2017年 09月 08日 ( 1 )


2017年 09月 08日

タイ国際航空の深夜便エコノミー

まんみゃあネタに戻ります。
ちったぁ旅行記らしく順を追って話を進めないとマズいかなと思い始めたワタス。

今回の旅行はタイ国際航空の羽田発深夜便からスタートした。羽田〜バンコク乗り換え〜ヤンゴン、
そして最後のバンコク〜成田はともにタイ航空を使ったのである。
f0189467_23441219.jpg
  
4月に予約した時点ではANAのヤンゴン直行便もそんなに高くなかったし、エア・アジアとか
バンコク・エアウィズとか、似たような値段でいろいろ選択肢はあった。その中でタイ航空を選んだ
最大の理由は一番早くヤンゴンに着くことができるからだ。

金曜は普通に仕事し、翌土曜の朝9時にはヤンゴンに着いてるって、たいした効率の良さだよ。
バンコク乗り換え3時間待ちをはさんでもこうなんだからね。身体にはキツいけど、早く着いて
その分現地を見る時間が増える魅力に抗うことはできぬ。

ANA直行便だと土曜の昼出発でヤンゴン到着は夜の18:30。その頃、イ課長はすでにヤンゴンを
たっぷり歩き回り、暮れゆくバーベキューストリートでミャンマー・ビア飲んで夜のシュエタゴン・
パゴダ観光に向かうところだった。それもこれも現地に早く到着してたからこそ出来たことだ。
f0189467_23343109.jpg
 
タイ航空の羽田発深夜便は2012年インド出張でも乗ったから何となく感じがわかってる。
出発は0時20分。もうみんな眠い時間。

水平飛行になるとドリンクとサンドイッチの軽食サービスがあった。ま、夜食ってやつですな。
頼めばビールももらえたんだろうけど、そのためにわざわざCAさんを取りに戻らせるのも
ナンなので、この時はコーラで我慢。
f0189467_23343116.jpg
 
一週間仕事した週末の夜で疲れてるにもかかわらず例によって飛行機ではあまり眠れない。
仕方なく映画を見ましたよ。エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」。他にコレといった
映画がなかったんだもーーーん。

ほとんど眠らぬまま、明け方バンコクに近づいたところで朝食。
タイ航空における朝メシ“鉄の定番”「オムレツとソーセージ」か「やきそば」。ぬ?焼きそばとな?
インド出張の時に散々食ったオムレツとソーセージはやめて焼きそばにした。
f0189467_23343018.jpg
 
帰国の時のバンコク〜成田も現地出発は23時50分だからやはり深夜便。
「初ミャンマー」の期待に胸ふくらませていた往路と違って、帰路は風邪で体調も悪い。
ま、そのおかげで往路よりはウトウトできたかもしれないが。

この時もやはり日本が近づいてから朝食が供された。
「オムレツ+ソーセージ」というタイ航空・鉄の定番メニューか「海鮮焼きうどん」かの
選択だったはずで、もちろんイ課長は海鮮焼きうどんに。
f0189467_23350142.jpg
 
これ、エビもふんだんに入ってなかなか美味しかったよ。
インド出張の時は「オムレツ+ソーセージ」の連発でさすがに最後は飽きたけど、
焼うどんなんぞが食えるとは思わなかったぜ。
f0189467_23350184.jpg
 
Skytrax社っていうエアライン格付け会社がある。
航空会社総合評価ランキングとか、部門別ランキングとか、空港のランキングとかいろいろ
出してる会社だ。似たようなランキングを発表しているところは多いけどね。

実はそのSkytrax社でタイ国際航空はある部門で1位を獲得している。
何かというと「ベスト・エコノミー部門ランキング」のトップなのだ。エコノミーにのみ
関して言えば、タイ航空は世界で最も評価が高いということになる。

まぁエコノミーだからやっぱり席は狭い。その点では他より広いとは思わなかった。
でもまぁエンタテイメントサービスも普通に充実してたし(見たい映画は少なかったが)
機内食も焼きそばや焼うどんみたいにフライドヌードル系メニューが充実したと思う。

世界一だと思うかと言われるとさすがに答えに詰まる。他社のエコノミー席より格段に
イイっていう決定的要素は思いつかない。しかしこれといった不満がなかったことは確かだ。
また乗る機会あるだろうから、今後ともイ課長をよろしくお願いしますですよ、タイ航空。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2017-09-08 00:07 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(6)