2017年 07月 11日 ( 1 )


2017年 07月 11日

アーネスト・シャクルトンという人

シャクルトンはロンドンネタの一つとしていつか扱うべき人だった。
ポートレート・ギャラリーの時も紹介しかけたけど、この人の驚くべき業績(と言っていいのか?)を
説明しようとすると、どうかいつまんで説明しても長くなるので扱いに困ってたんだよ。

イ課長は英国旅行の前にたまたま彼に関する本を何冊も読んだとこだった。
いわばシャクルトンは英国旅行の時、イ課長にとっちゃマイブームだったわけ。
本日はご存知ない方のために彼がどういうヒトか、極力短く説明しよう。
(下はイ課長が買って読んだ本その1)
f0189467_01073917.jpg
 
アーネスト・シャクルトンは英国の南極探検家で、活躍したのは20世紀初め。
アムンゼンとかスコットなんかと同時代の人で、極地探検が「英雄の時代」と言われた頃の
英雄の一人なのだ。英国人だけど正確にはアイルランドの生まれ。
 
アムンゼンとスコットの南極点到達争いは有名だし、負けた方のスコット隊が帰路に遭難して
全員死亡した悲劇も有名だ。これはご存知の人が多いだろう。

シャクルトンも当初は南極点到達一番乗りを狙った。最初はスコットの第1回探検に同行して
南緯82度まで迫って撤退。次は自分の探検隊を組織して南緯88度まで迫って撤退。
これはどちらも当時の最南端到達記録だったから、英国じゃ著名人になった(買って読んだ本その2)。
f0189467_01073991.jpg
 
その後南極点到達はアムンゼンに先を越されたから、シャクルトンは次なる目標を南極大陸
横断と決め、再び自分の探検隊を組織。エンデュアランス号という船で南極に向かった。
結果的にこの探検は大失敗するわけだけど、この失敗が彼を有名にした最大の要因と言っていい。
ここから先は少しでも記述を短くするため、年表方式で書くことにする。

1914年 8月 エンデュアランス号でロンドンを出発するのとほぼ同時に第一次大戦勃発。
1914年12月 最後の寄港地サウスジョージア島から南極海に。だんだん流氷に苦しめられる。
1915年1月19日 とうとう巨大流氷にガッチリ固められて船は停止。そのまま船は氷と一緒に漂流。
        漂流したしたまま船の上で南極越冬。
1915年10月27日 氷圧に耐えきれずエンデュアランス号崩壊。28人の乗組員は氷上に移動。
         今度は巨大流氷の上のキャンプでさらなる漂流が始まる。
1916年 4月 9日 氷が割れ始めたので船から持ってきた3艘の救命ボートで南極海に漕ぎ出す。
1916年 4月15日 信じ難いことに3艘のボートはエレファント島ってトコにたどり着いた。だがそこは無人島。
         誰かが救助を呼びに行かないと誰も気づかない。一番近そうな島は1300km離れた
         サウスジョージア島。2年前の12月に寄港したトコだ。そこに行けば捕鯨基地がある。
         行くしかない。救助を呼ぶにはそれしか方法がないのだ。
1916年 4月24日 3艘のボートで一番マトモそうなジェームズ・ケアード号に急ごしらえの甲板作って
         改修し、シャクルトンは自分自身の他に5名の隊員を選抜、再び南極海に漕ぎ出した。
1916年 5月10日 再び信じ難いことにジェームズ・ケアード号はサウスジョージア島にたどり着いた。
         だが到着したのは運悪く島の無人地帯。捕鯨基地があるのは島の反対側。急峻な山脈を
         越えて島の向こう側に行かなきゃ救助も呼べない。
1916年 5月18日 体力回復を待ってシャクルトンはまたもや自分を含む3名の、まだしも使い物になりそうな
         隊員を選抜し、地図もなく、装備もなく、ボロ服のまま酷寒の山脈越えに出発。
1916年 5月20日 またまた信じ難いことに3人は島の反対側の捕鯨基地に到着。
1916年 8月30日 何度か氷に阻まれたものの、エレファント島に残していた隊員の救出に成功。

さて、ここで問題です。
シャクルトンを含めて最初28名いた隊員、最後に救出された時点で何人が生き残っていたでしょうか?
 
       
実は28人全員が生き残ったのだ。一人も死ななかった。
南極大陸横断は失敗したけど、この信じ難い一連のデキゴトと全員生還とでシャクルトンの名は
極地探検史上不滅となり、とうとう王立地理学会に銅像が建てられるに至った。
(下の画像はWikipediaにあったものを切り取って少し加工したもの)
f0189467_01360511.jpg
 
最後の山越えの時に有名なエピソードがある。
ボロ服の3人が凍死寸前でフラフラになって山を歩いてる時、シャクルトンは自分たちと一緒に
「4人目」が歩いているような強い感覚を覚えた。彼はその話を敢えて口にしなかったらしいんだけど
後で他の二人が「隊長、私あの時、もう一人いるような感じがしてたんですよ」と口々に言った。

この話はシャクルトン自身も本に書いてて、後に英国の教会で「神サマが彼らをお導き下さったのです」
てな感じでよく取り上げられたらしい。

イ課長はこの一連の実話を新潮文庫の「サードマン」という本で初めて知り、その内容にタマゲた。
巨大流氷の上で半年近く、アザラシの脂肪ストーブで煮たペンギン肉シチューとか食って28人が
生き延びたのも信じ難いが、1300km(東京から奄美大島くらい)の超荒れた海を無動力のボートで
風と海流を頼りに、豆ツブみたいな目標の島まで航海したなんて、もはや信じろって方がムリ。
まさに神がかり的としか言えん。ちなみにそのボートはシャクルトンの母校に今も保存されている。
(イ課長が買って読んだ本その3)
f0189467_01112590.jpg
 
とにかくあまりにも信じ難い実話なので、その後シャクルトン自身が書いた探検記の抜粋を含め、
彼に関する本をさらに数冊読んだ。英国に行ったのはそのちょうどその直後だったのだ。
(下はイ課長が図書館で借りて読んだ本)
f0189467_01073996.jpg
 
となればだよ?王立地理学会にあるというシャクルトンの銅像は見ておきたいじゃないの。
ロンドンで行きたい場所が王立地理学会って、なんてシブい観光客であろうか(笑)。

というわけで次回、その銅像を見に行った時の話だ。
前フリだけで続き物にしないよう、これでも必死に話を短くしたんだよ?イ課長は。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-11 00:13 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)