2017年 09月 06日 ( 1 )


2017年 09月 06日

三文オペラ鑑賞

怒涛のようなミャンマーネタの嵐が続くかと思ったらいきなり英国ネタ(笑)。
まだちょこっと残ってるんだよ。どうせミャンマーネタはこの後ガンガン続くわけだから
箸休めに時々英国ネタを挿入するのである。

さてだ。話はグリニッジ観光した日のこと。
この日の夜、イ課長たちにはもうひとつシアター系娯楽の予定があった。
火曜のコヴェント・ガーデンオペラ、木曜のロイヤル・フェスティバルホールに続く
シアター系娯楽。それは「三文オペラ」なのである。
f0189467_01283092.jpg
 
これ、何と言えばいいのかなぁ?オペラという題名ではあるけど、ミュージカルとも言える。
とにかく三文オペラといやぁ演劇史上屈指の傑作。日本でも時々上演される。
脚本ブレヒト、作曲クルト・ワイルというだけあって、元々はドイツ語劇(でも舞台はロンドン)。
独文科出身のトホ妻が昔っから大好きな、深い思い入れがある演目なわけで、ロンドン滞在中に
「Three Penny Opera」を上演してることをヤツが知った瞬間、これを観に行くことが決まった(笑)。
トホ妻の好みを尊重するやさしい夫であるワタス。

場所はナショナルシアター、別名オリビエ・シアター。かの偉大な名優ローレンス・オリビエに
ちなんだ命名だろう。劇場前にはこんな銅像も。これは代表作「ハムレット」じゃないかな?
f0189467_01283020.jpg
 
ナショナルシアターは例のロイヤル・フェスティバルホールとすごく近い。並びと言っていい。
今や通い慣れたサウスバンク。この時はなぜか劇場前が自転車だらけ。なんで?ロンドンじゃ週末の夜
ここに自転車乗りが集合する風習でもあるのかい?
f0189467_01281933.jpg
f0189467_01282073.jpg
 
ナショナルシアターの中はこんな。半円スリバチ型といった感じか。段差が大きいから前の人の頭が
邪魔になることもなく快適。かなり後ろの席だったけど音響もよく聞こえた。
f0189467_01282994.jpg
 
三文オペラのストーリーや音楽についての詳細は省こう。イ課長よりトホ妻の方が断然詳しい(笑)。
劇冒頭で歌われる「匕首マッキー(マック・ザ・ナイフ)」だけは誰でも絶対に聞いたことがある
超有名スタンダードナンバーだよ。

ロッテ・レーニャのこともちょっと触れておきたい。
三文オペラと言やぁロッテ・レーニャっつうくらい、この舞台を当り役にした往年の大女優。
・・・と言われても顔を思い浮かべられる人はほとんどいないだろうと思うが。

しかしこの女優、なつかしの大ヒット商業映画に意外な役で出演してるのだ。
「007ロシアより愛をこめて」のおっかねぇロシア諜報部のおばさん役。あの映画の最後で
ホテルのメイドに変装し、靴から飛び出す毒刃物でショーン・コネリーを殺そうとするオバさん、
といえば顔を思い出す人が多いんじゃないだろうか。あの頃はすでにお年を召していたが、
若い頃は大変な美人大女優だった。
f0189467_16020709.jpg
 
ま、とにかくそんな三文オペラを見たわけですよ。
金曜日ってことは前日が例の国民投票で、この日の朝にEU離脱が決まったという日だ。
劇の中でも役者が離脱にちなんだアドリブを言って観客が大笑いしてたけど、英語だったから
イ課長には何がウケてるのかよくわかんなかった(笑)。

6月下旬、ちょうど一番日の長い夏至の頃だったけど、上演終了後はさすがに夜らしくなってる。
ロイヤル・フェスティバルホールと近いから、見える景色も似てる。

あーあ・・明日はもう日本に帰らないといけないのか・・そんなロンドン滞在最後の夜。
テムズ川ごしに見るロンドンの夜景はやっぱ美しいのう。
f0189467_01282028.jpg
 
・・なんて書くとこれで終わりっぽいけど、英国ネタはまだほんのちょっと残ってる(笑)。
ミャンマーネタの合間をぬって時々顔を出しますからね、英国ネタ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-09-06 00:02 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)