3.9mしかない。東京に二階建ての路線バスが走れない大きな理由はそういう
制限高の低いガードが都心部にいくつもあることなのだ。
f0189467_01152306.jpg
 
てな感じで、展示内容はそれなりに興味深い。しかし入場料に見合うかといわれると・・・。
入場者には地元の子供(それも団体)が多く、一種の社会科見学として来場してると思われる。
子供の中にはウマも混じってたが(笑)、観光客らしき外国人は見かけなかったなぁ。
f0189467_01162877.jpg
 
英国ではナショナルギャラリーや大英博物館なんかの入場料がタダっていうのは有名な話。
しかしタダじゃないミュージアム系の入場料はベラボウに高いんだね。以前、ハンプトンコートに
行った時も「うわ、高けぇ」と思ったけど、交通博物館の入場料の高さはアレをはるかに上回る。
展示物を見てる間も「二人で5,000円以上」と思い出すたびに、これは夢ではないかと思った。
なんとなくボーゼンとしてるでしょ(笑)。
f0189467_01162818.jpg
 
国立施設はタダ、それ以外の市営とか私営だとバカ高っていう原則なのかもしれない。
でもマンチェスターのMOSI(科学産業博物館)はタダだったぞ。あれは国立なのかな?
とりあえずロンドン観光では国立のミュージアムに行きましょう。実際、イ課長たちが行った
ナショナル・ポートレート・ギャラリーは無料だったし。

ロンドン交通博物館。乗り物好きなら興味深い博物館で、そういう点じゃイ課長だって乗り物好きだ。
しかし17ポンド払う価値があるかといわれると微妙。これが600円くらいの入場料なら心おきなく
「お勧め」と言えるんだが。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-12-16 00:18 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(6)
Commented by Bきゅう at 2016-12-16 20:09 x
そこのウエッブサイトをみたら、
Tickets allow unlimited entry for 12 months
って書いてありましたよ。だから一回か聞かれたのかも。期限が来ないうちにまた行こう。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-17 01:08
>Tickets allow unlimited entry for 12 months

Bきゅう探偵社さん:
えーーーーーーーーーッ?!!
それって一度しか行けない短期旅行者にとっちゃほとんどボッタクリ。ひでぇ。
そんなのアリ?フツーの神経があれば「1年間有効券17ポンド」以外に
「1回券6ポンド」とかって料金体系にするだろ、イギリスじん!!
ちょっとしか滞在しない観光客は絶対ココには行ってはいけないってことですな。
しかしいつもながらBきゅう探偵社にはいろいろ調べていただいて恐縮でござる。
Commented by PIKI at 2016-12-17 19:35 x
こんにちは、

英国ネタがはいってくると、また、すったもんだシリーズかとおもい、読んじゃいます。 私は、どこにいっても、博物館とか絶対に入らないのですが、やはり付き合いで入ることもあり、最近の傾向としては、先進国、後進国、どこでも、2000円から3000円って感じかなと思います。 軽く、入れない価格です。 そして、この金額、ヨガの一回コースも同じなんです。 ニューヨークでも、タイでも、バリ島でも、東京でも、だいたいヨガのドロップインクラスは、2000円から3000円なんです。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-18 17:30
>先進国、後進国、どこでも、2000円から3000円って感じかなと思います

ぴきさん:
ホントっすか?私もあんまり海外でミュージアムって行かないけど、
少なくともベトナムの女性博物館なんかはもっと安かった。発展途上国で
バカ高いのはきっと外国人料金でしょうな。自国民には安いはず。
夜のルーブルとか行った時はいくらだったかなぁ?でも記憶に残ってないってことは
そんなにバカ高じゃなかったはずなんですけどねぇ。
ヨガ相場となると経験ゼロだから皆目見当がつかない。2〜3000円なら
以外に安いのかなって気もしますが。
Commented by orchid-titi at 2016-12-18 20:50 x
こんばんは。

おっ!こちらも当時のマネキンかと思ったら本物のイ課長じゃないですか(笑)

凄くサマになってらっしゃいますよ。

Commented by tohoiwanya at 2016-12-19 00:40
>こちらも当時のマネキンかと思ったら

orchid-titiさん:
いやいや、あれはビクトリア朝時代を模したマネキンですから(笑)。
一人旅だとセルフ撮りしかないんだけど、二人だとこういうアングルで
写真を撮ってもらうことができるけど、まぁこんなイ課長のツラ見ても
しょうがないですよね(笑)。


<< 出家するということ      モン族の民芸品マーケット >>