<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 27日

カンタベリーに行ってみよう

だんだん英国ネタの出現頻度が高まってきた。タイのネタがあと少し残ってるけど、
それが終わればあとは全部英国ネタになるから、そろそろ英国の長編ネタに取りかかろう。
というわけで、カンタベリーの話なのである。

カンタベリー。地名だけはご存知の方が多いはずだ。まず有名な大聖堂がある。
英国国教会で一番格の高い、いわば総本山で、そこの一番エラい人がカンタベリー大司教。
有名な中世文学「カンタベリー物語」なんていうのもあった。

・・と、イ課長がカンタベリーについて知ってることといえばこの程度(笑)。とにかく中世から
大聖堂を中心に栄えたいわば門前町で、今も中世の面影を残す町らしい。一応「マイルドな
ゴシック建築オタク」のイ課長だから、何はともあれカンタベリー大聖堂は見たかった。
カンタベリー訪問はトホ妻も異論なしだったから二人で行ったのである。

元々ゴシック教会建築って、極めて特化した目的のために発達した一種の“異常建築”だけど
写真なんかで見ると英国ゴシックってその“異常度”がフランスなんかより一段と高そうなんだよね。
中世の香り残す町・カンタベリーで英国随一と言われる大聖堂を拝ませてもらおうじゃないの。

というわけで、イ課長&トホ妻はビクトリア駅から8:34発のカンタベリー行き列車に乗った。
カンタベリー西駅着予定は10:19だから、ロンドンから1時間45分の英国・鉄道の旅。
切符予約ではホトホト苦労したけど乗ってる分には快適(笑)。
f0189467_14212169.jpg
 
で、着きました西駅。カンタベリーには東駅と西駅とがあって、どっちも町の中心から少し離れてる。
ロンドンからカンタベリーに行く列車は東西どっちの駅に行くのも同じくらい本数があり、
ロンドンに戻る列車もやはり同じくらい本数がある。要するにどっちでもいいのだ。
f0189467_14212177.jpg
 
西駅を出てしばらく歩くと、おおおっ、早くも中世ムードたっぷりの門が旅行者を迎えてくれる。
門の中は現在は道路になってるけど、この狭さだから1車線分しか幅がなくて、反対車線は門を
ウネッと迂回してる。昔は人間と、せいぜい馬車くらいしか通らなかった門だろうからねぇ。
f0189467_14212806.jpg
f0189467_14212838.jpg
 
町の中心、すなわち大聖堂がある方向に歩くにつれ、人通りも増えて賑やかになる。
観光客だらけというわけではなく、地元の人たちもくり出すショッピング街って感じだ。
f0189467_14213490.jpg
 
うおーーいい感じの風景。
フランスのノルマンディー地方なんかと同じく、英国南部にもこういう木組みの家が多いんだね。
窓からシェイクスピアがひょいと顔をのぞかせてもおかしくない中世ムード。
f0189467_14214184.jpg
 
これは1575年からある家みたいで(小さくて読みづらいが)エリザベスさんのGUEST CHAMBERSって
書いてあるから、当時はおそらく巡礼者用の旅籠だったに違いない。こういう旅籠に同宿した巡礼者が
お互いに持ち寄った話を集めたものって設定で「カンタベリー物語」は書かれてる(読んでないが)。
f0189467_14214182.jpg
 
おっとー見えてきました。路地の向こうに見えるツンツン尖り建造物。
あれこそ名高きカンタベリー大聖堂に違いない。ホントに町の中心にあるんだね。
f0189467_14214292.jpg
 
うーーーむ・・・何ともご立派かつ壮大なお姿。
ここに来るまでは古い木組みの家が並ぶ狭い道で、いかにも中世風の面影があったけど、
この大聖堂の周りはかなり広い敷地が整備されているようだ。
f0189467_14215806.jpg
f0189467_14215855.jpg
 
さて、それではいよいよカンタベリー大聖堂の中に入ってみましょうかね。
ここんとこ東南アジア旅行が続いたから、久しぶりの欧州ゴシック大聖堂見学だ。
というわけで、当然のごとく次回につづくのである。

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-27 00:02 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(4)
2017年 02月 24日

バンコクで飲み食いしたものたち

ドライタイムの話をしたついでに、まだブログで書いてなかったバンコクの
飲み物・食い物系写真をここでまとめてご紹介しよう。

①米のメシ
バンコクじゃ連日連夜タイラーメンのクイッティアオばーーっかり食ったって前に書いた
でも一度だけ米のメシも食った。入ったのは「ひと皿お好み食堂」とでも言うべき店。
要するに皿のゴハンの上に客が指定したオカズを何種類か乗っけてくれるわけ。
こういうの、昔シンガポール出張ン時も食った

この方式が優れているのはオカズの名前を全く知らなくても指さし注文できるということで、
イ課長は黄色いカレー炒めみたいなの(左)、何かの肉野菜炒め(右)、青菜の炒め(中央)の
三つをチョイスした。何となく濃緑野菜が不足してるような気がしたからね。旅行中でもちゃんと
栄養には気をつけているのである(笑)。もちろん味もおいしかったよ。
f0189467_13473768.jpg
 
残念なのはオカズが冷えてたことかな。冷えても美味しいオカズではあるんだろうけど、
ホカホカごはんにアツアツおかずで食いたかったなぁ。でも店のお姉さんは明るくて愛想よかったし、
値段も安い(メシ+オカズ3種で60バーツ=約180円。メシ30バーツ、オカズ1品につき10バーツ×3か?)。
ここはいい店だったよ。場所はスクンビット・ソイ23のどこか(忘れた)。
f0189467_13473702.jpg
 
②ざくろジュース
これも前に書いたことがあるよね。たしか2013年にバンコクで初めて見て、あ、飲んでみたいと
思い続けて数年、今回やっと飲めたぜ。
f0189467_13474557.jpg
 
f0189467_13474490.jpg
 
1本頼むと、ちゃんと氷で冷やしておいたものをくれる。
色が濃いから味もドロリと濃厚なものを想像してたんだけど、意外にサラリとしてやさしい甘さ。
ザクロってジュースであれ実のままであれ、これまで食ったことなかったけど、こういう味なんだねー。
やっと飲めたから余は満足ぢゃ。ちなみに値段は1本40バーツ、約120円でした。

③ナゾのスイカ緑茶
先日も載せたこの写真。
写真左奥の方に何やら赤い液体の入ったペットボトルが2本写ってる。
f0189467_13475143.jpg
 
これ、一応「スイカ緑茶」。って書いてあるんだよね、しかも日本語で。
おなじみ日本テイスト満載のタイ食品。しかしスイカ味の緑茶ってアータ・・。
だいたい色赤いやん。緑茶ちゃうやん。
f0189467_13475197.jpg
 
味はねぇ・・まぁ「お茶の味30%、スイカジュースの味70%」って感じかなぁ?
日本人なら誰もが「お茶じゃないよ、これは」と思うはずだ。とーころが「ほのかな渋味のある
甘さを抑えたスイカジュース」と思って飲むと、何だか知らんがやたら美味いんだ(笑)。
汗かいてノド渇いた時なんてゴクゴク飲めちゃう。
 
この時は1本買ったらなぜかもう1本オマケにくれたから2本写ってる。
ホテルの冷蔵庫で冷やしておいて、暑い外から戻って冷えたの飲むと美味かったぁ~~。
日本でも売り出してくんないかなぁ?夏は売れると思うよ?

④ホテル夜食用ホットサンド
夜、ちょっと腹が減って、何か温かいもの食いながらビール飲んで寝たいなぁ・・なんて時に
よくこれを買った。一種のホットサンドイッチ。この写真も前回記事に載せたね。なぜかリラックマ印。
f0189467_17340204.jpg
 
コンビニで買うと、その場で専用プレートにはさんでしばらく加熱してくれる。
ホテルの部屋まで戻ってもまだ温かくて、これまた美味しい。冷房の効いたホテルで
ホノカに暖かいホットサンドと冷えたビール。これがイイんですよダンナ。 
f0189467_13475770.jpg
 
セブンイレブンかファミリーマートか、どっちだか忘れたけど、とにかくどっちかで
売ってた商品だった。これも日本で売ってほしいと思ったモノの一つだ。
 
⑤空港のカレー揚げパン(?)
中に小さいウィンナーが入ってる(たぶん)揚げパンで、ピリ辛パウダーがふりかけてある。
空港でビール飲みたいから、ツマミがわりに買ったんだけど、辛くてビールが進んで、
もう1本飲みたくなって困った(笑)。でも空港のビールは高いからガマンした。
(どうせ飛行機乗りゃ、ドリンクサービスでビール飲めるし)
f0189467_13475824.jpg
 
というわけで、バンコクで食ったタイラーメン以外のもののご紹介でした。
イ課長のバンコク食生活が非常にプアなものであることがよくわかる記事でしたね(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-24 00:05 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(6)
2017年 02月 22日

タイのドライタイム

以前、インド出張でビールの入手に苦労し、その上ドライデーなんてものが存在したことで
悲惨なビール生活を送ったという話を書いたことがある。

ドライデーって別にインドだけの専売特許というわけでもなくて、タイでも選挙の時とかは
酒類販売が禁止されるってことをANAの機内落語放送で立川志の輔師匠が言ってた(笑)。
要するにタイでも酒が買えない時はあるらしい。

でもイ課長は過去にタイでビールを買った回数は数えきれないけど、そんな事態には一度も
遭遇したことはない。ビールは重くてまとめ買いできないから日に2度、3度と買うことも
あったけど、コンビニ行きゃいつでも買えた。
(下の写真はバンコクのある午後の買い物一式。ビール以外にもいろいろあるから重くて・・)
f0189467_13475143.jpg
 
ところがだよ。
チェンマイ滞在中、コンビニでいつものように缶ビールを買おうとしてイ課長は驚いた。
ビールが並んだ冷蔵庫のところにこんな断り書きがあったからだ。
f0189467_17340306.jpg
 
ええ~?14時から17時までは缶ビール買えないだとぉ?
日単位のドライデーじゃなく、時間単位のドライタイムってか?こんなの知らねぇぞ?!
てっきり最近できた規制だと思って後で調べたら、実はずっと前からあるみたいなんだよ。
マジっすか?

にわかには信じ難いこのジジツ。
午後の最も暑い14時から17時、過去にタイでビール買うことが一度もなかったなんてトーテー
考えられない。ちょうど昼間の観光から戻ってホテルで一休みってことが多い時間帯だしね。
その帰りがけにビールを買うのは毎日のことと言っていい。絶対買ってたはずなんだが。

実はザル法?いや、そうでもないみたいなんだコレが。酒の販売店は売上データを当局に
調べられることもあるらしくて、そのデータには販売時刻も記録されてる。もし禁止時間に
売ったことがバレたら大変だから店側も厳格にやってるらしいんだよね。そうだとすると、
過去一度も引っかからなかったことがますます信じ難いんだが・・。
f0189467_17340204.jpg
 
昔からあったそうだけど、イ課長は2015年に初めて知ったタイのドライタイム規制。
もちろんチェンマイだけじゃなくバンコクのコンビニでも同じ規制が適用されている。
そりゃそうだよなぁ。
f0189467_00485053.jpg
 
運命の皮肉というやつか、はたまた残酷な神の配剤か。
ドライタイム規制があることを知らずにいた間は一度も引っかからなかったイ課長が、
この規制の存在を知ったとたん、バンコクで引っかかってしまった(笑)。
寝酒用のビールが足りないな、と思って夜遅くコンビニ行ったらちょうど0時回った直後。
例の張り紙を見てスゴスゴ引き返しましたよ。

今後タイに行ったらこのドライタイム規制には注意せんといかん。
しかし何度もいうけど東南アジアじゃ「日々是ビール買い」のような毎日を送るイ課長が
タイのドライタイム規制に気づかなかったことがドウしても信じられない。

暑いタイに行けば誰しも冷えたシンハーやチャーンをぐいっと飲みたいだろうから、
その楽しみのためにも、タイではドライタイムにご留意いただきたいのである。
しかしさぁ・・深夜の販売ストップはわからぬでもないけど、午後の3時間だけ
酒の販売を禁止する意味って何かあるんだろうか?


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-22 00:10 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 02月 20日

ロンドンでニンジャさせられる夫婦

ロイヤルフェスティバルホールに関連してもう一つ書き残しておきたいことがある。
極めてバカバカしい内容の記事であることは初めにお断わりしておく(笑)。

このホールでベートーヴェンを聞いたのは前回書いたように2016年6月23日木曜日。
例の国民投票のあったこの日、ロンドンは朝から雨だった。

ベイズウォーターの地下鉄が2路線とも停まってて、雨の中クィーンズ・ゲート駅まで歩いたりして
あまり素敵じゃない一日の幕開けだ。この「雨だった」ということが重要な伏線。
f0189467_17055200.jpg
 
幸い、バスツアーでストーンヘンジを見に行く頃には雨もあがった。しかしその間ロンドンじゃ
けっこう雨が降り続いてたのかもしれない。しかしいずれにしてもイ課長たちがロンドンに
戻った頃には雨はあがってたんだよ。

いったんホテルに戻って一休み、夕方再び地下鉄に乗ってロイヤル・フェスティバルホールに
向かったわけだ。地下鉄を降りたのはおなじみウォータールー駅。
 
この写真を見るとわかるように、ウォータールー駅からロイヤル・フェスティバルホールまでは
線路の下をもぐったり広い道路を渡ったりしなきゃいけないようで、わかりやすくはない。
でも距離的には近いから問題あるまい。
f0189467_00525904.jpg
 
地下鉄を降りて地上に出て、方向的にはコッチだという方向に歩き始めた。
で、上の写真だと線路の下か、どこかの高架道路の下か、とにかく地下道みたいな
場所を歩いて明るい向こう側に出た。もうホールは近いはずだ。

だが、そこでイ課長とトホ妻は立ちすくんだ。
低い所に雨水がたまってて、まるで池だ。どうやって向こう側に行けというのか。
下の写真は実はこの池を“越えたあと”に撮った写真なので、実際には我々はこの巨大水たまりの
向こう側で途方に暮れたんだと思ってほしい。何なんだこれわーーー!!拙劣な設計のせいで
あたりの雨水が全部ここに貯まってるんだよな。雨のたびに毎回こうなってるんだと思われる。
何でこんなひでぇ冠水する地下道作るかなぁーイギリスじん!!
f0189467_17055202.jpg
 
別に大してオシャレしてたわけじゃないけど、下半身ビショ濡れで音楽会行くのはイヤだ。
しょうがないからバックして他の道を探すか?めんどくせぇなぁ・・・そう思ってたら、
イギリス人兄ちゃんがイ課長たちと同じように地下道から歩いてきて、同じように池に直面し、
同じように立ちすくんだ。

すると彼はどうしたか?一瞬迷った彼は意を決したように金網に取りついた。
上の写真だと左側に見える金網だ。これにつかまってブロック塀伝いにカニ歩きして
池を越えようということらしい。

すると、あろうことかトホ妻も「よし」と言い残し、先行するお兄ちゃんを追うように
金網にしがみつくではないか。オレたちも金網カニ歩きやるのぉ?!

ロンドンの地下道設計技術にも呆れるが、トホ妻にもちょっと呆れる(笑)。
普通なら亭主が「よし金網につかまって行くべ」って提案してもオクサンが「えー?やだー」って
言うケースが多いのでは?それを自分から率先して行くとは。イ課長のようなバカ男の妻を
25年間務めた稀有な女ならではと言うべきか。

しょうがない。オレも行こう。だがその前にこの記念?すべき現場写真を撮っておかねば、と
考える程度にはイ課長は冷静だった(笑)。先で金網カニ歩きしてるのが例の地元兄ちゃんね。
f0189467_17055214.jpg
 
この“金網忍者方式”はそれほど体力も技術も必要としないから、いいアイディアであるのは
間違いない。イ課長もカニ歩きでほどなく向こう側に渡ることが出来た。

しかし地元民の誰もがこの方法をとるのかというと、違うんだねぇ。
イ課長が金網忍者してるころ、反対から来た作業着っぽいもの着たオッサンはヤケクソのように
水たまりにバシャバシャ入って行った。ズボンも靴も靴下も全てズブ濡れになったのは間違いない。
しかし「金網忍者・カニ歩きの術」より濡れる方を選択したわけだ、彼は。

こうして無事水たまりを越えたトホ妻&イ課長は、たった今自分たちが征服?した
巨大水たまりの記念写真(上の写真ネ)を撮り、勝利の達成感に浸りながら(笑)、
ロイヤル・フェスティバルホールに向かったというわけ。地面がけっこう濡れてるから
この辺はついさっきまで雨降ってたのかも。
f0189467_17104688.jpg
 
しかしこの時雨がやんでたのはこの上ない幸運だった。
もし降ってる最中だったら、片手で傘を持ったまま金網忍者なんて不可能だから、
バックして別のルートを捜すか、濡れて行くしかなかった。まったく冗談じゃねぇぜ。

ロンドンで雨が降った日にロイヤル・フェスティバルホールに行く時はですね、
テムズ川対岸のチャリング・クロス駅で降り、橋を渡るルートをお勧めしたい。
ウォータール駅から歩こうとすると、巨大池があなたを待っている可能性が高い。
ロンドン行ってニンジャなんてやりたくないでしょう?(笑)


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-20 00:29 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 02月 18日

ロイヤル・フェスティバルホールに行く

時々はさまるロンドンネタ。今日はクラシック音楽ネタだ。久しぶりだなぁ・・

欧州の大都市に行けば、夜はやっぱ音楽・シアター系の娯楽を楽しみたい。
ロンドンなら限られた旅行日程の間でもオペラや音楽会に行くチャンスは多いわけで、
ちょうど滞在中にフィルハーモニア管弦楽団の演奏会があった。イイネ。

チケットは日本からネット予約した。予約に成功するとこんな感じのPDFが送られてくるから
印刷して持参すればいい。ちなみに、鉄道と違って英国の音楽会チケットのネット予約では
大きなトラブルがなかったことは一応書いておく必要があるだろう(笑)。
f0189467_15510103.jpg
 
チケット代は27£。当時のレートだと4,500円弱ってとこかな。チケットのファイルが
残ってるといろいろ確認できて便利だね。交通博物館のチケット代はバカ高いと思ったけど、
このチケット代は(LEVEL6って書いてあるくらいで、かなり上階の席ではあったが)
まぁリーズナブルじゃないか?

ロンドンでは過去にロイヤル・アルバートとか、ナショナル・オペラとかには行ったけど
ロイヤル・フェスティバルホールに行くのは初めてだ。有名なこのホールはテムズ川の
川っぺりに建てられているのである。
f0189467_15554328.jpg
 
地上階に足を踏み入れると、こんな感じで人がワイワイいて、ドコがナニやらさっぱりわからん。
チケットに「Blue Side」って書いてあるから、青い表示のある方に行くしかない。
この後エレベーターで何フロアか昇って正しい入場口にたどりついた。
f0189467_15554424.jpg
 
さて客席を見てみよう。おおおーーーさすがに立派だねー。
ロイヤル・フェスティバルホールって舞台の向こうにも客席があるタイプだったんだ。
f0189467_15565781.jpg
f0189467_15565717.jpg
 
昔風のオペラ劇場なんかだと間仕切りをはさんでボックス席がぐるーーッと並んでるけど
ここはこうやってボックス席が壁から飛び出した形になってる。わりとモダンな客席だ。
f0189467_15575793.jpg
 
当然ロイヤル・ボックスもある。
この日は王族は誰も来てなかったけどね。どうせならキャサリンとか見たかった(笑)。
f0189467_15565703.jpg
 
この日の演目は最初・・何だったかな?その後ベートーヴェンのP協奏曲4番、最後は
やはりベートーヴェンの「田園」という構成。客席はやはりご年配の方々が多かった。
f0189467_16003147.jpg
 
実はこのコンサートに行った日は、例のEU離脱国民投票の、まさに投票日だったんだよ。
あのオジさん・オバさんたち、ちゃんと投票済ませてたんだろうか?この時点では
まさか離脱になるたぁ、この人たちですら思ってなかっただろう。

休憩時間にテラスに出てみた。日の長い6月だから8時まわってもまだ夕方のように明るい。
f0189467_15575613.jpg
 
音楽会が終わる頃になると、それでもさすがに暗くなった。
夜景がキレイだからテムズ川の橋を徒歩で渡って、向こう岸の駅から帰ることにした。
橋からビッグ・ベンがよく見えたよ。やっぱロンドンの夜景はええのう~。
f0189467_15582758.jpg
 
思わずまた「London by night~♪」と夜の名曲選の世界に浸りながら散歩したくなったけど
トホ妻も一緒だし、そういうことはしません(笑)。対岸のチャリング・クロス駅から
地下鉄に乗ってまじめにホテルに帰ったのでした。昼間ストーン・ヘンジ見て疲れてたし。
f0189467_15582649.jpg
 
・・そして翌早朝、ホテルでBBCの開票速報を見てぶったまげることになるわけだ。
そう考えると、ロイヤル・フェスティバルホールに行ったあの夜は、人々のキモチとしては
「EU加盟国である英国」としての最後の夜だったわけで、感慨深いのう・・。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-18 01:11 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 02月 16日

日本に行きタイ!【2016年データ編】

2年ちょっと前にこんな記事を書いた。
初めて来日旅行者数が1,000万人を突破した2014年の国別旅行者数データを使って
いろいろ考察したヤツだ。

あれから2年、2016年の来日旅行者データもとっくに出た。
ご存知の方も多いだろうけど年間2,400万人ちょい。2年前が1,341万人だから、
2年で1.8倍。すっげぇ~。ためしに二つの年のデータを比べてみよう。
アジアだけだけどね。
f0189467_00361076.jpg
  
「すげー増えた」って書いた2014年からたった2年でさらにこれ。つくづくすごい。
どの国も押しなべて増えてるけど、やはりイ課長としてはタイに注目しタイのだ。

タイからの旅行者、2016年の伸び率じゃ他の国を下回ってるけど、90万人つうたら2年前の
香港とほぼ同レベルに達してるんだからやっぱりすごい。この調子なら今年はタイ人旅行者が
100万人超えるだろ、きっと。

とにかくここ数年バンコク行くたびに、タイの人たちが本当にほんとぉぉ~に日本の文化に
慣れ親しみ、憧れてる様子が伺える。特に都市部の若いタイ人ほどそうなんじゃないかと思う。
日本はぜひ行ってみたい国なんだと思うんだよね、タイの人にとっては。
f0189467_00000208.jpg
 
以前Terminal 21のTOKYOフロアをご紹介したけど、一昨年スクンビット通りに新たにできた
最新モールのエムクォーティエを歩いた時も改めてホトホト感心した。

ここ、おそらくバンコクじゃ今いちばんオシャレでトレンディなスポットの一つだよ。
スカイトレインのプロンプン駅を降りると目の前にあるピカピカのショッピングビルだ。
そんなトレンディスポットのビルに入る前からすでにこう。マジですか。
f0189467_00000276.jpg
 
おそらくたまたま日本ウィークみたいなのを開催してたから、ってことだと思うんだけど、
まぁとにかくすごい。日本のデパートでたとえば「イタリアフェア」なんてやったとしても
こんなに徹底的にはやらないはずだ。最後の日に行った時も日本からきた芸人さんが
舞台でパフォーマンスしてたね。
f0189467_00000117.jpg
 
こっちじゃ日本食ですよ。とんちんかんラーメンに、アキ団子。
ラーメンや団子は食ったことあるけど、存じ上げないブランドですねぇ・・。
f0189467_00033238.jpg

こっちじゃホタテにウナギですよ。日本の露店じゃタラバガニなんて売ってませんよ。
すでに日本より上いってませんか?(笑)
f0189467_00033109.jpg

こっちじゃ日本映画ウィーク。
例によって、タイ人には読めないはずの日本語表記が当たり前にように同居してるから
日本人が見ると一瞬自分が東京に戻ったような錯覚に陥る。
f0189467_00035768.jpg
 
これはなに?「オイシー」ってタイのコンビニの日本風食品で目にするブランドだから、
そのメーカーのキャラクターってことかな。何言ってるかわかんないけどフキダシの中には
サムスンのスマホが。しかしネコは着物きてるから日本キャラ。よくわからん。
f0189467_00041360.jpg
 
うーーわっ、今度はなんですか、ゆるキャラですか。
チョンマゲらしきものがあるからこれも日本キャラだろう。ハチマキに書かれてるのがこいつの
名前だとすれば「クルンスリ」・・・この名前からして、明らかにタイ人が作成した日本風の
ゆるキャラと思われる。なにもゆるキャラなんてものまでマネしなくたって・・(笑)。
f0189467_00041310.jpg
 
さっきも言ったようにたまたま日本ウィーク開催中だった、ってことではあるだろうけど
逆にいうと、施設側にとってはこういう日本フェアみたいなヤツを開催すれば集客力が
アップするってことだよな。人気なかったらやらんもんな。とにかくこういうの見てると
タイの人たちがこんなに「ニホン好き」なのかって、ホントに恐縮しちゃうよ。
f0189467_00035617.jpg
 
タイのみなさん、どうぞガンガン日本に来て下さい。今年はぜひ100万人突破してね。
タイから100万人が日本に来るなんて、数年前だったら夢物語だったよなぁ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-16 00:35 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
2017年 02月 14日

渡し船で対岸の村に行ってみる その3

メコン川対岸の、小さな村の早朝。
観光価値は全然ない。早朝でなくたって、昼になっても夜になっても観光価値はない(笑)。
しかしイ課長の気分はけっこう高揚してたよ。
f0189467_00064045.jpg
 
もしこの対岸の村に来てなければ、イ課長は普通の観光客として普通の観光地を見て歩き、
普通の観光客のままラオスを後にしていただろう。しかし今日この村に来たことで
イ課長は「素のラオス」にほんの少しばかり触れられた気分。そのことが嬉しい。

とは言ってもあまりゆっくりしてられない。ホテル戻って朝飯、荷造り、そして空港行かにゃ。
短時間ではあったけど、「ふつうのラオス」を垣間見て満ち足りた気分で船着き場に向かった。

おんや?
こっちの道・・・舗装してあるねぇ。こっち岸に来て以来、スコールが降ったらたちまち
ヌルヌルしそうな土の道ばっかり歩いてたから、舗装した道には敏感に反応してしまう。
こっちはナンなんだろうか?
f0189467_00062514.jpg
 
ふーむ・・野良犬が多いのいいとして(笑)、平らに舗装された道、両側にはレンガの舗石?もキレイに
並べられてる。さっきまでいた村とはかなりの“格差”が感じられる。同じような場所にあるのに、
何でこんなに道路インフラ整備状況が違うんだろうか?
f0189467_00064060.jpg
 
こんな看板があった。ここはシェンメン(シェンマン?)村という場所だと思われるが、
それがここ一帯を指すのか、この舗装された道があるところだけを指すのかは不明。しかも
書かれてる内容も不明だ。「シェンマン文化村」と言われてもよくわからないし、一番下にある
「シェンマン完全初等レベル」に至ってはマッタクわからない。何なんスか?
f0189467_00062516.jpg
 
しかし何度も言うがあまりゆっくりしてられない。
名残惜しいがシェンマン完全初等レベルを後にして船着き場への坂を下る。
f0189467_00062459.jpg
 
向こう岸に戻れるかなぁ・・という一抹の不安はあったけど、幸いすぐに渡し船が来てくれた。
来る時に乗った船とは船員の顔ぶれが違うから、やっぱ2艘で行ったり来たりしてるんだな。
はーい出航でーす。
f0189467_00081979.jpg
 
いやーー・・・早朝の短い探検だったけど、向こう岸を見に行って良かったーーー。
「素のラオス」を見るか見ないかで、ラオスに対する印象もだいぶ違ったと思うよ。
 
向こう岸の村はヴエンチャンやルアンパバーンに比べたら月とスッポンの差で何もなく、貧しい。
でも、あの村を見たことでイ課長はラオスという国が一層好きになったよ。観光客が行くような
エリアを見ただけだったら、こんな気分にはならなかったんじゃないかと思う。
f0189467_00064816.jpg
 
再びメコン川を渡るオンボロ渡し船の上で、やや大げさに言えばイ課長は幸福だった。
ラオスってイイなー。ルアンパバーンまた来たいなーー。
昨日の夕方、メコン川の夕暮れでボンヤリと渡し船の出航風景を見てて、トツゼンあれに乗って
向こう岸に行きたい衝動にかられた自分を再び褒めてやった(笑)。
f0189467_00064927.jpg
 
ルアンパバーン側の岸に戻ってきた。こうして見ると向こう岸の風景と大差ないようだが(笑)。
それでも川面まで降りる下り坂は土ではなくコンクリート。ここにも格差があるねぇ。
f0189467_00064976.jpg
 
いずれ定年退職してゆっくり旅行できるようになったら、ビザなし滞在可能期間(15日)を使って
もう一度ラオスにゆっくり来たいなぁという思いはある。そうなったら当然ルアンパバーンにも
また来て、何日もダラダラとネコ生活したい。

もちろん、その時にはまたこの渡し船に乗って「普通のラオスの村」をもっとゆっくり
歩いてみたいと思うのである。
 

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-14 00:35 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
2017年 02月 12日

渡し船で対岸の村に行ってみる その2

メコン川の向こう岸、土の道路の両脇に掘立て小屋に近いレベルの店が並ぶ商店街。
しかしコレを商店街と呼んでいいのかどうか・・・。
f0189467_12453826.jpg
 
ルアンパバーンだってかなりの田舎だけど、それでも道路はちゃんと舗装されてた。
もちろんヴィエンチャンだって大通りから裏道まで道は舗装されてた。そのことを特に
気にも留めなかったけど、今こうして土むきだしの商店街を見ると、ラオスじゃ実は
こういう道の方が多いのかも、と思えてくる。

あー・・ラオスの田舎ってこういう感じなんだな。
当然のことながら、こんな対岸の村に来ようなんてモノズキ観光客は皆無だからガイジンは
イ課長だけ。世界の人気観光地ルアンパバーンからメコン川ひとつ渡れば、観光客が
全然知らない、こんな世界があるんだねぇ。
f0189467_23362242.jpg
 
肉屋さんだ。生肉をドサッと並べただけの肉屋は東南アジアじゃ珍しくないけど
ここは一段と野趣あふれるたたずまい。ビニール袋に入れたものは豚か何かの血だよな。
ラオスも欧州みたいに血のソーセージとか食うんだろうか。
f0189467_23362273.jpg
 
ここにも肉屋。赤身肉に加えて生の豚足、さらに豚の顔面まで売ってる(笑)。
ブダペストの市場でも豚の顔売ってるの見たなぁ。欧州じゃ豚を無駄なくトコトン使うって
意識が強いのは知ってたが、ラオスもそうなんだねぇ。
f0189467_23362367.jpg
 
こっちじゃお姉さんが魚焼いてる。
まだせいぜい朝の7時だけど、店はどこも開店してるし、おそらくみなさんすでに朝食も
済ませて「今日の仕事」に取りかかってる様子が伺える。田舎は早起き。
f0189467_23363292.jpg
 
商店街を通り抜けるともうホントに何もない田舎の村って感じだ。
だが向こうの方に何やら寺院の屋根とおぼしきピカピカ・ギザギザした尖塔が見える。
まぁちょっと行ってみっか。
f0189467_23361426.jpg
 
ははー・・これか。お寺じゃなくて、銅像設置用の祠というか東屋というか・・。
この銅像がどなたかは存じません。お札に印刷されてた人かなぁ?ラオスでは大変エラい
人なんだろう。
f0189467_23365752.jpg
 
しっかしこの辺の家のたたずまいも、ラオスの田舎そのものって感じだ。。
こっちじゃ早朝から大規模たき火(あるいは小規模野焼き?)やってる。何なんだろうか。
f0189467_23361454.jpg
 
この家もまぁ率直に言ってすさまじくボロい。
戸の下を掘って排水路にしてるから、食器洗った後の水なんかはここから捨てるんだろう。
当然下水はないはずだが、トイレはまた別のところにあると想像される。
f0189467_23361478.jpg
 
村人たちにしてみれば、イ課長は「自分たちの貧しい暮らしを珍しがってる外人」に
他ならない。それは承知してる。しかし彼らはそんなガイジン観光客にほとんど注意を
向ける様子はない。誰が来ようが来なかろうが、自分たちの生活をするだけのこと。
ラオスの大多数の人はおそらく毎日、こんな村で、こんな朝を迎えているんだろう。

メコン川対岸の、なーんもない田舎村。
ラオス最後の日に早起きしてここに来る気になった自分を褒めながら、さらにもうちょっと
探検は続くのである。ま、探検っつうても相変わらず何もないんだけどさ(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-12 00:03 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 02月 09日

渡し船で対岸の村に行ってみる その1

早朝のメコン川渡し船乗り場。向こう岸に行きたい人や車も集まってきた。
船はまだかな・・。
f0189467_00554358.jpg
 
日中歩いてるとすぐ汗ダクになるラオスだけど、この時間は涼しくてホントに気持ちがいい。
山には朝モヤかかってて、何となく東南アジアっていうより日本のどこかの山奥で
早朝散歩してるような気分になる。
f0189467_00554337.jpg
 
お、向こう岸から船が来た。あれに乗るわけだな。
実はこの時、イ課長にはかすかな不安があった。渡し船の運行体制を知らないから、
向こう岸に行った後、短時間のうちに戻りの船があるかどうかわからなかったのだ。
(昼には空港に行かないといけないし)。
f0189467_00554360.jpg
 
でも昨日の夕方見た感じじゃ2艘、早朝でも最低1艘では行ったり来たりしてるだろうから
向こう岸に行ったが最後、帰れないってことはないだろう。えーいブッツケ本番で乗っちまえ。
イ課長は向こう岸に何があるのか全然知らないわけだから、ほんのちょっとだけ冒険気分。
こういう軽い不安とドキドキこそ海外一人旅の醍醐味ってもんだ。
f0189467_00555253.jpg
 
いやーーーーイイ気分だなーーーーー。朝のメコン川は気持ちいいねぇ。
早起きは三文の徳という哲理はラオスでは特に威力を発揮するようだ。
f0189467_00592700.jpg
 
これが操舵室・・いや、室になってないが(笑)、とにかく操舵する場所らしい。
お父ちゃんが操舵手兼船長で、ムスコが船の運航を手伝ってるみたい。
f0189467_00555275.jpg
 
川をナナメに横断するような感じで、船はほどなく向こう岸に。ちなみに船賃は乗ってる間に
お兄ちゃんが集金に来た。いくら?って聞いたら片道5000キープ=約75円の短い船の旅。
到着を待ちかねたようにバイクたちが船から降りていく。
f0189467_00555291.jpg
 
ううむ・・・ルアンパバーンの船着き場だってホメられたものじゃないけど、こっち岸は
また一段と素朴というかイナカというか・・地面が舗装されてなくて、土むきだしの登り坂。
けっこうな傾斜の坂だけど、雨が降ると泥でツルツル滑って登れないんじゃないか?
f0189467_00560151.jpg
 
とりあえず今は地面は乾いてるからイ課長もみんなと同じように坂道を登る。船着き場からの
道はこれ以外に存在していないわけだから、船を降りたらこの坂を登るしかない。
f0189467_00560169.jpg
 
うはぁーーーーこれはまた・・・。
坂を登るとこの商店街?があるわけだけど、ここをひと目見てイ課長はある意味感動した。
f0189467_00560121.jpg
 
イ課長がモノ心ついた昭和30年代の東京にはもうこういう光景はなかったね。
土の道路の両側にボロい小屋みたいな商店が並ぶ光景って、年寄りのイ課長にとってすら、
なんだか時代劇のセットを見てるような気分になる。
f0189467_01000606.jpg
 
メコン川の向こう岸はこんなだったんだ。いやーこれは見に来てよかった。
ゆっくりはできないけど、とりあえずこのオンボロ商店街をもっと奥に進んでみよう。
というわけで、次回に続くのである。別に大したものは出てこないけどね。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-09 00:19 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 02月 07日

メコン川の夕暮れ

もうルアンパバーンの話はトックに終わったと思ってたとしたら大間違い(笑)。
ルアンパバーンはとにかく良かったし、あそこで経験した最後の大ネタが残ってるのだ。
張り切って書いてくれようじゃねぇか。

ラオスを旅行した人で「メコン川の夕日がいかに美しかったか」を力説する人は多い。
ヴィエンチャンもルアンパバーンも位置関係としては「町から川越しに西を見る」ことが可能だ。
 
しかしイ課長はどうも「夕日運」はなかったらしい。
ヴィエンチャンで夕方メコン川の岸まで行ってみたけどまだ夕焼けには早そう。しかも曇り空。
夕日に期待できそうもないし、この日は夕日はあきらめてホテル帰って寝ましたよ。だって
前夜東京を発って到着した日で、この時はとにかく眠かったんだもん。
f0189467_23325669.jpg
 
ルアンパバーンでも三日目の夕方(5時過ぎだったと思う)に川岸まで行ってみた。
しかしやっぱまだ早い。12月とか1月とか、冬の時期の方がメコン川越しに
夕日を見るにはイイって説もあって、時期も時間も悪かったのかもしれん。
f0189467_23372514.jpg
 
でも別に予定があるわけじゃないし、しばらく川岸でボンヤリしてた。
ルアンパバーンから見るメコン川は夕日がなくたって、のどかで美しい。そういう風景を見てると
まぎれもなく自分はいま東南アジアにいるんだなぁという実感がわいてくる。
f0189467_23371780.jpg
   
お?なにやらボロッちい小屋がくっついたような船が出港準備してるぞ。
あれ、一応動力がついた船だよな?横に飛び出した鉄板でバイクや人間を乗せる、まぁ一種の
フェリーみたいなもんなんだろう。
f0189467_23390791.jpg
 
やがて船は出航。なんだかすげー船だなー。どっち側に接岸してもいいように、船の両側に
鉄板が飛び出してる。そんなに遠くまで行かない、渡し船みたいな感じなんだろうな。
f0189467_23441620.jpg
 
ホイアンに行った時に、こうやってボンヤリと渡し船を見ながら旅情に浸ったことを思い出したよ。
川辺で生活する人たちを旅行者としてつかの間眺めるのって、悪くない時間だ。
f0189467_23372565.jpg
んん?向こうからまた同じような船が来たぞ。こんどはやけに混んでて車も何台か積まれてる。
同じように鉄板が飛び出してるから、あれもフェリーか。
f0189467_23373440.jpg
 
何となく様子がわかってきた。
これ、おそらく二艘のおんぼろフェリーで行ったり来たりしてメコン川の向こう岸とルアンパバーンを
結ぶ渡し船なんだな。メコン川の向こう側にナニがあるのかなんて気にしたことなかったけど、
この様子を見るとバイクや車も多くて、それなりに生活してる人が多そうじゃん。
f0189467_23373350.jpg
 
メコン川はかなりの部分がそのままラオスとタイの国境になってる。
だから気軽に渡ることはできないけど、このあたりなら川の向こう岸もラオスだよな・・。

急に、猛烈に、メコン川の向こう岸に行ってみたいという衝動が湧いてきた。
あの渡し船に乗ってみようか・・・でももう夕方だし、この渡し船が何時まで運行してるか
わからない。帰れなくなったらサイアクだ。

明日の朝に賭けるか・・そう考えた。
明日は昼には出発して空港に行かなきゃいかん。あまり時間はないけど、早起きして
この渡し船に乗ってチラッとでもいいから向こう岸を見てみたいなぁ。
f0189467_23371678.jpg
 
というわけで、イ課長はルアンパバーンを出発する当日の朝、すごく早起きしたのである。
小学校前で二度目の托鉢を見たあと、修行僧たちにくっついて歩くような形で昨日見た渡し船の
船着き場の方に向かった。時刻はまだ6時半頃だったと思う。

そんな早い時間に渡し船が営業してるのかもわからず、とにかく行ってみたんだけど、
船着き場にはすでに人がいる。どうやら「今日の一番船」がそろそろ出るみたいだ。
f0189467_23534402.jpg
 
前日の夕方、メコン川を見てて発作的に「向こう岸に行ってみてぇ!」と思ったイ課長。
このあといよいよ未知の渡し船に乗って未知の向こう岸に行くことになるわけだが、
向こう岸の詳細は次回更新で(つづく)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-02-07 00:17 | 2015.09 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)