2017年 11月 17日

シュエダゴン・パゴダに行ってみよう

さて、BBQストリートで冷たいビールをひっかけ、上機嫌で訪れたシュダゴン・パゴダ。
このシュエダゴン・パゴダこそはまさにヤンゴン必見の観光スポット。ヤンゴン観光の王道。

ミャンマー最高の聖地で、最高に格式高いお寺。外国人旅行者にとっちゃ「観光スポット」でも
ミャンマー人にとっては死ぬまでに一度は参拝したい、有難い場所なのである。

イ課長はここを夜見に行こうと思っていた。昼間は暑いし、ライトアップされた夜のパゴダは
とてもキレイそうだったからね。ヤンゴンには1泊2日しかしないわけだから、夜行くとなれば
チャンスは到着当日の夜しかない。昨日の深夜東京を発って以来ほとんど寝てないわけだが
ここは無理のしどころ。BBQストリートからタクシー乗って行きましたですよ。

この巨大なパゴダは東西南北それぞれ入口があるらしい。
タクシーがとまったのは南側の入り口で、ここがたぶんメインの入口・・なのか?よくわからん。
入口の門からしてドえらく立派で、奥に見える本体の仏塔がライアップされてて美しい。
f0189467_11590954.jpg
 
外国人の入場料は8,000チャット(約700円強)だったはずで、参道途中にキップ売り場がある。
キップ買うと服にシール貼ってくれるんだけど、汗でぬれたシャツに貼ったシールなんてすぐに
はがれる。イ課長も結局はがれちまった。カバンか何かに貼った方がいい。そのカバンも
途中でセキュリティチェックされるわけでございます。厳重でございます。
f0189467_11591611.jpg
 
参道の両側はお土産物屋や花屋が軒を連ねてるけど、こちらはのんびりムード。この時間じゃ
もうあんまり商売にならないんだろう。ちなみに、この時点ではもう入場者は全員ハダシになって
いなければならない。履物は参道入り口で脱ぐ。靴置き場もあったと思うけど、入場時とは
違う参道通って帰る可能性もあるから、履物は持って歩くといいと思う。
f0189467_12011794.jpg
 
この参道を歩いたのがたぶん7時半頃じゃなかったかな。
このパゴダ、22時までやってるけど(入場は21:45まで)、夜の8時前でこんなに人が少ないんだ。
シーンと静かな参道を階段⇒廊下⇒階段⇒廊下・・という感じでのぼっていくわけ。上の方で
振り返ってみるとこんな感じ。人気のないこの参道、ちょいと神秘的でステキだったよ。
オンシーズンだったらもっと観光客ワンワン状態で、とてもこんな具合にはいかなかっただろう。
f0189467_11591629.jpg
 
なんて言ってるうちに着きましたシュエダゴン・パゴダ。ヤンゴンの・・いやミャンマーの象徴。
真ん中にある高さ100mの黄金の仏塔と、それを取り囲む金の小塔が真っ暗な空をバックに映える。
いやーーこれは美しい。
f0189467_12040952.jpg
 
周囲をグルグル周りながら林立する黄金の塔を飽かず眺める。
同じような写真にしかならないとわかっていても、つい写真を撮ってしまうイ課長を許せ。
f0189467_17091456.jpg
f0189467_12041065.jpg
 
今朝ヤンゴンに着き、「はじめてのおさんぽ」以来、ヤンゴンでは出会いや偶然やらがとにかく
楽しくてキモチも高揚していた。しかし今こうして夜のシュエダゴン・パゴダをぶらついて、
ようやく沈静化したというか、普通の観光客になった気がしたね。実際、これまでヤンゴンネタを
たくさん書いたけど、電波とか水色の疱瘡とかヒッチコック交差点とか、ミョーなネタばっかで、
こういう純粋観光ネタって初めてじゃない?(笑)
f0189467_12075542.jpg
 
いやーーシュエダゴン・パゴダは夜来ると本当にキレイだ。
クソ暑い昼間ではなく、涼しくなった夜、ライトアップされたココを見学なさることを
イ課長は強力にお勧めしたい。
f0189467_12040931.jpg
 
昼間行ったスーレー・パゴダも居心地良かったけど、参拝者が少ない夜のシュエダゴン・パゴダも
また静かで涼しくてとても居心地がいい。そんなシュエダゴン・パゴダネタ、
もう一回続けますです。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-11-17 21:46 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)


<< シュエダゴン・パゴダというところ      愚かなるイ課長のホテル予約 >>