2008年 10月 14日

フランクフルトという街

現地からお送りしておりますイ課長ブログ。
いま滞在しているのはフランクフルトなのである。

このフランクフルトっつう街がなぁ…。
イ課長がこれまで滞在経験のあるドイツのどんな街と比べても
面白みが欠落している(笑)。

むかしの旅行を含めると、フランクフルトに来たのは今回で4回目で
イ課長の「海外最多訪問回数都市」ではダントツのナンバー1。
そういう意味ではイ課長にとってはもっともなじみのあるガイコクの街で、
そういう街のことをあまり悪く言いたくはない。


しかし、街としてのつまらなさは如何ともし難い(笑)。
リューベックみたいに街そのものが見るが価値ある…というほどでもないし、
ケルンの大聖堂みたいに決定的な観光物件があるわけでもないし、
ベルリンやハンブルクみたいな独特の街の空気みたいなのも希薄だし、
なんかこう…強いて言えばまぁ「チャンとした街」とでもいうか…。

今回も出張前半はフリー時間が少なくて写真撮ってる時間が少ない。

だからまぁ、こんな写真でも載せるのである。
フランクフルトは今朝、けっこうな霧だったのだ。


…え?写真が面白くない?
しょうがないんだよ。街自体が面白くないんだから(笑)。
f0189467_5104424.jpg

[PR]

by tohoiwanya | 2008-10-14 05:10 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)


<< ドイツの秋      レンガゴシック >>