2012年 04月 08日 ( 1 )


2012年 04月 08日

エニグマ・タトゥーの男

今日はウィーンネタの中から、ちょっと変な話を。

刺青について詳しいかと聞かれれば、全く無知であるとイ課長は答える。
しかし書くのである(笑)。

イ課長のバクゼンとした印象として、海外では刺青をした人を見かけることが
日本より多いんじゃないかって気がするんだよ。

「イレズミ率」なら日本も海外も差はないのかもしれない。
ただ、日本じゃ刺青を彫る場所として背中~肩あたりが中心のはずで、服を着てるときは
刺青してるかどうかはわからない。当然、目に入らない。遠山の金さんみたいに片肌脱いで
「この桜吹雪が目に入ぇらねぇか!」…となってくれないとわからないわけだ。

一方、海外のタトゥーってのはパンク系ファッションなんかに身を包み、鼻ピアスとか
つけてるニイちゃんネェちゃんたちの、過激なオシャレって側面が強い(んじゃないかと思う)。
そのせいか二の腕なんかに彫ってる場合が多い。服で隠れることが少ない部位だよね。
オシャレだから日常的に人の目に入る場所に彫る、必然的に目に入りやすい。

で、結局、海外での方が刺青目撃率が高くなるのではないか…と、まぁ例によって
これはアテにならないイ課長の仮説だけどさ(笑)。

こんなことを考えた理由はウィーンが悪いのだ。
ウィーンでは刺青をした人を見かけることが多かったと思うんだよなぁ。

一番スゴかったのはフロイト博物館に行った時に市電の駅で見かけたネエちゃんで、
クビから上、顔や頭皮にけっこうハデに刺青してたんでギョッとしたよ。
ただ、このネエちゃんは明らかに「過激ファッション系の人」で、刺青だけじゃなくて
服もメイクも髪型も全部スゴかったから、そういう意味では「ありがち」ともいえる。

ただね、ウィーンの場合、そうじゃない人、要するにごく普通の人が刺青してるのを
何度か見かけたんだよね。ちゃんとその証拠写真もあるのだ(笑)。

一つはコレだ。空が暗くなってドシャ降りになったあの日
イ課長がザンクト・シュテファンからマリアヒルファー通りに移動するために
地下鉄に乗ったら、前にいたネエちゃんが刺青をしてた。
f0189467_23221484.jpg

ちょっとわかりづらいけど、右足の甲に彫ってる。
「ははぁ~…足に刺青ねぇ…」と思った。日本じゃあまり見かけない部位だ。
でもこうやって刺青がよく見えるような靴を履いてるくらいだから、刺青を意識した
オシャレをしてるのは間違いない。

もう一人は男性。これは市電の中で見かけて「おお」と思った。
海外での「漢字タトゥー」が日本人から見て意味不明、もしくはギャグになってる例は
よく聞くけど、これは「謎」一文字。英語なら(おそらくドイツ語でも?)enigma(エニグマ)だ。
「エニグマ・タトゥーの男」というわけだよ(笑)。
f0189467_23225171.jpg

ただ、足の甲に刺青してたおネェさんや、このエニグマ・タトゥーのおニイちゃんは
上にも書いたようにごく普通の人に見える。顔中にピアスはめまくって、見るからにアブなそうな
「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットちゃんとは違うのである(笑)。

ウィーンで(あるいはオーストリアで?)ごく普通の人たちの間で刺青が特に流行ってるとは
考えづらいけどなぁ…それとも、実は流行ってるのかな?? 
まぁ明確な答えはないよね。あのおニイちゃんの刺青が言ってるように、この疑問は
「謎」のままなんだろう、きっと。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-04-08 23:23 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(14)