タグ:大聖堂 ( 46 ) タグの人気記事


2017年 06月 26日

ピーターバラ大聖堂というところ【その2】

ピーターバラ大聖堂探検はつづく。
Wikipediaによるとこの大聖堂は前回見た西正面ファサードが「堂々たる初期イングランドゴシック」って
ことになってる。イングランドゴシックと普通のゴシックがどの程度似てるのかわからないけど、
とりあえず入り口ファサードが極めてゴシックっぽかったのは確か。

だが同じWikipediaによると内部は「12世紀に再建された際採用したノルマン様式建築」ときたもんだ。
せんせーノルマン様式ってなんですかー?ロマネスクとどう違うんですかー?
f0189467_01465540.jpg
 
実際に大聖堂にいた時はそこまで調べられるわけもなく、とにかく「ゴシックっぽくないよなぁ?」という
バクゼンとした疑問を抱えたまま内陣裏ッカワにあたる周歩廊まで来た。いわば大聖堂のドン詰まり。
ここまで来てイ課長はやっとお目当て?の天井にブチ当たった。
f0189467_01444445.jpg
 
おお、ここにあったのか過剰装飾天井。扇形ヴォールトから派生した装飾が複雑に重なり合って
スゴいことになってる。あちこちの音源から音波が広がるサマみたい。うーむ、やっぱりこれがなきゃ
英国大聖堂らしくないってもんだ。これが見たかったぜ。
f0189467_01444444.jpg
 
もしかするとイ課長は何かの本でこの写真を見たのかもしれない。
ここはいかにも「英国ゴシックらしい異常装飾天井」の典型だし、本で紹介されることも多いはずだ。
これを見たイ課長がピーターバラ大聖堂に対して「うわ、なんだこの異常ゴシック天井は」と思い、
大聖堂ぜんぶがこんな感じの天井なんだろうと思い込んでたんだろうな。

うーむ・・しかしこの部分だけはホント、つくづくすげぇ天井だ。
内陣ウラの周歩廊は身廊よりずっと天井が低いから、超デコラティヴ天井が間近に迫ってくる。
すっげぇ~・・・しばし見とれる。
f0189467_01444358.jpg
 
・・え?もう天井の話はいい?さいですね。ひっぱってすんません。
ではステンドグラスに目を転じてみましょう。

ここのステンドグラスはたぶん古いモンじゃないと思う。
カンタベリーのディズニー調ステンドグラスとか、イーリーの軍人ステンドグラスとか、
英国大聖堂のステンドグラスは全体的に新しそうだった。もしかすると、第二次大戦の空襲で
ステンドグラスが破損した大聖堂が多い⇒戦後作りなおしたのかな?
f0189467_01483151.jpg
 
まぁ絵柄的にはごく普通の宗教絵画の構図をそのままマネしたみたいな感じものが多いし、
真っ白なままの窓もけっこうある。ステンドグラス的には見るべきもの少ないと思った。
やっぱここは教会建築や装飾っていうより、やっぱキャサリンとかメアリ・スチュアートとか
「英国歴史ロマン」的な目的で来る方がいいのかな・・(上記二人については次回記事で扱う)。
f0189467_01483092.jpg
 
・・てなことを考えてたら、とつぜん大聖堂内にピアノの音が響き始めた。
これはスピーカーじゃない。中で誰かが弾いてるんじゃないか?

おお、あそこで黒人のおニイさんが弾いてる。
既存の曲じゃなく、昔のキース・ジャレットみたいに即興で、一回限りの曲を弾いてるっぽい。
f0189467_01495862.jpg
 
これを聞いてるうちにイ課長は深く感心した。
ピアノ演奏に対してではない。大聖堂というモノの音響効果の良さに、だ。
これまで大聖堂をずいぶん見学したけど、ミサの最中ってことはマレで(パリで一度だけあった)
大聖堂の中で音楽を聴く機会なんて皆無に近かった。

いやーーーさすがは大聖堂。ピアノ1台だけでもこんなに響くんだねぇ。
ここでパイプオルガンとか、合唱団とか聞けば、すごい残響でさぞかし聞きごたえがあるだろうけど
それ以上に演奏してるガワは気分がイイだろうと思う。
f0189467_01510499.jpg
 
英国大聖堂ならでは(と、少なくともイ課長は勝手に思ってる)異常装飾ヴォールト天井は
ちょっとしか見られなかったけど、あまり考えたことがなかった大聖堂の音響効果の良さに
触れられたイーリー大聖堂というわけでした。
次回更新では「英国歴史ロマン」風に、キャサリンとメアリ・スチュアートのお話を。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-26 00:17 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(1)
2017年 06月 23日

ピーターバラ大聖堂というところ【その1】

ピーターバラ大聖堂入り口側のファサードを特徴づける3連アーチ。
こういう大型のアーチが三つもくっついたのって見たことないと思う。確かに珍しい。
f0189467_01543095.jpg
 
近くから観察すると・・ふーむ・・半円じゃなく尖頭アーチだ。
しかも入口アーチ開口部のヘリ部分がギザギザの斜め構造になってるところなんて
ゴシック建築の特徴だよな。
f0189467_01543094.jpg
 
このギザギザ斜めの構造、単純なくり抜きトンネルだと建物の厚みがそのまま
トンネルの長さになって圧迫感があるから、こうやってギザギザの斜めに広げて
それを軽減してるって本で読んだことがある。そう言われればそんな気もする。と同時に
採光をよくするって側面もあるのかもしれん。

さて中に入ってみましょう。
ピーターバラ大聖堂は全体としてはこんな形。真上からみれば十字架型になる。
十字架の足元にあたる入口から入るとまず外陣。さらに進むと交差廊(十字架の横木部分)を
通り、さらにその奥が内陣(十字架の上部縦木部分)になるわけだ。
f0189467_01560741.jpg
 
ハイそれでは中に入ってぇ、ゴシック体操第一。まずは首をそらせる運動です。ぐぃーーーん・・
・・ありゃりゃ?!ここもイーリー同様リブ・ヴォールト天井じゃないぞ?平天井じゃん。
入り口は尖頭アーチだったけど、内陣は左右の柱も半円アーチでつながってる。
ってこたぁナニかい?ピーターバラ大聖堂も入ってすぐはロマネスク様式なのかい?
f0189467_01570391.jpg
 
へぇ〜こりゃ意外。
イーリーもピーターバラも、本なんかじゃ英国ゴシック建築の例として紹介されることが
多いはずだし、ソレらしい写真も見た気がするんだけどなぁ?

ふーむ、しかしこの半円アーチや窓開口部の壁の厚さ、平らな(おそらく)木造天井・・
専門家に言わせりゃあっさり「あ、こりゃロマネスクですよ」ってことになるんだろう。

個人的好みという点では、何の絵も模様もなくシンプルな構造美だけで魅せる
ゴシックのリブ・ヴォールトが好きだけど、さすが天井の異常装飾に凝りたがる
英国ならではというべきか、この平天井の装飾もすごいねー。
f0189467_01582705.jpg
 
さらに奥に進んでみる。
こうみえてイ課長だって英国大聖堂の建築スタイルをだんだん飲み込んできた。
身廊と交差廊の“交差点”のトコで真上を見るときっとまた豪華絢爛なアレが・・

うひゃーーやっぱり。これでもかとばかりに装飾を詰め込んだ天窓があるよ。
どうも英国大聖堂では“交差点”部分に塔を造り、そこを天窓にし、豪華絢爛な天国的世界を
再現するっていうのがパターンなんだと思われる。
f0189467_01585601.jpg
 
さらに奥、内陣の方に入ってみる。ありゃりゃりゃ?!ここも純正ゴシックじゃない。
天井部分は外陣と同じく平らな構造で、典型的ゴシックのリブ・ヴォールト天井じゃない。
左右の柱にある「枝分かれリブ」は構造上というより、装飾上の意味合いの方が大きそうに見える。
f0189467_02014126.jpg
 
うーーむこれはますます意外。
外陣はロマネスクでも内陣はイーリーみたいにゴシックになるんだろうと思ったが、ピーターバラ大聖堂は
内陣もロマネスクっぽいよ?アーチも半円型だし。おっかしーなー・・・ピーターバラ大聖堂ン中に
「これぞ英国ゴシック」って感じの超過剰装飾天井があったんじゃなかったかなー?

例によってまた天井の話だけで長くなってしまった・・。
イ課長が悪いのではない。ロマネスク?ゴシック?と見る者を混乱させるピーターバラ大聖堂が悪いのだ。
ということで、ヒトのせいにしたところで続きは次回だ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-23 00:08 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 06月 20日

ピーターバラ大聖堂と二人の女性

ピーターバラという地名、スペルはPeterborough と書く。
サイモン&ガーファンクルの名曲スカボロ・フェアはScarborough Fair と書く。
どっちもborough だけど、英国のPeterborough がピーターボロと書かれることはない。
試しに「ピーターボロ」で検索するとカナダや米国にあるピーターボロの方が先に出てくる。

borough の英国風発音は「バラ」に近いってことなんだろう。とりあえずこのブログでも
ピーターバラと表記させていただきます。

カンタベリーほどの知名度はないにしても、ピーターバラは「有名な大聖堂のある町」として英国じゃ
5本の指には入るんじゃないか?宗教的な“格”もかなり高いはずだし、建物も当然立派なはずで
例によって建築的興味はピーターバラ大聖堂訪問の大きな動機だった。
f0189467_01292720.jpg
 
ただピーターバラ大聖堂には歴史にホンロウされた二人の女性の話がつきものだ。
一人はヘンリー8世の妻だったキャサリン・オブ・アラゴン、そしてもう一人は
スコットランド女王だったメアリ・スチュワートだ。二人とも悲劇の王妃・女王といって
差し支えない波乱の人生を送った。

英国史の中でイ課長が局所的に詳しい「ヘンリー8世と6人の妻」関連ネタ。この二人の女性も
「関連ネタ」なんだよね。キャサリンは6人のうちの最初の奥さんだし、メアリ・スチュワートは
元スコットランド女王だったのにイングランドで処刑された。処刑に最終決済を与えたのは
エリザベス1世で、これは「6人の妻」のうちのお妃2号の娘。
f0189467_01292838.jpg
  
キャサリンについては前にもちょっと書いたよね。
「~オブ・アラゴン」という呼称からもわかるようにスペイン王室から英国にお嫁入り。
しかし結婚して数か月でダンナは若死に。一説では巨額の持参金の返却を惜しんだ父ヘンリー7世が
「それならオマエ」ってんで弟のヘンリーと婚約させたともいわれる。肖像画通りだとすれば
イ課長の好みの女性ではないが(笑)、ヘンリーとの夫婦仲は当初は良かったらしい。その証拠に
子供も何人かこしらえた(下の写真は本文と関係ありません)。
f0189467_01332415.jpg
 
だがそのうち無事に成長したのはメアリ(後のメアリ1世=ブラッディ・メアリ)だけで、
男子に恵まれなかった。このことがキャサリンの運命を暗転させた。もしメアリが男の子だったら
キャサリンは「亭主の浮気に悩む英国王妃」として生涯を送れたんじゃないかと思う。
だが彼女は「亭主に強引に離婚された元英国王妃」になってしまったのだ。

ヘンリーとしては安定した王位継承のために男子がほしい。キャサリンはもう30過ぎ。
今なら30ちょい過ぎなんて全然オッケーだけど、16世紀だと超大年増だったんだろうなぁ。

で、好色ヘンリーはもっとピチピチした子宮を持ってそうなアン・ブーリンに目をつけた。
しかしアンだってバカじゃない。アタシとヤリたきゃアタシのこと王妃にしてよと迫る。

アンとヤルことしか頭にないヘンリーはアンを王妃に迎えるために邪魔なキャサリンを離婚。しかし
キャサリンはガンとして離婚を拒否。この辺からはもう泥沼のタタカイで、「死んだアニキの嫁さんとの
結婚なんて無効でぃ!」というムチャクチャな理屈で離婚したことにし、邪魔なキャサリンは
どこかの城に幽閉しちまった。
f0189467_01085510.jpg
 
数奇な(というか、かなり不幸な)運命をたどったキャサリンはやがて幽閉先のナントカ城で死に、
ピーターバラ大聖堂に葬られたわけだが、「1000日のアン」って映画の中でキャサリンが
死んだことを告げられたヘンリーが家来とこんな会話を交わすシーンがあった。

「陛下、キャサリン様がお亡くなりに・・ご葬儀はウェストミンスターで?」
「うー・・ウェストミンスターは(葬儀代が)高い。ピーターバラでいい。ピーターバラなら安い」

実際にそういうやり取りがあったかどうかはわからないけど、邪魔なキャサリンが死んでホッとしつつ
葬儀にかけるコストも惜しむヘンリーの酷薄さが伝わるシーンだった。

そのキャサリンが眠るピーターバラ大聖堂に行くわけですよ。
午前中に行ったイーリー大聖堂ではいつものゴシック建築的興味が強かったイ課長だけど、午後の
ピーターバラは建築的興味だけじゃなく、ちょいとばかり「英国歴史散歩」って感じを帯びてたね。

・・・と、こんなことを言ってるうちに列車はピーターバラ駅に無事到着。
大聖堂の方に向かって歩く。人口16万人ちょいっていうから小さな地方都市ではあるけど、
イーリーより商店も人通りも多くて賑やかだ。
f0189467_01253643.jpg
 
大聖堂に着く前に早くも小ぶりな歴史的建造物が目につき始める。
これも教会だろうなぁ。「ウェストミンスターよりは安上がり」とはいえ、元王妃の
葬儀をやり、お墓も作るくらいだからそれなりに格式高い大聖堂だったわけで、町自体も
古い歴史があるんだろう。
f0189467_01253640.jpg
 
おっと、見えてきましたピーターバラ大聖堂。
それではいよいよ「大聖堂の日」の二つめ。ピーターバラ大聖堂の内部を次回ご紹介いたしましょう。
f0189467_01253637.jpg
 
え?悲劇の女性の二人目の方はどうしたのかって?キャサリンの話で長くなっちまったから、
メアリ・スチュアートについては大聖堂の記事の中で触れますです、はい(←いいかげん)。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-20 00:35 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 06月 13日

遣らずの雨

イーリー大聖堂の中を一通り見て、ピーターバラ移動まではまだ時間がある。
さてどうしようか、とりあえず駅の方に歩きながらイーリーの町をブラついてみっかな・・
f0189467_00241290.jpg
 
・・・てなこと考えながら外に出ようとしたら、ありゃー何てこった、雨じゃん。
細かい雨だけどけっこうシッカリ降ってる。念のためフードつきの上着を着てたけど、これは
ちょっと外歩きたくないなぁ。しょうがねぇ、時間はあるし、大聖堂ン中で小降りになるのを
待つとするか。やけに神聖な雨宿り場所だこと。

昔風にいえば「遣らずの雨」ってやつか。
イーリー大聖堂が「もっとボクんトコでゆっくりしていきなよ」って言ってるのかも(笑)。
f0189467_00241296.jpg
 
入口のベンチに座って休むことにした。
何もすることはない。ボーッと雨が小降りになるのを待つだけ。こういう「ボーッとしてる時間」って
旅先ではけっこう貴重で、後で考えるとなかなか味わい深いひと時であることが多い。

遺跡だの大聖堂だのを見学してる時の観光客というのは気分的にも高揚した状態にある。
それほどシッカリした観光でなく、たとえばメシを食うとか、バスに乗ってるとか、
マッサージしてもらうなんて時でもそれなりの目的を持って外国で活動してるわけだから、
いろいろ考えたり思ったりする。

しかし雨宿りの時ってのはホントに空虚な時間だ。目的も考えるべきこともなく、ただもう
「早くやまないかなぁ・・」と思いながらボーッと待つだけ。そういう極めて空虚なひとときが
後で振り返るとやけに懐かしく思えることがあるんだよ。

ヴィエンチャンの早朝散歩でスコールに遭った時なんかもそうだった。
一昨日まで東京にいた自分が今ラオスの木陰で雨宿り・・なんと不思議な運命であることか・・
なんてバカみたいなこと考えたよ。他にすることないからさ。
f0189467_11002632.jpg
 
シェムリアップのマッサージ屋でも「遣らずの雨」に遭ったっけ。あの時は仕方なく店の中で
雨宿りさせてもらい、マッサージ屋のお姉さんたちが屋台のラーメン食うのをボーッと見てた。
遠い異国で、雨に降り籠められてるという事実だけが雨音と共にカラダに浸透してくる、この感じ。
悪くないヒトトキだと思うんだよ。後になって振り返れば、だけどね。
f0189467_23180162.jpg
 
こういう時は身近なものをボンヤリしみじみと眺めたりする(他にすることないし)。
イーリー大聖堂でも座っている石造りのベンチをじっと眺めた。・・・ははぁ、こりゃ~古いワ。
何百年にもわたってすごい数の信者の尻でこすられたからテロテロに磨かれてる。
雨宿りしなけりゃ、こんな古いベンチに注目することもなかった。
f0189467_00245299.jpg
 
次は外に出て入り口の扉を眺めてみる。
ははぁ・・木製の扉だけど、ぎっしりと金属製の装飾がついてる。これは装飾目的だけじゃなく、
扉そのものの強度アップって目的も兼ねてるんだろうなきっと。遣らずの雨のおかげで
キミの見事な扉の装飾をじっくり拝見させてもらったよ、イーリーくん。
f0189467_00270497.jpg
  
外に出たついでだ。カメラが濡れないように注意しながら大聖堂外観の写真も撮った。
ここもカンタベリー大聖堂同様フライング・バットレスはなくて、すげー重量感のあるナナメの
出っ張りがある。これ、控え壁かい?何だかスゴいね。
f0189467_00254806.jpg
 
おお、雨どいから水が・・・なんでぇ、せっかく雨が降って、こうして屋根から水が落ちてるのに
肝心のガーゴイルがないじゃん、ちぇっ。ガーゴイルがげーげー水吐くトコ見たかったなぁ。
f0189467_00254922.jpg
 
こんな感じで20分くらい雨宿りしてたかなぁ。そのうち雨も多少は小降りになったようだったので
ブラブラ駅まで戻ることにした。結局イーリーの町そのものはほとんど見ることなかったけど、
大聖堂以外にはコレといって見るべきものあったのかな?。雨で町の人通りも少なかった。

イーリー大聖堂で遭遇した遣らずの雨。
そんな、どうでもいい旅のヒトコマでございました。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-13 00:10 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 06月 11日

イーリー大聖堂というところ【その3】

イーリーは意外なくらい(と言っては失礼だが)ステンドグラスが見事な大聖堂だった。
薄暗いゴシック大聖堂の中にいて、色鮮やかなステンドグラスごしに外光が入ってくるサマは
本場フランスであろうが英国であろうが、やっぱり美しい。
f0189467_01485123.jpg
 
人間の顔の描き方がちゃんと立体的に見えるように陰影がついてたりしてわりとリアル。
そんなに古い時代のステンドグラスじゃないはずで、大聖堂自体より後に作られたものかも。
カンタベリー大聖堂じゃディズニー調ステンドグラスにタマゲたけど、あれに比べるとずいぶんと
オーソドックスな絵柄に見える。
f0189467_01485217.jpg
 
実はこの時イ課長は暗い室内でストロボなしでも手ブレしないカシオの威力に感心しながら撮ってた。
この長大なステンドグラスの真ん中の列の中段あたりにユダの「裏切りの接吻」の場面がある。
下の写真じゃ遠すぎてとても識別できんが。
f0189467_01494469.jpg
試しにズームでグーッと寄って撮ってみる。ふーむ手ブレしないねぇ。
f0189467_01485218.jpg
 
今度は左の列にあった洗礼者ヨハネとキリストをさらにズームで寄って撮ってみる。
おお、それでも手ブレしない。大したもんだ。手ブレ補正機能を重視して買ったデジカメだが、
期待しただけの威力は発揮してくれる。
f0189467_01494464.jpg
 
お?また何やら変わった図柄が・・飛行機じゃん。軍用機っぽい。
何でまた大聖堂のステンドグラスに軍用機なんぞが・・・??
f0189467_01525285.jpg
 
こっちはモロ軍人さんじゃねぇか。右手にもったヘルメットや風防からみて
空軍のパイロットだと推定される。軍人が軍服着て大聖堂のステンドグラスって・・・。
パイロットの聖人なの?日露戦争の広瀬中佐みたいに(いくら何でも古すぎる)軍神なのか?
f0189467_01525243.jpg
 
うわーーこの辺のステンドグラスは「ミリタリー関連図柄」ばっかだよ。こりゃ驚いた。
こんなの初めて見たぜ。特定の誰かっていうより、イギリス軍全体を象徴してる感じだね。
f0189467_01532232.jpg
 
ひー。こっちじゃ夜空を飛ぶ爆撃機と、それを照らすサーチライトときたもんだ。
まさに激しい戦闘の真っ最中です。しかしここは軍事博物館ではありません。レッキとした
大聖堂のステンドグラスなのです。
f0189467_01532208.jpg
 
これを見たイ課長は2012年のポーランドのウォヴィッチで見た聖体祭を思い出した。
あのパレードも宗教的儀式のはずなんだけど、兵隊さんたち(の扮装をした市民?)も
一緒に行進してた。

ポーランドって散々ドイツやロシアに蹂躙され、戦火をくぐった国だけど、英国だって
ウィリアム征服王の昔から(っつうか、もっと遥か前から)ブレア首相時代のイラク出兵に
至るまで、呆れるくらいしょっちゅう戦争ばっかしてた国だ。そういう国だからこそ
神を讃えるのと同じように軍人さんも讃えようっていう気持ちがあるのかもなぁ・・。

カンタベリー大聖堂の「聖人エリザベス女王&エジンバラ公」大理石像にも驚いたが
イーリーの「ミリタリー・ステンドグラス」にもたまげたぜ。英国国教会ってところは
ずいぶん世俗的?な宗教装飾を取り入れてるんだねぇ。

最初のうちは普通に「キレイだなぁ」と思って鑑賞してたけど、最後はちょいとばかり
ビックリ図柄も用意されてるイーリー大聖堂のステンドグラスというわけでございました。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-11 01:35 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(10)
2017年 06月 08日

イーリー大聖堂というところ【その2】

奥の方まできてようやく純正ゴシックらしくなってきたイーリー大聖堂。
調べたところでは、この大聖堂、着工が11世紀で完成は14世紀。建設期間が300年ともなると、
その間に建築技術も進歩するし、様式も変わるわなぁ、そりゃ。
f0189467_01430715.jpg
 
大聖堂奥の部分は側廊天井もリブが延びたヴォールト天井になってる。重々しい雰囲気だねぇ。
イーリー大聖堂、見学者がワンワンいるということもなくてわりと静かで、それなりに宗教的神秘を
感じさせてくれる空間だ。
f0189467_01440531.jpg
 
(たぶん)聖職者席からロマネスク様式の西側を見るとこんな感じ。
うーん・・やっぱ大聖堂はええのう。マイルドなゴシック教会建築ヲタクのイ課長だから、やっぱり
こういう所に来ると軽い興奮状態になって写真の撮影枚数がバカスカ増えていく。
f0189467_01381995.jpg
 
この(おそらく)聖職者席ってフランスの大聖堂でも見たけど、なぜかここは木で作ることが多い。
だからここでは木彫の装飾が見ものであることが多いんだけど、イーリーの木彫もなかなか見事だ。
ちょっと暗いけどストロボは焚かずに撮った(それでも手ブレしないカシオはえらいと思う)。
f0189467_01264896.jpg
 
イーリー大聖堂で面白かったのは、ひざまずいてお祈りするためと思われるクッションだ。
それぞれ名前やイニシャルが刺繍がしてある。つまりこのクッションは誰がヒザを置く場所かってことが
決まってるんだね。クッションが専用予約席になってる。
f0189467_01264868.jpg
 
しかも刺繍された年代を見るとおっそろしいほど古い。
これなんて1000年以上前だぜ?まさかこのクッションが当時作られたものとは考えられないけど、
このクッションにヒザをのせていいのはエルシン家関係者のみであるってことが1000年以上前から
決まってるっぽい。それってすごいね。10世紀って大聖堂着工より前じゃねぇ?このエルシンさんってのは
建設前の大口寄付者か何かだったんだろうか。
f0189467_01403745.jpg
 
こっちのクッションは12世紀からヘンリーさん専用の祈祷場所だったと思われる。今はその子孫がここを
使ってるのかな?こうやってトテツもない歴史の古さをクッションの刺繍でさりげなく自慢するあたり
英国らしいと言うべきか。
f0189467_01403873.jpg
 
おお、大聖堂の一番奥の方まで来ると英国ゴシックの神髄(だと、イ課長が勝手に思っている)、
異常装飾天井がソコかしこに。英国ゴシックはやっぱこれがなきゃね。しかしコレもまたすごいね。
天井がハチの巣みたいだ。よくまぁこんな天井作ったね。
f0189467_01331037.jpg
f0189467_01563955.jpg
 
大聖堂に接続して増築したと思われるホールの天井もこんな。これですよやっぱ。
英国の大聖堂に来たらこの過剰(ないし異常)装飾の天井がなきゃつまんない。イーリー大聖堂の
異常装飾天井も十分異常です(笑)。
f0189467_01331059.jpg
 
いやーーー大聖堂見学は面白いですなぁ。
ワガママを言って「大聖堂の日」を作った甲斐があったってモンだぜ。
せっかくだからイーリー大聖堂の話題はもう一つ続けたいと思う。この大聖堂の見事な
ステンドグラスをまだ全然ご紹介してなかったのだよ。次回たっぷりご覧に入れるからね。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-08 01:00 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 06月 06日

イーリー大聖堂というところ【その1】

我々が乗った列車はキングス・クロス駅8:44発。イーリー駅9:51着。1時間強の英国鉄道の旅。

イーリーって、英語で書くとスペルは Ely 。知らなければイ課長は「エリー」って読んじゃうだろう。
しかし日本のどんな地図・書籍・ガイドブック等々でも「イーリー」表記のはずだから、ここでもイーリーで
書かせていただきます。現地の英国人が実際どう発音するのかは聞いてない。
f0189467_01331117.jpg
 
一応駅から大聖堂らしき建物は遠くに見える。でも歩くと10分強はかかるかな。
小さいけど歴史はありそうな、落ち着いた感じの町だったね。もし大聖堂がなければこんな小さな町を
訪れる観光客なんて皆無だっただろうなぁ。

うぉっと、いきなり見える巨大な建築物。あれがそうか。
写真を見るとわかるように、この日は曇ってて気温も低かった。この時は大丈夫だったけど、この後
雨が降るんだよね。
f0189467_01331184.jpg
 
イーリー大聖堂はこんな感じで十字架型の基本形に加え、いろいろ増築されているみたい。
とりあえず、下の写真でいうと左側の端っこにある入口から中に入る。
f0189467_01331270.jpg
 
ゴシック大聖堂入って最初にすることは・・・はい、おなじみの首を背中をそらせる体操です。
うわーーー・・と口を半開きにして天井を見上げ・・ありゃ?
f0189467_01332524.jpg
 
てっきり壮大なドーム型のリブ・ヴォールト天井があると思ってたら、わりとフラットな天井で
絵が描かれてる。こういうのはゴシックというより古いロマネスク様式の教会で見られる天井だ。
へーーー、そうだったの。

身廊左右のアーチもゴシック特有の尖頭アーチじゃなく、半円アーチ。ふーーむ・・。
愚かなるイ課長はこの時「建てられた時代が古いんだな」と思ったくらいで、あまり深く考えなかったけど、
帰国後に改めて確認してちょっと驚いた。
f0189467_01333679.jpg
 
実はイーリー大聖堂って部分的にロマネスク様式も取り入れられてて、ロマネスクとゴシックの
ハイブリッドと言ってもいいみたいなんだ。いやーーそれは存じませんでした。オラてっきり
イーリーはカンペキにゴシックだと決めてかかってただよ。

イ課長がロマネスクとゴシックの決定的な違いと思ってるのは「壁の厚さ」。
ロマネスクはやたら厚い。そう言われて見ると確かに一番上の窓の部分、壁が厚いのがわかる。
壁を厚くすることで建物の重さ支えようとしたロマネスクの特徴だ。非リブ・ヴォールト天井、
非尖頭アーチ等々と合わせて考えると、ロマネスク的建築要素だらけといえる。
f0189467_01332642.jpg
 
しかし何度も言うように、実際に大聖堂にいる時はそこまで深く考えてなかった。
「たぶんコッチを先に作り、奥の方は後で作ったから、奥はもっとゴシックっぽい天井かな」とか
その程度のことしか考えてなかったんだよ。バカだからしょうがないのである。

身廊と交差廊の“交差点”で立ち止まって再び真上を見上げましょう。
うっひゃー。カンタベリーもそうだったけど、ここの身廊と側廊の“交差点”上もたぶん塔だ。
塔の窓から明かりが差し込んで、まさに天上の世界の華麗な装飾。
f0189467_01332663.jpg
 
さらに奥の方に行くと・・ほら、こっちはリブ・ヴォールトの天井でいかにもゴシックらしい。
おそらく、交差廊のコッチとアッチとじゃ建築年代がだいぶ差があるんだと思われる。
f0189467_01333733.jpg
 
左右の壁のアーチも半円じゃなく、尖頭アーチ。ゴシック的建築要素が満ちた空間になって
イ課長も何となく安心?した。
f0189467_01333712.jpg
 
イーリー大聖堂の探索はまだまだ続くわけだが、すでにだいぶ長くなっちまった。
続きは例のごとく次回ということで。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-06 00:18 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 03月 06日

カンタベリー大聖堂 その③

さて、ゴシック大聖堂は内部だけじゃなく、外もいろいろ観察すべき点が多い。
カンタベリー大聖堂の外側もしっかり見てくれようじゃないの。

まず大きな特徴はゴシック教会建築につきもののフライングバットレスがないってことだ。
ええ?ないの?あれはゴシック建築をゴシック建築たらしめる決定的重要要素なんじゃ・・?
f0189467_00470924.jpg
 
しかし実際ないんだよ。その後調べたところではこういうことらしい。

木と違って石材は梁として水平にわたすことが出来ない(仮にすご~く細長い石材を使っても
自重で真ん中で折れやすい)。だから天井をアーチ型に組む。しかしアーチ型って
「左右に広がろうとする力」があるから、それを外側から支える必要がある。

そういう壁を外から、しかも高い位置で支えるためにフライングバットレスという
画期的&曲芸的な建築アイディアが生まれ、天井の高いゴシック大聖堂の建築を可能にした
・・と、そういうことだった(はずだ)。

「その①」でも書いたようにカンタベリーは天井に凝り、それをよく見せたい目的もあって
天井高はホドホドでとどめた。だから壁を支えるのも高めの控え壁で何とかなるらしい。
フライングバットレス(飛び梁)なんてアクロバティックな技法を使わなくても良かったんだと。
f0189467_00482524.jpg
 
なーるほど。つまり「華麗な天井装飾を見てもらいたい」⇒「それゆえに天井高はほどほどに抑える」
⇒「それゆえにフライングバットレスなしでもOK」ってことか。デコラティブな天井があることと
フライングバットレスがないことはちゃんと関係してるわけだ。勉強になるのぅ。

もう一つゴシック聖堂につきものといえばガーゴイル様。
これはちゃんとカンタベリーにもあった。そう多くはなかったけどね。
f0189467_00484250.jpg
 
こちらにも、猛烈にすり減ったガーゴイル様が。これなんておそらくこの大聖堂が出来た
当初からまったく取り替えられずに残ってるんじゃないかと想像される。すごい磨滅ぶり。
f0189467_00484277.jpg
 
お?こんな低い位置にもガー・・・・ゴイル・・・じゃないよな、これは。
単に柱を頭で支える人面の飾りということらしい。
f0189467_00463648.jpg
 
しかしこれまたひどい役目だこと。
むかーし書いた女人柱もかなりひどいが、これは首の力だけで柱を支えてるんだからその苦痛は
察するに余りある。首が痛い。背筋疲れる。こういう彫像のモデルにはなりたくない(笑)。
f0189467_00463727.jpg
 
外側の少し高いところにはもう少し格調高く作られた聖人の像がずらり。
まぁこういうのはどこの教会でもよくあるよね。
f0189467_00455558.jpg
 
中に混じって、まだ真新しい白い石で作られた聖人がいらっしゃった。当然目立つ。
あれぇーーーーッ?!ここここれってもしかして・・・。
f0189467_00444735.jpg
 
間違いない。これは現女王エリザベスと夫君のエジンバラ公フィリップ殿下だ。
こりゃたまげた。エリザベス女王って聖人だったのかよ(笑)。よくバチカンがそんな
こと許可・・・なんて得なくてもいいんだ。いまカンタベリー大聖堂は英国国教会が所轄
するわけだから、国教会の長たる女王陛下を聖人に並べるくらいは朝飯前か。
f0189467_00444840.jpg
 
こちらがエジンバラ公フィリップ殿下。こっちの方が実物に似てるかな。
f0189467_00444894.jpg
 
このフィリップ殿下、若い頃は異常なほどの二枚目だったことで有名。
若きエリザベスがその異常なイケメンぶりにポーッとなって結婚に至ったのは間違いない(笑)。
しかし仲睦まじいままお二人ともご長寿であらせられるのはめでたいことだ。
f0189467_00412343.jpg
 
いやー最後の「聖エリザベス&聖フィリップ」にはちょっと驚いたぜ。
存命の女王夫妻もしっかり聖人の列に並ぶカンタベリー大聖堂というわけでした。

というわけで、「イ課長、初めて英国ゴシック大聖堂を見る」の一席、
これにて書き納めといたします。お長くなりました。

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-03-06 00:05 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 03月 03日

カンタベリー大聖堂 その②

さてだ。
前回は天井特集になっちまったが、別に天井だけがカンタベリー大聖堂の見どころじゃない。
他のところもちゃんとご紹介せんとな(・・と言いつつ、また天井の写真)。
f0189467_00351691.jpg
 
ここを舞台にした史実ではなんといっても「カンタベリー大司教トマス・ベケット殺害」が有名。
王様であるヘンリー2世と、大司教であるトマス・ベケットが激しく対立し、王の部下たちが
この大聖堂でトマス・ベケットをブッ殺してしまった。いわば王権による聖職者殺害テロ。
それも大聖堂の中でっていうんだから、こりゃもう英国史に残る大事件ですよ。

ここがそのトマス・ベケット殺害現場。
壁に飾られた剣の切っ先が集まったところでグサッとやられたってことなんだろうな。
何となく薄暗くてソレらしい演出になってる。こういう血なまぐさい歴史もここにはあるのだ。
f0189467_00351550.jpg
 
このトマス・ベケット殺害に怒ったローマ法王はわざとベケットを列聖。ベケットは聖トマスになった。
カンタベリー大聖堂は聖トマスのありがたい聖地として巡礼者が押しかけるようになるわけだが
そうなると殺害させたガワであるヘンリー2世は身の置き所がない。要するにベケットの列聖は
ローマ法王による巧妙ないやがらせだったんだな。で、ヘンリー2世は後にトマス・ベケットの墓に
ひざまづき許しを乞うハメになった・・らしい。ホントかどうかわからんが。

非業の死を遂げたトマス・ベケット、ゴースト好きのイギリス人となれば、この大聖堂にはトマス・ベケットの
ゴーストが出るという言い伝えもあるかもしれない、つうか、絶対あるに違いないはずだが、そこまでは
事前調査しなかった。出発前は切符トラブル処理でゴーストどころじゃなかったの(笑)。

カンタベリー大聖堂はステンドグラスもなかなか見事だった。
やはり建物同様、作られた時期はけっこう違いがあるようで、絵の感じを見るとその差が歴然。

たとえば下の写真なんかは最も古い時期に作られたものではないかと推定される。
人間の顔の描き方なんかが素朴でいかにも古そうだ。
f0189467_00354482.jpg
 
こっちは参事会会議室にあったステンドグラス。
これになると人物描写にもやや「モデルの個性」みたいなものが描写されてる感じがするよね。
上よりも新しいものではないかと推定される。
f0189467_00354366.jpg
 
こんなのもある。作成時期としては最も新しそうなステンドグラス。
色もたいへん鮮やかでハデだけど、とにかく注目すべきは人物の顔、特に目なんかの描き方だ。
右側の女性の表情がやけに漫画チックというか、アニメ画風。
f0189467_00354340.jpg
 
これもアニメ調ステンドグラス。カンタベリー大聖堂のステンドグラスがこんな
アニメ調キャラで埋まっていたとはなぁ。
f0189467_00355133.jpg
 
アップで見てみようか?ほら。上を見上げている女性の顔とか目の描き方がまるっきり
ディズニーアニメやん。「美女と野獣」かよって感じで、これには驚いた。
f0189467_00355112.jpg
 
大聖堂の内陣にはこんな感じの彫像もある。
これはおそらく「お墓」だと思われる。仏教では「お寺のお堂の中に死者の墓をつくる」って
ことはしないけど、キリスト教、特にカトリック聖堂にはけっこうある。
f0189467_00360115.jpg
 
イ課長推測では、後ろでお祈りしてるのが亡くなったご本人、前のお坊さんはその当時の
カンタベリー大司教をモデルにしてるんじゃないかと思うけど、違うかな?

ここにもお墓。大陸ヨーロッパもそうだけど、カトリック大聖堂はある意味死に満ちている。
横たわっているのは間違いなく亡くなったご本人だろう。
f0189467_00360176.jpg
 
てな具合に内部をいろいろ見て、さて、ヨーロッパの教会を見学した時のお約束行為。
ロウソク寄付をいたしましょうかね。たまる一方で財布を重くしていた少額コインたちを
こういう時に使ってしまおう。一番左寄りがイ課長ロウソクなのである。おなじみの光景だのう。
f0189467_00401433.jpg
 
カンタベリー大聖堂はこれで終わりだろうって?なんのなんの。
大聖堂外部についても書くべきことはあるのだ。フランスの時もそうだったけど、ゴシック大聖堂に
関しちゃ、イ課長は遠慮なしに書くのである(普段だって別に遠慮してないが)。
 

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-03-03 00:13 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 03月 01日

カンタベリー大聖堂 その①

何しろ「その①」だからね。続き物になることは約束されている。覚悟してお読みいただきたい(笑)。

久しぶりに入る欧州ゴシック大聖堂。うーんワクワクするぜ。
こういう大聖堂って入口は西向きで、上から見た場合十字架の根元の方から入る形になる。もっとも
カンタベリー大聖堂の場合、増築を繰り返したせいか、上から見てもキチンとした十字架型には
なってない。下の平面図でいうと右端が入り口ね。
f0189467_01031319.jpg
 
巨大聖堂に入ったら、誰もが最初にやるのは「うわー・・・」とのけぞって天井を見上げることだ。
もちろんイ課長たちもまず上を見上げて、背中と首をそらせるエクササイズ(笑)。
f0189467_01020681.jpg
 
うーーむ・・・この天井が英国ゴシック大聖堂の非常に大きな特徴の一つなのだ。
とにかく装飾的なんだよ。一つの柱から9本ものアーチが分岐して天井で複雑にからまりあい、
さらに細かい模様がくっついてる。
f0189467_01020638.jpg
   
下の写真は2009年に行ったフランスのアミアン大聖堂の天井。横断アーチと交差アーチを
交互に組み合わせたリブ・ヴォールト。デコラティブなカンタベリー大聖堂の天井に比べると
シンプルで、その分力強い感じがする。
f0189467_021272.jpg
 
実はカンタベリー大聖堂のこの天井なんてマシな方で、英国にはもっともっと装飾過剰な
扇形ヴォールトの大聖堂がワンサカある。明らかに英国独特、ミョーな方向に異常発達を遂げた
建築技法といえるだろう(下はハリー・ポッターの映画ロケにも使われたグロスター大聖堂
回廊の天井。写真はWikipediaから拝借)。
f0189467_10573211.jpg
 
この「異様にデコラティブな天井」は英国ゴシックにもう一つの特徴を与えている。
それは天井高がフランスのものほど高くないってこと。フランスで見たアミアンランスなんかは
あからさまに身廊の天井高を競い合ってたけど、英国は「せっかくキレイに天井を飾ったんだから、
高すぎて見えないんじゃもったいない」ってんで、天井高もやや抑え気味なんだと。
こういう建築思想の違いって興味深くて面白いねぇ。
f0189467_01165204.jpg
 
ううむ、天井の話だけで長くなってしまった。先に進もう。
カンタベリー大聖堂、とにかくバカでかいから、身廊と交差廊との“交差点”に行くまで
けっこう歩く。とりあえずその“交差点”まで行ってみよう。いわば大聖堂のヘソ。

そこまで来て再び背中と首のエクササイズ(笑)。うっひゃーーー!こりゃすげぇ。
まさに扇形ヴォールトがひしめきあう華麗すぎる装飾。
f0189467_01021533.jpg
 
すごいねこりゃ・・。ちょうどここが大聖堂の真ん中にあたる部分で、この華麗な装飾天井の上に
一番高い塔がそびえたってるんだと。いやぁ英国ゴシック、すごいっすね。
f0189467_01021493.jpg
 
交差廊を越えると十字架のアタマの部分にあたる内陣。これがまた長いんだ。
興味深いのは、こっちの天井はさっき見た外陣よりシンプルで、フランス・ゴシック風の
横断リブ+交差リブ型に近い。なんで?
f0189467_01090025.jpg
 
思うに、建築年代の差によるんじゃないか?今いる交差廊よりコッチ側が先に建てられて、
後からアッチ側が建てられたと。大体こういうのは後に作られた方がより装飾に凝るはず。
そうじゃないかと思うんだがなぁ。
f0189467_01022419.jpg
 
いやー久しぶりのゴシック大聖堂。この時は正直言ってイ課長は軽く興奮してたよ。
このカンタベリー大聖堂、中庭に面した外の回廊の天井がまたスゴいんだよ。ほら。
f0189467_01022458.jpg
 
一本の柱から何本のリブが枝分かれしてるか数える気にもなれない(笑)。
この回廊みたいに、天井が低くてよく見える所ほど凝りに凝った装飾をほどこすというところが
英国ゴシックらしいと言うべきだろう。
f0189467_01022489.jpg
 
聖堂とくっついてる参事会会議場の天井がまたすさまじい。ほら。
f0189467_01023052.jpg
 
同じドーム型天井でもこれまで見たリブ・ヴォールトとは違う構造、しかしスゴい装飾は共通。
それにしてもこうやって室内で高い天井をズームで撮っても全く手ブレしないカシオのデジカメの
手ブレ補正機能にも感心しましたですよ。
f0189467_01023097.jpg
 
あああ・・・結局本日の記事は「天井特集」になっちまった(笑)。
まぁいいのだ。カンタベリー大聖堂の写真はまだいっぱいあるし、書くべきことも残ってる。
フランスの時は「ひとつの大聖堂で3記事」くらい書いてたけど、今回もそのくらいの勢いで
次回に続くのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-03-01 00:14 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)