カテゴリ:2016.06 英国銀婚旅行( 78 )


2017年 05月 22日

ストーーーンヘンジッ!!【その3】

とりあえず、皆さんもよくご存知の典型的ストーンヘンジ写真をドンと。
f0189467_17071485.jpg
 
とにかく知名度という点ではピラミッドの次くらいに有名な遺跡だからね。
先史時代に作られたものだそうで、Wikipediaの記述によると

考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えている。
そして、それを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るという

今調べたら、クフ王の大ピラミッドが紀元前2560年頃から20年くらいかけて建てられたと
考えられているから(これもWikiさんの記述)、ストーンヘンジの周りの土塁はピラミッドより古く、
巨石が建てられた時期はピラミッドやや新しいかも・・って感じか。
f0189467_17071447.jpg
 
我々が普段目にするストーンヘンジって石舞台古墳をタテに積んだような(その言い方はどうか)
アレだけだけど、元々はアレを中心に周囲がもっと大きい円形の土塁(および石?)で囲まれてたと
考えられてる。いまストーンヘンジに行く観光客はこの土塁の周囲をぐるっと歩くような形になる。
この辺もぜんぶ後付け知識なんだけどさ。
f0189467_17071528.jpg
 
ご存知のようにストーンヘンジは、ピラミッドにおける「王の墓」といったような明確な設置目的が
わかっていない。原始宗教の祭壇説、先史時代の天文台説、一種の“共同墓地だった”説、さらに
毎度おなじみ宇宙人との交信拠点説、その他モロモロ、ストーンヘンジの設置理由は諸説あるけど、
決定的な説はない(はずだ)。
f0189467_17081199.jpg
 
現在のストーンヘンジは周りに何もない大草原に、孤高の存在であるかの如く存在している。
バスからも遠望できたくらいで、遠くからでもよく見える。夜間ここで火を焚いたりすれば
すごくよく見えただろう。イ課長の直感としてはやっぱ何らかの宗教的、祭祀的目的で
作られたんじゃないかな、という気がする。古さから考えてもね。
f0189467_17081246.jpg
 
夏至の日になるとこのストーンヘンジの外側にある大きな石とストーンヘンジの円形の
中心を結ぶ線上に太陽が昇るんだと。とすると、やはり何らかの天文知識に基づいた構築物
という説も捨て難い。考えてみたら、イ課長たちがここに行ったのはEU離脱可否を問う
国民投票のあった6月23日。つまり「ほぼ夏至」だったことになる。ま、だからって
特別なことは何もなかったが(下の画像、出所はBBCらしい)。
f0189467_01235204.jpg
  
ただ、出来た時からストーンヘンジの周囲はこうだったのか?となると誰も明確に答えられない。
建設当時周囲は深い森だった説もあるらしい。深い森の中に天文台は作らないよなー。
森の中となるとお墓説が浮上してくるのかな(実際、周囲で人骨も発見されてるようだ)。
でも平坦地を運ぶだけでも大変なこんな巨石、森の中を運搬というのは信じ難い気もするが。
ま、考古学者にわかんないんだから、イ課長にわかるわけありません。
f0189467_17100586.jpg
 
おお、地面にペタッと座ってストーンヘンジを見るご婦人が。彼女の座り方を見て、イ課長は
アンドリュー・ワイエスの「クリスチーナの世界」って有名な絵をたちまち思い出した。
代表的米国絵画の写真版を英国で見られるとは。
f0189467_17025865.jpg
f0189467_17011810.jpg
 
ストーンヘンジ、こういうところなわけですよ。
数ある世界遺産の中でも、その知名度においては指折りの古代遺跡。
何十年か前にNHKの「未来への遺産」でストーンヘンジを見た日本の小僧がオッサンになり、
今こうしてイギリスで本物を見てるんだと思うと、感慨深いものがございましたよ、ええ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-22 00:18 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 05月 19日

ストーーーンヘンジッ!!【その2】

ストーンヘンジに向けて、バスはロンドン市内を抜けて一路西へ。
郊外になると道路もすいてくるから、起伏のある高速道路の両側に広がる緑の草原風景を
楽しみながら最前列の席で快適なバスの旅。
f0189467_16285907.jpg
 
ガイドがないから、いまこの辺とか、あとどのくらいとか、よくわからない。
周囲はすっかり田舎になってきたし、ロンドンからずいぶん走ったし(2時間半くらい乗ったかな?)
もう近いんじゃないか?しかしとにかく周りは「田舎」ってだけで何もないからよくわからない。

起伏のある英国の道路。丘を越えてちょっと見通しのいいところにさしかかったら・・・んん?!
あ?あれじゃないか?へぇーーー、ストーンヘンジってこんな主要幹線道路から眺められるくらいの、
道路沿いにあったんだ。もちろん道路の方が後から出来たわけだけどさ(笑)。
f0189467_16285981.jpg
 
道路沿いの、周囲になーーんにもない草原の上にソレだけあるから、なんだか舞台セットみたいだ。
ストーンヘンジ、なかなか意外性のある登場の仕方じゃねぇか。早く近くから見たいぞ。

バスはストーンヘンジを右にみながら一度通過。その先の駐車場に向かう。
やれやれ、やっとバスから降りられるか

・・と思ったら、まだ降りられない。
バスドライバーだけが受付みたいなところに行き、そこで何やらやってる。おそらく人数確認とか
チケットの受け渡しとかであろう。お?箱を抱えて帰ってきた。
f0189467_16290974.jpg
 
彼はバスを降りる乗客一人ひとりに解説用トランシーバー、チケット、パンフレットという3点セットを
渡してくれる。なるほど。ストーンヘンジ観光3点セットってわけやな。
f0189467_16291044.jpg
 
「ストヘン3点セット」を持った乗客たちがぞろぞろとバスを降りる。
ここからは各自自由に見学するわけで、帰りの集合時間を忘れないようにしないといけない。
たしか現地滞在が1時間半くらいじゃなかったかなぁ?(←忘れてる)
f0189467_16291041.jpg
 
さぁここからいよいよストーンヘンジまで歩いて行く・・・のはまだ早い。
経なければいけないプロセスはまだある。
f0189467_16342358.jpg
 
はい、このモダンな建物がストーンヘンジのビジターセンターなんですね。
バスの駐車場から来た観光客は必ずここに寄る。ビジターセンターなんてかったるいから
飛ばしちゃダメなのか?たぶんダメなんだと思う。
f0189467_16294355.jpg
 
なぜなら、このビジターセンターから今度は専用シャトルバスに乗り換えてストーンヘンジに
向かうからなのである。ビジターセンターからストーンヘンジまでは1.5km弱くらいのはずで、
歩いて行けない距離ではないけど、この時点では距離なんてわかんないからねぇ。
f0189467_16294247.jpg
 
何しろ世界中から来た観光客の数はすごい。
シャトルバスは次々にやってくるけど、列が長いからここでしばらく待たされることになる。

はいようやくバス乗車。
おそらくビジターセンターからストーンヘンジまでの間の道路はこのシャトルバス専用で、
一般の自家用車なんかも入れないんじゃないかなぁ?インドでタージ・マハルを見たとき、
切符売り場から専用電気自動車みたいなのに乗せられたのを思い出す。
f0189467_16295331.jpg
 
いろいろと前段階プロセスがあったけど、このバスを降りればようやくストーンヘンジだ。
次回、たっぷりとその全貌をご紹介いたしますです。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-19 00:15 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 05月 17日

ストーーーンヘンジッ!!【その1】

どんどん行くぞ英国ネタ。
カンタベリー、コッツウォルズに続く大ネタいってみるか。
これもまたほぼ一日を費やした観光だけに続編になることは約束されている。

ストーンヘンジってすごく有名な世界遺産でテレビや写真では散々見てる。イギリスにあることも
知ってた。でもイギリスのどこ?となると・・・あれだけ珍しい古代の遺跡なんだから、
何となくド不便なド田舎にあるんだろうと思ってた。

それが実はロンドンからそう遠くない場所、半日ツアーで行ってこれるくらいの距離にあるんだね。
ロンドンから西に約200km。東京から静岡県焼津市くらいの距離。日帰りも十分可能だ。
トホ妻が大ファンだった1970年代のNHK番組「未来への遺産」(知らんよなぁ)の頃からおなじみの
ストーンヘンジ。これはもう行くしかあるまい。
f0189467_13511143.jpg
 
と言っても行くのは簡単じゃない。いくらロンドンから日帰り可能っつうたって、ストーンヘンジは
ケルン大聖堂みたいに駅前にあるわけではない。外人観光客が現実的にとり得る手段としては
たぶん以下の二つだろうと思う。

①ロンドン発のストーンヘンジツアーに申し込んじゃう。おそらくこれが一番ラク。
②大聖堂で有名なソールズベリまで鉄道で行き、そこから専用バスで行く。

地元の英国人なら自家用車で行くだろうけど、外人観光客だと①②のどっちかが多いはず。
ソールズベリ観光と組み合わせる②もなかなか魅力的で、イ課長もソールズベリ大聖堂には
ちょっと心が動いたけど、この日は夕方までにはロンドンに戻ってないといけなかったので①。
実際にはストヘン+どこそこ観光っていう一日ツアーもたくさんある。

もう一つ難しい問題がある。ストーンヘンジ見学は「予約制」になってるということだ。
バスツアーだと、ツアーに申し込みさえすればあとは当日集合場所に行くだけだけど、
個人で自力で行きたい場合は事前にネットで予約するはずなんだよ。

日にちと時間を決めて予約したら、おそらく何かの確認書みたいなのが送られてくるんだろう。
しかし時刻指定が30分ごとの区切り。これは厳しい。仮にロンドンからレンタカーで行くとしたって、
誤差30分以内で到着時間を読めるもんかい?ソールズベリーからのバスの方がまだしも時間のブレは
少ないだろうけど、そうすると今度はソールズベリー発ストヘン行きのバス時刻表や所要時間を
調べなきゃいかん。いろいろ大変なのだ(下の写真がそのバスだと思う)。
f0189467_14023211.jpg
 
何らかのトラブルで予約指定した30分間より大幅に遅刻しちゃったなんて場合、入場はお断り?
予約なしでブラッと行って“当日券”を買うことはまったく不可能?その辺はわかりません。
(すいてりゃOKって気もするけどなぁ・・・)ツアー参加ならその辺のモロモロの不確定要素を
心配しなくていいってのも利点だわな。
f0189467_13511969.jpg
 
ストーンヘンジ見学ツアーもコッツウォルズの時と同様、ビクトリア駅ワキのバスターミナルから出発。
このターミナルには旅行会社のオフィスもいっぱいあるようで、時間が近づくとツアー名が書かれた
看板ごとに観光客がワサワサ並びはじめる。ちなみに、このツアーはガイドなしの多国籍混載型。
インド人とか、スペイン語を話す人たちもいたな。日本人は・・・いたかなぁ?
f0189467_13511979.jpg
f0189467_13511171.jpg
  
このバスではイ課長とトホ妻は最前列の席を確保したので車窓風景もよく見えた。
それでは世界で最も有名な世界遺産の一つと言っていいストーンヘンジに向けて出発ざます。
f0189467_13511134.jpg
 
・・・と言ってもロンドン市内を抜けるまではしばらく渋滞でノロノロ進むわけだけどね。
というわけで、本日は出発するところで終わりなんざますのよ。ほほほ。


  

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-17 12:13 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 05月 15日

いんぐりっしゅ ぶれっくふぁすと

お祭りネタが飛び石で続いたけど、そろそろマジメに英国ネタ消化にとりかかりましょう。

とりあえず英国の朝食、イングリッシュ・ブレックファストについて書こうと思った。
しかし英国の朝食も調べてみると、けっこう勉強になるねぇ。

フランスのカフェオレ+クロワッサンくらいの簡単なコンチネンタル・スタイルに対して
英国の朝食は暖かい肉料理や卵がつく。要するに「がっつり系朝食」なわけで、これを
イングリッシュ・ブレックファストという。まぁこのあたりまでは知ってた。
(下の写真は2011年出張の時、パリのホテルの簡素な朝食。でもクロワッサンは激ウマ)
f0189467_2353892.jpg
 
意外なことに、美味いものがない英国の中で朝食だけはほめられてるようだ。
サマセット・モームは「英国でおいしいものが食べたければ朝食を3回食えばいい」という
言葉を残している。不味いものだらけの英国において朝食はまぁマトモという国際的評価を
得ているようで、ドイツ・オランダでもこういう朝食が取り入れられているとされる。

なるほど。確かにドイツのホテルで食った朝食は(ホテルのグレードにもよるが)ハムや
チーズみたいな冷たいオカズに加えてベーコンやソーセージ、卵その他温かいオカズもあった。
あれは英国風を取り入れたもんだったの?それは存じませんでした。

大陸のホテルが朝食に関しては英国風をマネしたのならそれはそれでいい。
ああいう朝食の本家が英国であるとしよう。しかしイ課長としてはここで敢えて言いたい。
それは何かというと、「本家の方がおいしくないじゃん」ということだ。

イングリッシュ・ブレックファストを初めて食ったのは2010年の出張の時だ。
(新婚旅行の時は追加料金を払わないとコンチネンタル・ブレックファストのみだった)
前にこのブログでも書いたことがある。肉(腸詰&ベーコン)と卵。あとキノコやら野菜やら。
一応英国風のフル・ブレックファストと言っていいんだと思う。
f0189467_0161420.jpg
 
その記事でも「及第点はベーコンのみ。ソーセージと卵はあまり美味くない」と書いた。
卵なんてやけに色が白くて全然卵らしい味がしない、牛乳か何かで薄めたスクランブルエッグ。
ソーセージがまた「皮はパリッ、中はジューシー」っていうのとはほど遠いシロモノで、
モソモソした味で美味しくないんだコレが。

比較対象として2010年にフランクフルトのホテルで食った充実の朝食写真を載せておこう。
ちゃんと卵らしい黄色いスクランブルエッグ。このソーセージがまた美味しい。パンも美味しい。
ドイツだからソーセージが美味しいのは当然といえば当然だが、朝食の総合評価でも本家英国より
「英国風朝食を取り入れた」はずのドイツのホテルの朝食の方が断然美味しい。
f0189467_2255949.jpg

本家のはずなのに、ちっとも美味しくないイングリッシュ・ブレックファスト。
今回の銀婚旅行のホテルは朝食なしプランだったから、幸い?なことに食うことはなかった。
だがストーン・ヘンジツアーに行く時、カフェの朝メシでうっかり注文してしまったのだ。
昼飯なしツアーだから朝食はしっかり食おうと思ったのが浅はかだった。

だぁーーー。
毎度おなじみ、卵の味がしない白すぎるスクランブルエッグと美味しくない巨大ソーセージ。
このソーセージの皮なんて和紙みたいで(笑)、日本人が食っても「うまくねぇなー」と
思うくらいだから、ドイツ人が食ったらどう思うだろうか。
f0189467_02095330.jpg
 
さらにちっとも美味しくないことで有名な煮豆、ベイクドビーンズがたっぷりあるから参る。
イングリッシュ・ブレックファストの定番アイテムらしいが、評判通り美味しくない(笑)。
卵とソーセージだけでも「なんだかなぁ」ってところに、この大量の豆は持て余すよ。
注文してしまったことを深く反省した。いつものレーズンロールにしとけばよかった・・。

これで話は終わらない。
前にも載せたけど、日本に戻る大英帝国航空の朝食でもまたイングリッシュ・ブレックファストだ。
うーむ、また来やがったか。この真っ白に薄めたスクランブルエッグは何とかならんか。
巨大ソーセージもまた例によって本場ドイツとはほど遠いモッサリ味。何がいけないんだ?
原料は同じ豚肉のはずなのに製法が違うの?それとも中に入れる香辛料の違い?
f0189467_13550301.jpg
 
こういう、あまり美味しくない“本家”の朝食を毎朝食うことを考えれば、とりあえず
ホテルを朝食なしプランにしたことに後悔はないイ課長なのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-15 00:26 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 05月 10日

英国はどうなっていくのであろう?

フランス大統領選挙ではマカロン氏(笑)が当選し、EU崩壊の危機が回避できたっていうんで、
世間はホッとしているようだ。株も上がったみたいだね。

一方、EU離脱を決めた英国ではメイ首相が先日「総選挙することにいたしましたわ」と宣言し、
6月に投票日らしい。

メイさんとしては「EU離脱をめぐってゴタゴタいうヤツらがいるから、イッパツ選挙やって
バシッと体制固めしますわよ」ということらしい。いずれにしても英国のEU離脱は
もはや動かない(下の写真は国民投票直前の現地の新聞)。
f0189467_17232706.jpg
 
あの国民投票の日にロンドンにいたという偶然もあって、英国のEU離脱に関するニュースを聞くと
つい注目してしまう。英国、これからどうなるのかねぇ?

旅行者にとって身近な問題としてはロンドン・ヒースロー空港のイミグレがある。
激混み空港で有名なヒースローだから、イ課長たちが行った時の入国審査の列はバカみたいに長くて
最後尾に並んでから関門通過まで1時間くらいかかったはずだよ。見て、この列。
f0189467_17224328.jpg
 
ところがだよ。
この超長蛇の列がつづくイミグレのワキに、やけにがらーんとした別の入国審査窓口があった。
飛行機の乗員用?いや違う。何とそれは「EU Passport」所有者専用イミグレだったんですねー。
f0189467_17232763.jpg
 
アジア人もアフリカ人もアメリカ人もぜーーーんぶあのバカ長い列に並ばないといけないのに、
EUのフランス人やドイツ人はこのガラすきの入国審査でさっさーっと通過。きったねぇな~~。
英国パスポートとそれ以外を分けるならまだ話はわかるよ?「EU加盟国とそれ以外の国」を
ここまで露骨に差別するのかッ、イギリスじん!

大体さぁ、英国ってEU加盟国だった頃からシェンゲン条約には加盟してなかったわけだろ?
鉄道でドイツからベルギー、ベルギーからフランス、どの国境越えでも入国審査なかったけど、
ユーロスターで大陸から英国に行く時だけは何国人であろうと入国審査が必要だった。
それがヒースロー空港じゃ「EU加盟国以外」は区別するわけかよ、ああそうかよ。

何度も言うけど「EU以外の国」から入ろうとするとこの列だからね。
列に並んだ連中はみんなEUパスポート専用イミグレを恨めしそうに眺めてたよ。
f0189467_17224257.jpg
 
だがそれもこれも、あの国民投票直前のデキゴト。
昨年の国民投票、そしてこんどの総選挙とEU離脱に向けた政治的プロセスは着々と進む。
聞いた話だと、すでに英国に対する「EU補助金」はストップしてるんだってね、もっとも、
英国にしたってEU拠出金なんてもう払ってないだろうが。

それにしても気になるのはこのヒースロー空港の「EUパスポ優遇イミグレ」だよ。
英国がEU完全離脱したアカツキにはヒースロー空港の入国審査はどうなるのかね?

①英国パスポートか、それ以外かの二区分になる。これまで優遇されていたEU加盟国の人も
 英国に入るためにはアジア人やアフリカ人と一緒に長~~~い列に並ばないといけない。

・・・というのがマットウな成り行きのはずだ。
でもイ課長は何となくそうはならないんじゃないかって気がするんだよなー。

②「英国パスポ」「EUパスポ」「それ以外」の三つに区分され、列のスムーズさも3段階。
 EU加盟国の人には何らかの優遇措置が与えられて、「それ以外」よりはだいぶマシであると。

なんか②になるんじゃないかって気がするんだよなぁ。根拠はないが直観的にそう思う。

とりあえず、いま英国はEU加盟国として中途半端な状態。これはまちがいない。
その英国のヒースロー空港に依然としてEUパスポート限定イミグレーションはあるのか?
それとももうないのか?これはちょっと興味がある。

もし最近行って見てきた方がおられたら、ぜひご教示いただきたいのである。
 

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-10 00:06 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 04月 28日

コッツウォルズ地方をめぐる【総括編】

トホ妻の話によると、英国のコッツウォルズ地方とか湖水地方って、もうだいぶ前に
女性誌等でだいぶもてはやされたらしいね。湖水地方っつうたらピーターラビット
ゆかりの地でもある。その影響でツアーに参加する人も(特に女性には)多いのかも。

でも実際に一日バスに揺られてコッツウォルズ地方の美しき村や町をあちこち回ってると、
ツアーの内情みたいなものが多少わかってくる。要するに「ああ、そういうことなんだな」と
察しがつく部分があるんだよ。

本日はその辺について整理してみたい。
いわばコッツウォルズ・ツアーに参加してみての所感というか、考察とでもいうか。
これからコッツウォルズに行こうと思っている方の参考になるかもしれない。
どんな考察かって?たとえばだよ?

①なぜこの4つが訪問地になったの?
まず素朴な疑問はコレだよね。何でこの4つが?
キレイだから、有名だから、その他理由はいろいろあるだろう。しかし実際参加してみると
この4つの村が選ばれた決定的理由がわかってくる。それは何かというとズバリ、
大型バスが停められる場所があるということだ。
 
なにせバスの数は1台や2台じゃないからね。日本人向けツアーだけでも毎日複数あるし、
他国の観光客もバスを使う。駐車場のない村じゃムリなんだよ。逆に広い駐車場がある村には
各国の観光客を乗せた大型バスがすげーたくさん集中する。
(下の写真はボートン・オン・ザ・ウォーターの駐車場。ここが一番広かったと思う)
f0189467_00452591.jpg
 
レンタカーとかで行くならまた話は変わってくるだろうけど、それでもバイブリーみたいな
有名どころは路上駐車の車だらけ(笑)。なんだかなーーー。
f0189467_14344481.jpg
 
コッツウォルズツアーの行き先は「その村がキレイかどうか」と同じくらい「その村に
ツアーバスが停められるかどうか」が重要な判断要素。これはまず間違いない。

②じゃ、実はほかにもキレイな村があるの?
4か所しか行ってないわけだから印象で答えるしかないけど、たぶんあると思う。
バスで走ってるとわかるんだよ。車窓から外を見てるとライムストーンの屋根が連なった、
こじんまりしてキレイそうな、小さな村って感じの場所を何度か見かける。

そういうの見るたびに「ああいう村、どんな感じなんだろ?」と思うわけなんだけど、
バスは通り過ぎてしまうので確認することはできない。しかし今にして思えば、それがどんなに
美しい村であっても、バスが停められなきゃ素通りするしかない。
f0189467_00452588.jpg
 
③他のツアーも全部同じ町に行くの?

これは確認してないのでわからないけど、おそらくどんなツアーでもバイブリーは必ず行くはずだ。
あそこは確かに観光客がイメージするコッツウォルズそのものって感じの田園の村で美しいし、
何といってもバスが停められるからね。一方、ボートン・オン・ザ・ウォーターは大きい町で
飲食店も多いから、昼飯どきはあの町で長めの自由時間をとるツアーが多いはず。
(下の写真はイ課長たちが簡易メシを買ったパン屋)
f0189467_15082431.jpg
 
④結論として行く価値はある?
「英国の田園」「ライムストーンの家」といったものに対する好み&思い入れの問題もあるから
一概にはナンとも言えないが、イ課長は4つめのブロードウェーではちょっと疲れた(笑)。

それを見透かしたように、最後にロンドンに戻るバスの中でガイドさん(現地の日本人女性)が
こう言った。「みなさんいかがでしたか?疲れましたかー?飽きましたかー?

個人的には、訪問地はバイブリー+2か所でもいいんじゃないかと思う。朝8時半にビクトリア駅に
集合して、同じビクトリア駅に戻ってきたのが・・6時頃だったかな?(よく覚えてないスマヌ)
バスや車にゆられ続ける一日ツアーってやっぱ疲れるよね。もう少し早く帰れると嬉しい。
f0189467_15102777.jpg
 
帰路、また地下鉄サークル線が止まってやがったので、すげー遠回りのハマースミス駅経由で
パディントン駅まで戻り、メシを食い、ホテルに戻った時は正直クタクタでござんしたよ、ええ。
例によって先を争うように寝床に入った我々でござんしたよ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-28 00:31 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(6)
2017年 04月 26日

コッツウォルズ地方をめぐる【ブロードウェー編】

最後の村はブロードウェーというところです。N.Y.の劇場街とは関係ありません。
その名の通り、広々した道路+歩道がだぁーーんとあるきれいな町だった。
f0189467_00540355.jpg
 
しかしイ課長も今日一日だけでキレイな町だの村だの田園だの、散々見てきたからね。
目が慣れてきて、このくらいのキレイさなら驚かなくなる(笑)。

この町にもライムストーンの家はある。でも鬱蒼たる緑に包まれたバイブリーと違って、
建てられた年代もやや新しそうでモダンに見える。その分「おとぎ話のような」的雰囲気は
やや希薄になって、現実にヒトが住んでる家って感じだ。
f0189467_00540386.jpg

この町でも自由時間は40分くらいじゃなかったかな?
まぁブラブラと散歩しましょう。暑い日ではなかったけど、トホ妻はこの町でアイスクリーム購入。
このアイス売りのお姉さん、かわいいね。
f0189467_00540320.jpg

トホ妻がベンチに座ってアイスを食ってるワキで、しばらくイ課長も休んだ。さすがに疲れたぜ。
向こうでも地元の子供たちがアイス食ってる。のどかだなぁ。この写真は前に載せたよね。
f0189467_09102151.jpg
 
アイス食ったあとはまた散歩。このツアーでは到着地ですることは散歩以外はあまりない(笑)。
今日一日ですっかり見慣れたライムストーンの蜂蜜色の屋根と石壁の家が多いのはもちろんだけど、
こんな異彩を放つ家もある。これは・・・藁葺き屋根か?壁はコゲ茶のレンガかな?
f0189467_00550429.jpg

ほぉ、こんな渡り廊下もあるよ。路地の上の渡り廊下ってなんかヨーロッパっぽくて好きな風景だ。
f0189467_00550486.jpg

そんなことをしてるうちにそろそろ集合時間。
他の町では駐車してあるバスに戻ればよかったけど、この町では指定されたパブの前の歩道で
待ってるとバスが来るという方式。「馬と猟犬」なんてパブの看板はいかにも英国らしい。
f0189467_00553416.jpg

うわ、看板じゃなく本物の馬もいるじゃねぇか。
バイブリーに比べるとずいぶん町らしい町だと思ったけど、こうして見るとやっぱ田舎だねー。
牧場というほどじゃないけど、馬が何匹か飼育されている原っぱらしい。
f0189467_00553315.jpg

やがてバスが来てゾロゾロと乗り込み、一路ロンドンに戻ったわけでありました。
途中ドッシャーと雨が降って、こりゃヤバいと思ったけど幸いロンドンは降ってなかった。
f0189467_00561276.jpg
  
こうしてロンドン発・コッツウォルズの村をめぐる一日バスツアーは終了したわけでありました。
最後はちと疲れた(笑)。
しかしコッツウォルズ編はこれで終わらない。このツアーに参加してイ課長なりにいろいろと
考えるブブンも多かったので、次回「総括編」を締めくくりとしたいのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-26 00:21 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(4)
2017年 04月 24日

コッツウォルズ地方をめぐる【ボートン・オン・ザ・ウォーター編】

さぁまたコッツウォルズめぐりに戻るぞ。
3番目はボートン・オン・ザ・ウォーターだ(長いので以下BoWと略す)。

ここは「コッツウォルズのベニス」と言われる町だそうで、地名に「ウォーター」って
ついていることから考えても、何やら水に縁の深い町なんだろうってことは想像できた。
f0189467_01095961.jpg
 
ここは昼食タイムを含めて1時間半くらい自由時間があったと思う。
この日は日曜だったから、ガイドさんはパブでサンデー・ローストを食べてはいかが?とか
いろいろ教えてはくれたんだけど、イ課長とトホ妻は前にご紹介したように屋外で簡易メシ。
f0189467_00275701.jpg
 
とにかくねぇ、ここはこの川べりの芝生の公園がとても気持ちのいいところなんだよ。
店ン中で注文が出来るのを待って時間を使うのはもったいない。せっかくだからこの
気持ちのいい川べり公園で地元の人たちに混じってピクニックランチしようじゃないの。
f0189467_01095086.jpg
 
平日だとまただいぶ雰囲気が違うのかもしれないけど、天気のいい日曜の昼過ぎだから
ほんとにたくさんの人たちが芝生でくつろいでる。BoWに住んでる人たちはみーんな
キレイなこの町が好きなんだろうなー。
f0189467_01095994.jpg
 
川っぺりでメシ食っただけじゃなく、もちろん町も散策してみた。ほんと、きれいな町だよ。
バイブリーは美しき田園そのものだったけど、実際に住むとなるとBoWくらいの賑やかさが
あった方が住みやすいかもね。
f0189467_01095956.jpg
 
塀も壁も屋根もぜんぶ石造り。さらに外壁には何かの植物を這わせてる家がすごく多い。
英国人のガーデニング執念。
f0189467_01094926.jpg
 
BoWでもう一つ驚かされたのは何だか知らない革ジャンバイク軍団がそこらじゅうブイブイ
走り回ってたことだ。コッツウォルズになぜヘルズ・エンジェルスみたいな連中が・・・
f0189467_01081362.jpg
 
ただの集団ツーリング?マッチョなバイク野郎も英国の美しき田園風景が見たいのか?
とにかくすごい台数だったよ。バイク野郎どもの大集会でもあったんだろうか。
f0189467_01081326.jpg
 
美しき水辺の公園でメシを食い、のどかな街並みを眺め、暴走ヘルズ・エンジェルス?たちの
爆音に見送られつつ、我々はBoWを後にしたわけでありました。さぁ次の訪問地が最後だぞ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-24 00:14 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 04月 19日

コッツウォルズ地方をめぐる【バイブリー編】

第二の目的地、バイブリーに向けてバスは走る。
このバイブリーという村の説明で枕詞のように使われるのが
あのウィリアム・モリスが『イギリスで最も美しい村』と評した」というエピソード。
どんだけ美しいっていうの?

先に結論を書いちゃうけど、バイブリーは確かに非常に美しいところなんだよ。
美しき英国の緑の田園の中を川が流れ、古い石の橋がかかり、向こうにはライムストーンの古い民家。
「コッツウォルズの村」と聞いてイメージする風景そのものという感じの村じゃないかと思うのだ。
本日のツアーで周る4つの村の中でも白眉と言っていい。
f0189467_14242184.jpg
 
イ課長の乏しい語彙力では「美しい」「田園」「ライムストーンの家」といったコッツウォルズに
付き物の言葉以外で説明するのが難しいので、とにかく写真をご覧いただこう。

ほーら・・。
f0189467_14080568.jpg
f0189467_14181841.jpg
 
ほーら、美しいでしょう?なんといっても白鳥がいるってところがズルい。
ヤバいくらい風景が美しかった町・ブリュージュでも白鳥を見たことを卒然と思い出した。
恐るべし“白鳥効果”。こいつのおかげで心理的には美しさ3割増し。
f0189467_14080456.jpg
 
川の水がまたやけに澄んでるんだコレが。
こんどはジョン・エヴァレット・ミレーの「オフェーリア」って有名な絵を卒然と思い出した。
イギリスの田舎の川ってほんとにあの絵みたいだなー。
f0189467_14085667.jpg
f0189467_01150998.jpg
 
ツアーの白眉・バイブリーの中でも誰もが必ず行く場所がこのアーリントン・ロウ。
コッツウォルズっていうと取り上げられる風景みたいだね。映画のロケにも使われるらしい。
しかもちょっと調べてみたら驚いたことに、このアーリントン・ロウは英国のパスポートカバーの内側の
図柄になってるんだと。英国政府もココが「美しき英国の田園」を代表すると思ってるのか。
f0189467_14081415.jpg
 
このあたりの家は建てられた年代も古そうで、けっこう屋根が低いところまでセリ出してる。
だから石で葺いた屋根というを身近から見られる。ふーむ、こういう感じなんだ。
石を薄く割って、それを瓦代わりにしてるって感じに見える。これなら屋根の重みを
あまり心配する必要もないのかな?(ま、どうせこの辺に地震なんてないだろうが)
f0189467_14081464.jpg
このバイブリーには民家風の立派なホテルもある(写真はない)。
天皇陛下が訪英した時に泊まったホテルっていうから、こんな田舎でもすげー高いんだろうな。
イ課長も金があり余ってたらそんなホテルで散歩と読書だけで過ごしてみたいぜ。ムリだが。

と、まぁこんな具合で、この村で目にする光景は何もかも美しいんだよ。
コッツウォルズの中でも随一の人気を誇るのも当然。しかしそれだけ人気があるところだけに
観光客の数はスゴいよ。観光客を除外したアングルで蜂蜜色の古い民家を撮ることは不可能に近い。
f0189467_14260615.jpg
 
美しすぎる風景であるがゆえに、美しさを阻害するモノが集まってしまうという皮肉。
そういうイ課長たちだって阻害ブツなわけだが。まぁ人気観光地だからなぁ・・。
f0189467_14194050.jpg
 
とはいえ、この美しすぎるバイブリー滞在時間もやっぱ40分程度だったはずで、我々はまた
バスで次に移動しなければならない。次に行く町でランチタイムなのである。あー腹減った。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-19 00:26 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 04月 17日

コッツウォルズ地方をめぐる【バーフォード編】

最初の降車地バーフォードに着いたのは10時か10時半くらいだったと思う。
ここでツアー参加者はバスを降りてしばし自由散策。散策時間が40分くらいあったかな?
1時間よりは短かったはず。この辺、ウロ覚えで申し訳ない。

ここは田園の村っつうより、“町”くらいの規模はあるところのようだ。
真ん中に幹線道路が通ってて、交通量も多い。気をつけて横断しないと車にひかれる。
のどかな散策という感じじゃないけど、何とか道路を横断して向こう側にいってみた。
f0189467_22484948.jpg
 
おおっ、幹線道路から細道に入ると急にムードある風景に。
古びた家が連なる静かな道。いかにも英国の美しき田舎という感じになってくる。
f0189467_22485685.jpg
 
さらに細道を進む。うーむ・・・なんか美しくなってきたねぇ。
f0189467_22494413.jpg
 
ライムストーンで作られた家ってたぶんこういう感じなんだ。確かに色がかすかに蜂蜜色。
石造りだからおそらく断熱性が高くて冬は暖かいんだろうけど、夏は暑いんじゃないか?
もっともこの辺なら夏はそんなに暑くないようにも見えるが。
f0189467_22501968.jpg
 
うーん・・こういう風景は確かにキレイだ。自然そのままの水路じゃなく、周囲の緑は
キッチリ手入れされてる。英国人のガーデニング執念。
f0189467_22504654.jpg
 
この町で忘れられないのは名も知らぬ教会に行ったことだ。
中には入れないようだったので、何となくグルッと外側を歩いて教会の裏の方に行ってみた。

そこには墓地があった。
緑に覆われたこの墓地は静かで、素晴らしい雰囲気だったね。おそらく墓参りに来る人も
ほとんどいないような古い墓地だろうけど、こういう所に葬られるのっていいなーー。
f0189467_22510790.jpg
f0189467_22512451.jpg
  
緑に覆われた墓地でしばし静寂なひととき。
しかし表通りに出ると相変わらず車だらけの幹線道路。たちまちムードが壊れちまうじゃねぇか。
まったくもーー。
f0189467_22521175.jpg
 
この道路沿いには骨董屋なんかが多いらしい。あんまりよく見てこなかったが(笑)。
トホ妻はこの町でお土産物用布バッグを何枚か買ったけど、例によって買い物に対する
情熱が乏しいイ課長は何も買わず。
f0189467_22525946.jpg
 
・・・てな感じでバーフォード散策の約40分(もっと長かったかなぁ?)は過ぎていったので
ありました。何せ移動を含めて一日で4つ回るから、一つトコロにそう長くはいられない。
ふたたびバスで次の目的地・バイブリーに向かう我々なのでありました。
なかなか忙しいんだよ、このツアーは。 

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-17 00:21 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)