2017年 07月 04日

からだを こわした いかちょう

昨日は「きっぱりと夏が来た」と言わんばかりの、突然の猛暑でしたな(東京は)。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

イ課長は昨日のあの猛暑の中、午前中会社をブッチして汗ダクになって病院に行った。
体を壊したもんで、会社周辺の「消化器科」を検索して行ってきたわけですよ。
つまり壊した箇所は消化器だったわけですよ。

いやもう参りましたね。
イ課長は過去にタイで二度ほどプチ食中毒になったけど、日本で普通に生活してて
こんなハイパーゲーリーになったのは大腸内視鏡検査の前に下剤を飲んだ時以来だ。
悪いもの食ったわけでも下剤を飲んだわけでもないのにこの有様。神経性のものと思われる。
インド出張でもゲーリーの魔の手からは逃れてきたイ課長なのに・・
f0189467_23483882.jpg
 
週末でゲーリーは止まったと思われた。しかし月曜は朝から体調サイアク食欲ゼロで、さすがに
これはマズいと思って病院行ったわけだ。医者はイ課長から症状を聞き、腹に聴診器を当て、
ベロを見ておごそかに言った。「脱水症状がひどいようですな」。

ご存知のようにイ課長はすごい汗っかきだから、暑い国に行くと狂ったように汗をかき
黒いTシャツで製塩業に励む(笑)。しかし水分補給もそれなりにするから、これまで
「汗によるひどい脱水症状」は回避できてた。
f0189467_15230076.jpg
 
しかしゲーリーによる脱水症状ってのはあまり経験がないだけに、認識が甘かった。
喉が乾くから水分は摂ったつもりだったんだけど、全然足りてなかったようだ。
週末の体調ワルはゲーリーのせいだが、月曜の朝、体調が超最悪でフラフラだったのは
脱水症状のせいだったと思われる(その状態で炎天下、病院まで歩くのはツラかった)。

ポカリやOS1を飲みまくり(イ課長はOS1を知らなくて、医者は呆れていたようだった)、
どうにか消化器系統の機能は回復したようだけど、衰えた体力は全然回復しとらん。
ここンとこずっと昼メシ抜き、晩はウドンかお粥の生活だったからね。風邪ひいても
こっそりビール飲むイ課長が今回ばかりはビールも飲めず。え?それはむしろいいこと?
f0189467_10172780.jpg
 
さっき神経性だろうって書いたけど、原因は察しがついている。
5月から6月後半、イ課長はある仕事を手伝ったがためにヒドい目に遭わされた。その仕事は
どんどん状況が悪化し、破局が近づくにつれてイ課長の体調も悪化。そして先週とうとう
破局し、イ課長はゲーリー発症(笑)。とてもわかりやすい仕事ストレス。二度とやるもんか。

8月の旅行までちょうどあと一ヶ月だ。
今の体力じゃ、現地でちょっと歩いただけでヘタバっちまう。まずは体力を回復させねば。
そのためにはもっとマトモなもん食わんと。ま、徐々に元に戻しましょう。
とりあえず缶ビールは4日ぶりにさきほど1本解禁しました。

こんな状態だったので、ちょいと更新も間があいてしまいました。
仕事のせいで体壊したことが(自分の中では)明白だったので、アタマに来て
本日は会社を休んだイ課長なのでした。冗談じゃねぇぜホントにもう。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-04 22:03 | 日本での私生活 | Comments(6)
Commented by あくの at 2017-07-04 22:53 x
お久しぶりです。
急に暑くなったしそっちのストレスまで背負い込んでますもんねぇ
私もここ1週間体調イマイチで風邪薬飲み続けてます。
お互い大事にしましょう、ね
Commented by カプメイ at 2017-07-04 23:14 x
大変な目に遭いましたね。お察しします。
下手をすると熱中症で倒れてたかもしれない。
未然に防げて良かったです。
私もストレス性げ~り~、あるある!です。
また暑くなるから、ご自愛くださいませ。
Commented by tohoiwanya at 2017-07-05 11:56
>急に暑くなったしそっちのストレスまで背負い込んでますもんねぇ

あくのさん:
お久しぶりです。月曜はホンットに暑かった。いきなりの真夏到来でキツかったス。
医者でOS1を飲めと言われ、「所ジョージがCMやってるアレ」「薬屋で売ってる」と
教えられたので、医者の帰りに2か所の薬屋で聞いたけど、どっちも売ってなかった。
別メーカーの同じようなヤツを1本買いました。あれってガブ飲みしちゃいけないんですねぇ・・。
そんなことも知らなかった。
Commented by tohoiwanya at 2017-07-05 12:01
>大変な目に遭いましたね

カプメイさん:
あの連中とはもう二度と一緒に仕事はしません(きっぱり)。
ま、連中にしたってさすがにもう私には手伝い頼めないだろうけど。
仮に60過ぎてもこの会社で働くなら、こういう目にだけは遭わないように
慎重にバリアーを張っておかないとダメだと痛感したっす。
Commented by Bきゅう at 2017-07-05 19:59 x
そうかー、りーげーさんか。日本は通勤時間が長いから、移動が大変そーですうー。Bきゅうも、仕事イヤ。コブラとマングースの戦いでぼろぼろ。もっと簡単で楽な仕事選べばよかった。若いころは、仕事が生き甲斐なんて言うていたが、今は、それが大きな間違えあることを気づきました。
Commented by tohoiwanya at 2017-07-06 00:37
>Bきゅうも、仕事イヤ。コブラとマングースの戦いでぼろぼろ

Bきゅうさん:
帯状疱疹ではなかったんですう。
お互い早く仕事辞めて、小兵衛さんみたいに隠居の身になりましょう。
60歳になるのがこんなに待ち遠しいものだったなんて想像もしなかった(笑)。
私なんて仕事が生き甲斐と思ったことが人生で1秒もないくらいの、
生まれながらの仕事嫌い。よく続いたもんだ。


<< 脱水症状の思い出      英国ナショナル・レールの予約変更問題 >>