2008年 09月 28日

ベルリンという街-その1-

かつての東西冷戦の象徴・ベルリンには9月16日の夜に入った。

フランクフルトには大変失礼だけど(笑)、やっぱフランクフルトにいた時とは
イ課長の気分もだいぶ違う。ドコ見ても「あーいまベルリンにいるのか」っていう
新鮮なキンチョウ感がつきまとう。ま、生まれて初めて行った街だしね。

ベルリンに対しては前衛的でトンガッた街というイメージがイ課長にはあった。
通訳サンからは「ドイツのすべての州の中で失業率が一番高い(ベルリンは州扱い)」
なんていう話も聞いてたから、けっこうヤバい雰囲気もただよってるかと思ったけど
街を歩いてるとそういう感じはない。むしろ「歴史ある国際都市・ベルリン」、あるいは
「かつてのドイツ帝国の首都」としての重厚感の方を強く感じたなぁ。

これはブランデンブルグ門をヨコから見たところなワケだけど、
この通りはかつてベルリンの壁があったところ。街路樹の植わっているラインが
壁だったんだと思う。
f0189467_0213922.jpg


ブランデンブルグ門も分断時代は立ち入り禁止ゾーンだったが今はそのマタの下を
通過できる。考えてみりゃイ課長のこれまでの人生の半分以上にわたってベルリンは
西と東に分断されてたわけで、それが今じゃ誰でも通れる。
外国人のイ課長にとってすら、ちょいとばかり感慨深いことである。
f0189467_0255382.jpg


ブランデンブルグ門から西を見ると、遠くに小さ〜く塔が見える。
これがジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)だ。塔のテッペンには勝利の女神の黄金像が乗ってる。
f0189467_0301326.jpg


ブランデンブルグ門の上には馬車に乗ったブロンズ製の勝利の女神がいる。
そして、はるか遠望できるジーゲスゾイレの上には黄金の勝利の女神。
二つの勝利の女神を結ぶ、この眺望こそまさに「ドイツ帝国の威信」を象徴するような
パースペクティブ(遠近法)だよなーと感心しきりのイ課長なのであった。

一日乗車券買ったからバスは何回でも乗り放題。
いったん戻ってジーゲスゾイレの写真も撮った。
f0189467_0342716.jpg


あー…映画ファンにとっては、ここは「ベルリン・天使の詩」って映画で
天使たちが座っていた場所として思い出深い。実物を見られるとはなぁ…。

ベルリンでフリーでいられたのは半日しかなかったけど、
それでもこの街にはいろいろ感じるところがあった。
「ベルリンという街」シリーズはたぶん続くのである。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-09-28 00:37 | 2008.09 ドイツ出張 | Comments(0)
2008年 09月 26日

飾り窓

ハンブルクにはいわゆる“飾り窓”がある。
欧州でも有数の港町ハンブルク。長い航海から戻ったオトコたちの集まる街では
御婦人とのカリソメの一夜を求める需要がバクダイにあったのは容易に想像できる。

さて、イ課長は外国で外国人の御婦人を買おうなんて度胸はない。
まぁ日本で日本人の御婦人を買う度胸もないんだけどさ(笑)。
ただ、飾り窓があるなら、出張中であってもぜひ見学してみようと思う程度には
仕事以外の好奇心が旺盛で、仕事には不真面目なのである。

飾り窓はハンブルクの有名な歓楽街・レーパーバーンからちょっと奥に入った
ヘルベルト通りという所にある。その通りが言わば「飾り窓横丁」になってて、
横丁の入口と出口に門?がある、と、そこまでは事前にネットで調べた(仕事しろよ)。
Google Mapを拡大していくとヘルベルト通りの場所は特定できる。

実際にイ課長がソコに行ったのは2008年9月19日金曜日午前中のことである。

Google mapをプリントアウトしてったけど、やっぱりわかりずらい。
「この辺のはずなんだけど…」と少しグルグルしてようやく発見したヘルベルト通り。
f0189467_428251.jpg


この写真はイ課長も事前にネットで見てはいた。しかしいざ実物を前にすると
やっぱ少し尻込み…いやしかしせっかく来たハンブルクの飾り窓。ここで撤退したら
死ぬまで後悔する。突入するのだイ課長。別に命取られるわけじゃないし。

この門から先は写真は厳禁なのである。

入ると、向こう側に反対側の門が見える。飾り窓横丁自体は100mもないと思う。
まぁ正確なトコはわかんない。イ課長は緊張していたのである(笑)。

路地の両側の1階は全部ガラスがハマッててショーウィンドウ形式になってて、
チャンとそこには椅子が置いてある。ちょっと脚の長い小さめの床屋椅子って感じ。

イ課長がココに突入したのは午前中の10時半くらい。
この時間なら「開業」している御婦人がいることはあるまいと思っていたら、
おおお、右側のウィンドウに美しい御婦人が営業中でいらっしゃるではないか。

「はっろ〜〜

そう言いながら自分の顔の前のガラス扉をパタンと開ける。
はは〜…そう言われると飾り窓っていうのは一面ガラスじゃなくて、ウィンドウ真ん中に
横にサンみたいのが渡ってる。サンの下は固定式ガラスだけど、上の方はこうやって
可動式トビラ形式になってるというわけだ。なーーるほど。

「はっろ〜〜 ねぇそのヒゲのヒト〜、寄ってかな〜い?(和訳はイ課長の想像)」
これ以上ないくらい甘い笑顔でトビラを開けて声をかけてくる。
「いやあの…見学なんです」とも言えず、さびしげな笑顔?だけ残して通りすぎる。

出口に近づくと、今度は左側の窓でやはり“営業中”の美女がいらっしゃる。

「はっろ〜〜午前中だから早割でいいわよ〜ん (和訳はイ課長の想像)」

あーそんな…トロケるような営業スマイルを送っていただいて恐縮ですが、
何せ見学なモンですいません…ここでも愛想笑いだけして通りすぎる。

さてだ。この飾り窓で“営業中”の御婦人方について少し説明したい。
着てるものとしては大体「下着レベル」と考えていただいてイイと思う。
コルセット+ガーター+ストッキングっていう、大体そんな感じ(詳細には見てない)。

ルックスのレベルは…と言えば、イ課長これにはハッキリ言って驚いた。
何となく「でっぷり太った百戦錬磨の御婦人」像をイメージしてたんだけど、
イ課長が見たお二人に関して言えば両方ともスラリとした美女で、
まぁプレイメイトくらいのレベルは十分クリアしてたと思う(詳細には見てない)。
さすがは世界有数の港町の飾り窓。御婦人のレベルはかなり高い。

面白かったのは、この飾り窓横丁で向こうから来たオッサンとすれ違ったことだ。
午前中にこんなトコを見学しようって物好きがイ課長以外にもいるのだ。世界は広い。
いや、見学じゃなくて、ちゃんと“マジメな商談”で来たのかな?

オッサンとすれ違うとき、どういう顔をすればイイのかと思った。
お互いウィンクでも交わして「頑張ろうぜ、ご同輩」みたいな挨拶を親しく交わすのか?
それとも無視しあってすれ違うモンなんだろうか?

結果としては後者であった。
というよりイ課長が見たところ、あのオッサンもイ課長程度には緊張してたと思う(笑)。
そうやって反対側の門まで通り抜けた。これが反対側の門。おんなじだな。
f0189467_4582793.jpg


開業中の美女が二人、見学中?のオッサンが一人。
それがこの飾り窓横丁見学の約1分くらいの間に出会った全ての人間であった。

今回の出張で、最も緊張した1分間だったのは間違いない(笑)。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-09-26 04:58 | 2008.09 ドイツ出張 | Comments(0)
2008年 09月 25日

マイルド鉄っちゃん

イ課長はふだん、日本で生活してる時は全然鉄道マニアではない。
ホニャララ1000型車両が引退しようが、SLが復活しようが
鉄道写真を撮ろうなんて気はこれっぱかしも湧いてこない。

しかし海外に行くとなぜか鉄道・駅といった写真を撮りたがる。
海外で利用する鉄道とか駅って、旅情をすごくカキタテるんだよねー。
だからつい鉄道だの路面電車だの地下鉄だの駅だのを撮っちゃう。
海外に行くとイ課長は「マイルドな鉄っちゃんになる」と言えなくもない。
今回は特に駅の写真が多かったような気がする。

フランクフルト中央駅は去年の出張の時から散々利用したから、
もう構内のどの辺にどんな食い物屋があるとか、ここで缶ビールが買えるとか
覚えてて、すっかりなじんでしまった。いわゆる「行き止まり構造」の、
いかにもヨーロッパの駅って感じの駅だ。
f0189467_416833.jpg


一方、ベルリンには東西分裂のせいもあってこれまで中央駅がなかったんだが
2006年のW杯の時に突貫工事で新しい中央駅を作った。
どこもピカピカで、最上階から地下まで吹き抜け構造っていうのがすごいけど
「ああヨーロッパの駅だなぁ」っていう旅情感は希薄なのは否めないよね。
f0189467_4221189.jpg


こっちは旅情バリバリ、伝統あるハンブルグ中央駅の立派な建物。
二つの時計台にはさまれた真ん中に桃マンジュウみたいな形のガラス窓がある。
f0189467_4251957.jpg


その桃マンジュウを内側から見るとこうなる。
これぞ「ヨーロッパの駅ざます!」っていう雰囲気に満ちあふれてて好きだったなぁ。
f0189467_4265690.jpg


こっちは同じハンブルグの地下鉄(地上走ってるけどね)。
ドイツの鉄道は降りる時にドアのボタンを押す構造が多い(押さないと開かない)。
ところがイ課長が乗った地下鉄はボタン式じゃなくてハンドル式。
降りる時「コレをこうするの?」って乳母車持ったママにジェスチャーで尋ねて
教えてもらったっけなぁ。
f0189467_4313849.jpg


リューベックの中央駅はレンガ造りの重厚な建物だった。
ドイツ国鉄はこの写真にもある「DB(ドイチェ・バーン)」の印がロゴなんだけど、
今回の出張ではホンッッッッッットにお世話になった。ありがとさんでござんした。
f0189467_434286.jpg

[PR]

# by tohoiwanya | 2008-09-25 04:34 | 2008.09 ドイツ出張 | Comments(0)
2008年 09月 24日

ドイツの食い物

ドイツは食い物がまずいという評判もないわけじゃないが
B級グルメ野郎・イ課長にとっては十分満足できる国だ。
真っ昼間からネクタイ姿でビール飲んでても違和感がないという
あの雰囲気は何にもまして素晴らしい(笑)。

今回の出張では食い物の写真もけっこう撮った。

店先でジュウジュウ焼いてるソーセージ。いやーこれ見たら食わずにおれようか。
f0189467_435917.jpg


これぞ典型的ドイツの食い物コンビネーション、
焼きソーセージとパンとビールのセット。うまいッ!これで7ユーロくらいだったかな?
半分はビール代のはずで、ソーセージとパンだけならもっと安く済む。
f0189467_422933.jpg


これはベルリン名物カレーヴルスト。カレー粉がかかってるのがミソで、
これも値段的には同じようなもんだった。
f0189467_473446.jpg


出張先でこういうモンばかり食うってのがイ課長的と言うべきか…。
そんなコトはない。ハンブルグじゃちゃんとしたステーキだって食ったのだ。ほれ。
ただしやっぱり高い。30ユーロを超えた(ビールお代わりしたけどさ)。
f0189467_495077.jpg


フランクフルトで食ったイェーガーシュニッツェルも美味しかった。
これって、ヴィーナーシュニッツェルの上にキノコソースがかかってんだけど、
ソースがかかりすぎて、肝心のシュニッツェルが見えない(笑)。
サラダとセットで7.5ユーロという安さ。ビールを飲んでも11ユーロくらいで済んだ。
f0189467_413822.jpg


これは魚介類料理チェーンNORD SEE(北海)で食ったもの。
何かの背青魚のサワークリーム和えとジャガイモ。これは8ユーロくらいだったかな?
全ての写真に写ってるビールがイ課長のエンゲル係数を上げている(笑)。
f0189467_416941.jpg


これはフランクフルトで食ったトルコ料理のドネルサンド。
例によってビールを加えて7ユーロ前後で、物価の高い欧州じゃとりあえず
ビール加えて10ユーロ以下で済むモノは安いと考えるべきなんだろうな。
f0189467_4204519.jpg

   
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-09-24 04:20 | 2008.09 ドイツ出張 | Comments(0)
2008年 09月 22日

旧東ドイツ

9月の海外出張ではフランクフルト・ベルリン・ハンブルグという順番で
それぞれ2泊ずつしたわけで、それだけだと何となくドイツを代表する大都市を
順グリに周ったように聞こえる。

…が、実際のアポはこれら大都市から電車で何時間も揺られた先の
田舎町っていうケースが多かった。
特に月~水の3日間は全部そんな感じでホントにきつかったけど、
その中で旧東ドイツ地域の田舎にも行く機会があった。
旧東ドイツエリアに入ったのなんてもちろん、生まれて初めてだ。

降りた駅はWolfen(ヴォルフェン)っていう名前。
たぶんオオカミっていう意味じゃないのかな?しかしまぁ意味はどうでもいい。
すごかったのはその駅のタタズマイだ。

駅正面、つまり駅前広場(と言っていいのか…)ガワから見た駅舎。
薄汚れたガラスが一部割れてるあたり、すでにかなりキテる。
f0189467_1436467.jpg
 
驚くのはプラットホーム。屋根は木造でしかもオンボロ。人影もない。
現在使用されている駅という感じがマッタクしない。つうより、ほとんど廃墟。
f0189467_14391825.jpg
   
線路は草ボウボウ。どうみても廃線。ま、もっとも反対側の線路は一応マトモで、
電車はその反対側線路を通ってきたんだけどね(笑)。
f0189467_14103368.jpg
 
  
プラットホーム側から見た駅舎の廃墟感がまたすごい。
「これはナチス・ドイツ時代に存在したヴォルフェン強制収容所跡に今も残る廃墟だ」
…と、ウソをついてこの写真を見せれば、かなりの人は信じると思うなー。
f0189467_13574462.jpg
 
いやーけっこう驚いた。旧西ドイツ在住の通訳さんも驚いておった。
でもこの駅はある意味まだマシな方で、タクシーに乗ってるとホンモノの廃墟も
そこかしこにあるんだよね。
「取り壊し費用がかかるから放ってあるんだ」って運転手サンが言うとった。
ベルリンみたいな大都市じゃ「旧東側」はあちこちほじくり返して工事してたけど
こういう田舎の再整備までは手が回りきってない様子が見てとれる。

調べたところでは、この辺って旧東独時代は立派な工業地帯だったんだけど、
環境汚染があまりにヒドくて、「欧州最悪の汚染都市」とまで言われたらしい。
統合後は汚染源工場がどんどん閉鎖され、失業者は増え、街はサビレる
一方だったと、どうもそういうことみたいだ。

この廃市のような町でイ課長が訪問した先は新しく整備された工業団地に
出来た会社で、建設費の4割を州や連邦政府が補助してくれたって言ってた。
当初は「旧東独地域の産業振興・雇用創出政策」と思ってたけど、裏には
「汚染土壌だった地域(今は浄化したらしいが)を何とかしなきゃ」っていう
必要性もあったんだろうなぁ。

旧東ドイツ地域問題の根の深さに感じ入るイ課長であった。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-09-22 14:06 | 2008.09 ドイツ出張 | Comments(0)