カテゴリ:2017.08 ○○旅行( 3 )


2017年 07月 16日

旅に持っていくクスリ

あとほぼ3週間。8月の旅行がだんだん近づいてまいりました。
ホテルや現地移動の手配は無事終了。昨年の英国旅行の時のように予約トラブルで
悩まされるようなことがなかったのは助かる。

イ課長が海外旅行や海外出張する時の荷造りパターンって大体決まってて、
ゴロゴロスーツケースの中には必ず二つの重要な小バッグが入る。この二つの小バッグのうちの一つは
「電器・機械関係」の小物を全て突っ込んでおくもので、最も重要な海外用コンセントアダプタはじめ
携帯充電コード、iPod充電コード、カメラ用予備バッテリーやバッテリー充電器その他モロモロ、
電気屋さんで買うような旅行関連グッズを片っ端から入れる。

もう一つの小バッグは「トイレタリー・メディカル関係」のグッズを全て突っ込んでおくためのもので、
歯磨き歯ブラシ、他のホテルから持ち帰った石鹸やシャンプー等のグッズ、小瓶にわけたシーブリーズ、
リップクリームからバンドエイド、果ては耳カキや爪切りに至るまですべからくこのバッグに突っ込む。
(下の写真はロンドンのホテルのアメニティグッズ。こういうのを次回旅行用に持ち帰るわけ)
f0189467_10301938.jpg
 
この小バッグには当然クスリも入れる。
しかし海外旅行にどんなクスリをどの程度持っていくかってけっこう悩ましいよね。

イ課長は幸いなことに、日常的にクスリの服用を必要とするような持病って今のところないから、
風邪薬と胃腸薬くらいで済んでるけど、量には悩む。晩秋の欧州出張で風邪ひいた時は風邪薬を
飲み尽くしちまって非常に困った。寒いところ行く時は風邪薬を多めに持っていきましょう。

逆に、暑い東南アジアあたりなら風邪より腹をコワすリスクの方が高そうだから胃腸薬を多めに
持っていきたいところだが、現実には冷房効きすぎで風邪ひくリスクもある。インド出張じゃ冷房と
外気温の温度差で風邪ひいた。帰国後に会社で「インド風邪で・・ゲホゲホッ!」なんて言うと
みんな逃げるように遠ざかっていった(笑)。

「旅に持っていくクスリ」ってリスクヘッジのためのものだから、保険の掛け金と同じで
「どの程度持ってくと安心か?」って決めづらい。結局テキトウに持ってくしかないんだが。

イ課長はビタミンCサプリメントもよく持ってく。これ、もう10年近く前に買ったヤツなのだ。
賞味期限?はトックに切れてるんだろうが、早くカラにしたくて持ってく(笑)。でもビタミンCは一応
風邪の予防にもなるし、冬の欧米出張ン時なんか、けっこうまじめに摂取したよ(ビールでね)。

行き先の特性上、特にコレを持っていくというケースもある。
インド出張の時は「粉末ポカリ」みたいなヤツを持ってって、現地で水に混ぜてセッセと飲んだ。
行き先がインドで、しかも仕事だったからね。アソビだったらあそこまで用心しなかっただろうが。

あと、旅行の前に病気になると、その時医者からもらった薬をとっといて持ってくことが多い。
何年か前にジンマシンになったことがあった。その次の旅行で「旅先でジンマシン再発」という
恐怖が拭いきれなかったので、医者からもらった薬の残ったヤツを持ってった。

今回は先日のハイパーゲーリの時にもらった整腸剤なんかがまだ残ってる。あれ持っていこう。
身体はすっかり回復して食欲もあるけど、あの大衰弱の記憶はナマナマしいものがある。
旅先でああなったらジゴク。念のため持っていきましょう。
f0189467_01160818.jpg
 
出発まであと3週間。
こないだもらった整腸剤が通勤カバンの中にまだ残ってるのを見て
「あ、これ、旅行に持ってくか」と思い、ついでにこんな記事を書いてしまいました(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-16 00:14 | 2017.08 ○○旅行 | Comments(4)
2017年 05月 07日

旅の移動で熟睡する能力

もう一つだけ英国と関係ない話題を続けるか。
黄金週間特別企画と思ってご容赦いただきたい。

本日の標題だが、この能力がある人をイ課長は羨ましいと思う。イ課長にはこの能力が
あんまりないんだよね。トシと共にますますなくなってきたかもしれない。

たとえば成田空港に行くバス。
前の晩遅くまで荷造りし、当日は超早起きして乗るなんてことが多いわけで、
たっぷり寝るには最適なんだけど、いつもなぜか眠れない。困ったもんだ。
f0189467_23595681.jpg
 
飛行機でもあまり眠れない。これは乗ってる時間が長いからさらに困る。
これまでの経験だと飛行機で猛烈に眠くなるのはいつも離陸前のタクシングの時で、この時だけは
不思議と眠くなり、実際寝てしまう。しかしいざ離陸するとなぜかフッと目が覚めちゃう。
そうなると、おしぼりだのドリンクだの食事だの、途中いろいろあるからますます眠れない。
350mlの缶ビール1~2本程度じゃアルコールも全然足りないし(笑)。
f0189467_0184665.jpg
イ課長の場合、身長に対して座席が狭く、手足を伸ばせないという障害が大きいのも事実だが、
足が伸ばせる非常口前の席でもウトウトするくらい。ぐっすり眠った経験ってあまりない。
f0189467_23260471.jpg
 
鉄道やバスなら眠れるかっていうと、これがまたそうじゃないから困る。
最近の例だとサイゴン⇒プノンペンやシェムリアップ⇒バンコクの陸路国境越えの時。
寝ようという本人の意欲は非常に強いのに眠れない。そういや2011年欧州出張で、
シュツットガルト⇒パリ間のTGVに乗った時もそうだったなぁ。降りるのはパリ東駅。
つまり終点。寝過ごす心配ゼロ。「よし寝るぞー」と思ったけど、やっぱり眠れない。
f0189467_0304.jpg
 
何だカンだ言って、海外での長距離移動じゃ緊張して気が張ってるから眠れないのか?
それとも、トシとったせいかな?確かに若い頃の方が旅の移動でそれでもけっこう寝てた気がする。
トシをとると食も細くなり、睡眠欲も減退するのか?あるいは単に乗る前の疲労度の問題か?

なぜこんなことを書いたかというと、8月の旅行でイ課長は久しぶりに夜行バスでの移動を
旅程に組み込もうと思ってるからだ。外国で夜行バス乗るのはすっごく久しぶりのはずで、
もしかすると90年代のスペイン旅行以来かもしれない。だとすると約20年ぶりだ。
f0189467_15460918.jpg
 
夜行列車や夜行バスだと車中で眠れるか眠れないかの違いはさらに重要だ。
目的地に着くのは大体朝で、着いたらアレしよう、コレしようっていう計画が必ずある。
バスの中ではグッスリ眠っておいた方が絶対イイわけだが、どうも過去の経験から考えると
そうなってくれるとは限らない、つうか、そうならない可能性の方がずっと高そうだ。

やっぱ決め手は乗る前にどのくらい疲れているか、かな。乗る前にクタクタに疲れていれば
どんな交通機関だろうがイヤでも寝るよな。ブダペスト日帰り観光の時の帰りの列車なんか
イ課長もトホ妻も死んだように熟睡した。あン時は疲れてたよ、確かに。

夜行バスに乗る当日は早起きして、とにかくシャニムニ観光する。歩き回る。不必要なくらい
重い荷物でも背負ってやれば尚よし。そのくらいやって極限まで疲れておけば、バス乗ったとたんに
バタッと意識失うだろ。もっとも、そのまま永久に目覚めないリスクもありそうだが(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-07 00:04 | 2017.08 ○○旅行 | Comments(3)
2017年 04月 21日

イ課長は8月に飛ぶ

コッツウォルズものが続いたから今日はちょっと気分転換。

いやねぇ、とにかく昨年終わりから3月末にかけての仕事状況は本当にヒドかったんだよ。
実にストレスフルだった。つくづく定年が待ち遠しくなった。

あの仕事のおかげでイ課長の旅行計画も挫折が続いた。
去年は6月に英国に行ったけど、気楽な一人旅もしたくなったから、2013年にやったみたいに
年末に3泊4日でどこか近場に行こうと思った。候補地はマニラ、飛行機はセブパシフィックが
安いなんてことまで確認した。

しかしダメ。あのヒドい仕事のせいで年末も休日出社可能性ありということになり、実際
会社仕事納めの翌日も会社来るハメになった。年末短期旅行の夢はついえた。
f0189467_01294844.jpg
 
年が明けるとストレス仕事のストレスはますます上がる。あーーいやだいやだ。
よし、年度末まではとても無理だが、こうなったら黄金週間にどっか行ってやろうじゃねぇか。
5月3日に出発して7日に帰ってくれば休暇取らずに3泊4日は確保できる。

しかしダメ。当然のことながらGW中は飛行機が高い。
台北とか香港とか、近場で行きやすそうなところでもゲッ!てくらい高い。しかも近場に行く
LCCってやたら深夜到着とか早朝出発とかがあって現地での時間調整が難しい。

最後の候補として再びマニラが残った。セブパシフィックなら直行便の往復で6万円台。
しかし帰国便の現地出発は早朝5時台。うう、最後の日はホテル泊まらずに空港で夜明かしか。
それもダルいなぁ・・と迷ってたのが2~3月。しかしこの時はとにかくくたびれて、
海外渡航リビドーも衰弱してた。2月にゴロゴロ君を失い、まだ新しいの買ってないという
事情もあったりして(笑)結局見送り。
f0189467_01294843.jpg
 
しかしイ課長は行くぜ。
年度末も何とか乗り切り、長かったストレス・トンネルを抜けたからには行っちゃうぞオレわ。
お盆休みの前の週に4日間休みをとれば、海の日とお盆休みをつなげて12連休になる。
以前から行ってみたいなぁと思ってたあの国に行くには十分な休みになるではないか。
2年ぶりの一人旅、行ってやるぜ。

4月早々、仕事嫌いサクレツ状態で「8月7日〜10日休暇取るッス!」宣言メールを送り、
その勢いで飛行機も取った。もう後戻りはできない。してたまるかくぬやろう。

というわけでイ課長は8月にあの国に行ってきますです。
飛行機は決まったわけだから、これからゆっくり観光スケジュールやら現地移動やら
ホテルやらを検討していく作業だ。ま、その合間にちょっと仕事もしてやるか、ふん。
(↑よほど年度末の仕事にウラミがあるらしい)
f0189467_01294857.jpg
 
例によってどこに行くかは今のところシミツにして、現地から写真でお知らせします。
今回は一人旅であるというのがすでに重要なヒントになってる気もするが(笑)。

問題がもう一つある。
8月にあの国に行くということはだよ?それまではどこも行かないということだ。
いま4月。果たして去年の英国旅行ネタが8月までもつだろうか?もしネタが尽きたらその時点で
このブログは8月まで休業状態・・大丈夫かなぁ?
(本日の使用写真は記事内容とは関係ない、昨年の旅行で撮ったヒコーキ関連写真ざます)


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-21 00:14 | 2017.08 ○○旅行 | Comments(4)