2008年 12月 11日

すみそにあーん!

イ課長は今回出張で行ったわけだけど、ワシントンD.C.には観光で行く人も少なくない。
ホワイトハウスだの、キャピトル(国会議事堂)だの、政治の街ならではの観光スポットも
いっぱいある。

しかしワシントンの第一の見ドコロとなりゃ、やっぱスミソニアン博物館だろーそりゃ。
一般に言われる「スミソニアン博物館」っていうのは、実は多数の博物館の集合体で、
実際には18の博物館、美術館、動物園から成るんだと(イ課長ドロナワ調査による)。

しかし(また“しかし”だ)、一般に「スミソニアン博物館」と言われてパッと思い浮かぶのは
圧倒的にココのはず。そう、「国立航空宇宙博物館」ざます。

イ課長としてもまずここは真っ先に見学しておきたかった。
だから、到着した日曜日に荷物をホテルに預けて、さっそくココに向かった。
時差ボケでめちゃくちゃ眠かったけど、ここで寝ちゃうと明日からの仕事に支障がでるから
起きてなきゃイカン。航空宇宙博物館くらい名の知れた観光スポットを歩き回って、
何とか覚醒し続けていなければならなかったのだ(笑)。

ここは世界でも最も入場者の多いミュージアムと言われている。
ここのナニがスゴいかって、要するに「実機」が展示されているという、その存在感だ。
航空マニアなら垂涎・失禁モノの展示の数々を観ると、航空マニアじゃないイ課長でも
「うおー、すっげぇ〜」と思わずにはいられない。
f0189467_1211456.jpg


「燃料さえ入れればスグにでも飛べる」状態のシコーキの数々。
おお、リンドバーグが大西洋を横断した「スピリット・オブ・セントルイス号」もあるよ。
これも実機だろ?うわーーすげーー!!ジツブツ!!(←やや幼児化している)
f0189467_11491794.jpg


ライト兄弟の初の動力飛行機は特別展示室の中に設置されてる。
うわーー、うわーーフライヤー号を我が目で見ちゃった!うわーー!(←幼児化)
f0189467_11525943.jpg


宇宙部門もオトコノコが泣いて喜ぶ展示が目白押しだ。
うおーー!アポロの月着陸!やっぱ宇宙飛行といえばコレだよコレ!!きゃー!(←幼児化)
f0189467_11554438.jpg


航空宇宙博物館には軍用機の展示も多い。
その中の目玉の一つが日本にも存在しないと言われるゼロ戦の実機展示。
イ課長だってゼロ戦の実物なんて見るのは初めてだ。かっちょえーーー!(←幼児化)
f0189467_11581010.jpg


ちなみに、スミソニアン国立航空宇宙博物館にはこんな絵まである。
何なんだよこの軍国主義的絵画は(笑)。
f0189467_1223375.jpg


ちょっとびっくりしたけど、逆にいうと太平洋戦争における日本の軍用機とのタタカイってのが
アメリカ人にとっても歴史的に非常に重要なものと認識されてるんだなーと
ちょっと感心したイ課長なのであった(←少しオトナに戻ったらしい)。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-11 12:06 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2008年 12月 08日

アラカンEAGLES

ワシントンD.C.にverizon centerっていう、おーーーっきなアリーナがある。
出張期間中、ここで何かナイト・イベントがないかと思って、出発前に探したら

①プロバスケットボールの試合
②サラ・ブライトマンのコンサート
③イーグルスのコンサート

というのが日程的には鑑賞可能だった。せっかくだからドレかには行きたい。
で、結局③をネットで予約して、11/20の木曜日の夜に行った。

特にファンというわけでもないけど、昔、NY旅行中にたまたまレイ・チャールズの
リサイタルをやってたから行ったことがある。今となっちゃアレはすごく貴重な経験だ。
イーグルスに関しても全然ファンってわけじゃなく、ホテル・カリフォルニアくらいしか
知らないんだけど、①〜③の中からっていうならこれだろーやっぱ。

調べてみたら、イーグルスのメンバーは今や全員60歳前後。
今年の流行語大賞風の言い方をすれば「アラウンド還暦=アラカン」だ。
たぶん復活ツアーみたいな感じなんだろうな。

ヴェライゾン・センターっていうのは、ちょうど横浜アリーナみたいなところですごくデカい。
裏のチャイナタウンで腹ごしらえしていざ会場へ。
f0189467_625659.jpg


会場の照明が消え、イーグルスが現れただけですでに観客は大興奮。
ちなみに、ネクタイ姿の観客はイ課長以外には見かけなかったような気がする(笑)。

1曲めが終わり、熱狂の大拍手大喝采。
それが少し落ち着いたところで、メンバーの一人がマイクに向かって叫ぶ。

「Washington DーーCーーーーーッ?!!!」
Eeeaaahhhhhーーー!!!!!

あっははは。いやーアメリカならではだ、このノリ。楽しいなーこういうの。
日本で「とうきょーー?!」とか「さいたまーー!!」って叫んでもこうはいかないよな(笑)。

イーグルスの曲をあんなにまとめて聴いたのも初めてだったけど、
さすがはロック史に名を残すバンド。いやーすごいねーあの演奏、あのノド。

ホテル・カリフォルニアも当然やってくれたけど、あの曲を実演で観ると、
イーグルスの特色はあのボーカルハーモニーとギターにあることがよくわかる。
曲自体はハードロックではなくて、アップテンポというわけでもなく、むしろ
やや「のんびりめ」という感じのテンポとメロディの曲が多いんだけど、それでいて
音は全く空疎ではない。ギターの充実ぶりはシロウトのイ課長もホレボレする。

いやいやたっぷり楽しませていただきました。
アラカンのオッサンたちの音楽パワーにゃ脱帽だぜ。

まさかと思ってためしに検索してみたら、何と、あの夜のコンサートの盗撮?動画が
You Tubeにいくつもアップロードされてるよ。これにはびっくり。
http://jp.youtube.com/watch?v=I_06y6DbCkI
画質・音質は悪いけど、ひとつダウンロードしてイ課長iPodに記念に残しておくことにしよう。
  
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-08 06:03 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2008年 12月 05日

暗黒メトロ

ワシントン出張中は一度もタクシー使わなかった一方でメトロには頻繁に乗った。
公用・私用あわせて数え切れないくらい乗った。39ドルの7日間全線フリーパスを
最初の日に買ったけど、十分モトはとるくらい乗ったと思う。

それだけ何度もワシントン・メトロに乗ったイ課長が
何度乗っても「すげーなコレ」と思ったことがある。それは…

駅の照明が異様に暗いことだ。

暗い。とにかく暗いんだよ。
最初にRosslynって駅で暗いホームを見たときはてっきり電気の工事か何か
やってるためにトクベツに照明が暗いんだと思った。

ところが地下鉄に乗って驚いた。
いや地下鉄の車内は普通にチャンと明るい。そこは日本と同じ。
だがRosslynの次の駅に着いたら、ソコのホームもまた異様に暗い。えええ??
Rosslynが特に暗かったんじゃなくて、DCの地下鉄はどの駅もこんな調子なの?
どんな調子かって、こんな調子なんだよ。
f0189467_11331770.jpg


明るい車内からホームを見るとさらに一段と暗い。ビックリするほど暗い。
だもんで、停車してもドッチ側がホームかトッサにはわからないんだよね。
日本の地下鉄ならホームのガワは照明で明るいからそっちが降りる方だとわかる。
だがDCのメトロでその感覚は通用しない。だって両側とも暗いんだから。

Rosslynから二つ目の駅がイ課長の宿泊予定ホテルのある駅だったんだけど
両側とも同じように暗いもんだから降りるときはワタワタしちゃったぜ。
これはイ課長が不慣れなせいでは断じてない。
アメリカ人も駅で降りる向き間違えてるの、見たもん(笑)。

キップを買うあたりのエリアも日本的感覚で見るとすごく暗い。
あの暗さを何とか写真に残そうとして何回かトライしてみたけど、この写真が
割とあの暗さの感じを伝えてる。いや誇張じゃないんだって。
シャッタースピードが長すぎて手前の人が透明人間になっちまった。
f0189467_11341456.jpg


下の写真で、暗いエスカレーターを暗い人影がノソノソと上ってるでしょ?
いくら何でもこれは露出暗すぎと思うだろうけど、明るい車内から暗いホームを
見た時の感じはまさにこういう風に見えるんだよ。誇張じゃないんだって。
f0189467_11351257.jpg


これは屋外の駅(ナショナル空港駅)で撮った地下鉄。
夜だけど、昼間の地下駅にくらべるとメチャクチャ明るいやん。
f0189467_11354022.jpg


日本と比べりゃもちろんだが、イ課長がこれまで乗った海外のどの地下鉄と比べても
圧倒的ダントツにワシントン・メトロのホームは暗い。というよりワシントンの地下鉄を
知るまで、街によって駅の明るさにこんなに差があるなんて考えもしなかったなー。

そういう意味では貴重な経験だった。
一見の価値ありと言えるかもしれん。もっとも、暗くてよく見えないけど(笑)。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-05 11:39 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2008年 12月 03日

ユーリのサロン

海外床屋フェチ・イ課長にとって、今回のワシントンDC出張には
「3回連続海外散髪」の偉業を成し遂げるという、重要なミッションがあった。

水曜日の夜、エクソシスト階段の写真を撮ってジョージタウンから帰る途中、
ホテルからワンブロック離れたトコに半地下みたいになった床屋を発見した。

ふーむ…ま、歩き疲れたことでもあるし、ここでイイか。

店の名前は「Youri Salon:ユーリのサロン」ときたもんだ。
店主は黒髪をやや伸ばしたオッサン。ユーリっつうより、かつて超能力者として
有名だったユリ・ゲラーにちょっと似てたような気がする(笑)。

ユーリ店長が「髪を洗うか?」と聞くから「イエス」と答えると、別の椅子に
連れて行かれ、黒人のネーチャンがまず洗髪。それからいよいよユーリ店長の
カットとなるわけだ。

この辺は短く、この辺は少し長く、この辺はバリカン使っていいよとか、
イ課長の心細い英語でどうにか好みを伝えて作業開始。技術的には安定感がある。

「日本から来たのか?」
「イエス」
「私には日本のトモダチがいる」
「ほー」

てな会話を交わし、ほどなく散髪終了。トータルで30分くらいだったかなぁ?

「フォーティダラー」
「フォーティ?」

40$=約4000円だ。…高くねぇか?
ひょっとするとこのユーリ店長は「カリスマ理髪師」ですごく高い技術料を
とるヒト…いや、それはないな(笑)。

ボラれた可能性はある。否定はできん。
物価の高い欧州でも散髪代は大体2500~3000円くらいだった。
そりゃまぁ、欧州と米国の床屋相場を単純には比較はできないが。

そういえば大昔、若かりしイ課長がマニラの床屋でボラれたときも
「オマエは日本人か?」と最初に聞かれたことが思い出される。
「日本人はフッカケ料金でも黙って払うから、まず確認しよう」というのが
世界の悪徳床屋の共通認識になって…いや、それもないとは思うけどさ。

仕方ない。コッチも最初に値段を確認しなかったというヒケメがある。
ワシントンDCは物価高いっていうし、もしかすると相場なのかもしれん。

ユーリ店長は最後に「コレがボクのカード」と言って店のネームカードをくれて
握手して分かれた。床屋が客といちいち握手ってのもなんか不自然だなー。
ユーリ店長、「ボッタクリさせてくれてありがとヨ」と内心で思ってないか?(笑)

f0189467_11423913.jpg

イ課長が「3回連続海外散髪」という空前絶後の偉業をフィニッシュした店。
記念すべきその床屋はワシントンDCにある、その名も「ユーリのサロン」。

…この店が「暴利のサロン」である疑いは永く残るであろう(笑)。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-03 12:01 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2008年 12月 01日

映画ヲタクの血が騒ぐ…

ワシントンDCを舞台にした映画は多い。
アメリカ映画で政治陰謀ものやスパイものならDCの風景はまず必ず出てくる。
だからDCを歩いてると「ああ、ここはよく映画で見るよなー」って場所に
ちょくちょく出くわすんだよね

たとえばココ。遠くに議事堂を望む広いペンシルベニア通りのアングルは
ワシントンを舞台にした映画で車が走るシーンの定番アングルだな。
こうやって望遠ショットになってるケースが多い。「トゥルー・ライズ」とか
「ナショナル・トレジャー2」なんかでも使われてたんじゃなかったかな。
f0189467_11514414.jpg


ここもそうだ。ワシントンモニュメントの前の広い池をのぞむショット。
背後にはリンカーン・メモリアルがある。政治陰謀に巻き込まれた主人公たちが
「ここではマズいから外で話そう」なんて時はなぜか大抵ここで話す(笑)。
f0189467_11521321.jpg


ただ、こういう場所はワシントン定番ポイントだけに、いろんな映画で使われる反面、
「あの映画に出てきたアレ!!」っていう格別の思い入れは希薄だよね。
DCやNYはあまりに多くの映画で使われてるから、そういう「ここがあの…!!」
っていうような場所はあんまりないだろうと思ってた。


ところが…  さよう、話はここからが本題なのだ(笑)。

水曜日の夕方、仕事が終わった後どこかに寄り道しようかな、と考えてたら
通訳さんがジョージタウンはいい所だから行ってみてはどうかと言う。
ジョージタウンねぇ…確かに独立当事の面影を残すような古い町並みがステキ
らしいけど、それだけなら特になぁ…あまり乗り気じゃなかった。
が、「地球の歩き方」のジョージタウンの地図の中に小さくこう書かれていた。


            エクソシストの階段


えッ?!ええッ??!あの階段はワシントンDCにあったの?!
見たい!それは見たい!!瞬時にジョージタウンに行こうと決めた。

エクソシストの階段はキー・ブリッジを渡ってすぐのところにある。
ちょっとした駐車場みたいなスペースがあって、その奥にあの階段が…おおお。
もうすっかり暗くなっちゃったけど、それがかえってキブンだ(笑)。
f0189467_1152382.jpg


何の変哲もない階段ではある。しかし「ココがあのエクソシストの…」と思うと
やっぱ映画ヲタクの血が騒ぐってもんだぜ。うーむ…。
f0189467_1153331.jpg

上から見るとこんな感じ。
かなり狭くて、長くて、急な階段だ。最後にカラス神父はココを転げ落ちて
死ぬんだよなぁ…。

「エクソシスト」公開はイ課長が高校生のときだから、軽く三十数年前の話だ。
残ってたんだなぁ…。思わぬものを見られて映画ヲタク・イ課長感激ッス。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-01 12:14 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2008年 11月 30日

ポートレイト・ギャラリー

ワシントンDCでは木曜の午前中だけ時間があった。

観たかったところを何カ所か駆け足で回ったんだけど、あと少し時間があるから
美術館にでも行くか…と思ってナショナル・ポートレイト・ギャラリーに行った。
つまり肖像画美術館だな。ダ・ビンチや印象派もいいけど、「ワシントンならでは」って
いうならココだよなぁ、やっぱ。

ここの最大のウリは歴代大統領全員の肖像画コレクション。これはちょっと見たかった。
他にも軍人や政治家、芸能人からスポーツ選手までいっぱい肖像画があるけど、
時間もないからとにかく大統領コーナーだけ見ることにした。

ココは予想以上に面白かったから、イ課長は思わずデジカメを使わせていただいたよ。
何が面白いって、近年の大統領はオレも顔をよく知ってるっていうのもあるけど、
それ以上に「自分の絵をどういう風に描かせるか」っていうところにそれぞれの大統領の
絵画的センスが現れてるような気がするんだよね。総じてセンスは悪い(笑)。

たとえばこれ。一番新しいクリントン夫の肖像画。
ブルーのシャツに赤ネクタイというのもいただけないが(笑)、絵としてもまったくつまらん。
上手に丁寧に、モデルを実物より少し良く描いてあるっていう、ただそれだけ。 
f0189467_262487.jpg


他の連中も大体そんな感じなんだよね。これはパパブッシュ。
f0189467_265691.jpg


これはカーターだ。何だかなぁ…どうってことない肖像画だよなー。
f0189467_272616.jpg


その中で異彩を放つのがケネディの肖像画だ。野獣派っぽいガシガシしたタッチで
見る者を「おっ?」と思わせるものがある。
f0189467_275794.jpg


そういや、歴代大統領の中でも悪人面No.1のニクソンの肖像画は?…と探したら
あったあった。…えええ?なんだかやけにイイじゃんこの絵。
本人がニヤケて立ち、バックに高級な室内風景が丁寧に描かれてるという他のツマラナい
肖像画に比べたらニクソンのこのポートレートはグッとイイよ。
f0189467_282473.jpg


悪人面のわりにはナイスな肖像画だなーと思ってフと絵の右下を見たイ課長は
驚きのあまり1mほど飛び上がった(気分の上では)。
なんとノーマン・ロックウェルが描いてるじゃないかよ!!イイ絵なわけだよ。

ええ〜?しかし何だってノーマン・ロックウェルがニクソンなんか描いたんだろうなぁ?
個人的な知り合いだったのか?あるいはノーマン・ロックウェルが実は熱心な
共和党支持者だったとか…いずれにしても「ノーマン・ロックウェルに描かせた」
という時点で、ニクソンは肖像画注文者としては歴代大統領の中で最も成功した
一人になったと思うよ、イ課長は。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-30 02:10 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)