2009年 05月 04日

ご報告

世間は黄金週間。イ課長も昨日から何の予定もない5連休を楽しんでおります。

さて。

ミクシの方ではご報告したけど、こちらの方でも一応告知しておこう。
イ課長がけっぷち の記事に書かれていた、「もし提案が受かったら、イッキに2回の
海外出張が発生してしまう」という、例の提案書。

G.W.直前の金曜日に結果がわかりました。

結果は…







落ちました(笑)。


進むもジゴク、退くもジゴクって書いたけど、結果的には退くことになった。
今年可能性のあった海外出張のうち、少なくとも2つはしなくて済む。

イ課長としては立場上、残念がり、口惜しがりながらこのことを
「悪いニュース」としてアホダメ上司に伝えなければならなかった。
しかし、あまりにもホッとしたもんだから、こみあげる笑いを押さえるのが大変(笑)。

いやもうホントーーーーーにホッとしたよ。あの提案書が受かっていたら、今年度の
イ課長のジゴクっぷりは昨年をはるかに上回ったのは絶対に間違いない。
単にタイヘンな海外出張を2つやらずに済んだってだけじゃなく、他にもやらずに
済んだタイヘンなこと、味わわずに済んだストレスがすごくたくさんあるのだ。

もうバラしてもいいだろうけど、もし今回の提案書が受かってたら、イ課長は
マレーシアとトルコに出張する必要があった。
ご存知のように、この2カ国は両方ともイスラム圏である。そうする必要があった。

イ課長の勤務先の親会社では海外出張先の“安全度”にランクがあって、たとえば欧州なら
大体の国は問題ないし、マレーシアも問題ないけどトルコは政情の問題もあって、
「海外ナントカ本部長の許可がないと出張してはいけない国」だったんだよね。

もし受かったら、そういう面倒な許可ももらわないと…と心配していただけに、
落ちてくれたのは神の配剤と言いたくなるくらい助かった。

しかしトルコが「許可ナシじゃ出張しちゃダメ国」であるってのは今回初めて知った。
確かにクルド人問題とかいろいろ抱えてるし、過去に小規模な爆弾テロとか何度もあった。

実はイ課長は2005年に、その年に金婚式だった両親を連れてトルコのイスタンブールに
行ったことがあるんだよ。イスタンブールは、それはもう実に魅力的な街だった。

だから今回、もし受かってたら「またイスタンブールに行ける…」という思いもあった。
その一方で、あのステキな街にシゴトで行くのはいやだなぁ…という思いもあった。
結果的に、あの街にシゴトで行くことはなくなったわけだ。

基本的に海外ネタだけで何とかしようとしているイ課長ブログにとっては、
海外出張が2つなくなったことは「ネタの欠乏」が早まることになる。

もし、どうしようもないくらい海外ネタがなくなったら、その時はイスタンブールに
行ったときのネタ&写真を紹介をしよう(笑)。
(下の写真は2005年にイ課長がイスタンブールで撮ってきた写真の中の1枚)
f0189467_1335960.jpg


  
[PR]

# by tohoiwanya | 2009-05-04 01:36 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2009年 05月 01日

問題はフランス語…

G.W.だから電車もすいてるし、会社もヒマだねぇ~。
こういうときはセッセとブログを更新しよう。

さてだ。
イ課長は主要な外国語の中ではフランス語を最も苦手にしている。
いやウソではない。フランス語に比べりゃ他の言葉の方がまだマシなんだよ。

英語なら、まぁ「トラベル英会話」程度だったら何とかなるかもしれない。
ドイツ語は大学ン時の第二外国語だったし、完全に文盲ってわけじゃない。
しゃべる方だって、ドイツ語で1から10まで言えるし、23や35だって言える。
スペイン語?ハッハ、まかせて。イ課長はなぜか「自分でスペイン語で電話して
次のホテルを予約しながら旅行した」なんてスバラシイ実績の持ち主なのだ。
イタリア語だって「ミネラル水、1リットル」「スイスに国際電話をかけたい」なんて
チョー難しいコトが通じたんだから、少なくとも完全失語症ではない(笑)。

しかしフランス語はダメ。まーーーーーったくダメ。
過去に一度でも行ってりゃ多少は単語覚えてるだろうけど、何せ今回が初めて。
1から10?とんでもない。アン・ドゥ・トロワまでしか言えない。それだけでも
イ課長のドイツ語能力がいかに高いかわかるでしょ?(笑)

スペイン語なら字面をローマ字読みすれば意外に「ほぼ近い発音」になるけど
フランス語は読み方も発音も特殊だから字を見ても全然ダメってのがまた困る。

Champs-Élysées

これをイ課長なりに、必死に「フランス語風」に読もうとする。
… しゃ… しゃ~んぷす・えりぜ~  …かな?
あ、フランス大統領府のことを「エリゼ宮」っていうから、ソコのことか?



ブブー

これを「シャンゼリゼ」と読むっていうんだから呆れる。
(下の写真はヨソ様からもらってきた)
f0189467_1334288.jpg


これがシャンゼリゼぇ?ドウやったらそんな風に読めるのさ?
何のためにpなんて文字が入ってんの?読めっこねぇじゃん!(←やや感情的)

ちょっとでもフランス語を勉強したことがあるヒトがいまコレを読んでたら
「イ課長、ちょっとバカすぎない?」と思っているはずだ。
「これこれの子音は発音しない」とかなんとかいう初歩的キマリを知ってれば
何の問題もないんだろうけど、何せこっちはそんなキマリすら知らんときた。

だがこれは笑いごとでは済まぬ。けっこう重要なモンダイだ。
ドイツ語が一言も話せず、聞き取れなくても看板にMünchen 1kmって書いてあれば
「ミュンヘンまであと1kmか」とイ課長はちゃんと認識することはできる。
しかしだ。もしパリで「シャンゼリゼ通りはどっちだろう?」と道に迷ったとして、
Champs-Élysées 500mって看板見てもチャンと認識できないわけだよ、イ課長は。

「行きたいのはシャンゼリゼであってエリゼ宮ではない」などと超おバカ勘違いを
したあげく、アラヌ方向に進んでさらにドツボ迷子になりかねん。

これはヤバい。
現地語がしゃべれないのはドコの国行っても同じようなモンだけど、
一人旅なんだし、とりあえず看板の地名くらいはチャンと読めないと困るよなぁ…。


しかし、シャンゼリゼですでにコレじゃなぁ…

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2009-05-01 13:04 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(0)
2009年 04月 30日

イ課長版・世界の車窓から -その3-

イ課長版・世界の車窓からをもう少し続けることにした(笑)。
だって、デンシャ関係の写真がとにかくまだいっぱいあるんだもん。
今日はちょいと趣向を変えて「欧州・市電の旅」といこうではないか。

おおまかに言って欧州の市電って「車を持たない・あまり乗らない」ヒトのための
交通手段って側面があるみたいで、乗客にはお年寄り、女コドモ、移民ぽい人たち
なんかが目立つ一方で、スーツ着たビジネスマンなんかは少ない。
外国人観光客もあんまり乗ってなかったな。

どの街でも市電の路線って地下鉄よりずっと複雑で細かいのが普通。だから外国人が
乗りこなすのは難しいし、欧州のビジネスマンなんかはノンビリ市電で移動するより
自分の車使うんだろうな。そういう意味じゃ市電は「地元の、やや交通弱者のための
交通機関」って性格があるのかもしれん。考えてみれば東京でも地下鉄とバスの間には
そういう差が多少あるよね。仕事で地下鉄を利用することはしょっちゅうあるけど、
仕事で都営バスに乗るってことはまずないもんなぁ。

さて、そんなことを考えながら欧州市電の旅。
まずはフランクフルトの市電の車内をご紹介。このオバサン、ナニ食ってんだろ?
電車の中で写真撮るって、けっこう気を使うんだよ。
f0189467_2363371.jpg

アウクスブルクも市電網が発達した街で市庁舎の真ん前にも市電の駅があった。
写真に対して市電が小さくてわかりづらいかもしれないけど、車両編成はけっこう長い。
ただ、ウネウネした急カーブも曲がれるように、途中にジャバラ部分をたくさん入れてるのが
わかって興味深い。
f0189467_2364043.jpg

こちらは前にもご紹介したブリュッセルの「地下鉄市電」。これはホント異様だった。
イ課長の中では市電の車両デザインって、こうやって長い“スカート”はいて、車輪が
ほとんど見えないものである、っていうイメージがある。
そういう市電が地下路線を走ってるっていうのは異様に見えたなーー。
f0189467_1328031.jpg

こちらはデュッセルドルフの市電。
実はこれもブリュッセルと同様に地上を走ってた市電がそのまま地下鉄になる。
ところが見た目から受ける印象はブリュッセルとは正反対で「地下鉄が道路の上を
走ってるじゃん!」という異様さを強く感じたんだよね。
f0189467_2372422.jpg

おそらく、他の市電みたいに長い“スカート”はかずに、先頭に連結器もあるっていう
形状が「これは市電じゃなく普通の電車」という印象を与えたんだと思う。

市電と言えばプラハを忘れるわけにはいかない。
プラハの市街はこの赤と白の市電がそこらじゅう細かく走り回ってる。その路線図の
複雑さは、「これを乗りこなすのは無理だ」と外国人に思わせるに十分なものがある(笑)。
f0189467_238153.jpg

それでも何回か乗ってみた。
必ず2両編成になってるんだけど、アウクスブルクみたいにジャバラ連結構造には
なってないからコッチの車両からアッチの車両には移動できないのである。
f0189467_2385418.jpg


やっぱ、イイよなぁ…ヨーロッパの街を走る市電って(←やや鉄分多め)。

というわけで、本日はイ課長版・世界の車窓から-欧州・市電の旅-でした。
明日は…というより、この「世界の車窓から企画」、まだ続くのでしょうか?(笑)

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2009-04-30 02:39 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)
2009年 04月 27日

イ課長版・世界の車窓から -その2-

さて、ドイツ鉄道の旅 中規模都市〜田舎街編。
マシな方から始めてだんだんショボい方向、ヤバい方向に話を進めることにしよう。

これはダルムシュタットという駅の建物。
灰色のレンガ(なのかな?)に瓦屋根(なのかな?)というのが印象的な建物だ。
ダルムシュタットってフランクフルトに割と近い街だけど、ガイドブックにも必ず載ってる
そこそこ有名な街で、駅舎もそれを反映してか、なかなか堂々としているよね。
f0189467_1243347.jpg


こちらはバド・シュタッフェルシュタインっていう、ガイドブックには絶対載ってっこない、
誰も知らない田舎町の駅。駅舎も小さいし、たぶんすごく古いんだと思う。レンガ作りの
四角い煙突が実に古めかしい。しかしアーチ型の窓といい、真ん中の時計といい、
古めかしいながらも風格を感じさせる建物だよな。
f0189467_1245952.jpg


このブルーの建物は民家ではない。これが駅舎なのだ。
ノイ・イーゼンブルクって小さ〜い街の駅だけど、その風格のなさに呆れる(笑)。
f0189467_1253251.jpg

白い窓枠といい、屋根からヒョロリと建っているテレビアンテナといい、どっから
見ても民家にしか見えない。駅舎であることを主張するためか、赤いDBマークが
ヤケクソのように壁に貼りまくってあるところが、さらなるショボさを醸し出してる。

しかしまぁ、イ課長が見たドイツのあらゆる駅の中で最も衝撃的だったモノといえば
以前にも紹介した、旧東ドイツエリアにあった、このヴォルフェンの駅にとどめをさす。
とにかくその荒廃した廃墟的フンイキは、今こうして見ても「ナチス・ドイツ時代の
強制収容所が保存してある」としか思えない(笑)。
f0189467_13574462.jpg

ホームに行くための地下通路からしてスゴい。とにかく「ヒトが使う施設としてのアタタカミ」ってものを
これっぱかしも感じさせないよね。
どちらかというと、ガス室に送られるときに歩かされる通路という風情で…(笑)。
f0189467_128234.jpg

廃墟のような地下通路を通ってホームに出ようとすると、この腐った木造の屋根が
目に飛び込んできて、あまりの荒廃ぶりに感動をおさえられない(笑)。写真を撮らずにおれようか。
f0189467_130645.jpg

とにかくこの駅の荒れ果てっぷりはイ課長に「強制収容所」というイメージを強く
喚起させるものがあった。だから、遠くに見える駅員用の施設?もイ課長の目には
「脱走者を銃撃するための見張り塔」に見えて仕方なかった(笑)。
f0189467_131153.jpg



というわけで、立派なフランクフルト中央駅から強制収容所のようなヴォルフェン駅まで、
2回に分けて、イ課長版・世界の車窓から-ドイツ鉄道の旅-でした。

いやー…いろんな駅を見せていただきましたよ、ホント。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2009-04-27 01:30 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)
2009年 04月 25日

イ課長版・世界の車窓から -その1-

不安をはらむゲイフレンドリーホテル問題はこの際置いといて(笑)、
「健全な海外出張ネタ」に戻る、品行方正なイ課長ブログなのである。

欧州に出張してる間は「マイルド鉄ちゃん」になるって以前に書いたけど、
イ課長の撮ったヨーロッパの写真の中には確かに「駅の写真」がやたらに多い。
「マイルド鉄ちゃん」ないし「ひとり・世界の車窓から」と言うべきか。

ドイツの駅の写真が圧倒的に多いのは出張先の都合上、さらに現地での移動の多さから
当然そうなる。というわけで、ヤマのようにあるドイツの駅の写真を紹介しながら
2回に分けてイ課長版の「世界の車窓から-ドイツの旅-」をお送りしましょう。

まずはおなじみフランクフルト中央駅。
「これぞドイツの駅」っていう感じで、行き止まり式ホームが並ぶ駅の構内で
ドイツ語の発着アナウンスを聞いてると、もうそれだけでドイツ旅情がヒシヒシ。
f0189467_23142450.jpg

f0189467_2315823.jpg

フランクフルト中央駅は建物としてもすごく立派で、正面の時計には女神サマが
しなだれかかってるんだから大したモンだ。つうより、宮殿かよここは。


こちらは前にも紹介したハンブルク中央駅。フランクフルトと同様、ドーム型だけど
こうして高いところから全体が見渡せて、列車や人の出入りを見てると飽きない。
f0189467_4265690.jpg



同じ大都市の中央駅でもミュンヘン中央駅となるとやや印象が変わる。
行き止まり式ホームが並ぶ構造なのはフランクフルトと同じなんだけど、上に紹介した
二駅と比べてややショボい感じに思えるのは、天井が低いせいじゃないかなぁ?
何かこう…駅としての機能は十分でも風格がイマイチって感じがするよなー。
f0189467_23165838.jpg



ドイツ大都市の駅といえばベルリンを忘れるわけにはいかない。
今は金ピカの新しい中央駅が出来たけど、以前はこの「動物園駅」が実質的には
中央駅としての役割を担ってた。でも高架式の、建物的には全くつまんない駅だったなー。
f0189467_23173654.jpg

チャンと読むと「ツォーロギシャーガルテン駅」らしいけど、通称「ツォー駅」。
要するに「動物園前」ってことだから、駅を出た正面のビルにこうやって動物園への
案内矢印が貼ってあるのがオカシかった。
f0189467_23191251.jpg


…というわけで「イ課長版・世界の車窓から-ドイツの旅-」。
本日はドイツを代表する大都市の駅を中心にご紹介。
あしたは「ドイツ中規模都市~田舎駅の旅」になる予定です… という
石丸謙二郎サンのナレーションだと思ってください(笑)。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2009-04-25 23:19 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)
2009年 04月 22日

○○フレンドリー

さて、昨日の続き。
例のホテル予約サイトで、5月のリベンジ旅行のホテルを予約した時のこと。

あ、そういえばまだ言ってなかったけど、
5月のリベンジ旅行の行き先は


  

      巴里



なのである。パリだパリ。生まれて初めて行く花の都・パリッ!

パリのホテルはどこもすっごく高かった。
結局、2ツ星ホテル朝食込みっていうのにしたんだけど、それでも1泊1万円超。
だが、今日問題にしたいのは値段のことじゃないのだ。

パリのオペラ座近くで、利便性は良さそうとはいえ、しょせん二ツ星ホテル。
大した設備もサービスもないんだけど、「総合」の最後に書かれたフレーズに
イ課長の目は吸い寄せられた。
f0189467_016347.jpg



  
…ゲイフレンドリー?


えっ?えっ? …これはその…ど、ど、どういうホテルってことなんだろ?

ゲイ・カップルがダブルやツインの部屋に泊まるのもOKっていうこと…
…なのかなぁ?たぶんそうだろう。そうだと思う。思うが…

耳慣れない言葉だけに、妄想も広がる(笑)。
実はこのホテルが地元で有名なゲイ御用達の恋のハッテン場だったりして…
ホテルのロビーは男性カップルでいっぱい…ならまだイイんだけど、イ課長が
男一人で泊まると次々とパリジャンからナンパされ…襲われ…貞操を奪われ…

なんて可能性…あるわけないじゃん!あーっははははは!

…あはははは…

…はは…は…


と、とにかく、もうちょっと調べてみようではないか。
パリ9区、イ課長が泊まるオペラ座周辺の他のホテルを見てみると…
ははー、いっぱいあるワ、ゲイフレンドリーホテル。感じとしては2軒に1軒は
ソウであるっていう感じだ。ドイツやワシントンじゃ見なかったけどなぁ。

ゲイフレンドリーホテルって大した意味じゃないんだよ。たくさんあるもん。
パリだけ「男同士の恋のハッテン場」がそんなにワンサカあるとも思えないから
要するにパリじゃごくありふれたホテルと考えるべきなんだろうな。

さらに調べてみる。Googleで「ゲイフレンドリー ホテル」で検索してみよう。
するとこんなのも出てきた。

  

   ゲイフレンドリー・ホテル フィレンツェ 同性愛者のためのホテル


あ…ああ…  イ課長思わずめまいが…(笑)。いや、しかしこの例はどうやら
自動日本語翻訳でヘンテコな宣伝文句になったんだと思う。絶対そう。

まぁ要するにだ。
ゲイフレンドリーはゲイの宿泊も偏見なく受け入れるホテルってこと(らしい)。
大体、上司と部下の出張、男友達同士の旅行とかで、ゲイでなくても男二人が
同部屋宿泊することなんて珍しくもないじゃん。イ課長だってやったことあるよ。
男性二名の宿泊という、普通のことを普通に受け入れるホテルってだけのことだ。
なーんだ全然(たぶん)問題ないよ。大丈夫だいじょうぶ。


万一ヤバそうだったら、ちゃんと宿を換えるから大丈夫だいじょうぶ(笑)。



[PR]

# by tohoiwanya | 2009-04-22 00:25 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(4)