2017年 04月 14日 ( 1 )


2017年 04月 14日

コッツウォルズ地方をめぐる【序章】

さて、東南アジアネタは書き終えたから腰を据えて英国ネタ。
ロンドン到着翌日に行ったコッツウォルズの村をめぐる一日ツアーの話。

コッツウォルズの村って言われて、すぐに「おお、いいねー」とわかる人ってどのくらいいるんだろう?
ちなみに、イ課長はコッツウォルズがどういうトコかなんて当初は全然知らなかった。

コッツウォルズ地方の村には何かスゴい観光物件なんてものは全然ない。
英国の美しき田舎の、田園の、のどかな村々を見ること自体がツアーの目的なわけで、行きたいと
希望したのは“廃墟系”と並んで“民家系”大好きなトホ妻。銀婚ツアーである以上、トホ妻の希望は
優先されるのである。

「キレイな田舎を見るツアー」と言ってしまえばそれまでだけど、やっぱちょっと違うんだよね。
そもそも英国人が考える「田舎生活」自体が日本人のソレとはだいぶ違うと思われる。
f0189467_21564325.jpg
 
日本でも大都会での仕事を辞めて田舎に移り住む人はいるけど、割と若い人が多いんじゃない?
田舎が年寄りばっかりになったから、ぜひ若い人にわが町に定住してもらいたい的なキャンペーンを
やってる自治体もけっこうあったはず。

英国の場合、都会の仕事で成功し、引退し、コッツウォルズみたいな美しい田舎に移り住み、
悠々自適の生活を田舎で送るっていうのが大ステイタスみたいなんだよね。都会から田舎に
移住するのは同じでも英国のソレは裕福なリタイア層、つまり「もうやることがない人たち」の
やることみたいで、そういう人たちが田舎で何やるかっつうたら、ガーデニングなわけですよダンナ。
f0189467_21564305.jpg
 
コッツウォルズにはそういう「英国人憧れのリタイア後田園生活」の象徴といえるかもしれない。
この地方は美しい田園に加えて家も特徴的で、ライムストーンと呼ばれるちょっと黄色い石で
壁はもちろん屋根まで葺いてる。石葺きの屋根なのだ(下の写真は変な物体が写ってるが)。
f0189467_21564347.jpg
 
「美しき英国の田園と蜂蜜色の石で作られた家々」
コッツウォルズ地方のPRっつうと大体こんな感じのコピーが使われる。
ロンドン発、コッツウォルズを回るオプショナルツアーに参加する観光客も多い。

ツアー当日、ビクトリア駅の待ち合わせ場所に集まった日本人は十数人いたかな。さすがの人気。
日曜だったせいか、現地在住の日本人家族らしき人もけっこういたね。
f0189467_21595573.jpg
出欠を確認してビクトリア駅のとなりにあるバスターミナルにぞろぞろ移動。
ここからバスに乗るのである。
f0189467_21595590.jpg
 
このバスツアーが回るコッツウォルズの村は以下の通り。行く順番もちゃんと決まっている。
①バーフォード(どんなところがよく知らない)
②バイブリー(かのウィリアム・モリスが『英国で最も美しい村』と評したトコらしい)
③ボートン・オン・ザ・ウォーター(その名の通り川辺の村らしい)
④ブロードウェー(NYの方は知ってるが英国のブロードウェーとなるとトンと・・)

この四つがこの順番で選ばれた理由は行く前はわからなかった。
しかし今となってはその理由をイ課長は十分推測できるわけだが、まぁオイオイ書いて行こう。
え?ぜんぶBで始まる地名を選んだんだろうって?いやそうじゃないだろーー(笑)。
f0189467_21595564.jpg
リタイア英国人憧れの田園生活の象徴、美しきコッツウォルズ地方をめざしてバスは走る。
とりあえず次回更新は①のバイブリーから始める予定なのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-14 00:15 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)