2017年 01月 05日

海外人物(主にコドモ)図鑑 2017年版

イ課長ブログの数少ない読者のみなさま、本年もよろしくお願い致します。

実は元旦早朝に義母が亡くなってしまったのです。
こうなると正月どころではなくなる。4日の仕事始めは午前中だけ出社したけど
「おめでとう」と言うのも気が引けるよね。そんな事情でお通夜・告別式と
不祝儀が一通り終わるまで更新もちょっと控えておりました。すみませぬ。

さて、新年最初の更新は恒例のアレ・・・といきたいところなんだけど、こちらの方も
どうも歯切れが悪い。去年行ったのが英国だけだからねぇ。いつものように華やかに
美女図鑑というわけにはいかないのだ。

イギリスに美人がいないと言うつもりはない。まぁ多いと言うつもりもないが(笑)。
英国において美女図鑑が難しい理由は他にある。英国に限らず欧州だと全般的に
人物写真を撮る機会そのものが少ないんだよね。

東南アジアを歩いてると露店やら屋台やらで何となく現地の人と仲良くなって写真を
撮る機会がしょっちゅうあった。「あなた日本人?」って向こうから声かけてくることも
多くて、こっちも「写真撮っていい?」って聞きやすい。

だが、英国じゃ「現地の人と何となく仲良くなる」ことって、それほどないよね。
特にロンドンじゃ東洋人も黒人もインド系もアラブ系もちっとも珍しくないし
イ課長たちが入る店やレストランの従業員だってかなりの確率で非アングロサクソン系。
「お?ガイジンだ。どこから来たのかな?」なんてお互いイチイチ気にしない。
東南アジアとは対人的感覚自体が何となく違うのだ。

そんな英国旅行で数少ない人物写真っていうと、盗撮系のコドモ写真が多い。
まぁそんなものでもご紹介するべ。

①英国の田舎のコドモ
これはコッツウォルズ一日ツアーで行ったブロードウェイ(N.Y.のとは違うよ)という村の
村のベンチで見かけたコドモ。アイス食ってる。
f0189467_09102151.jpg
 
ぽっちゃりした子たちだ。大きくなるとデップリ太った英国ネエチャンになるのかもしれんが
コドモのうちはかわいくて結構(笑)。


②英国の地方都市のコドモ
こちらはピーターバラという街で見かけた女の子。この子はかわいかったね。
地面から定期的に噴水が噴き出す場所に立って、まだかな?まだかな?って待ち構えてる。
f0189467_09102265.jpg
 
で、ピューッと噴水が噴き出すとキャッキャいって大喜び。かわいい。
歩き疲れて、列車の時間までしばらく座って休んでたんだけど、その間この女の子を見て
楽しませてもらった。
f0189467_09102250.jpg
 

③ロンドン近郊のコドモ
こっちはグリニッジに行った時に来てた学校の生徒たち。3〜4年生くらいかなぁ?
制服を着てるから、社会科見学か何かでクラスでそろってグリニッジ天文台見学に来たんだろう。
f0189467_09102833.jpg
 
ただ、一つ不思議なことがある。黒人の子供ばっかだったということだ。
よく見たわけじゃないけど、黒人比率が非常に高いコドモ集団だったから「何でだろ?」と思った。
黒人しか入学できないなんて逆差別学校があるとは思えないから、単なる偶然なんだろうか。


④ロンドンど真ん中の美女
コヴェント・ガーデンのあたりで何かステージイベントをやってた。
そのうちステージに登場したのがこちらの金髪の美女。芸能人・・なんだろうなぁたぶん。
もちろん知らない人なのである。
f0189467_09102928.jpg
 
かろうじて「美女写真」と言えるのは上のコレくらいなのだ(笑)。
やや化粧濃いめ、ちょいケバめの、こういうタイプが英国美人とされているのかもしれないという話は
昔書いたけど、それにしてもこの人はちょっとケバすぎかも(笑)。


・・という、このくらいなの。英国人物写真。しゅみましぇん。
今年はまた東南アジア一人旅行きたいなぁと思ってるところなので、来年は何とか
美女図鑑復活に向けて頑張りますです、はい。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-01-05 23:02 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(6)
Commented by ふじっこ at 2017-01-05 23:49 x
こんばんは。
更新無いな~と思っておりましたが、
ご不幸があったのですね。。。
お悔やみ申し上げます。


確かに、欧米諸国だと余り人物写真を撮る機会ってありませんよね。盗撮系ばっかりかも。アジア旅で「癒される~~(´- `*)」と感じるのも現地の方との交流が比較的しやすいのも理由の一つかもしれないですね。

今年も楽しい記事をよろしくお願い致します!
Commented by Bきゅう at 2017-01-06 07:02 x
それはなんとまあ。イ課長や奥様には何と御慰めしてよいのやら。たしかに会う人、会う人、「おめでとう」と言う時期だから、気持ちは複雑なことだと察します。(ところで、イ課長さん、ほんのちょっと、年末に他記事をあげなかった?Bきゅう探偵社の社員がそう言うんだけど、間違えだったらごめんなさい。)
Commented by tohoiwanya at 2017-01-06 18:39
>欧米諸国だと余り人物写真を撮る機会ってありませんよね

ふじっこさん:
お祭りで民族衣装を着た人とかならともかく、欧米で街歩きしてる時って
人物写真ってホント撮らないですよねぇ。美女図鑑作成という観点で考えると
非常に困る(笑)。盗撮系も頻繁にやってるとしょっぴかれそうだし・・。
缶ビール買うたびに写真撮らせてもらってたベトナムがなつかしい。

本年もよろしくお願い致します。
Commented by tohoiwanya at 2017-01-06 18:42
>ほんのちょっと、年末に他記事をあげなかった?

Bきゅうさん:
え?記事をアップして、すぐ削除したってこと?
過去に下書き保存しようとして間違えてアップしたって事故の経験あるけど
最近はさすがにないし、もちろん年末もないですが・・えー?
誰か他の人がアップしたのかな?Bきゅう探偵社さん、調べて(笑)。

何はともあれ、本年もよろしくお願い致します。
Commented by 権左衛門 at 2017-01-07 00:54 x
寂しいお正月だったのですね。お悔やみ申し上げます。
女の子の白タイツ可愛いですね。カーリーヘアもとってもキュート。和みました。
私はお正月休みをワシントンDC、フィラデルフィアで過ごして来ました。スミソニアンとバーンズコレクションで至福のひと時のはずが、1日であまりのボリュームを詰め込みすぎると気持悪くなりました。ゆっくりまわらないとダメですね。
今年もブログ楽しみにしています。
Commented by tohoiwanya at 2017-01-08 01:31
>お正月休みをワシントンDC、フィラデルフィアで過ごして来ました

権左衛門さん:
おおーいいですねぇ。フィラデルフィアは30年くらい前にNYから日帰りで
半日だけ行きました。私が生まれて初めて海外の床屋に入った町でもあります(笑)。

私もこないだ英国行った時はけっこうキツいスケジュールの日もあって、
夜にコヴェントガーデンのオペラ見る頃にはすでにクタクタ(笑)。
旅のスケジュールはやっぱ少しユルめ、くらいがいいのかも、ですねぇ。


<< 晴れ男 vs.雨のきわどい戦い      2016年終了時点での集計 >>