2017年 12月 12日

わびしき国内出張の食生活

ひとくちに出張と言っても、たぶんいろんな形態がある。
駅に迎えの人が待ち構えてて、荷物を持ってくれるなんて出張もある。
夜になると「一席設けてございますので」なんて言われて接待をうける出張もある。
イ課長だってそういう出張経験が過去にゼロとは言わぬ。

しかし実際のところ、国内外問わず出張の大半はね、孤独で、わびしくて、ショボくれた
ものなワケよ。どのくらいわびしくてショボくれているか、本日は出張中の食生活という切り口で
その実情をご紹介してみよう。
f0189467_13493042.jpg
 
今回最もショボくれてたメシは自宅から持参した20%割引のパンだろうな(笑)。
例の「一休さんのいる駅」の駅前で缶コーヒーと共に食った。駅前がどの程度賑やかなのか
わかんないから、この時は非常食としてパンを持参したのである。
f0189467_17111337.jpg
 
仕事が終わって天王寺まで移動した頃には夕方。腹減ったし、温かいものが食いたい。
というわけで天王寺駅で立ち食いきつねうどん。大阪来たらこれでっしゃろ。
f0189467_17111333.jpg
 
駅の立ち食いには名古屋出張でも散々お世話になったよなぁ。
これはJR名古屋駅、在来線ホームで夕方食ったきつねきしめん。
f0189467_17083097.jpg
 
磐田市に行く途中、浜松で乗り換えの時に、やはり駅構内の立ち食い天ぷらそば。
乗り換えで駅の外に出られないから構内で何とかするしかないのだ。
f0189467_17083078.jpg
 
帰京の日も新幹線ホームできつねきしめん。ちなみに、在来線だろうが新幹線だろうが、
名古屋駅の立ち食いきしめんの値段は同じみたいで、きつねは420円なのである。
(いま気付いたが、ドンブリも同じ柄だ。同じ系列店だったのか?)
f0189467_17083024.jpg
 
「イ課長、結局立ち食いそば系ばっかじゃん」と言われても、反論はできんな(笑)。
今回は鉄道移動が多かったからねぇ。でも晩飯はもう少しマトモなものも食ってるぜ。
たとえばホラ、大阪ではちゃんとワテ、お好み焼き食うたんでっせ。
f0189467_17121400.jpg
名古屋では手羽先も食ったさ。でらうみゃー(ムリな方言やめろ)。
f0189467_17090893.jpg
 
手羽先といえばイ課長は「世界の山ちゃん」一辺倒だったのだが、今回出張では
有名な「風来坊」の手羽先も初めて食った。ここは手羽先の曲がったトコがないんだね。
f0189467_17090718.jpg
 
この時は20年近いつきあいになる名古屋のネット友達と3人で飲めや食えや。
孤独でわびしい出張食生活の中で唯一、ご婦人の笑い声に満ちた楽しい会食に
なったのでありました。急なお知らせにもかかわらずご参集いただいたお二方、
ありがとうございました。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-12-12 00:18 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2017-12-12 08:27 x
そうですよね。わびしいご飯が多いし、接待とかパーティーの場合は、気を使うので食べた気しないし。Bきゅうの非常食は、シリアルバーとチョコですう。車で移動の場合は、もっといろいろ持っていきますよー。おつかれさまでしたあ。
Commented by カプメイ at 2017-12-12 09:56 x
けつね、きしめんが美味しそうです。
私の場合、駅の立ち食いにほとんど縁が無いので、憧れでさえあります。
Commented by tohoiwanya at 2017-12-13 00:15
>接待とかパーティーの場合は、気を使うので食べた気しないし

Bきゅうさん:
そうですなぁ・・。特に海外出張でガイジンさん集団相手の会食となると
通訳さんが食べながら時々教えてくれることしかわかんないからホント疲れる。
その点、わびしい一人メシでも手羽先食ってビール飲んでる方がはるかに気楽。

そういや、若い時浜松に出張して夜遅くホテルに入って、夜中に腹へって
土産のうなぎパイ食って飢えをしのいだこともあったなぁ・・。
Commented by tohoiwanya at 2017-12-13 00:19
>駅の立ち食いにほとんど縁が無いので、憧れでさえあります

カプメイさん:
いやそんな、憧れるほどのシロモノでもないです(笑)。
でもご婦人には時々いますよね。駅そば食ったことないとか、
吉野家入ったことないとか。まぁ女性向けの店じゃないですからねぇ・・。
会社近くの小諸そば(ほぼ立ち食い)で、同じ会社の女性が一人で黙々とそば食ってるのを
見た時はこっちが驚いて声かけられなかった(笑)。


<< バガン遺跡を巡る方法について      かぎりなく遠くに来にけるかな・・ >>