2016年 12月 23日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 41

今日はルアンパバーンのホテル評価を一つはさもう。ここには3泊したことになる。
 
Villa Meuang Lao

ヴィラ ムアン ラオ というホテル。
3泊で105ドルだったから、一泊35ドル。今なら4,000円くらいってとこか?
田舎町ではあっても観光客ひしめくルアンパバーンはホテル相場も決して安くない。
「マトモそうな安ホテル」だとこのくらいはするみたい。もちろん、もっと高いところは
ワンサとある。

立地・利便性★★★★☆
ルアンパバーンって小さな町だし、鉄道駅なんてものもないし、ほとんどのホテルは町の中心部から
徒歩圏だし、逆に空港からはどのホテルも同じくらい遠くて、タクシーかトゥクトゥク使用が前提。
要するに立地の良し悪しなんてホテルによって大きな差はないわけだけど、それでもこのホテルの
立地は観光には非常に便利だったと思うんだよ(下の写真は外観)。
f0189467_00272791.jpg
 
ワット・マイのすぐ裏手。名物の朝市のすぐ近く。もちろんメインストリートのシーサワンウォン通りも
近いわけだから、托鉢やナイトマーケットを見にいくのも非常に便利。川の方に出れば雑貨屋さんもあり、
例の野趣あふれる屋台街にも近い。差がつきづらい要素ではあるけど、十分★4つはあげられる。

部屋★★★★☆
部屋はまぁまぁ良かったと思う。この値段でこの部屋ならやっぱ★4つあげていいだろ。
そこそこ広かったし、エアコン付きだし、静かだったし、コレといった不満はなかった。
f0189467_00273602.jpg
 
f0189467_00273674.jpg
バスルームはバスタブなしのシャワーのみ。まぁこれは予想されたことだ。
できればシャワールームの仕切りが欲しかったけど、これも大きな問題ではない。
f0189467_00273662.jpg
 
この部屋で特筆すべき設備を挙げるとすれば天井の羽根式扇風機だ。
昔の風呂屋の脱衣場によくあったけど、あんなヤワなもんじゃない。デカくてパワフルで、
しかも天井自体がそう高くないから扇風機の位置も低くて、風力を倍加させる。
f0189467_00274596.jpg
 
回すと部屋中のもの全てが風にあおられたよ。こんなスゴい天井扇風機初めて見た。
汗で濡れてハンガーにかけといたTシャツなんかも風のおかげでよく乾いたと思うけど、
部屋中強風が渦巻く状態というのも落ち着かなくて、結局あまり使わなかった(笑)。
f0189467_00274593.jpg
 
朝食★★★☆☆
チョイスの幅は狭くて、卵料理何かとパンとフルーツって感じだったと思う。
あとはコーヒーとジュース。ジュースは安物。でも何といってもまだ涼しい朝の日を浴びて
屋外のテーブルで食うというそのシチュエーションが素晴らしかった。気持ちよかったねー。
f0189467_00283745.jpg
 
f0189467_00283813.jpg
 
従業員★☆☆☆☆
これだよ問題は。おおむねグッドなホテルなのにこの項目だけ★が一つなのは十分な理由がある。

ナイトマーケットをひやかして、ホテルに戻ってきた時のことだ。夜の8時半頃じゃなかったかな?
朝食用に置いてある外のテーブルに男性が一人座っていた。きっと外で涼んでるんだろう。
イ課長は中に入ってカギをもらおうとして扉を開けようとしたら・・ありゃ?開かない・・。

そこ閉まっててヒトがいないんですよ」と、その男性が日本語で言った。あら日本人なんだ。
彼も部屋に戻ろうとしてフロントに預けたカギを受け取れず、ずっと待ってんだと。

ヲイ冗談じゃねぇ。カギを預けたフロントが扉にカギかけてトンズラってどういうことだ。
これじゃ宿泊者は部屋に入れず、完全な閉め出しじゃねぇか。

隣のホテルに頼んで電話してもらったりして「閉め出された」ことを伝えようとしたけど
結局連絡とれず。えれぇ苦労したよこの時は。結局、40分後くらいにアルバイトらしい
フロント兄ちゃんが「メシ買いに行ってたんだよ」とか言って戻ってきた。ばっかやろう。

このホテルに泊る時はカギをホテルのフロントに預けず、自分で保管した方がいい。
アルバイトの兄ちゃんはいいかげんな野郎だ。このホテルの従業員全部がヒドいわけではなく、
空港までのトゥクトゥク手配なんかは(おそらく)オーナーがやってくれて問題なかった。
バイトのあの野郎だけが問題なんだよ。あいつさえいなきゃ気分のいいホテルだったのになぁ。

その日本人男性とは翌日も顔をあわせて「昨夜はひどい目に遭いましたね」と話をした。
Booking.comでこのホテルのレビューを見ると、イ課長と同じこと書いてる人がいるから
これはあの時のあの人に間違いない。お名前は聞かずにきたけど、イ課長と同じく熟年男性一人旅。
彼はイ課長より前に閉め出されてたわけだから外で待ってた時間もかなり長かったはずだ。
いやーあの時は大変でしたなぁ、お互い・・。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-12-23 00:01 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2016-12-25 22:03 x
外国資本が入って、ホテルがぽこぽこ建てられている感じでしょうか?部屋も設備も普通そう。お値段すぐに日本のビジホなみになりそうですね。イ課長さん、今行って正解だとおもいましたあ。
Commented by tohoiwanya at 2016-12-26 01:41
>外国資本が入って、ホテルがぽこぽこ建てられている感じでしょうか?

Bきゅうさん:
世界遺産で新しいビルを建てられないことがストッパーになってるけど、
それでも小規模ゲストハウスは次々と出来てるみたいです。でも旅行者は
どんどん増えてるから相場は安くならない。前に書いたアマンリゾートなんかも
出来てるくらいだから、むしろ高級化してるのは間違いない。
Bきゅうさんも早めに行った方がいいですよ。


<< プーシーの丘に登る      Tシャツから東南アジアの産業進... >>