2017年 05月 29日 ( 1 )


2017年 05月 29日

ロンドンで髪を刈る

世界をマタに髪を刈りまくる男、その名はイ課長。英国で髪を刈るのは二度目だ。
前回は英国出張最後の半日観光の時、ハンプトン・コートの近くの床屋行ったんだよな。
あの時のおばさん、ロシアか東欧か、とにかくスラブ系言語を話してたっけ。

今回はトホ妻と二人だから、一人でフラッと床屋に行く機会って作りづらいわけだけど
もちろん、そんな障害をモノともせず行くのである。ヤツもバカ亭主の変態趣味は
重々わかってるので、今さら驚かない(笑)。

プールという町での大廃墟観光からロンドンに戻ってきた日、時刻はまだ夕方。よし散髪だ。
さっそくトホ妻をホテルにほっぽらかして、一人でパディントン駅の方に床屋探しに出撃。
ホテル周辺じゃ床屋を見かけなかったけど、以前、パディントン駅近くに泊った時、駅の近くに
インド系の床屋を見た記憶があったんだよ。
f0189467_13222009.jpg
 
・・・と思ったけど、ないねぇ・・。駅からそんなに遠くなかった気がするけどなぁ?
しょうがないから近くの店に入ってキャンディを買い、そこの店員に聞いてみることにした。
「この辺にあるバーバーショップを貴殿、ご存知か?」
すると「向こうにあるよ」と、さらに先を指さすから、そっちに行ってみた。

おお、あるある。むかし見た店と同じかどうかはわからんが、ここで問題ない。
さっそく中に入る。最近は海外床屋に対する躊躇とか不安を感じるより前に、とにかく
店に入ってしまうことにしてるのだ。何とかなるって。
f0189467_13213536.jpg
 
店はすいてて、入るとすぐに座れと指示された。
その後カットの値段を確認したんだけど、いくらだったかメモを残しておかなかった。スマヌ。
英国だから安くはなかった。けどボッタクリという金額でもなくて、大体10ポンドくらいじゃ
なかったかと思う。当時なら約1600円ってとこか。

どのくらいに切るのだ?って聞かれるから、毎度おなじみの返答をする。
「ごく短髪を所望いたす。機械にてウィーーーンもOKでござる」
するとニイちゃんが「オレくらい?」と自分の頭を指して確認してきた。なるほど、確かに
このニイちゃん、スソの方は完全刈り上げだ。「貴殿のように?うむ、結構でござる」

さっそく始まるバリカンタイム。
このニイちゃんナニ人だろ?この辺はインド系が多いはずだけど、アラブ系にも見える。
他の店員を見ても、全員アングロ・サクソン系じゃないのは確かなようだ。
f0189467_13214483.jpg
 
バリカンでザリザリと刈り、ハサミでチョキチョキと整え、最後に「この辺とこの辺、もそっと
短くしてほしゅうござる」と希望を出して、散髪は順調に終了。散髪中は特段ネタにするような
こともなく、ごくごく手慣れて安定した仕事ぶりでござった。
f0189467_13213650.jpg
 
一応“成果”の写真も残しておこうと思って、帰りがけに窓ガラスでセルフィー。
例によって「ほぼ坊主」。結構でござる。
 
散髪に要したのはせいぜい30分もかからなかったと思う。ホテルへの帰り道でも
まだ外は夕方のままだ。ま、ちょうど6月下旬で、一番日の長い時期だったからね。
(反対側からの写真だからゆるい下り坂になってる)
f0189467_13261530.jpg
 
こうしてイ課長の人生における・・・何回目なのか勘定するのも面倒になった海外散髪は、
ここ英国においてもつつがなく終了したのでありました。
 

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-29 00:48 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)