2009年 01月 13日

アメリカ出入国体験記 -出国編-

さて出国編。まずスーツケースの話をしなければならない。

イ課長は昨年の海外出張3連発のためにキャスター付きスーツケースを買った。
それまではゴロゴロ付きスーツケースってのを持ってなかったのだ、イ課長は。
黒やシルバーだと同じようなスーツケースが多くて、空港のバゲッジクレームなんかで
間違えられるリスクが高いと思ったから、目立つゴールドのにした。
ミュンヘンのホテルを撮った写真にベルト付きで写ってるな。これ。
f0189467_6215197.jpg

これを買うとき、東急ハンズの店員が「このスーツケースはTSAロックだから、
アメリカ行く時でもかけたままでイイんですとかなんとかウンヌン…」と言った。
その時はよくわからなかったけど、実はけっこう重要なことを言われたんだよね。

アメリカでは空港でスーツケースを預けるとき(大きい荷物は当然預けるよな)、
中身をチェックされる可能性がある。え?でもスーツケース預ける時に鍵かけちゃったら
(普通ロックするよな)どうするの?開かないでしょ?

ところがだめ。アメリカでは「コレをチェックしよう」と思ったスーツケースが
もしロックされてたら、鍵は容赦なく壊される。
だから、預け荷物に鍵をかけるのはヤバいのだ。セキュリティチェックのために
鍵を壊そうが中身を破損しようが責任がない、と法律的に定められているらしい。

しかし、中にはアメリカ運輸保安庁が公認している鍵っていうのがあって、それは
なんと空港職員側が合鍵を持ってる。だから、この公認キーを使ってれば
施錠して預けても鍵を壊されずに済むってわけで、その公認キーをTSAロックという。
TSA=Transportation Security Administration:米国運輸保安庁

2008年11月22日、日本に帰るためワシントンDC・ダレス空港に着いたイ課長は
いつものようにゴールドのスーツケースを全日空のカウンターに預けた。
通常、預ける荷物は15kgまでで、超過すると料金を取られるらしいけど、この時
イ課長のスーツケースは18kgあった。現地でもらった書類や資料が重かったんだけど
まぁ3kgくらいはお目こぼししてくれるらしい。
チェックインが済むと全日空のオネエチャンがイ課長に言う。

「この後、荷物チェックがありますので、その辺でお待ちいただけますか?もし
 お荷物に何か問題があればコチラからお声がけ致しますから」

ひえー。
荷物チェックは「基本はX線検査だけで、中から怪しそうなのを選んで開ける」と
思ってたけど、ダレス空港じゃ全部、1個残らず開けて調べるのかい?!

メキシコ系らしき職員が荷物を移動しながらイ課長に聞く。「この荷物はロックしたか?」
「あ、これは…えーと…TCAだかTSCAだか何だか…とにかくそういう鍵だ」とオロオロと
答えたらそのまま持ってって中身チェック。その状況はイ課長からもよく見える。

ケツ周りがイ課長の倍くらいありそうな黒人のオバチャンが18kgのスーツケースを
エイヤと持ち上げ、周りに巻いたベルトをはずしてると別の係員が合鍵を持ってくる。
けっこう乱暴にガチガチやると、あら鍵が開いちゃったよホントに。

主な中身は大量の資料と、大量の洗濯物と、現地で買ったオバマ人形(笑)。
すんなりOKかと思いきや、そのオバチャンは大量の資料を少しずつ少しずつ
メクッていって、間に何かはさまってないかをチェックしてる。衣類なんかには全然
目もくれずに、とにかく紙やパンフレットの資料類を念入りにチェックしてる。
見てるイ課長はハラハラだよ。ヒトがせっかくキチンとパッキングしたのに…。

ようやくオバチャンによる荷物チェック終了。
また合鍵をもった職員が鍵をかけ、一応元通りにベルトもハメてくれた。やれやれ。

機内持ち込み手荷物のX線検査や本人の金属探知機くぐり、といったお決まりの
セキュリティチェックも終わって、ようやく搭乗ロビーに出られた。ふう…
さぁもう大丈夫だ。ゆっくり朝飯を食ってオミヤゲでも買っ…あれ?ちょっと待て。


ええ??…えええーーーーーッ??!
パスポートに出国スタンプが押されてない!

イ課長はもう搭乗ロビーに出ちゃってる。
間違えて出国審査を通らなかったのか?いやしかし、イミグレーションを通らずに
ココにいられるはずがない。どういうことなんだこれは?

不安になって全日空の係員に聞いてみると、どうもアメリカじゃ空港によって出国スタンプを
押す・押さないはマチマチらしくて、DCのダレス空港では押さないみたいなんだな。

えええ~~?ホントなの?イイカゲンだなーーやけに。
まぁ確かにイ課長は問題なくそのまま帰ってきたわけだから、ホントなんだろうけどさ…


出国スタンプ押さないなんて、ちょっとオオザッパすぎないか?アメリカ!
[PR]

# by tohoiwanya | 2009-01-13 01:43 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2009年 01月 12日

アメリカ出入国チェック体験記 -入国編-

最近、アメリカに出張or旅行した人ならすでに「もう知ってるよ」な話だろうが、
アメリカの空港の出入国に際する厳しいセキュリティについて書こう。
イ課長ブログはこうやってマジメなトラベル情報をご提供することもあるのだ。

イ課長にとっては昨年11月のワシントン出張が「同時テロ後最初の米国訪問」だった。
相当チェックが厳しくなってるとは聞いてたけど、確かに厳しかった。
特に首都の空港だったからよけいに厳しかったっていうのもあるかもしれないし、
加えて、ちょうど前日まで20カ国サミットがワシントンで開かれてた影響もあったかも。

2008年11月18日、ワシントンDCのダレス空港の入国イミグレーションではまず
①パスポートチェックといくつか口頭質問。ここまでならまぁどこの国でもある。
だが、アメリカ入国の場合はさらに
②左右すべての指の指紋取られて…
③顔写真を撮られる
というのが全部行われる。だから一人通過するのにけっこう時間がかかる。
もちろん入国カードを事前に記入しておくのは当然で「アナタは破壊活動のため米国に
入国しようとしていますか?」とか「アナタはナチスと関係がありましたか?」とか
笑いたくなるような質問に全部「いいえ」としておかなければならない。

特にイ課長の場合、渡航目的を「観光」ではなく「ビジネス」にしたから厄介だった。
これは迷ったんだよね。「ビジネス」にするとその内容とか、商品サンプルの有無とか、
よけいな質問を受ける可能性が高まる。ただの観光ってことにした方がいいかな?とも思った。
しかし、機内ではネクタイこそ締めないものの、ビジネスルックの中年男が観光ってのも
極めてウソ臭い(笑)。そこで正直に「ビジネス」のとこに印をつけておいた。

案の定、チェックは厳しかったね。滞在期間とか、通常の質問をされた後で
「オマエのビジネスとはどのようなビジネスなのだ?」という質問が待っていた。
「あーその…いくつかの政府機関とのミーティングである。例えば○○○とか…」
政府機関の名前を出せば通してくれるかと思ったら、さらに突っ込まれた(笑)。
「どんな内容のミーティングなのだ?」
「あーその…」この段階で口頭で説明するのはあきらめた。説明したら長くなるし、
説明すればするほど新たな質問を誘発することは絶対に間違いない。
大体、そんな面倒な説明ができるほどの英語力もないよ。

だが用意周到なイ課長はこの時のために米国連邦労働省がメールで送ってくれた
ミーティングの日時や相手を書いた確認ペーパーをカバンに入れておいた。これは
労働省の建物の入口セキュリティで見せるために相手が送ってくれたもので、
当然そこにはイ課長の氏名も書いてある。コレを見せれば通してくれるだろ?
何たって労働省だぞ?連邦政府機関とのアポを示す紙を持ってんだぞオレは。ホラ通せ。

係官はそれを長い時間かけて隅から隅までジックリ読んだあとイ課長に聞いた。
「オマエの勤務するところは?」
「え?…会社の名前ってこと?」
「そう」
そこでワザとゆっくりキチンと発音して会社の名前を言ったらやっとOK。
日本でも取られたことがない指紋を取られ、入国スタンプを押してくれた。

うーむ…やはり入国チェックは厳重だ。特にビジネスでワシントンDCに行く人で、
しかもイ課長と同様に英語に自信のない人は、可能であれば、仕事の内容や会う相手を
示すための英語の紙を用意しておいた方がいいかもしれない。
ちなみに、今年の1月12日(ああ、今日だ)からアメリカ入国にはネットで事前申請
しなきゃいけなくなったはずだから、ますます面倒。
(もっとも、事前申請って要するに上に書いた入国カードのネット版みたいだけど)

ダレス空港を出てバス乗り場に向かうと、こうやって星条旗がエラそうにはためいてやがる。
  
f0189467_1422558.jpg

しかしこの時は厳しい入国チェックにムカついて反米思想に火がつくっつうより、とにかく
無事入国できてホッとしたっていうのが正直なところだったな。
まぁ入っちまえば、帰りはそれほど大変じゃないだろうと思ったけど、出国のときの
セキュリティがこれまた大変。長くなったから出国編はまた次回。
  
[PR]

# by tohoiwanya | 2009-01-12 01:45 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2009年 01月 09日

どくとるマンボウの教え

北杜夫が書いた「どくとるマンボウ航海記」っていう本がある。

その中で、北杜夫がシンガポールで歩き回り、くたびれ果てて船の自室で寝てたら
他の船員が「あれ?ドクター、上陸しないんですか?」と聞いてくる場面がある。
へたばった…って答えると、その船員が北杜夫を叱咤するんだよね。

「だめだよドクター、港に着いたらシャニムニ飛び回らなくちゃ。いいですか?
 陸の上にいられるのはホンのちょっとで、海に出りゃいくらでも寝られるんだから」

北杜夫はこれに対して「これは実にありがたい忠告で、寄港中は追い込みにかかった
ペナントレースみたいなものだから足がケイレンしたなどと言ってられないのだ」
みたいなことを書いてた(記憶で書いてるから正確な引用ではない)。

「どくとるマンボウ航海記」を中学生の時に読み、この本から甚大すぎる影響を受けた
イ課長にとって、この船員の言葉は海外を旅する上で極めて重要な指針になった。

そうだ。せっかく外国にいながら疲れたなんて言ってられん。異国を訪問するチャンスは
人生でそうたくさんあるわけじゃない。寝るのは日本に戻ってからいくらでも寝られる。
貴重な海外滞在中は寸暇を惜しんで街を歩け!アレコレ見ろ!…というわけだ。


さて、前置きが長くなったが…(笑)。

2007年10月18日木曜日の夜。プラハに着いた時のイ課長も疲れていた。

この日の朝はドイツのケルンの会社を訪問し、午後鉄道でフランクフルトに移動し
夕方の飛行機に乗ってプラハへ。右も左もわからない初めてのプラハでやっとこさ
ホテルにたどり着いたところで、もうくたくた。しかも明日は午前中からアポがある。
外は寒いし、ホテルでじっとしてたいなぁ…という思いが頭をよぎる。

だがここで「どくとるマンボウの教え」がイ課長を励ます。
オマエは今、生まれて初めての東欧圏・プラハにいるんだぞ?貴重な経験だぞ。
ホテルで寝てる場合か?というわけで、疲れた身体にムチ打って、カメラを持った
イ課長は夜のプラハの街を散歩してみたわけだ。8時頃だったかなぁ?

f0189467_11562452.jpg

f0189467_11572111.jpg

寒かったけど、夜のプラハは本当に素晴らしかった。
ライトアップで輝く宮殿と聖ヴィータ聖堂がブルタヴァ河の川面に映る。
堂々たる国民劇場の威容、石畳の道、赤と白の市電…
日本人が思い描く「ヨーロッパ」そのものっていう風情がそこらじゅうに満ちている街だったな。
人気のない暗い路地も散々歩いたけど、ぶっそうな感じも全くない。
この夜の散歩だけですっかりプラハの美しさに魅了されてしまったんだよ、イ課長は。
f0189467_11575880.jpg


外国滞在中は疲れたなんて言ってないで、寸暇を惜しんで歩き回れ。
「どくとるマンボウの教え」は正しいのである。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2009-01-09 11:58 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(0)
2009年 01月 06日

海外出張におけるオペラ運

2008年11月17日の夜、イ課長はワシントン・ナショナルオペラを鑑賞した。

オペラ好きのイ課長にとって欧州や米国への出張は現地オペラ鑑賞のチャンスだ。
ところが昨年は海外出張に3回行ったけど「オペラ運」は全体に低調だったと
言わざるを得ない。
9月出張じゃハンブルク国立歌劇場の「リゴレット」がソールドアウト。
10月出張じゃミュンヘン国立歌劇場の「マクベス」を立ち見鑑賞&途中脱落(笑)。
さて11月出張、ワシントン・ナショナルオペラはどうだったか…?

ホントは人気演目「カルメン」を観たかったんだけど、これは売り切れだった。
そこで、17日夜の演目にしたんだけど、これがドニゼッティ作曲「ルクレツィア・ボルジア」って作品。
一般の知名度は低い。イ課長も初鑑賞。まぁ仕方あんめぇ。

ナショナルオペラはケネディ・センターっていう、ポトマック河畔に建てられた
巨大文化センターの中にある。ワシントンの白人上流階級っぽいジイちゃん・
バアちゃんたちが客層の中心で、出張中の外国人はイ課長だけだったと思う(笑)。
赤絨毯のロビーにはケネディのドでかい頭部がどっかんと置かれてたね。
f0189467_1821258.jpg


日本でプリントアウトした予約確認メールを見せて(予約番号がわかればいい)
ID(これは当然パスポートでいい)を見せると、保管しといてくれたチケットを渡してくれる。
窓口のオバチャンが日本のパスポートを見せたイ課長にチケットを渡しながら
「まぁアナタ遠い日本から来て、ココでオペラが見られて良かったわネー!」っていう顔で
ニッッッッコリと微笑んでくれるのがとても嬉しい。
当然、イ課長も最大級の笑顔で「Thank you」と御礼を言ったのである。


f0189467_1824427.jpg

オペラはなかなか良かったよ。特に主役のソプラノは立派なモノ。
だが何しろ行ったのは到着翌日の月曜夜。昼間は2件訪問してお疲れ気味の上に
まだ時差ボケも残ってる。はい、途中何度かウトウトしました。

指揮者がかつての名テノール、プラシド・ドミンゴだったのもナショナル・オペラ
ならではだよなー。
もちろん、ミュンヘン国立歌劇場の時みたいなヒサンな目に遭うこともなく、
終幕までちゃんと座って鑑賞できたのである(笑)。
 
2008年最後の海外出張ではオペラ運はまぁまぁだったと言えるかな。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2009-01-06 18:03 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)
2009年 01月 05日

欧州ヘンなもの図鑑

みなさま明けましておめでとうございます。
いつまで続くのか先のわからないイ課長ブログ、本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年最初の更新だし、気楽なネタでいこうではないか。

海外を歩いてると道ばたの銅像とか、教会建築の一部に
「ヘンチクリンなもの」を見かけることが時々ある。

代表的なのがゴシック教会建築につきものの「ガーゴイル」だ。
これって要するに雨ドイの排水口なんだけど、どんなにマジメで神聖なゴシック教会でも
この排水口だけは「ヘンチクリンなもの作って遊んでヨイ」っていうお約束があるみたいで、
大体ヒドいものがくっついてることが多い。

ブリュッセルのグラン・プラスに面した建物のガーゴイル。
雨の日はこの口から雨水がジャバジャバ出てくるわけで、ゲロ吐き野郎そのものだ(笑)。
f0189467_234327.jpg


こっちはプラハの聖ヴィータ教会にくっついてたガーゴイル。
こっちでもハデに吐いてる。雨の日のコイツらを見たいような、見たくないような…
f0189467_2361857.jpg


プラハにはこんなものもあった。
カレル橋の欄干の(たぶん)銅のレリーフなんだけど、おそらく何かの理由があって、
「このイヌを撫でるとイイことがある」とか何とかっていう言い伝えがあるんだろうな。
あまりにみんなが撫でるもんだからイヌだけツルツルに磨かれた状態になってるよ。
なにやら神聖な光に輝く、神聖なものに見えるではないか。イヌのくせしやがって。
f0189467_2394865.jpg


プラハのコレも覚えてるよ。
カブトをかぶった騎士の像…なんだろうけど、顔がなくてノッペラボウ。
f0189467_2412871.jpg

顔だけ摩耗してこんなノッペラボウになるとは思えない。何で顔を作らなかったんだ?
実は顔はカブトの中に隠れている…とも考えられるけど、だとすると
何もない顔に見えるところはアゴから首ってことに…いや、そうは見えないなぁ。
眺めてるうちに、この像がダースベーダーに見えてきてしょうがなかった(笑)。


最後は去年10月出張で行ったミュンヘン市庁舎前の噴水にいた魚。
f0189467_2451097.jpg

オイ何なんだいコレは?! ドッカから空気入れられて身体がふくらんでるのか?
空気入れられすぎて目玉が飛び出してるぞ(笑)。じき爆発するぞ。まったくもう…。

というわけで、新年最初のイ課長ブログは「欧州ヘンなもの」図鑑でした。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2009-01-05 03:01 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)
2008年 12月 31日

2008年ヒコーキ総決算

来年からイ課長ブログを少〜し変えようと思ってる。

今までは今年イッた3つの海外出張ネタ&写真を書いてたわけだけど、
来年からは去年イッたドイツ・チェコ出張ネタ&写真も掲載するのである。

「今まで出張で行った街で、ドコが一番良かったか?」と聞かれたら、イ課長は
おそらく「うーん…やっぱ…去年のプラハかなぁ」と答えると思うんだよね。
去年の出張ネタはいずれ解禁しようと思っていたのだ。

ブログのカテゴリーもこれまでは「海外出張」と「出張のついでに」しか
なかったけど、いつの、どの出張だったかわかるように増やした。

…まぁ大した変化じゃないけどさ(笑)。

さて、国内&海外出張に明け暮れた今年(たぶん)最後のイ課長ブログ更新。
本日はドコかの街のネタではなく、飛行機乗った回数を勘定してみた。

今年はとにかくよく飛行機乗ったけど、一体何回離着陸したんだろう?
1往復すれば行きと帰りで2フライト、離着陸4回ってことになる。

国内出張じゃ九州に3回行った。これだけで6フライト。離着陸12回。
9月ドイツ出張じゃ日本〜ドイツ往復+ドイツ国内線含めて4フライト。
10月欧州出張も4フライトだ。ブリュッセルから飛行機で移動したりしたからね。
これは10月出張の出発前に成田で撮った写真。
f0189467_2573614.jpg

11月米国出張はDC〜NYの米国内線移動含めてやっぱり4フライト。
これも出発前の成田の写真。この時は雨だったんだよなぁ…。
f0189467_2593166.jpg


合計すると、今年だけでイ課長は計18フライト、36回離陸・着陸を繰り返したわけだ。
そうやって勘定してみると改めて驚く。よくまぁ乗ったもんだ。

誰でもそうだろうけど、飛行機に乗る時、特に離陸・着陸する時って
「大丈夫だよな…まさか落ちないよな…」っていう思いが頭をよぎるもんだ。
今年、イ課長はそういう思いが36回も頭をよぎったのかよ!

1年にこんなにたくさん飛行機乗るのはイ課長にとってはもちろん初めてだ。
九州出張に行ってた頃は真夏で、クソ暑かったけど、11月にNYからDCに帰るときは
ラガーディア空港にはもうクリスマスツリーが飾ってあったっけ。
f0189467_304923.jpg


来年は「海外出張は最大年1回まで」「国内含めてもフライト数はひとケタ」に
何とか収めたいと思うイ課長なのであった。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-12-31 03:02 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)