2017年 01月 10日

ドイステープ行き乗り合いソンテウ

さて、本日は純粋お気楽観光情報、ドイステープについて書こうじゃないの。

どんなガイドブックを見ても「ドイステープ見なきゃ、チェンマイ来た意味ねぇぜ」くらいの勢いで
書かれている。外国人旅行者にとって超定番観光スポットなのはもちろんだけど、タイ人にとっても
ここは「チェンマイに行ったらぜひ行きたい(お参りしたい)場所」という思いが強いらしい。
もちろんイ課長としても、ここは見るつもりだった。さぁ行くぞ。
f0189467_23214576.jpg
 
・・が、ドイステープってチェンマイ郊外の山の上にあるから行くのは簡単じゃないのだ。
徒歩は絶対ムリ。車で山道をかなり登ることになる。もちろん、そんな山の上まで行ってくれる
路線バスなんてないし(平地だってないが)、タクシーがイヤなら(イ課長はイヤだった)
タイ地方都市における「ミニ路線バス」、おなじみソンテウに乗って行かなければならない。

そこで本日はイ課長みたいな一人旅、あるいは少人数旅行者が「乗り合いソンテウでドイステープに
行く方法」というのを詳しくご紹介したい。何てお役立ち企画なのであろう。

とりあえずですね、乗り合いソンテウで安くドイステープに行きたい方はチェンマイ城壁の北門、
チャンプアック門に行きましょう。この辺にソンテウがタムロってて、それに乗って行くらしいと
いうくらいまではイ課長も事前に情報を収集してた。
f0189467_23192987.jpg
 
f0189467_17024283.jpg
 
確かに赤いソンテウは何台も停まってるけど、ドレに乗ったらいいのか?
キョロキョロしながら道路反対の左側にある信号の根元に来たらそこにいたオッサン軍団が
「ヘイ、ドイステープ?」と声をかけてきた。
f0189467_23192964.jpg
 
ははぁ~・・ここが乗り合いソンテウの発着場というか、客の誘致ポイント&待機所なんだな。
こんな看板がちゃんと出てる。みなさん、チャンプアック門を出たら道路を渡って左側のカドです。
この看板があるはず。片道50バーツ往復で100バーツ。空港からのタクシー片道より大幅に安い。
距離は空港より長いはずだけど乗り合いなんだから、一人当たりが安いのは当然。
f0189467_23192871.jpg
 
このオッサンたちが交差点カドに陣取る「ドイステープ乗客誘致委員会」のメンメン。
ガイジン旅行者がキョロキョロしながらこのあたりを歩けば、必ず声をかけられると思うよ。
f0189467_23200338.jpg
 
看板によると客が10人たまったら出るようだけど、イ課長は3~4人目くらいだったかな?
15~20分くらいのうち二人連れが何組か来て10人確保、はい出発。クルマはこれね。
f0189467_23194259.jpg
 
トラック改造バスで密閉されてないから、信号待ちの時なんかはまわりの車の排気ガスも
入って来るし涼しくもない。まぁ市内を出るまではガマンだガマン。
f0189467_23200199.jpg
 
その代わり山道に入るとスゴいよ。ドライバーのおっちゃんがF1レースのようにトバす飛ばす(笑)。
山道でカーブも多いから荷台座席に乗ってる客もけっこうな遠心力を感じる。でも車は頑丈そうだし、
危険という感じはしなかった。コワいという点じゃ昔スペインのメリダからセビリヤまでバンで
戻った時の運転の方が遥かにコワかったよ。
f0189467_23202694.jpg
 
登り坂と急カーブが続くワインディングを、先行車をバカスカ抜かしながら疾走だぜ。
ドイステープまで登りきる間、追い抜いた車は数知れないが追い抜かれたことはほとんどない。
荒法師ナイジェル・マンセルみたいな(古すぎる)ドライバーだ。いいぞいいぞ。

で、ドイステープに着くと、たしか2時間の自由時間が与えられ、乗客はいったん解散する。
戻る時はまた同じナイジェル・マンセルのソンテウで帰るわけだ。駐車場は似たような
赤いソンテウだらけだから、間違えないように車のナンバーを覚えておきましょう。

で、再び同じメンバー(のはずが、帰りは二人増えてた)でチェンマイに帰るわけだ。
もちろん帰りも市内の渋滞に入るまでは爆走また爆走。いいぞいいぞガンガンいけ。
f0189467_23202566.jpg
で、チャプアック門のところまで戻ってきて、今度こそ本当に解散。めでたしめでたし。
せっかくだからチェンマイのナイジェル・マンセルのお姿を記念に撮らせていただいた。
走り慣れた道だけあって、アグレッシブな峠攻めだったぜ、おっちゃん。
f0189467_23202452.jpg
 
ドイステープに行く乗り合いソンテウ、ま、要するにこういう感じなのである(笑)。
チャンプアック門から山の上の駐車場まで・・片道40分くらいだったかなぁ?ソンテウ乗車中は
スリリングな激走カーレースが楽しめるし、各国の観光客と混載というのもなかなか楽しい。

ドイステープ行き乗り合いソンテウ、往復100バーツ/人。単独~少人数で安くドイステープ行くなら
これが断然お勧めなのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-01-10 00:59 | 2015.09 東南アジア旅行 | Comments(4)
Commented by iyota at 2017-01-10 21:53 x
ナイジェルマンセル風ソウテン、機会があれば乗ってみたいです。
Commented by tohoiwanya at 2017-01-12 00:18
>機会があれば乗ってみたいです

iyotaさん:
マンセル、プロスト、セナなんてドライバーがいた頃が懐かしい・・。
今となっては遠い昔ですが(笑)。
コメントありがとうございました。iyotaさんはタイには行かれたこと
あるようですが、再訪の折りにはぜひ乗ってみて下さい。いいドライバーにあたれば
がんがんトバしてくれるはずです。
Commented by カプメイ at 2017-01-13 08:53 x
日本以外の途上国って、タクシーなどの乗り物が、カーチェイスに憧れてる感じですよね。
今まで乗ったので一番怖かったのが、台北→桃園空港のタクシー。高速でやってくれました。「旅行者、台北で事故死」って新聞の見出しが見えた気がしました。
西安も怖かったけど、2位はペテルブルグの白タクがマフィアチックで怖かった。
このソンテウは乗ったら第3位ですかね。
Commented by tohoiwanya at 2017-01-14 00:28
>このソンテウは乗ったら第3位ですかね

カプメイさん:
チェンマイのソンテウ、くねくね山道をブッ飛ばしてたわりに、不思議と
おっかなさは感じなかったですよ。まぁ荷台に座ってて、前の道路状況が
見えなかったせいかもしれないけど(笑)。

私の「海外恐怖ドライバーランキング」ならやっぱりスペインが断然トップ。
あの恐怖に比べたら東南アジアの空港からホテルへのタクシーなんて
ホント、平穏に思えますよ(笑)。


<< ドイステープに登るには      晴れ男 vs.雨のきわどい戦い >>