2016年 12月 21日

Tシャツから東南アジアの産業進化を考える

イ課長は東南アジアに行くとよく自分用にTシャツを買う。
これは土産物というより、旅行中に着るシャツという意味合いが強い。日本から大量の衣料を
持参するわけじゃないしと、わざボロを着てって現地で捨てちゃうなんてことも多いから
マトモなシャツを現地調達する必要があるのだ。

東南アジアでイ課長が好むTシャツが現地のビール銘柄であることもすでにおなじみ。
ベトナムでは333、カンボジアではアンコール・ビア、ラオスではビアラオ、タイに行きゃ
シンハーかチャンビア柄のTシャツを買う。
 
こうしてあちこちの国でTシャツ買ってると、国ごとの品質差がけっこうある。
イ課長の場合、特にサイズが問題だ。巨大ロボットだから買う時は必ず「XLある?」と聞き、
XLサイズを買うんだけど、ホテルにもどって試着してみるとまるっきり小さいことがある。
f0189467_01262888.jpg
 
以前サイゴンで買った333Tシャツも小さくてトホ妻にあげたけど、ルアンパバーンの
ナイトマーケットで2枚買ったビアラオ柄Tシャツのうちの1枚も小さかったねぇ。黒とブルー
2枚買ったけどブルーの方はXLどころかLより小さかったんじゃないか?
f0189467_01053810.jpg
 
ほら、Tシャツのスソがズボンのベルトあたり。つまりヘソのちょっと下くらいまでしかない。
全然XLじゃないじゃんよーーー。小さすぎるからこれも帰国後はトホ妻行き。それでも旅行中は
着るものがないからこういうチビTシャツも着ざるを得ないのである。ちょっと恥ずかしい。
f0189467_01053874.jpg
 
もう1枚の黒い方はタイで着たんだけど、1回着たら早くもソデの縫製がほころびてやんの。
まだ一度も洗濯してねぇのにコレかよヲイ。しょうもねぇTシャツだなー。
f0189467_01054386.jpg
 
その点、タイで買ったTシャツはいつもそこそこの品質は保ってる。
サイズもちゃんとXLにふさわしい大きさで洗濯もしてないのにホコロビるなんてこともない。
f0189467_01054430.jpg
 
このTシャツ品質差。一人当たりGDPの高い国、平たく言えば豊かな国ほど、売るTシャツの
品質も高いように思える(タイは相対的には豊か)。でも2014年にシェムリアップで買った
アンコール・ビア柄のTシャツはしっかりしてて2年たった今でも時々着る。カンボジアはタイより
かなり貧しいはずだが・・。
f0189467_18245605.jpg
 
この国による品質差。その国の産業化の度合いの差が反映されてるのかもしれん。
Tシャツみたいな縫製産業、あるいは靴の製造業みたいな、比較的ローテクで人による加工を
必要とする産業って人件費の安い国に集まる。

日本も明治~戦前までは繊維製品って輸出の花形だった。タイも昔はそうだったはずだ。
しかし今やタイはそこを通過してもっと工業化が進み、そういう産業はベトナムやカンボジア、
あるいはバングラデシュみたいな、さらに人件費の安い国にどんどん移動してる。
ただ、ラオスはまだそこまでの産業化にも至ってないって気がするんだよね。

まぁイ課長が東南アジアで買ったTシャツが全部「その国製」だという保証は全くない。
タイで買ったTシャツがカンボジアで縫製されたものだったなんて可能性は十分ある。
でも結局のところ「発注国側の要求品質レベル」が高いと、他国製でも縫製やサイズといった
品質管理がキチンとしてるということになる。東南アジア製日本ブランドも同じことだが。
f0189467_01262880.jpg
 
産業化の進展に比例して、いずれベトナムのTシャツ品質要求レベルも高まり、
サイズ管理もキチンとしたものになるかもしれん。カンボジアもそうなる可能性はある。

しかしラオスはどうかなぁ〜〜?
個人的な願望を率直に言えば、ラオスは産業化なんてしなくていいから、今のまま
素朴で静かであってほしいと思う。たとえTシャツが小さくてすぐホコロビても。
ま、こんなのは旅行者の勝手な思いで、ラオスだって今後徐々に産業化していくんだろうが。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-12-21 00:27 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2016-12-22 21:25 x
アンコールビアのが、いちばん おしゃれに見えますう。しかし、鏡を通した写真だと左右が逆さまになるのね。今さらながら納得。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-23 11:06
>アンコールビアのが、いちばん おしゃれに見えますう

Bきゅうさん:
こういうTシャツって、白地か黒地、あとはグレーとか、大体定番色の生地に
プリントしてるのが多いんだけど、これは珍しくモスグリーンだったんで、これにした。
これいいですよね。私も好きです。
Commented by ふじっこ at 2016-12-26 08:06 x
おはようございます~~(^-^)

うふふ。
うちにもあります、ビアラオTシャツ。
特に主人から苦情も聞いてないので、品質的には問題なかったかも。

気に入った柄だと同じ柄を何枚か色違いで買うことがあるのですが、夏にシェムリアップで買ったTシャツは柄は同じだったけど、ピンクと緑で生地の厚さや作りが全然別物でした。。。きっと、その時手に入った無地のTシャツに都度プリントするから、素材がバラバラになるんでしょうね。。。それもまた東南アジアらしいですよね~~(*^^*)
Commented by tohoiwanya at 2016-12-27 00:21
>きっと、その時手に入った無地のTシャツに都度プリント

ふじっこさん:
あーそうかもしれません。「この布が安く手に入ったからこれで作ろうぜ」みたいな。
いかにもありそうな感じです。ハノイで買った333のTシャツはやけに生地が
ツルツルしてて肌触りよくないなぁと思ったけど、たまたま「その布」で
作った時だったんでしょうな。まぁ生地の材質のバラつきは許すとしても、
XLで小さいってのは困る・・。


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価 41      出家するということ >>