2017年 08月 02日 ( 1 )


2017年 08月 02日

遊びのおウワサでございます

本日の標題。
最近はあまり言わないようだけど、昔の落語家が廓噺を話す時、開口一番よくこう言った。
「えー遊びのお噂でございます・・昔から遊びの本場といえば吉原と・・」みたいに。
しかし別にここで吉原の女郎買いについて書こうというわけではない。

8月旅行の出発が近づいてまいりました。
飛行機が出るのは土曜だけど、深夜便だから実質的には金曜の夜が出発になる。
会社からそのまま行くのである。一昨年のラオス旅行の時と同じパターンだ。

今回の旅行はちょいと長い。山の日やら会社のお盆休みやらを絡めて12連休。
現地では町①から町④まで4か所周り、ホテルに計9泊、夜行にバス1泊(除・機中泊)。
ホテルは愛用のBooking.comを使っての慣れた予約作業だから問題なく済んだ。
夜行バスをはじめとする現地交通機関予約も何とかなった。つまり移動と宿泊に関して
決まってない部分はない(はず)。

・・と言いたけど、何か大事なことを抜かしてるような気がしてしょうがないんだよねーー。
一昨年のラオス旅行じゃ現地移動飛行機の予約日付を間違えたりしたからなぁ。
f0189467_2357144.jpg
 
まぁいい。とにかく移動と宿泊手配が済んだとなれば、次は現地観光充実化に向けた活動だ。
要するにアソビの手配。昨年の英国旅行ではストーンヘンジやコッツウォルズの
現地ツアー予約、オペラや音楽会のチケット予約、英国内鉄道の切符予約(+トラブル)等々で
このアソビ手配がけっこう忙しかった。

しかし今回はね、そういうの全部ヤメたのイ課長は。
現地でのアソビ手配は現地に行ってからヤる。そういうイイカゲンな姿勢で臨むことにした。
そういう意味では出発間近だけど遊び手配は余裕だ。何もしてないんだから。
しかしなぜ今回「アソビは現地手配」にしたのか?

その理由は要するにイ課長が貧乏性でケチだからなのである(笑)。
現地で行ってみたい場所はもちろんあるし、そういうトコに行くオプショナルツアーもある。
でも一人でそういうツアーに参加するとバカ高いんだよねー。今回改めて痛感した。

ああいうツアー、料金は大抵「二名様以上で参加の場合、お一人様80$」ってな感じの設定。
一人だと二人分の料金、上の例だと160$とられる。バカバカしい。そんなんヤメヤメッ!
それならタクシーで行った方が安い。日本語ガイドなんていらん。一人で行く!

今回の旅の標語その1:「アソビは現地に着いてから」
 
f0189467_23591457.jpg
 
もう一つ今回の旅の重要な点として「現地で仕事しなきゃならん」というのがある。
帰国するのが8月16日の朝。その日(しかもなるべく午前中)に送らなきゃならん提出物がある。
疲れて帰国した直後ワタワタ作業するのはイヤだし、それやってもたぶん間に合わない。

出発前の8月4日までに終わらせておくことはできないのだ。なぜならその後に発表されるデータを
反映させて作る必要がある。特に8月14日朝に発表される四半期GDP速報値はドウしても
入れないわけにはいかん。ってことは14日以降に作業しなきゃならんってことだ。

イ課長以外誰も担当したことない仕事だから、今回だけのために誰かに頼もうとすると、
引き継ぎにボーダイな時間をとられるのは確実。結局自分でやった方が早い。
てなわけで、現地で仕事でござんすよ。出張でもねぇのに。けっ。

ネットとパソコンがあればできる作業だから、仕事としてはさほど難しいものではない。
ホテルでマジメに集中してやれば午前中だけで終わるんじゃないかなぁ。もっとも、
イ課長が現地で「マジメに集中」するかどうかはかなり疑問だが(笑)。

14日は最後の滞在地、町④にいるはずだ。町④では少しのんびりしようと思って
アソビの計画もあまり決めてないから、ホテルでちんたらやるしかあるまい。
仕事済んだら夜の町で遊んでやるぞクソ。
f0189467_2338156.jpg
 
せっかくの海外一人旅なのに現地で仕事。サラリーマンの悲しいサダメ。
お盆休みにからめて12連休とろうとすると結局こういうことになるわけですよ。
ああ早く定年になってこのクビキから逃れ、100%遊び気分で旅行したいぜ。

今回の旅の標語その2:「アソビはカンレキ過ぎてから」

行く前にあと1回更新できるかなぁ・・?
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-08-02 00:07 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(4)