2017年 06月 08日

イーリー大聖堂というところ【その2】

奥の方まできてようやく純正ゴシックらしくなってきたイーリー大聖堂。
調べたところでは、この大聖堂、着工が11世紀で完成は14世紀。建設期間が300年ともなると、
その間に建築技術も進歩するし、様式も変わるわなぁ、そりゃ。
f0189467_01430715.jpg
 
大聖堂奥の部分は側廊天井もリブが延びたヴォールト天井になってる。重々しい雰囲気だねぇ。
イーリー大聖堂、見学者がワンワンいるということもなくてわりと静かで、それなりに宗教的神秘を
感じさせてくれる空間だ。
f0189467_01440531.jpg
 
(たぶん)聖職者席からロマネスク様式の西側を見るとこんな感じ。
うーん・・やっぱ大聖堂はええのう。マイルドなゴシック教会建築ヲタクのイ課長だから、やっぱり
こういう所に来ると軽い興奮状態になって写真の撮影枚数がバカスカ増えていく。
f0189467_01381995.jpg
 
この(おそらく)聖職者席ってフランスの大聖堂でも見たけど、なぜかここは木で作ることが多い。
だからここでは木彫の装飾が見ものであることが多いんだけど、イーリーの木彫もなかなか見事だ。
ちょっと暗いけどストロボは焚かずに撮った(それでも手ブレしないカシオはえらいと思う)。
f0189467_01264896.jpg
 
イーリー大聖堂で面白かったのは、ひざまずいてお祈りするためと思われるクッションだ。
それぞれ名前やイニシャルが刺繍がしてある。つまりこのクッションは誰がヒザを置く場所かってことが
決まってるんだね。クッションが専用予約席になってる。
f0189467_01264868.jpg
 
しかも刺繍された年代を見るとおっそろしいほど古い。
これなんて1000年以上前だぜ?まさかこのクッションが当時作られたものとは考えられないけど、
このクッションにヒザをのせていいのはエルシン家関係者のみであるってことが1000年以上前から
決まってるっぽい。それってすごいね。10世紀って大聖堂着工より前じゃねぇ?このエルシンさんってのは
建設前の大口寄付者か何かだったんだろうか。
f0189467_01403745.jpg
 
こっちのクッションは12世紀からヘンリーさん専用の祈祷場所だったと思われる。今はその子孫がここを
使ってるのかな?こうやってトテツもない歴史の古さをクッションの刺繍でさりげなく自慢するあたり
英国らしいと言うべきか。
f0189467_01403873.jpg
 
おお、大聖堂の一番奥の方まで来ると英国ゴシックの神髄(だと、イ課長が勝手に思っている)、
異常装飾天井がソコかしこに。英国ゴシックはやっぱこれがなきゃね。しかしコレもまたすごいね。
天井がハチの巣みたいだ。よくまぁこんな天井作ったね。
f0189467_01331037.jpg
f0189467_01563955.jpg
 
大聖堂に接続して増築したと思われるホールの天井もこんな。これですよやっぱ。
英国の大聖堂に来たらこの過剰(ないし異常)装飾の天井がなきゃつまんない。イーリー大聖堂の
異常装飾天井も十分異常です(笑)。
f0189467_01331059.jpg
 
いやーーー大聖堂見学は面白いですなぁ。
ワガママを言って「大聖堂の日」を作った甲斐があったってモンだぜ。
せっかくだからイーリー大聖堂の話題はもう一つ続けたいと思う。この大聖堂の見事な
ステンドグラスをまだ全然ご紹介してなかったのだよ。次回たっぷりご覧に入れるからね。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-08 01:00 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2017-06-08 19:44 x
すごい豪華ですねえ。「ああ、こんなことなら、聖職者になればよかった。」と思った時点で、Bきゅう、失格ですう。
Commented by tohoiwanya at 2017-06-09 23:30
>ああ、こんなことなら、聖職者になればよかった。

Bきゅうさん:
毎日毎日、ああいう豪華で荘厳な場所にいるってどんな感じなんですかねぇ。
教会の行事はいろいろあるし、信者の面倒ごとも持ち込まれるし、
維持費だの補助金だの、オカネの心配もしないといけないし、司教さんもけっこう忙しいのかも
我々みたいに「早く来い定年」とか言ってるかもですよ(笑)。


<< イーリー大聖堂というところ【その3】      イーリー大聖堂というところ【その1】 >>