2017年 09月 08日

タイ国際航空の深夜便エコノミー

まんみゃあネタに戻ります。
ちったぁ旅行記らしく順を追って話を進めないとマズいかなと思い始めたワタス。

今回の旅行はタイ国際航空の羽田発深夜便からスタートした。羽田〜バンコク乗り換え〜ヤンゴン、
そして最後のバンコク〜成田はともにタイ航空を使ったのである。
f0189467_23441219.jpg
  
4月に予約した時点ではANAのヤンゴン直行便もそんなに高くなかったし、エア・アジアとか
バンコク・エアウィズとか、似たような値段でいろいろ選択肢はあった。その中でタイ航空を選んだ
最大の理由は一番早くヤンゴンに着くことができるからだ。

金曜は普通に仕事し、翌土曜の朝9時にはヤンゴンに着いてるって、たいした効率の良さだよ。
バンコク乗り換え3時間待ちをはさんでもこうなんだからね。身体にはキツいけど、早く着いて
その分現地を見る時間が増える魅力に抗うことはできぬ。

ANA直行便だと土曜の昼出発でヤンゴン到着は夜の18:30。その頃、イ課長はすでにヤンゴンを
たっぷり歩き回り、暮れゆくバーベキューストリートでミャンマー・ビア飲んで夜のシュエタゴン・
パゴダ観光に向かうところだった。それもこれも現地に早く到着してたからこそ出来たことだ。
f0189467_23343109.jpg
 
タイ航空の羽田発深夜便は2012年インド出張でも乗ったから何となく感じがわかってる。
出発は0時20分。もうみんな眠い時間。

水平飛行になるとドリンクとサンドイッチの軽食サービスがあった。ま、夜食ってやつですな。
頼めばビールももらえたんだろうけど、そのためにわざわざCAさんを取りに戻らせるのも
ナンなので、この時はコーラで我慢。
f0189467_23343116.jpg
 
一週間仕事した週末の夜で疲れてるにもかかわらず例によって飛行機ではあまり眠れない。
仕方なく映画を見ましたよ。エマ・ワトソン主演の実写版「美女と野獣」。他にコレといった
映画がなかったんだもーーーん。

ほとんど眠らぬまま、明け方バンコクに近づいたところで朝食。
タイ航空における朝メシ“鉄の定番”「オムレツとソーセージ」か「やきそば」。ぬ?焼きそばとな?
インド出張の時に散々食ったオムレツとソーセージはやめて焼きそばにした。
f0189467_23343018.jpg
 
帰国の時のバンコク〜成田も現地出発は23時50分だからやはり深夜便。
「初ミャンマー」の期待に胸ふくらませていた往路と違って、帰路は風邪で体調も悪い。
ま、そのおかげで往路よりはウトウトできたかもしれないが。

この時もやはり日本が近づいてから朝食が供された。
「オムレツ+ソーセージ」というタイ航空・鉄の定番メニューか「海鮮焼きうどん」かの
選択だったはずで、もちろんイ課長は海鮮焼きうどんに。
f0189467_23350142.jpg
 
これ、エビもふんだんに入ってなかなか美味しかったよ。
インド出張の時は「オムレツ+ソーセージ」の連発でさすがに最後は飽きたけど、
焼うどんなんぞが食えるとは思わなかったぜ。
f0189467_23350184.jpg
 
Skytrax社っていうエアライン格付け会社がある。
航空会社総合評価ランキングとか、部門別ランキングとか、空港のランキングとかいろいろ
出してる会社だ。似たようなランキングを発表しているところは多いけどね。

実はそのSkytrax社でタイ国際航空はある部門で1位を獲得している。
何かというと「ベスト・エコノミー部門ランキング」のトップなのだ。エコノミーにのみ
関して言えば、タイ航空は世界で最も評価が高いということになる。

まぁエコノミーだからやっぱり席は狭い。その点では他より広いとは思わなかった。
でもまぁエンタテイメントサービスも普通に充実してたし(見たい映画は少なかったが)
機内食も焼きそばや焼うどんみたいにフライドヌードル系メニューが充実したと思う。

世界一だと思うかと言われるとさすがに答えに詰まる。他社のエコノミー席より格段に
イイっていう決定的要素は思いつかない。しかしこれといった不満がなかったことは確かだ。
また乗る機会あるだろうから、今後ともイ課長をよろしくお願いしますですよ、タイ航空。

  

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-09-08 00:07 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(6)
2017年 09月 06日

三文オペラ鑑賞

怒涛のようなミャンマーネタの嵐が続くかと思ったらいきなり英国ネタ(笑)。
まだちょこっと残ってるんだよ。どうせミャンマーネタはこの後ガンガン続くわけだから
箸休めに時々英国ネタを挿入するのである。

さてだ。話はグリニッジ観光した日のこと。
この日の夜、イ課長たちにはもうひとつシアター系娯楽の予定があった。
火曜のコヴェント・ガーデンオペラ、木曜のロイヤル・フェスティバルホールに続く
シアター系娯楽。それは「三文オペラ」なのである。
f0189467_01283092.jpg
 
これ、何と言えばいいのかなぁ?オペラという題名ではあるけど、ミュージカルとも言える。
とにかく三文オペラといやぁ演劇史上屈指の傑作。日本でも時々上演される。
脚本ブレヒト、作曲クルト・ワイルというだけあって、元々はドイツ語劇(でも舞台はロンドン)。
独文科出身のトホ妻が昔っから大好きな、深い思い入れがある演目なわけで、ロンドン滞在中に
「Three Penny Opera」を上演してることをヤツが知った瞬間、これを観に行くことが決まった(笑)。
トホ妻の好みを尊重するやさしい夫であるワタス。

場所はナショナルシアター、別名オリビエ・シアター。かの偉大な名優ローレンス・オリビエに
ちなんだ命名だろう。劇場前にはこんな銅像も。これは代表作「ハムレット」じゃないかな?
f0189467_01283020.jpg
 
ナショナルシアターは例のロイヤル・フェスティバルホールとすごく近い。並びと言っていい。
今や通い慣れたサウスバンク。この時はなぜか劇場前が自転車だらけ。なんで?ロンドンじゃ週末の夜
ここに自転車乗りが集合する風習でもあるのかい?
f0189467_01281933.jpg
f0189467_01282073.jpg
 
ナショナルシアターの中はこんな。半円スリバチ型といった感じか。段差が大きいから前の人の頭が
邪魔になることもなく快適。かなり後ろの席だったけど音響もよく聞こえた。
f0189467_01282994.jpg
 
三文オペラのストーリーや音楽についての詳細は省こう。イ課長よりトホ妻の方が断然詳しい(笑)。
劇冒頭で歌われる「匕首マッキー(マック・ザ・ナイフ)」だけは誰でも絶対に聞いたことがある
超有名スタンダードナンバーだよ。

ロッテ・レーニャのこともちょっと触れておきたい。
三文オペラと言やぁロッテ・レーニャっつうくらい、この舞台を当り役にした往年の大女優。
・・・と言われても顔を思い浮かべられる人はほとんどいないだろうと思うが。

しかしこの女優、なつかしの大ヒット商業映画に意外な役で出演してるのだ。
「007ロシアより愛をこめて」のおっかねぇロシア諜報部のおばさん役。あの映画の最後で
ホテルのメイドに変装し、靴から飛び出す毒刃物でショーン・コネリーを殺そうとするオバさん、
といえば顔を思い出す人が多いんじゃないだろうか。あの頃はすでにお年を召していたが、
若い頃は大変な美人大女優だった。
f0189467_16020709.jpg
 
ま、とにかくそんな三文オペラを見たわけですよ。
金曜日ってことは前日が例の国民投票で、この日の朝にEU離脱が決まったという日だ。
劇の中でも役者が離脱にちなんだアドリブを言って観客が大笑いしてたけど、英語だったから
イ課長には何がウケてるのかよくわかんなかった(笑)。

6月下旬、ちょうど一番日の長い夏至の頃だったけど、上演終了後はさすがに夜らしくなってる。
ロイヤル・フェスティバルホールと近いから、見える景色も似てる。

あーあ・・明日はもう日本に帰らないといけないのか・・そんなロンドン滞在最後の夜。
テムズ川ごしに見るロンドンの夜景はやっぱ美しいのう。
f0189467_01282028.jpg
 
・・なんて書くとこれで終わりっぽいけど、英国ネタはまだほんのちょっと残ってる(笑)。
ミャンマーネタの合間をぬって時々顔を出しますからね、英国ネタ。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-09-06 00:02 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 09月 04日

ヤンゴンに一泊しかしなかった理由

「理由」シリーズが続きます(笑)。

ミャンマー7泊の内訳はヤンゴン1泊、車中1泊、バガン2泊、マンダレー3泊の順だった。
しかしどの町で何泊するかでは計画段階で相当迷った。
最初に到着するのがミャンマー最大の都市ヤンゴン。いろいろ行きたい所もある。
当初はここに2〜3泊するつもりで後の日程を考えた。
f0189467_11165914.jpg
 
しかしバガンでもマンダレーでも行きたいところはある。どれか削らないとムリか。
最後はバンコクで少し休みたかったし、半日仕事の予定もあるからネット環境のいいバンコク滞在を
何日かは残しておきたい。となるとミャンマーのスケジュールを調整する必要がある。
アレを削ろうかとか、アレとコレは無理すりゃ一日で出来ないかとか、いろいろシミュレーションしたが
なかなか決まらない。

ところでこの三つの町の8月の天気ってどんな感じなんだろうか?
まぁどこも暑いに決まってるが、8月のミャンマーは雨季のはずだから、雨があまり多いと
やっぱ困る。フと思い立って調べてみた。最初のヤンゴンはこんな感じ。
f0189467_10534945.jpg
 
我が目を疑ったのは7月・8月の降雨日数だ。31日のうち26日?ほとんど雨の日じゃんよ!!
いくら雨季だっつうたってこれはスゴすぎる。ちなみに、マンダレーはこんな感じ。
8月の降水日数8.7日。ヤンゴンより大幅に少ない。
f0189467_10542879.jpg
 
バガンはこう。降水日数データがないけど、8月の降水量がマンダレーより大幅に少ない以上、
降水日数もマンダレーよりさらに少ない可能性が高い。やっぱヤンゴンの雨の降りっぷりが
際立ってスゴいよ(お天気データは「旅行のとも、Zen Tech」のもの)。
f0189467_10544855.jpg
 
不安になって雨季のヤンゴンの様子について情報収集してみた。
どうもヤンゴンの雨季って「ダーッと降ってパッとやむ」というスコール的な感じじゃなくて
一日中雨なんて日もけっこうあるらしい。たまさか土砂降りになると道路はあちこち冠水。
とても観光どころじゃない・・って、おい勘弁してくれよヤンゴン。

ヤンゴンで行きたいとこ、したいコトはあるけど、雨ばっかりじゃどうしようもないべさ。
それならいっそのこと・・・というわけで思い切ってヤンゴンは一泊だけにしたわけ。
深夜便で朝到着、次の日を夜行バスにすればそれでもほぼ1泊2日はヤンゴン見られるし。
よし、ヤンゴン予定大幅カット。その分バガンやマンダレーの宿泊日数を増やそう。

実際ヤンゴンに1泊2日してどうだったかっつうと、二日とも雨に降られた。やっぱ雨は多い。
幸い一日中降り続くようなことはなく、1時間程度のシトシト雨が一日数回って感じだったから
観光活動がダメになるというほどではなかったが、たぶんこれは幸運だったんだろう。
f0189467_11043750.jpg
 
ちなみに、その後行ったバガンとマンダレーでは雨に降られることは一度もなかった。
お天気データは正しかった。8月のヤンゴンは降雨日数がやたら多く、バガンやマンダレーは少ない。
身をもって体験させてもらったよ。雨季にミャンマー旅行を計画される方の参考になれば幸いです。

現地で話を聞くとミャンマー観光のオンシーズンは11~2月頃らしい。8月は完全なオフシーズンで
確かにヤンゴンはもちろんバガンやマンダレーでも外人観光客はやけに少なかった。

朝日・夕日鑑賞絶景ポイントとして知られるバガンのシュエサンドー・パゴダなんてオンシーズンは
カメラを持った世界中からの観光客で押し合いヘシ合いらしいけど、そんなこと全然なかったし、
それ以外の観光スポットもガラガラに空いてた。マトモなホテルが軒並み3,000円台で泊まれたのも
オフシーズンであるがゆえ、だったのかもしれない。

休みをとれる時期の関係でイ課長はラオスやカンボジアも雨季に訪問せざるを得なかった。
そういう意味じゃイ課長はいつも東南アジアで「雨季の、オフシーズンの、すいた観光地」を
まわってることになるけど、安くてすいてるという意味じゃ雨季の観光も悪くないよ?
f0189467_11043759.jpg
 
たださすがにヤンゴンの雨季は・・26/31の降雨日数というのはちょっと参る。
雨が多そうなヤンゴン滞在を思い切って短縮し、他を増やしたのはエイヤの決断だったけど
結果的には正解だったといえるだろう。

ただ、それだけにヤンゴンでは「本当はアレもしたかったなぁ・・」という心残りが多少ある。
いずれ定年になってから、今度は雨の少ないオンシーズンにヤンゴン行ってみようかなぁ。
「することのない町」という人もいるけど、イ課長にはやけに面白かったんだよ、ヤンゴン。

  

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-09-04 01:17 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)
2017年 09月 02日

ミャンマーにいま行こうと思った理由

2013年にベトナム・タイを旅して以来、すっかり東南アジアが気に入ったイ課長。
あれ以来バンコクをベースキャンプにするような形でカンボジア・ラオスにも行った。
その流れからすれば未踏のミャンマーに行きたいと思うのは自然の成り行きだ。

カンレキ過ぎてからゆっくり行くことも出来た・・というか出来る予定だ(笑)。だが
イ課長の中に「今のうちに行っておいた方がいいかも・・」という気持ちがちょっとあった。
理由の一つは自分の体力、そして二つめがミャンマーの今後に対する一抹の不安だ。
f0189467_14192368.jpg
 
ミャンマーっつうたらご存知アウンサンスーチーさん。
「あなたが知ってるミャンマー人は?」と聞かれたら大半の日本人が「スーチーさん」と答えるはず。
2015年末の選挙でスーチーさん属するNLD(国民民主連盟)が大勝し、それまでの軍政から
正式にNLDに政権委譲されたのが2016年春。これでミャンマーはぐんぐん民主化が進み、
海外からの投資は増え、国は発展し、国民は幸せになり・・と誰もが期待した。

ただねー・・ミャンマーについていろいろ勉強していくとねー・・・少~し不安になってきた。

スーチーさんってミャンマー独立の父として今も神格化されているアウンサン将軍の娘なのだ。
つまり血統がメチャいいわけ。彼女の人気のかなりの部分は「ミャンマー独立の英雄の娘」という
その血統に負う部分が大きい。

では政治家としてのスーチーさんがどうかとなると、これがねー・・わかんないんだよねー。
彼女はもともと政治のプロではない。ただ上述のような「血統の良さ」を買われ、
反軍政・民主化のシンボルになったってブブンが大きい。彼女の政治手腕は未知数なのだ。
f0189467_18095945.jpg
 
軍政時代、スーチーさんに政治手腕なんて必要なかった。「軍政と戦うジャンヌ・ダルク」的に
自分を取り上げてくれる海外メディアに対し、ひたすら軍政を批判してれば良かったんだから。
世の中、他人を非難することが得意な人は多い。ただ、そういう人が「自分でやる立場」になると
どうなるかは全然別の話。これもまた世の常だ。

特にロヒンギャ問題じゃ現ミャンマー政府+スーチーさんを見る海外の目は厳しい。
あれは民族浄化だ、人道に対する罪だなんて、ナチスのユダヤ人虐殺や日本軍の南京大虐殺と
同じレベルの言われよう。実態はこれまたよくわからないんだけど・・。

ロヒンギャにはイスラム教徒が多いとされる。
だからASEANの中でもイスラム比率が高いマレーシアやインドネシアはスーチー批判の急先鋒ですよ。
「彼女は何のためにノーベル平和賞をもらったのだ?」などと言われ、平和賞取り消せの署名運動まで
あったらしい。彼女に対する国際的評価は政権委譲後むしろ下がったと言っていい。
f0189467_14192340.jpg
 
それでもロヒンギャ問題に関する非難はあくまでも国外からのもの。
国内では圧倒的国民が依然としてスーチーさんを支持し続けているように見える。
だがそのスーチーさんだって72歳だ。いずれ彼女がいなくなったら?

「建国の英雄の娘」というカリスマ血統を持つ指導者がいるうちはまだいいよ。
しかし彼女がいなくいなった後のミャンマー大丈夫かなぁ?という一抹の不安は残る。

イ課長帰国後、8月下旬からロヒンギャ問題がまた一段とヤバくなってきたしねぇ。
ロヒンギャ武装勢力と国軍の戦いが激化、死者多数とか、ロヒンギャがバングラデシュに
何万人も逃げ出したなんてニュースが連日ネットに出てる。ううむ・・・。

覚えてる人もいるだろうけど、日本のカメラマン・長井さんがヤンゴンの反政府デモ取材中に
撃たれて亡くなったのが2007年。たかだか10年前のヤンゴンはそういう町だったのだ。
イ課長が嬉々として歩いたあのヤンゴンが10年後にどうなってるか・・・ヤバいことに
なってなきゃいいんだけどなぁ。

ミャンマー・・後にとっておかず、早めに行っておく方がいいかな・・。
そう考えたわけですよイ課長は。ま、将来どうなるかわからないという点においては
どの国だって似たようなもんなんだが。
f0189467_14192355.jpg
 
その代わり、今のミャンマーはホント面白かったよ。
観光といったら仏教施設・遺跡くらいしかないミャンマー。でも混沌と猥雑のアジアが好き、
現地の人とのちょっとした触れ合いが楽しい、なんて旅行者にとっていまのミャンマーは
旅して最高に楽しい国の一つであることはイ課長が請け合います。

注)ミャンマーには姓・名というのがない。だからアウンサンスーチーさんの名前を表記する時に
  アウンサン・スーチーと点を付けるのは本来間違いで、本記事のように「スーチーさん」と、
  それが姓であるかのように書くのも正しくない(はずだ)。だがイチイチ全部書くと
  長いので、本記事では便宜上「スーチーさん」という書き方をさせていただきました。

 
 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-09-02 00:16 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 08月 31日

ミャンマー旅行超定番ネタ

前回記事で「田中さんがミャンマー行ったら・・」というのはミャンマー旅行の
定番ネタと書いた。実はもう一つ超定番ネタがあるから今日はそれを書こう。

ミャンマーを旅行したら目につくのはタナカを塗った女コドモとロンジー。
旅行者としてはやっぱりそういうものが珍しくて写真に撮り、帰国後にネタにするわけだが
ミャンマーに行った日本人が帰国後に必ずネタにするテーマがもう一つある。
それは町中を走る日本製中古車だ。
f0189467_16295697.jpg
 
ミャンマーの人、中古車の車体に書かれた日本語を消さないんだよ。そのまま残す。だもんで
ナントカ株式会社とか、カントカ産業なんて書かれた車がミャンマーを走り回ることになる。
ミャンマーで日本語が書かれた車体を見かければ、いくら中古とわかってても日本人としちゃ
そのミスマッチぶりがオカシいんだよね。
 
群馬県で使われてた車がいまミャンマーを走ってるのかぁ・・と思うと感慨もひとしおだ。
あまりに赤裸々に住所が載ってるから一部イ課長サイドで伏せ字にしました。
f0189467_16295707.jpg

ミャンマーにおける日本製品ニーズは大変強く、日本製中古車の人気も高い。
読んだ話だと、日本製中古車に乗ってる人はそれを“誇示”するために、車体に日本語が
書いてあると消すどころかワザと残すらしいんだな。ほら日本語だぞ、だからこれは
日本製の中古車なんだぜ、いいだろう、というわけだ。
f0189467_16294357.jpg
 
同種のネタは海外では時々聞くよね。
現地のすごい田舎でマイクロバスに乗ろうとしたら車体に「ひばり幼稚園」とか何とか
書かれててギョッとしたとかね。ある意味開発途上国定番ネタといえるのかもしれない。
でもミャンマーはとにかくその度合いが甚だしすぎ。青森山田高校ってアータ・・・。
f0189467_16295606.jpg
 
こういう日本語バッチリの日本製中古車がミャンマーで特によく目につくのは、やっぱ
お国柄なんだろう。実はミャンマーってアジアの中でも特に親日的な国として知られてて、
そんなことも影響してる可能性がある。

ピックアップトラックの“車掌”の写真を撮ろうと思ってひょいとシャッターを押し、
あとで確認したらこんなのが写り込んでる。練馬区の清掃車までリユースされてんのかよ。
第二の職場がミャンマーなんて、すごくナイスな清掃車人生だと思うなぁイ課長は。
f0189467_16294323.jpg
 
これなんてさぁ、意味わかってんのかな?当然わかってないんだよなぁ?
いくら何でも・・という気もするが、まぁ誰もわかんないんだからいいか(笑)。
f0189467_16294375.jpg
 
日本製中古車が非常に多いということに関して、もう一つ言うことがある。
日本の中古車であれば右ハンドルだ。日本は左側通行だから当然そういうことになる。

しかしミャンマーって道路は右側通行なんだよ。
右ハンドルの車で右側通行って何かと不便だ。特に対向車線にハミ出して前の車を
追い抜きたい時、右ハンドルの車は相当大きく左にハミ出して前方確認することになる。
f0189467_16455637.jpg
 
すいた道路ならいい。しかしけっこう対向車の多い道路で、右ハンドルのタクシーに乗って
コレをやられると若干コワい(笑)。なんとなく落ち着かなくて後部座席でゴソゴソ動いて
シートの右側、つまり運転手の真後ろになるように移動したイ課長なのでした。
ま、現地のドライバーにすりゃ右側通行で右ハンドルくらい、全然フツーなんだけどね。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-08-31 00:02 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 08月 29日

ミャンマー語はおもしれぇ

実用情報ばっか続くのもナンだから、お気楽ネタをひとつ。

外国人からみるとマレー語とインドネシア語は極めて近いと感じる。
「こんにちは=セラマッ パギ」は両言語で同じ意味・同じ単語だもんね。

タイ語とラオス語も近い。ラオス語で「こんにちは=サバイディー」って言うけど
タイ語なら「元気ですか?=サバイディー マイ?」って言う。明らかに言語として似てる。

しかしミャンマー語はドコとも似てる感じがしなかった。東隣りのタイ語とは全然似てない。
コトによると西隣りのインドやバングラデシュの言葉(ベンガル語)に似てるのかもしれないけど、
ベンガル語なんてヒトコトも知らないから評価しようがない。とにかく東南アジアの他の言語との
近親性みたいなものはマッタク感じられない。

「こんにちは」が「ミンガラーバー」。「ありがとう」は「チェーズーティンバーデー」。
これに似てる言語なんて知ってる?知らないよねぇ?
f0189467_00130543.jpg
  
そんな、どこの言葉ともマッタク似てないミャンマー語。
文字のわからなさ加減も感動的だが、音とか語感がまたやたら面白いんだよ。
日本人にはことさらオカシい語感を持つ単語とか、偶然日本語と同じなんていう言葉があって
実に面白いんだワ。思いつくままに例を挙げると・・・

①地名・施設名
たとえば「マンダレー」とか「アマラプラ」なんて地名はとてもステキな語感に聞こえる。
ヨーロッパか中東あたりの古都の地名と言われても全然違和感ない。かと思うとだよ?いきなり
ニャウンウー」なんて地名もある。猫の町かよ。だがイ課長が泊まったバガンの町がまさに
ニャウンウーだったのである。別に猫が多いわけではなく野良ヤギが歩いていた。ちなみに
ヤンゴン国際空港は別名ミンガラドン空港。ミンガラドン地区にあるのだ。怪獣の名前っぽい。
他にもヘンな名前のとこに行ったよ。ポッパ山とか、アーナンダ寺院とか(笑)。

②数字
これがなかなかすごい。「ミャンマー数字」の解読不能さもスゴイが、読み方もすごい。
1が「ティ」はいいとして、2は「ニッ」って言うらしい。ニッ?にっ?!マジですか?
こんな気味悪いほど日本語と同じ意味・発音の数詞を持つ外国語があるとは。どっちかからドッチかに
伝わったとは考えずらいから偶然の一致なんだろう。おまけに5は「ンガー」ときやがった。
現地では英語の数詞で用が足りるから「ンガー、ンガー!」なんて言う機会はなかったが(笑)。

③食い物
俗にいうミャンマーカレー、現地語では「ヒン」という。ひん?
注文する時は英語と混ぜて「チキン ヒン」とか「ポーク ヒン」で通じる。しかし「ヒン」くらいは
まだ序の口。ミャンマーにはとても食い物とは思えない最強の単語がある。その名は「モヒンガー」。

実にすごい語感だ。これぞまさに怪獣の名前。宇宙怪獣モヒンガー。だがモヒンガーは現地じゃ
極めてありふれた麺料理で、日本でもけっこう知られてるから聞いたことある人もいるかもしれない。
f0189467_00160695.jpg
 
淡水魚(主にナマズ)だしスープに米粉の麺が入ったヌードルで、ミャンマー人は誰もが食う。
イ課長も現地で2杯食ってきたけど、ナマズだしっていうから生臭いかと思いきや、とんこつを
連想させる濁ったスープがすげー美味しかったよ。宇宙怪獣モヒンガー。

④日用品
日本人であるがゆえに面白いミャンマー語。その決定版が「タナカ」じゃないかな。
なにせタナカですよ。「オレの名前じゃん」と思う人も多いだろう。タナカですからね。
 
これ、一種の日焼け止め兼化粧品とでも言うべきものなのである。
タナカの木からとれる粉末で、これを頬やオデコに塗る。ミャンマーの女性や子供たちの
タナカ使用率は極めて高い。タナカはミャンマーではあまりにも日常的すぎる名詞なのだ。
塗り方はいろいろで、ワンポイント的なものから顔じゅう塗ってる人もいた。

「田中さんがミャンマー行って自己紹介すれば全員が一瞬で名前を憶える」っていうのは
ミャンマー旅行ネタの定番といっていい。下の2枚の写真、上はヤンゴンのホテルにいた子、
下はマンダレーに行くバスの休憩中に来た物売りのお姉さん。
f0189467_15452150.jpg
f0189467_13285629.jpg
  
というわけで、本日は「日本人だからよけいおかしいミャンマー語オモシロ単語集」でした。
ちなみにイ課長が個人的に気に入ってるのは、断然「宇宙怪獣モヒンガー」なのである(笑)。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-08-29 00:17 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)