2017年 06月 11日

イーリー大聖堂というところ【その3】

イーリーは意外なくらい(と言っては失礼だが)ステンドグラスが見事な大聖堂だった。
薄暗いゴシック大聖堂の中にいて、色鮮やかなステンドグラスごしに外光が入ってくるサマは
本場フランスであろうが英国であろうが、やっぱり美しい。
f0189467_01485123.jpg
 
人間の顔の描き方がちゃんと立体的に見えるように陰影がついてたりしてわりとリアル。
そんなに古い時代のステンドグラスじゃないはずで、大聖堂自体より後に作られたものかも。
カンタベリー大聖堂じゃディズニー調ステンドグラスにタマゲたけど、あれに比べるとずいぶんと
オーソドックスな絵柄に見える。
f0189467_01485217.jpg
 
実はこの時イ課長は暗い室内でストロボなしでも手ブレしないカシオの威力に感心しながら撮ってた。
この長大なステンドグラスの真ん中の列の中段あたりにユダの「裏切りの接吻」の場面がある。
下の写真じゃ遠すぎてとても識別できんが。
f0189467_01494469.jpg
試しにズームでグーッと寄って撮ってみる。ふーむ手ブレしないねぇ。
f0189467_01485218.jpg
 
今度は左の列にあった洗礼者ヨハネとキリストをさらにズームで寄って撮ってみる。
おお、それでも手ブレしない。大したもんだ。手ブレ補正機能を重視して買ったデジカメだが、
期待しただけの威力は発揮してくれる。
f0189467_01494464.jpg
 
お?また何やら変わった図柄が・・飛行機じゃん。軍用機っぽい。
何でまた大聖堂のステンドグラスに軍用機なんぞが・・・??
f0189467_01525285.jpg
 
こっちはモロ軍人さんじゃねぇか。右手にもったヘルメットや風防からみて
空軍のパイロットだと推定される。軍人が軍服着て大聖堂のステンドグラスって・・・。
パイロットの聖人なの?日露戦争の広瀬中佐みたいに(いくら何でも古すぎる)軍神なのか?
f0189467_01525243.jpg
 
うわーーこの辺のステンドグラスは「ミリタリー関連図柄」ばっかだよ。こりゃ驚いた。
こんなの初めて見たぜ。特定の誰かっていうより、イギリス軍全体を象徴してる感じだね。
f0189467_01532232.jpg
 
ひー。こっちじゃ夜空を飛ぶ爆撃機と、それを照らすサーチライトときたもんだ。
まさに激しい戦闘の真っ最中です。しかしここは軍事博物館ではありません。レッキとした
大聖堂のステンドグラスなのです。
f0189467_01532208.jpg
 
これを見たイ課長は2012年のポーランドのウォヴィッチで見た聖体祭を思い出した。
あのパレードも宗教的儀式のはずなんだけど、兵隊さんたち(の扮装をした市民?)も
一緒に行進してた。

ポーランドって散々ドイツやロシアに蹂躙され、戦火をくぐった国だけど、英国だって
ウィリアム征服王の昔から(っつうか、もっと遥か前から)ブレア首相時代のイラク出兵に
至るまで、呆れるくらいしょっちゅう戦争ばっかしてた国だ。そういう国だからこそ
神を讃えるのと同じように軍人さんも讃えようっていう気持ちがあるのかもなぁ・・。

カンタベリー大聖堂の「聖人エリザベス女王&エジンバラ公」大理石像にも驚いたが
イーリーの「ミリタリー・ステンドグラス」にもたまげたぜ。英国国教会ってところは
ずいぶん世俗的?な宗教装飾を取り入れてるんだねぇ。

最初のうちは普通に「キレイだなぁ」と思って鑑賞してたけど、最後はちょいとばかり
ビックリ図柄も用意されてるイーリー大聖堂のステンドグラスというわけでございました。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-11 01:35 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(10)
Commented by Bきゅう at 2017-06-12 19:58 x
にゃるほど、軍人さんがおるのね。さすがイギリス教会。国と教会がくっついているから、そうなったのかな。日本の神社とかにときどきある○○忠国の碑みたいな感じなのでしょうか。
Commented by Chai at 2017-06-12 20:58 x
タイのワット・クランバンケオにも現代的な彫刻がありました(なんとビンラディン!)。現役のところは洋の東西を問わず現代を取り入れて行くんでしょうね。
Commented by tohoiwanya at 2017-06-13 00:23
>神社とかにときどきある○○忠国の碑みたいな感じ

Bきゅうさん:
そうなんじゃないかと思うんですよねぇ。国のために殉じた兵士たちに祈りを・・と
そんな主旨なんじゃないかと思います。でも忠魂の碑がある神社ってけっこうあるけど
軍人ステンドグラスのある大聖堂って初めて見た。小さい教会とかだと
けっこうよくあるのかな?(⇦大きいトコしか行かないから)
Commented by tohoiwanya at 2017-06-13 00:26
>現代的な彫刻がありました(なんとビンラディン!)

Chaiさん:
まっさかーと思って「ワット・クランバンケオ」で検索したら、ホントなんですね。
ビンラディンはその寺の守護神だなんて記事もあった。こりゃたまげた。
ナコーン・パトムにある寺なんですね。今度タイ行ったら覗いてみようかなぁ。
ナコーン・パトムなら日帰り圏だし。もしよろしければ大体の場所、教えて下さい。
あのベラボウな仏塔の近くなんですか?
Commented by Chai at 2017-06-13 21:57 x
ナコーン・パトムとは言うものの、最寄りはナコーン・チャイシーです。
ナコーン・パトムから行くと、あのベラボウな仏塔を背にして国道を15分ぐらいバイクで走った気が。
そして驚くことに寺のウェブサイト(!)まで有りました。ご査収下さい笑

ビンラディンという点、どうやら悪でもパワーあるものは利用してしまえ!
という考え方らしいです。宗教ちがうのに!

イ課長さんはベラボウな仏塔行きましたか?
実は私、そっちにはまだ行ったことが無いので、次の訪タイで行こうかと思ってます。
Commented by みゅげ at 2017-06-14 09:23 x
イケメンの軍人さんとわかるほど、ずいぶん大きく見えるのですね♬
Commented by tohoiwanya at 2017-06-15 00:47
>最寄りはナコーン・チャイシーです

Chaiさん:
Webサイトはわからなかったのですが、場所はわかりました。ナコーン・チャイシーから
歩いて2kmくらいですかね?
ベラボウ仏塔と一緒に見に行きたいけど、タイ国鉄の昼間のダイヤ、スカスカだからなぁ・・。
私はナコーン・パトムの方には全然行ったことないんです。しかも昨年終わりに
戦勝記念塔のロトゥー乗り場がなくなって、バンコク西部行きのロトゥーは
ド不便な南バスターミナルに集約されたという情報を最近知ったばかり。不便になりましたねぇ・・。
Commented by tohoiwanya at 2017-06-15 00:49
>ずいぶん大きく見えるのですね♬

みゅげさん:
まぁいくら美男美女の少ない英国とはいえ(ひどい)、ステンドグラスくらいは
イケメンを描いても許してあげます(笑)。
実際にはそんなに大きなステンドグラスじゃないけど、手ブレの少ない
カシオのおかげで、ズームでぐっと寄って撮れました。
Commented by Chai at 2017-06-15 22:56 x
ウェブサイト、前回の投稿の名前のところをクリックしてみて下さい。
ナコーンチャイシーから2.5kmだそうですヨ。

南バスターミナル、ものすごい不便な所に有るんですね。
これは、鉄道で行くのも似たり寄ったり、、、。
一応、ファランポーン以外にもトンブリー発があるみたい。
イ課長さんの珍道中、楽しみにしていますね笑
Commented by tohoiwanya at 2017-06-17 20:13
>ナコーンチャイシーから2.5kmだそうですヨ

Chaiさん:
失礼しました。お名前のトコにリンクがあったんですね。
リンク先にはビンラディンの画像は載ってなかったようですが、どの辺にあるんだろう?
動画の中に(まだ見てないんス)出て来るのかな?ビンラディン。
まぁビンラディンを見に行くってのも不謹慎きわまりないですが(笑)。
問題は交通手段ですよねぇ。タイ国鉄はのろいし本数が少ない。
ロトゥーは南バスターミナルまで行かなきゃいけないっていうのが・・。
バスターミナル行くだけでちょっとした旅行した気になっちゃう。


<< 遣らずの雨      イーリー大聖堂というところ【その2】 >>