2008年 11月 07日

ブリュッセルという街-その3-

海外にいくと「マイルド鉄っちゃん」になるイ課長。
ヨーロッパは市電(トラム)が走ってる街が多いから楽しいし、乗りたくなる。
特にブリュッセルのトラムはなかなか面白かった。

この街では他の街と同じようにトラムが地上を走ってるんだけど、路線によっては
地下鉄になってる。地下鉄トラム。こういうの、ヨーッロッパの他の街でどの程度
一般的なのか知らないけど、イ課長は初めてだから非常に興味深かった。

地上を走ってる市電って、普通の鉄道に比べて駅のホームが低い。
「車道と歩道」の高低差に毛が生えたくらいの高さしかないっていうホームが普通だ。

地上にそういうホームがあり、市電が停まるっていうのはイ課長も見慣れてるけど、
地下鉄がそうなってるとコレがやけに異様に感じられるから不思議。
なーんで地下鉄のホームがこんな低くて、そこに市電が入ってくるんだと思っちゃう。
f0189467_1328031.jpg



写真を見ると単線にみえるけど、実際には複線(…だったと思う)。
しかも地下鉄トラム路線がいろいろあって地下で分かれたりする。それがこの写真。
f0189467_13315866.jpg



この「地下鉄トラムの分岐点」駅のところでこのトンネルを見たときは驚いた。
最初は自分が何に驚いてるのかわかんなかったんだけど、とにかく驚いたんだよ。

しばらくして自分が驚いた理由がわかった。
日本の地下鉄にもこういう分岐点くらいはあるけど、こんなに幅広いトンネル掘って
端から端まで「全く柱がない」なんてことは日本じゃたぶん考えられない。
日本の古い地下鉄路線だったら線路と線路の間には支柱がギッシリ並んでるし、
シールド工法で作ったトンネルでもこんなガラーンとしたトンネル、ないんじゃないか?

地震のない国だからこその「広々トンネル」というべきか。異様に見えたなぁ。
このトンネルの中を市電がウネウネと通るわけだ。実に異様だ(笑)。

ちなみに、これはブリュッセルのトラムじゃない方の、普通の地下鉄駅。
これはホームも高いし、日本の地下鉄とそんなに違うところはない。
f0189467_13503298.jpg



f0189467_13531676.jpg

地下鉄の車内はこんな感じ。
電車の車内で写真撮るのって、なんか後ろめたい上にゆれるから大体うまく撮れない。
写真右のネーチャンがこっちジッと見てるね。黙って撮ってごめんなさい。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-07 13:56 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)
2008年 11月 06日

二つのインタビュー

ブリュッセルからミュンヘンに移動する飛行機は夜の9時10分発という遅い便だった。
空港で晩飯も食い終わったイ課長はすることもないし、出発ロビーでiPodを聞きながら
ボーッと出発を待っていたわけだ。これが夜のブリュッセル空港出発ロビー。
f0189467_138366.jpg


一人のおばさんがイ課長に近づいて、何か話しかけてきた。
iPodのイヤホンをはずして「?」っていう表情をしたら…
「アナタにいくつか質問してもいいか?」みたいなことを英語で言ってくるではないか。
「…?…い、イエス」
「アナタが住んでる国はどちら?」
「えーと…ジャパン」
「これからどちらに向かうの?」
「ミューニッヒ」

ははぁ…どうやらブリュッセル空港の利用者動向調査か何かだな、これは。
イ課長が一問答えるたびに、彼女は手元の情報端末に入力ペンでインプットする。

「過去12ヶ月、アナタは何回海外に渡航しましたか?」
「今回の渡航の目的はビジネス?」
「アナタはこの空港で何かお金を使いましたか?いくら?」
「年齢は?役職は?」てな具合でけっこうあれこれ聞いてくる。

ブリュッセル南駅で切符の自動販売機の使い方を教えろと言われたときは
「ドウして外国人に聞くんだよ!」と思ったけど、こういう空港利用者の調査の
インタビューはいろんな国の人に聞いてこそ意味がある。何とか協力しよう。
彼女がゆっくり英語でしゃべってくれたおかげで無事にインタビューは終了。
笑顔で挨拶して別れたのであった。良かった良かった。


その翌日の午前中。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテークの前で通訳さんと待ち合わせだったから
絵を見たあと、近くの灰皿で一服しながら待ってた。これがノイエ・ピナコテークね。
f0189467_1391951.jpg


近くにドイツ人の若者3人が何か打ち合わせしてる。女子1人と男子2人。
女子の方はマイクを持ってて、男子は何か録音機材らしきバッグを肩にかけてる。

ははぁ…たぶん高校か大学の社会科教育の一環で「実際に街頭でインタビュー
してみよう」みたいな、一種のジャーナリズム演習っぽい感じだなアレは。

周囲にはあまり人がいない。状況的にはちょっとマズい。
「オレには来るなよー、間違っても来るなよオレには」と念じていたんだけど、
イ課長の祈りもむなしく、純真なドイツの若者たちは一番近くにいた人間、すなわち
外国人・イ課長のところにツカツカと来ちゃったよ。あーあ…。

よせばいいのに、女子生徒がやや緊張したマジメな顔でイ課長にマイクを向け
「あのすみません、●♨△▲♂□…(以下まったく理解不能)」と質問してきた。
そりゃイ課長だって協力してあげたいよ?しかし言葉の壁はベルリンの壁より厚い。
「ソーリー、私、ドイツ語、しゃべれません」と英語で答えた。他に何ができよう?

お互いにたいへんおマヌーな状況。
彼らもイ課長も思わず全員ケラケラ笑っちゃって、そのまま笑顔で挨拶だけは
交わして別れたのでありました。

あの後ちゃんとインタビューできたかなぁ?あいつら。心配だなぁ(笑)。

 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-06 01:42 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)
2008年 11月 05日

ミュンヘンという街-その1-

ミュンヘンには15年くらい前、トホ妻と観光で来て以来だった。

深夜にホテルに入って、翌日の午後にアポイントがあった。
午前中に大急ぎでノイエ・ピナコテークを見学しようと思ってホテルから歩いた。
歩いてて、フと気づいてフと足を止め、イ課長はその場でグルリと一回転した。

あーーーー…またコレかよ。

ベルリンでゲップが出るほど見た新古典様式の建物がここにもたくさん。
確かに、立派な公共建築物を作ろうとして、ギリシャ神殿風に威厳のある外観に
したい、だからネオ・クラシック様式でいこう、と考えたくなる気持ちはわかる。
しかしもう少しバリエーションってモノがあってもイイのではないか?ドイツ人よー。

イ課長が足を止めてグルリと一回転したところから撮った3枚の写真を見せよう。
まず正面にはコレ。なんだかわからんがギリシャ風。柱頭はドーリス式だな。
f0189467_15324660.jpg



そのまま右に120度ほど回転してパチリ。こんどはイオニア式柱頭のギリシャ風建物。
f0189467_1534572.jpg



そのままさらに120度回転するとこんどはコリント式柱頭のギリシャ風建物。
f0189467_1535745.jpg



まぁ3方向にギリシャ風古典様式建築物を対称に配するというのもそれはそれで
一つのヤリ方だとは思う。しかし、ブリュッセルやプラハではこんなに「コレばっかり」
集めるようなトコはなかった。明らかに好きなんだよ、ドイツ人は、コレが。


バイエルン国立歌劇場にしてからが、こうだもんなぁ(笑)。
たまには四角い柱にしてみようとか、アーチ構造にしようとか思わんのか?ドイツ人。
f0189467_1539329.jpg



すでに9月出張のベルリンで、この「ドイツ人の新古典志向の強さ」には
いささかヘキエキ気味なのだ、イ課長は。

…と、なんだか悪口ばっかり書いたけど、ミュンヘンっていうのはイイ街だと思う。
15年前に来たときもそう思ったし、今回もそう思った。-その2-以降じゃ少し
ミュンヘンのこと、ほめてあげるから(笑)。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-05 15:43 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)
2008年 11月 02日

天井桟敷のイ課長-その2-

序曲が始まった。
しゃあない。たぶん第二幕が終わったとこで一度休憩があるはずだから、
今後の身の振り方についてはその時に考えるとしよう。
f0189467_5492934.jpg


ところがだ…
いよいよ幕が開いたその「マクベス」がさぁ…。

シェイクスピアの原作と同様、オペラ「マクベス」も冒頭は暗い森の中で
マクベスとバンクォーが不気味な魔女の予言を聞くシーンから始まる。
しかし魔女なんて出てこない。魔女役女性コーラスは聞こえるけど、舞台には
マクベスとバンクォーの後ろに「謎の男女軍団」がいっぱい立ってる。ありゃ何だ?

観客の疑問と関係なく劇と音楽は容赦なく進行していく。「謎の男女軍団」は
後ろの方である時は「虫を追い払い」、ある時は「身体を掻き」、ある時は「新聞を読み」…
といった演技を全員でヤル。ヤルのはいいんだけど、ソレにどういう意味があるの?
「謎の男女軍団」のうるさい動きが気になってしょうがない。

第1幕2場(だったかな?)、マクベス夫人が登場する頃になっても「謎の男女軍団」は
舞台の後方でいろんなことをしてみせる。最後の方じゃとうとう男女軍団は服を脱いで
一斉に交尾を始める(笑)。その間舞台照明はフラッシュ点滅でチカチカ…目が痛いス。

しかしまぁ一体何なんだこりゃ?ドウいう演出なのさ?意図がサパーリわかんねぇ。
客席には膨大な数のハテナマークが浮かぶ。そのうちの一つはイ課長のだ(笑)。
演出家がアレコレ斬新なことをやろうとしてるのはわかるけど、結果的にはそれは
オペラの盛り上がりや観客の「より良い鑑賞」に寄与してない。逆に阻害している。

「謎の男女軍団」だけじゃない。
肝心のマクベスやマクベス夫人といった主役級歌手たちもやたら舞台上であれこれ
ヘンな動きをしてみせる。それがうるさくてオペラの方に全く集中でけん。

フと後ろを見ると、「見るのをあきらめた」高齢観客たちがテキストを読みながらジッと
聞いてる。ちゃんとテキスト読めるように手元に照明が用意されてるのにビックリ。
うーーむ…この珍奇な演出を見られない彼らは不幸と言うべきか、それとも
こんな珍奇な演出に邪魔されず、音楽を聞けるのは幸福と言うべきなのか…。
f0189467_51963.jpg


第2幕、宴会でマクベスがバンクォーの亡霊におびえるシーン。
ここで例の「不気味なコドモ」がバンクォーのお面をかぶって出てくるんだけど
この場面のキモチ悪さには驚倒した。コドモの身体の上にオトナの顔がつくってうのは
山岸凉子の名作恐怖漫画「汐の声」でもそうだけど、キョーイ的に気持ち悪い。
バイエルン歌劇場の「マクベス」の珍奇な演出の数々の中で、「すげぇ!」と思ったのは
ハッキリ言ってそこだけだった(笑)。

第2幕の幕切れ。マクベス夫人はバンクォーの首を自分のスカートの中に入れて
おマタにはさんだ状態で唄う。ひーーー!これは「サロメ」かよ?(笑)
唄ってるマクベス夫人が少し足を開く。バンクォーの首が彼女のおマタから落ちて
舞台の床に「ゴットン!」という音をたててぶつかる。ひーーーー!!

やっと第2幕が終わって休憩。
もうわかった。この「マクベス」の演出がどういうモノなのかは十分堪能したっす。
後半のマクベス夫人狂乱の場とか、まだ見せ場はあるんだけどもうイイよ。
1800円分はすでに十分鑑賞したし(笑)、立ち疲れたし、あとはホテルに帰って
缶ビールでも飲んでゆっくり寝て、疲労回復して明日の帰国に備えさせてくれ。

なお、バイエルンの「マクベス」を詳しく見たいヒトはここで動画が見られる。
http://operntv.eviscomedia.com/media.1005.html

バイエルン歌劇場の前でボンボン煙草を吸うブルジョア観客の中をすり抜けて
ふらふらとホテルに戻った貧民イ課長なのであった。
f0189467_5541374.jpg


地下鉄で戻ってきて、ミュンヘン中央駅で缶ビールを2本買い、
晩メシとして立ち食いドネル・ケバブをテイクアウトし(またトルコめしかよ)、
ホテルでむさぼり食い&むさぼり飲んで、倒れ込むように寝たイ課長。
こうして、今年2度目の欧州出張最後の金曜の夜は終わったのであった…。
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-02 05:57 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)
2008年 11月 01日

天井桟敷のイ課長-その1-

金曜日、最後の仕事はミュンヘンで終わった。

出張最後の夜はオペラに行こうと思ってたから、今回は万難を排して
事前にネットでバイエルン国立歌劇場のチケットを予約していた。
残席はほとんどなくて、すごく高い席とすごく安い席しか残ってなかった。
イ課長は安い方を買ったんだけど、それがなんと12.5ユーロ=1800円くらい。

えええ〜?いくら安い席とは言え、常軌を逸した安さじゃないかい?
映画じゃねぇんだぜ、オペラだぜ?しかもバイエルン歌劇場だぜ?
でも、ネットの座席シート画面をみる限り「一番前」であるように見える。
最前列ってことか?最前列でこの値段?ホントかなぁ〜??

当日、少し早めに行って予約しといたチケットを引き換え。
「あ、アナタ、これはコレコレの理由で予約は無効ヨ」と言われやしないかと
内心ハラハラしてたんだけど、ちゃんとチケットもくれたから、もう大丈夫だ。
演目はヴェルディの「マクベス」。ポスターを見ると、どうも不気味なコドモが
出てくる演出らしい。あのオペラにコドモが出る場面なんてあったっけか…?
まぁいいや。斬新な新演出なんだろう。いやが上にも高まるイ課長の期待。
f0189467_971277.jpg


いよいよ中に入る。
1列目って書いてあるからたぶん最前列。1階のドアから入ろうと思ったら、
そこの係員のネーチャンが「アナタ、これは上よ。5階よ」と言う。

えええッ?5階?チケットに5th Floorなんてドコにも書いてないやん。
ま、まぁいい。この安いチケットはテッペンの天井桟敷だったということだ。
ひたすら階段を登って5階、1列目の23番…、ああココか。
まぁ舞台はちょっと見づらいけど、安いチケットだし文句は言えん。
こういう、高いところから見るのもなかなかイイではないか。
f0189467_991874.jpg


するとそこにオバサンが来る。
チケットを見せて、そこはアタシの席よと言うではないか。えええ?
だってほら、イ課長のチケットにも1列目の23番って…ええ?これはまた別の
「1列目23番」なの?天井桟敷には「1列目23番」がいくつもあるの???

…どうもそういうことらしい。
係員に指示された「アナタはこの辺」っていうところに行ってみて驚いた。
そこは天井桟敷の奥の奥、「舞台を見ることが不可能」な席なんだな。
イ課長の席は「舞台を見られない貧民エリア」の1列目23番だったってことらしい。
まぁ確かに、それならあの驚異の安さも合点がいくが、しかし…

このエリアの観客は完全に2派に分かれる。
「立ち見で舞台を見る貧民客」と「見るのはあきらめて椅子に座る貧民客」とだ。
後者にはお年寄りが多い。自分たちの前には立ち見客の背中がズラリと並ぶわけだが
「邪魔だからどけ」なんてことは言わない。どいたって、見られないんだし。

もはや誰が何番目の席か、なんてことはドウでもよくなってる。
バイエルン国立歌劇場の天井桟敷貧民エリアは無法地帯なのである(笑)。

仕方ない。イ課長も立ち見席(ヒジを置くための手すりだけはある」の一角に
入って立ち見で見ることにした。新演出らしい舞台を見ないんじゃつまんないし。

しかし休憩はさんで3時間半立ちっぱなし〜?
出張疲れの身体にそれはキツいよなぁ…どうしよう…?

千々に乱れるイ課長の心をヨソに、バイエルン国立歌劇場は客席照明が消え、
オーケストラピットだけが明るく浮き上がって指揮者が出てきたのであった…
(その2に続く)
 
[PR]

# by tohoiwanya | 2008-11-01 09:21 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)
2008年 10月 30日

グラン・プラス

世界で最も美しい広場、グラン・プラス。
英語で言うと「グランド・プレイス-立派な場所-」…ありがたみ半減(笑)。
本日はそんなグラン・プラスの写真特集といこう。

これを書こうと思ってグラン・プラスに関する記述をWikipediaで確認してたら…
グラン・プラスは10年前に「世界遺産」になってたんだ。ほー。

まぁアソコは世界遺産にしてイイと思うよ。ホントに、ホントーにキレイなところで
「自分は今まさに伝統的ヨーロッパの美的中心にいるんだ」って気分になりながら
いつまでーーーーも眺めていたくなる、そういう場所。
小便小僧にはガッカリする人も多いだろうが、そこから歩いて5分のグラン・プラスは
アナタを失望させることはない(はずだ)。

地図で見つけるのはちょっと難しいけど、広いから適当に歩いていれば見つかる。
イ課長が着いたのは太陽もトックに沈んだ…6時半頃だったかな?
すでに広場の空中のヒモ電灯がともされてて「うわーキレー」の世界が広がってた。
f0189467_5581338.jpg


しばらく見とれたり、写真撮ったりしてるうちにだんだん暗くなってきた。
これはヒモ電灯がハッキリ写るような露出で撮れてるけど、そのぶん建物が
ちょっと暗くなってるかな。素人デジカメじゃ限界があるのう。
f0189467_613584.jpg


実際は建物もライトアップされて照明に浮き上がってる。
こっちは建物が明るく撮れてるけど、相対的にヒモ電灯のキレイさがいまいち
伝わってないような気がする…。
f0189467_631924.jpg


あのヒモ電灯は常にブラ下がってるわけじゃないんだろうけど、ホントにキレイだった。
路地のスキマから広場を見ると何かそこだけ別世界が広がってる感じだったね。
いまグラン・プラスに行こうと思ったらイ課長は夜行くことをオススメするのである。

翌日の夕方、もう一度行ってみた。
「もう一度、アソコ行ってみたいなぁ」という気にさせる広場なんだよココは。
明るいうちはこんな感じ。昼間はヒモ電灯が少しジャマかも(笑)。
f0189467_68118.jpg


グラン・プラスの一角にはこういう古き欧州伝統建築物がギシッと並んでる。
ここもまた素晴らしいんだよなー。グラン・プラスは四方ドコを見ても実にキレイで、
やっぱブリュッセル観光には欠かせないポイントだべさ。
f0189467_6151275.jpg


え?小便小僧?
あんなのはね、2〜3枚写真撮ったらそれでオワリ(笑)。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2008-10-30 06:23 | 2008.10 欧州出張 | Comments(0)