タグ:旅の準備 ( 38 ) タグの人気記事


2014年 09月 30日

エアアジアおそるべし -予約編2-

予約編だけで続き物になっちまったお詫びに二日連続更新するのである。
さて、とにかくイ課長はエアアジアの安〜いチケットを予約するのには成功した。
往路は乗り継ぎありとはいえ、ANAより3万円以上安いとなりゃ、そりゃもうエアアジアにするよ。
f0189467_23011210.jpg
 
だがここからがクセモノ。

まず荷物。機内持ち込みだけじゃなく、預け荷物が当然ある。これにお金がかかる。
詳細な金額は忘れたけど、往路の成田→バンコクとバンコク→ホーチミン、帰りのバンコク→成田、
全部それぞれ有料。ただし値段は区間によって違って、成田→バンコクで2,000円くらいだったかな。
全部で5000円くらいコストが増大したことになる。しかも重量は20kgまで。もっと重いともっと高い。

まぁ預け荷物に金がかかるなんていうのはLCCじゃよくある話だよな。以前乗ったEasy Jetだってそうだったし、
このくらいは仕方あるまい。それでもまだANAとの価格差はたっぷりある。

さらに機内食や飲み物も有料で、フライトを予約するとその選択画面が出てくる。
機内食有料ってのもLCCじゃ珍しくない。ただエアアジアの場合「これを食いたい」というメニューを
先に予約しておくと少し安くて、機内で買おうとするとちょっと高いらしい。

ドンムアン空港で4時間乗り継ぎがあるから、待ち時間にゆっくり空港で飲み食いはできる。だから
行きは何も注文せず、帰りだけパスタを注文。ドリンク・デザートとセットで1200円くらいだったと思う。

さらに毛布も有料なのである。ひー!毛布もですか。ま、毛布なんて普段メッタに使わないからいいけどさ。
冷房が効きすぎてる場合に備えて上に着るもの持ってくか(この判断は大正解だった。機内はけっこう寒い)。
f0189467_23024838.jpg
 
さて、これでフライトはもちろん、預け荷物、機内食、毛布その他諸々、手続きは全部済んだ。
そんじゃ、通路側の座席指定でもすっか・・・。

ところがここでもお金がかかる。成田→バンコク間の座席を事前に指定したきゃ1,700円かかる。
もっと高いお金を払えば足を伸ばせる非常口前のシートだって予約できる。世の中カネなのだ。
乗り継ぎのバンコク→ホーチミン、帰りのバンコク→成田も座席を指定したきゃ有料なのである。
(ただし全部1,700円というわけでもない。バンコク→ホーチミン間は座席指定料600円くらいだった)
そういやeasy jetも「基本は自由席」で早く搭乗したきゃその分のお金を払う方式だったっけなぁ。

うーむ、しかし座席は先に決めておきたい。
ここで金をケチッて三人掛けの真ん中になったりしたら巨大ロボットとしては苦しい。払うしかあるまい。
3フライト全て座席を指定した。座席指定料だけで3000円くらいはかかったはずだ。

というわけで、預け荷物から始まって機内食、ドリンク、毛布、そして事前座席指定まで全部有料。
当初ANAと3万円以上あった価格差も(正確な金額は忘れたけど)だいぶ縮まった。まぁそれでも
まだ2万円前後は安かったと思うが。

ちなみに、エアアジアは搭乗のチェックインも事前にWebでやっておくとタダだけど、当日空港のカウンターで
搭乗券を印刷してもらおうとするとこれも有料らしい。ひー!エアアジアに乗る方は事前に搭乗券(A4のペラ1枚)を
印刷し、Webチェックインしてしておきましょう。そうすると当日空港で普通の細長いボーディングパスを印刷して
くれるけど、それはさすがにタダだった。
f0189467_23011220.jpg
 
イ課長は往路も復路も事前にWebチェックインを済ませ、搭乗券もプリントアウトしておいた。
Webチェックインは2週間前から可能になるから、出発直前に帰国便のチェックインを済ませておけたのは
幸いだったといえる。

さて、これでようやく乗るところまで来た。
いよいよ「搭乗編」ということになるのだ。しかしどこまで続くのだ?エアアジアネタ。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-30 23:09 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(16)
2014年 09月 29日

エアアジアおそるべし -予約編-

昨年ネタを再開する前にこの話も書いておこう。オプショナルツアーより重要だったかも(笑)。
アジア旅行で乗ろうと思う人がいるかもしれないからね。

今回の旅行、イ課長は初めてエアアジアという航空会社の飛行機に乗った。
この会社については書くべきことが多いのだ。
f0189467_22544888.jpg
 
まずエアアジアっつう会社の成り立ちというか、構造がよくわからない。
元々はマレーシアで出来た格安航空会社で、その後ANAと合弁でエアアジアジャパンを設立。そこまではいい。
しかしそのエアアジアジャパンは事業不振で一度消滅。ANAはそれを引き継ぐような形でバニラ・エアを作った。

しかし最近再び「エアアジア・ジャパン」が出来た。つまり新エアアジアジャパン。この辺からよくわからなくなる。
しかも今回イ課長が乗ったのはエアアジアジャパンではないのだ。タイのエアアジアなの。
新エアアジアジャパンの方はまだ準備会社みたいで、実際の運航は始めてないんだと思う。

でも予約用の日本語サイトはちゃんとある。
そこでいつものように何月何日ドコからドコまで1名で、みたいに検索すると料金が表示されるんだけど
この辺からさらに驚くことになる。エアアジアの名がついた航空会社が異様に多いからだ。



エアアジア  エアアジアX  エアアジア・ゼスト  タイ・エアアジア  タイ・エアアジアX・・・・


もっとたくさんあるんだよマジで。上に挙げたのはあくまでも一部。
まぁタイ・エアアジアとか、インドネシア・エアアジアとか、国名がついてるのはたぶん国ごとに作った
子会社というか、地域会社みたいなものなんだろう。しかしXとかゼストとかっていうのは何なのだ?



仮面ライダー  仮面ライダーV3  仮面ライダーX  仮面ライダーアマゾン
・・・・


イ課長がとっさに連想したのはこれだ。類似バージョンの増殖っぷり、ネーミングコンセプト、実に似ている。
エアアジアは仮面ライダーのような「シリーズもの」企業だったのか?ちなみにイ課長が乗ったのは同じタイでも
「タイ・エアアジア」ではなく「タイ・エアアジアX」の方。この2社の違いはよくわからない。
 
名前からするとたぶん「タイ・エアアジア」が親会社で「タイ・エアアジアX」が子会社だと想像される。しかし
タイ・エアアジアだってエアアジアの子会社のはずだから、実際には孫会社と考えるべきなのだろうか。
チケット予約する前の段階ですでにハテナマーク連続発生。

かくのごとくよくわからないのにエアアジアを選択した最大の理由はチケット代が決定的に安いからに他ならない。
往路が成田→ホーチミンで帰りがバンコク→成田。これがANAだと7.5万円くらいした(JALだともう少し高かった)。
それがタイ・エアアジアXだと往路が2.5万円ちょい、復路に至っては1.8万円台。往復で4.3万円?!!
オドロキの低価格だ。こりゃもう孫会社であろうがヤシャゴ会社だろうがココにするしかないだろ。

ただし往路はホーチミン直行ではない。バンコクで4時間超の乗り継ぎがある(タイ・エアアジアXだからね)。
これはちょっと面倒だけど、しかしこの圧倒的安さには屈服せざるを得ない。ちなみに、エアアジアが使う
バンコクの空港は新しいスワンナプームの方じゃなく、古いドンムアンの方なのである。
f0189467_22544853.jpg
 
もっとも、前に書いたようにいざ予約しようとしたらトツゼン往路3.8万円、復路2.7万円に値段が上がって
イ課長に激しいショックを与えたのもエアアジア。チケット価格は日によって上下するようだから注意を要する。
イ課長の場合、1〜2日待ったら元の安い値段に戻ったからそこで間髪を入れず予約した。
4.3万円か6.5万円かじゃドえらい違いだ。はぁ良かった・・・・

とにかくエアアジア、ただものではないのである。ヤスヤスと激安価格のままで搭乗させてはくれないのだ。
予約を進めるとさらに関門が待ってるんだけど、それ書こうとするとちょっと長くなるから続きは次回に。
(予約編だけで続きものかよヲイ!)


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-29 23:09 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
2014年 09月 27日

変わったオプショナルツアー

今日はちょっと変わった話題について書こう。

今回の旅行では現地オプショナルツアーというのを何度か使った。
アンコール遺跡群のアレやコレを一日にいくつも効率よく見学しようとするとどうしても車が必要になるし、
どうせなら日本語ガイドの説明もあった方がいいから、っていうんでシェムリアップでは2度使った。
名所旧跡を車・ガイドつきで案内してもらうっていうのは典型的な、普通のオプショナルツアーだ。
しかし最近はちょっと普通じゃないオプショナルツアーが増えてるって知ってた?

イ課長がそれを知ったのは現地情報を検索してたらたまたまこういうサイトを発見したからだ。
要するに「現地じゃなきゃできない体験型オプショナルツアー」みたいなのを集めているわけだな。
カンボジアだけでも料理教室、アプサラダンス体験、民芸品づくり、クメールボクシング等々いろいろある。

探してみるとここだけじゃない。こんなサイトもある。ここはカバーしてる都市の数も多くて日本の街も
たくさんある。ツアーの種類も非常に多彩で数時間単位のものから数日単位のものまでいろいろ。
ネットで申し込んで、現地では英語のガイドがつくというのが基本スタイルらしい。
(下の写真は夜のサイゴン)
f0189467_15471380.jpg
 
外国での体験ツアーも興味深いものが多いけど、日本での体験ツアーがやたらにおかしい。
ガイジンさんが日本に来て、実はどんなことしてみたいと思ってるのかっていうのがよくわかる。

スモウレスラーのモーニングプラクティス(朝稽古)見学なんて普通の日本人でもなかなかできない。
KIMONO体験ツアーとか、IZAKAYA体験ツアーなんていうのも多い。居酒屋やガード下焼き鳥屋くらい
イ課長に言えばいつでもガイドになって連れてってあげるのになー(笑)。

一番あきれた・・いや感心したのはAKIHABARA周辺のツアーだよ。
Deep OTAKU Tour みたいなのが目白押し。メイドカフェに入ってみようなんていうツアーも目立つ。
ガイジンさんたちよ、秋葉原で綾波レイのフィギュア買ったりメイドと記念写真撮ったりしたいのかい?
普通の日本人はあんまりそういうことしないんだけど・・・(笑)。

イ課長の会社は今や神田だから、ちょっと歩いて神田川を渡ればすぐ秋葉原にいける。
まぁ~~・・・確かにいるわいるわ。欧米系からアジア系までガイジン観光客の姿はすごく多い。
日高屋みたいな安い中華チェーンの秋葉原店に外国人観光客が家族連れで入ってるんだからびっくりだ。

昔は電気街だった秋葉原もいまやアニメキャラクターの巨大看板を掲げた、ナニ屋なのかよくわからない店が
軒を連ねてる。イ課長によくわからないんだからガイジンにだってそれがナニ屋なのかわかるまい。
しかし美少女系キャラの巨大看板にあふれた街っつうだけで彼らにしてみりゃ驚きの光景だよね。
イ課長が見たって少し驚くくらいなんだから(写真は秋葉原mapというサイトから拝借)。
f0189467_21553809.jpg
 
浅草や銀座みたいな定番コース回るだけじゃなく、ちょっと変わったところに行ってみたい、ついでに
変わったことを体験してみたいという気持はよくわかる。イ課長だって外国に行けばそう思うことは多い。
今やそういうニーズに対応して世界各地の会社やグループや個人が「ユニーク体験型ツアー」を
企画・運営する時代になっていたわけだ。こういうのは知らなかったねぇ。

面白そうだから今回の旅行のどこかで参加してみたかった。で、結局サイゴンでの体験型ツアーというのを
申し込んだのだ。費用は30ドル。どんなツアーだったかというと・・・
f0189467_15471429.jpg
 
アオザイを着た女性ライダーが運転するバイクの後部座席に乗って夜のサイゴンを疾走。さらに路上屋台で
軽食やデザートを食ってみるというなかなかスゴい体験ツアー(笑)。いずれ詳細はブログに書くけど、
普通の名所巡回型ツアーじゃ絶対できない、得難いサイゴン体験になったのは間違いない。

こういう体験型オプショナルツアー、面白いし、日本でも他の国でも今後もっと増えると思うんだよ。
日本語ガイドがつくケースはほとんどないみたいだけど、イ課長の中学生英語でも何とかなったんだから
何とかなります。これから海外に行こうという方は選択肢の一つに加えてみては?


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-27 23:24 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
2014年 09月 10日

「つながってない旅」の出発が近づく

ホイアンの話の続きを書くべきところだけど、一時中断。
相変わらず不実な書き手のブログなのである。

ホイアンについて書こうとするとどうしても連続記事になっちゃうけど、もう今週末は出発なんだよ。
出発しちゃえば「今いる現地の話」で更新ってことになるだろうから、しばらくホイアンネタは書かない。
もうすぐ中断期間突入とわかってるなら、連続ネタは避けておこうというわけ。
f0189467_14324582.jpg
 
旅行準備の方はおおむね順調に進んでおります。
とはいえ、今回の旅行には「こういうのは初めて」というチャレンジ・・・というほどじゃないけど、
ちょっとしたトライアルを盛り込んでるので、いつもとは少しだけ勝手が違う。

出張であれ旅行であれ、それが1都市滞在であれば旅の手配は比較的ラクに済む。
基本的に往復の飛行機と現地のホテルさえ予約すりゃ、旅の途中で行き止まりになるリスクはない。

しかし去年のサイゴン→ホイアン→ハノイ→バンコクみたいに移動の多い旅行だと手配するフライトの数も
ホテルの件数も増えるわけで、そのどこかが未手配であれば旅程が途中で切れた状態ってことになる。
つまり「つながってない旅」だな。つながってないってことは旅程に不確定要素が残ってるってことで、
出張においては極力避けるべき事態だ。

さて、13日に出発する今回の旅行も現地で4つの町を移動する。だからホテルもちゃんと4つ予約した。
ところが移動についてはそうじゃないのだ。3つある現地移動のうち二つは実はつながってないんだよ。
f0189467_14352340.jpg
 
つながってない理由の一つは入国ビザが必要なはずの国に、ビザ取らずに行くからだ。
経験者の書いた情報を読むと「なくても現地で何とかなる」っていうから、それを信用して行くんだけど、
ホントに大丈夫なのかなぁ?という不安は残る。急に制度が変わってたりしたらアウトだ。

交通機関の予約そのものが出来てないところもある。だってネット予約に対応してないんだもん。
となれば現地で切符を買うしかない。もし売り切れてたら当然アウトだ。うーーーおっかねぇ。
おそらく売り切れってことはないと思うんだけど、それは希望的観測。まさに不確定要素そのものやん。
出張だったら絶対避けるよ、こんな移動計画。

例によって個人手配の一人旅だから、いろいろ心細い不安要素があるんスよ。
ま、そういうのがまた面白いんだけど(笑)。

しかし海外での移動の心配はしょうがないとして、国内の移動の心配もけっこうあるのだ。
何せ今回はバスじゃなくスカイライナー利用だからねぇ。2010年に使ってこりごりしたスカイライナー。
でも今回はフライトが早くて、スカイライナーが時間的に有利だったんだよ。

スカイライナーって、日暮里から成田まで乗車券+特急券あわせて今は2470円かかるらしい。
駅で携帯電話の予約メールを見せて・・って方式は前回で懲りたから、今回は普通に前売切符を買うことにした。
大手旅行代理店でも買えるって書いてあったから、会社近くの某大手代理店に行ってみた。

「えーと、スカイライナーの切符を買いたいんですが」
「あ・・(やや申し訳なさそうに)手配は可能なのですが、別途手配料を1080円いただくことになってまして・・」

う、ウソやろヲイ??2470円がいきなり3550円?!そんなバカ高い手数料取られてまで誰が買うかよ。
「あ、じゃ、いいです」と断って帰ってきた。ったくもう~・・・さすが京成スカイライナーというべきか。
切符1枚買うのもスンナリとはいかせてくれぬのだ(写真は2010年に撮ったもの)。
f0189467_0271787.jpg
 
結局、今回のスカイライナーはネットで予約だけして、切符は当日駅で引き換えることにしたのだ。
しかし大丈夫かなー?何せ相手は京成だからなー。どうせ日暮里駅は前と同じように超わっかりづらい構造で
間違い誘発トラップがゴロゴロしてるはず。発車5分前までに引き換えないと予約取消らしいんだけど
京成の自販機で切符引き換え操作なんてもちろんやったことないしなぁ・・・不安要素は多いのだ。

13日土曜の朝から、イ課長は「つながってない旅」に出る。つながってない分、いろいろリスクも多い。
しかし最大のリスクはスカイライナーで成田空港までたどり着くことかも、っていう気分になってきた(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-10 14:35 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(12)
2014年 07月 31日

イ課長は行くぞ

仕事の関係上、イ課長の海外旅行は大体5~6月に実施されることが多い。
実際、去年の6月21日にも今日とほぼ同じ標題で記事を書いてるのを発見した。

たしかに去年の東南アジア旅行は6月だった。
一昨年のポーランド・フィンランド旅行も6月、その前年にウィーン行ったのも6月だったな。
年度末のヤマを乗り切り、わりと休暇をとりやすいのがちょうどこの時期なんだよね。。
(その分、海外出張は秋~冬ばっかり)
f0189467_02155684.jpg
 
しかし、今年は年度末をはさんで3月から6月がクソ忙しいという珍しいパターンになった。
その後も残務処理が多少尾を引いたが、7月も後半になってやっと休めそうな展望が開けてきたんだよ。

行く。イ課長は行く。行くったら行く。
ツラい仕事を誰にも頼れない状況・・っつうより、むしろ周囲から足を引っ張られるような状況で
なんとか終らせたのだ。休みとるぞばっきゃろう。今日のブログは会社から更新してやるぞくぬやろう。
f0189467_02155644.jpg
 
ちなみに、今回も一人旅である。
トホ妻は昨年のヒザ手術の影響(これはほぼ完治といっていいんだが)とか、行き先の好みとか、
年をとるに従って飛行機がコワくなった等々の理由で行かないのである。特に最近、続いてるからねぇ・・・
(実際、トホ妻の知人には最近飛行機事故が多いから海外をやめて国内にした人がいたらしい)

だがイ課長は行くのだ。
ストレスフルな仕事を終らせて、ストレス開放欲だけは人一倍なのだ。国内でクスブッてられっかい。
部内の人間に「9月に休暇もらうっス」とメールでテキパキと宣言し、飛行機もテキパキと予約した。
この積極的なテキパキさ加減を仕事に発揮してればイ課長はもっと出世してただろうといつも思う。

それにしても今回の飛行機予約作業もなかなかスリルに富んだものだった。
初めて利用するエアラインだったんだけど、数日前から何度か料金を確認していた。ここが一番安い。
まぁ仮にそれが7.5万円だったとしよう。

ところが、9月の休暇取得を宣言し、いざ予約しようとしたらそれが急に10万円になってる。
1日で3割以上アップしたのだ。これを知った時のイ課長のショックと落胆を想像してほしい。

しかしイ課長だってネットでの飛行機予約に関しちゃ、ウブな初めての坊やってわけじゃねぇぞ。
何日かするとまた急に安くなったりするのは昨年末のバンコク短期旅行でも経験ずみだ。
もう1~2日、様子を見てみよう。

昨日確認したら元の価格に戻ってた。一日で3割超の価格ダウン。ひええ。もちろん瞬時のうちに予約したさ。
どうもイ課長の海外旅行って、昨年末のバンコク旅行といい今回といい、その最大の原動力になってるのは
実は本人の行きたい意欲より、航空運賃の変動なのかもしれない(笑)。

しかしいくら何でも価格が上下しすぎじゃないかい?
同じものを今日買うか、あした買うかで値段が3割以上も違う買物なんて、なかなかあるもんじゃないよ?
今や飛行機のネット予約は競馬やパチンコよりよっぽどハラハラするギャンブルだ。
万円単位でお金を損するか、得するか・・・あーおっかねぇ。
f0189467_02155688.jpg
 
まぁいい。さっきも言ったように今回初めて乗るエアラインだし、ここについてはいずれブログで
詳細に評価することになるだろうから、今はあまり書かないでおこう。

で、結局イ課長は今年、どこに行くのか?
まぁせっかくだからそれも秘密にしておこう。順調にいけば9月13日か14日あたりには現地から
「イ課長はここにいる」という記事を書けると思うよ。ふふふ・・・。
(念のために言うけど、記事中の写真は今回の行き先とは何の関係もありません)

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-07-31 11:15 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(8)
2013年 12月 22日

行けるうちに行っておくイ課長

今年の年末年始は曜日の並びがいい。長く休める。
大体の企業は28日土曜から休みになり、1月6日が仕事始めのはず。
これをフルに使えば9連休だ。海外に行く人も多いだろう。

しかしイ課長は年末年始を利用した海外旅行なんて一度もやったことがない。
せっかくの休みなんだから、少しはゆっくりしたいし、この時期って飛行機やホテル代も高そうだしね。

ところが、イ課長の勤務先が27日の金曜を「一斉有休取得日」ってことで、事実上の休みにした。
となると、だよ・・・?

27日に出かけて、31日に帰国するっていうスケジュールで3泊4日でどこかに行けるわけだ。
それに行っても、年明けにまだ5日も休める。それならどっか行こうかな?

今年は仕事もイマイチだったしオヤジも死んだしで、あまりいい年ではなかった。
どっか行って気分転換してこようか。海外なんてね、とにかく「行けるうちに行っておけ」だよ。
海外旅行好きだったオヤジが死んで、やっぱつくづくそう思った。

3泊4日となると、まぁアジアだよな。それも未知の国じゃなく、すでに行ったことがあって、
事前に情報収集しなくても土地カンがある方がラク。となると、だよ・・・?

候補は台北か、ハノイか、ホーチミンか、バンコクってところだ。
北京やソウルは全く候補にならなかった。やっぱ日本より暖かいところに行きたいじゃん?
このうち、ハノイとバンコクには今年行ったばかりでFacebookの友達もできたくらいだから、
また会えたら楽しいだろう。できればハノイかバンコクという方向性で飛行機をチェックしてみた。

ANAは年末の東南アジア方面が軒並み「空席待ち」状態。こりゃダメだ。
JALはハノイ直行便出してて(ANAはまだない)残席もあるにはあった。たしか14万円くらいだったはず。
でも到着時間が悪いんだよね。22:35着。ハノイのノイバイ空港から市街まで車で1時間かかるのは
すでに知ってる。ってことは、ホテル付く頃にはもう翌日じゃん。うーーーん・・・時間が悪いよなー。

ベトナム航空はどうだ?これがまた何と、ハノイ往復ウン千万ドンときた(笑)。つまりウン十万円単位。
JALより高いじゃん。それならタイ航空でバンコクはどうだ?見ると27日出発便がまだちょっと残ってて、
午前成田発で夕方現地着だから時間もいい。ただし値段は16万円以上する。たけぇ。

到着時間的にはタイ航空のバンコクがベストだ。しかし16万以上(たしか168,000くらい)かよ。
だが残席は数席しかない。早く買わんとなくなる。タイ航空のWebサイトを見て迷う日々が続いた。

先週のある日、残席あるかな?と思ってもう一度確認したら、何と27日出発便は「残席なし」表示。
がーーーん!やっぱりあそこで思い切って買っておくべきだったか。「行けるうちに行っておけ」なんて
言いつつ、結局カネが惜しくてチャンスを逃したか・・・。

まぁしかし、こういうのってキャンセルが出てまたポッと空きが出たりすること、あるよな。
(実際、27日発のフライトの残席数は1〜4あたりの間で日によって変動していた)
その数時間後、未練たらしくもう一度タイ航空のサイトを見てみたら・・・

残席1 料金8万2千円数百円  という表示が。



・・・と思ったときにはもうクリックしていた(笑)。

f0189467_14541468.jpg
航空会社の料金システムって、残席数と出発までの日数によってけっこう変動する。それは知ってた。
しかし、おそらくキャンセルによって発生した残席1が急に半額以下になる、そのカラクリはわからない。
ひょっとしてタイ航空のシステムエラー?でももう決済しちゃったもんねー。知らないもんねーー。
(上の写真は前にも載せた、90年代半ばのバンコク)

ちょっと興味があったからついさっきおなじ日程で残席状況と値段を確認してみた。
すると、羽田発0:20の便(つまり、イ課長がインド行く時に乗ったやつだ)ならその日に残席1あるね。
値段は10万ちょっと。さぁチャンスチャンス!(下の写真は今年6月撮った近代的大都市・バンコク)
f0189467_14541135.jpg
というわけで、イ課長はなんだか知らないけど、27日から3泊4日でバンコクに行くことになった。
自分でもまさかと思うけど、これってひょっとするとタイ航空の戦略にのせられたのか?(笑)
まぁ少し温まってきますよ、バンコクで。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2013-12-22 15:00 | 2013.12バンコク旅行 | Comments(4)
2013年 06月 21日

イ課長はゆく

だいぶ前に「6月に海外旅行に行く、行き先はヒ・ミ・ツ」という記事を書いた。
しかし、それっきり、6月旅行に関して、アレが見たいとか、ここに行きたいといった記事は
ひとつも書いてこなかった。

実はオヤジの体調という家庭の事情、さらに業務スケジュールの不確定要素も重なって、
一時は完全に「こらもう6月旅行はキャンセルかな」という気分になったんだよね。
そのままずーっと「予約するにはしたが、キャンセルするかも」という状態が続いていた。

それでもオヤジの方は持ち直し、仕事の方も大丈夫そう、ということになったので
んじゃまぁ、予約しちゃってることでもあるし、当初計画通りに行こうということになった。
(ちなみに、今回もまたイ課長一人旅なのである)

行くか行かないかの最終決定は直前まで様子をみて決めることにしていた以上、
最終決定から出発までの時間は異常に短くなる。
出発は明日なのである・・・というか、日付上ではもう今日なのである(笑)。

まぁ飛行機やホテルはトックの昔に予約してあったわけだから、問題ない。
行く国のガイドブックも急いで図書館に予約して借りた。ヌカリはない。
何もしていなかった荷造りも、アッという間に終わってしまった。
冬の海外出張にくらべて、夏の海外旅行の荷物量って、半分程度じゃなかろうか。

ただ、「よし、行こう」から「行ってきます」までの間がこう短いと、なんだかヘンな感じだ。
去年、東欧・北欧旅行に行くときも、事前準備で気分が盛り上がらないって書いたけど、
今回は盛り上がるとかナンとかいう以前の問題で、明日、成田から飛行機に乗ることが
自分でも信じられない。

こういう時、致命的とまでは言わないまでも、「あ、しまった」っていう忘れ物をしそうだ。

そういえば、よそのブログでちょっと話題になっていた「飛行機の中ではくスリッパ」。
他のものは忘れてもこれは忘れない。飛行機の中はもちろん、ホテルでも室内ばき代わりに使う。
パスポートや現金等とともに、機内持ち込みカバンに不可欠な重要アイテムなのだ。
f0189467_043121.jpg

今日は特に載せるべき写真もないから、スリッパの写真で勘弁してちょうだい(ヲイヲイ)。
たぶん2008年頃に100円ショップで買ったスリッパ。耐用年数は大幅に過ぎてるはずだ。
さすがに、そろそろ換えるか・・・。


仕事メール確認の必要があるため、出張でもないのに今回は会社パソコンを持っていく。
だから、現地からブログ更新できると思うよ。


せっかくだから、行き先はヒ・ミ・ツにしたまま出発しよう。ふふふ。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-06-21 00:05 | 2013.06 東南アジア旅行 | Comments(4)
2013年 05月 15日

オプショナルツアー初心者・イ課長

イ課長って、生まれて初めての海外旅行から、いわゆるパッケージツアーを利用したことがない。
唯一の例外は前の会社の社員旅行だけで(ソウルだった)、まぁ会社が手配してくれたわけだけど
自分で行くとなると、いつも自分でホテルや飛行機を予約し、現地観光の方法も自分で何とかする。
だから「魅惑のドコソコ7日間周遊の旅☆添乗員同行・全日程夕食付き」的なパッケージツアーには
トンと縁がないし、いわゆる現地オプショナルツアーに申し込むってことも、これまでほとんどなかった。

誰だって決まったスケジュールに従ってゾロゾロ行列つくって見物するより、自由に、好きなように、
観光したいと思う。イ課長も強くそう思う。だからパッケージツアーは言うに及ばず、現地オプショナル
ツアーもまたイ課長の“自由志向”に合致しないツアー商品だっていうんで、毛嫌いしてたんだよね。
一昨年のウィーン旅行で行ったヴァッハウ渓谷にしても、ブダペスト日帰り観光にしても、オプショナル
ツアーで行こうなんて気はサラサラなく、自力で何とかした(ツアーはいっぱいある)。
f0189467_042182.jpg

パッケージツアーに対するイ課長のカタクナな姿勢は現在でもほとんど変わってない。
ただ、現地オプショナルツアーに関しては、この1年くらいでやや考え方が柔軟になってきたんだよ。
滞在地からの移動交通手段が不便で、個人で行くのがタイヘンそうな場合、お金がかかっても、
現地で一人で自由に行動できなくても、ガイドが英語でも、行きたくもない土産物屋に連れて行かれても、
オプショナル・ツアーでしゃあねぇ、というケースが現れ始めてるんだよ。

転機になったのは、去年6月のポーランド旅行で行ったアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所と、
同じく去年10月のインド出張で行ったタージ・マハルだろう。どっちも現地オプショナルツアーだった。

アウシュビッツって、当然といえば当然だけど、かなり不便なところにある。公共交通機関を使って
自力で行こうとするとけっこうタイヘン。しかもあそこ、入場料払っても個人じゃ自由に入場できなくて、
引率のガイドがいないとダメなんだよ。個人旅行者だけが一定人数たまると、グループにまとめられて
見学できそうなことも書いてあったけど、面倒だし時間もかかる。そこでオプショナルツアーを申し込んだ。
f0189467_003954.jpg

まぁこのアウシュビッツ日帰りツアーではひどい目にもあったけど(いずれ詳しく書く)、二つの収容所跡を
効率的に見てこられたのは確かだし、広大な収容所のドコにナニがあるかなんて、ガイドさんがいなきゃ
わからなかった(ただし、ガイドは英語だから、そういう意味ではやっぱりわからないのだが(笑))。

タージ・マハルにしても、デリーから日帰りでアグラまで往復しようとすると、これがけっこうキツいんだよ。
何せ車で行っても片道4〜5時間かかるところだ。鉄道のダイヤとか、切符の買い方とか、いろいろ
ネットで調べたんだけど、日帰りはかなりハードルが高い。旅行ならともかく、出張中じゃ無理だ。
で、日本語ガイドつき、車で往復というオプショナル・ツアーにした。イ課長一人のために運転手とガイドが
付くんだから、貧乏性のイ課長にとっちゃものすごくゼイタクな観光行動で、心理的抵抗もあった。
f0189467_005490.jpg

でもさー、せっかくインド行くんだったらさー、やっぱタージ・マハルは見ておきたかったんだよ。
自由とスリルを犠牲にして、ラクで(朝6時出発で片道4時間半だから、決してラクでもないのだが)、
確実で、効率的な方法をカネで買った、というわけだ。
ああオレもトシとったのかなぁという、ジクジたる思いが若干あるのは認めねばならぬ(笑)。

なぜこんな言い訳がましいことを書いたかというと、イ課長は今年も6月に旅行を予定しているからだ。
行き先は海外だ。当然「あそこに行こう」「これが見たい」という希望もある。しかしそういう観光地って
遠くて不便な場所もけっこうある。「地下鉄に乗ってオペラ劇場へ」というわけにはいかないのだ。

そういう不便な観光地だから、ガイド付きで車で連れていってくれる現地オプショナルツアーは
いっぱいある。ドッカに集合してバスで連れてってもらい、観光して戻ってこられれば確かにラクだ。
すでにイ課長はその禁断の味を知ってしまったし(笑)。この際、安易にオプショナルツアーで・・・

・・しかし、全部ガイド付きオプショナルツアーっていうんじゃ、さすがに面白くない。
オプショナルツアーと“自力ツアー”を上手に組み合わせるのがいいんだろうけど、さて、それでは
どれを「オプショナルツアーにお任せ」にし、どれを「自力ツアー」にするか?これは迷うところだ。

それに、もう一つ迷う要素がある。
オプショナルツアー初心者のイ課長は、アウシュビッツの時も、タージ・マハルの時も、ぜんぶ出発前に
日本でネット予約した。そういうモンなんだと思ってたんだよ(笑)。

ところが調べてみると、現地の旅行代理店(とかホテル)で頼むって手もあるんだね。
この場合、日本語ガイドがつくということはないはずだが、料金的には日本から予約するよりも
カクダンに安そうなんだよ。ふーむ、現地語のワケわからないガイドを聞きながら、現地人と一緒に
格安観光なんていうのも、なかなか珍なる経験ではあるが・・うーん・・。

ま、そんな感じで、イ課長はそろそろ6月の旅行に向け、具体的プランニングに入ってるわけですよ。
まだ書いてないネタ在庫がたっぷりあるのに、さらにまた新しい旅行ネタを増やそうというこの暴挙。
行き先は、去年のダークな旅行の時と同様、とりあえずヒ・ミ・ツ(笑)。


  
[PR]

by tohoiwanya | 2013-05-15 00:04 | 出張・旅行あれこれ | Comments(8)
2013年 02月 22日

海外出張スケジュールをつくる

海外出張のスケジュール決めるのは難しい。

何日から何日までドコソコで開催される会合に出席、なんていうのなら場所も日程も最初から
決まってるわけだから話は簡単なんだけど、イ課長の海外出張って、まぁヒトコトで言えば

イ課長さん、欧州行って専門家といろいろ面談してきてください。どこの誰に会うかは お・ま・か・せ

という状態に近いもので、恐ろしく自由度が高い反面、全て自分で決めないといけない。
これは何度やっても恐ろしいスケジュール作成作業で、そもそも何から決めるべきかが問題になる。
誰に面談するかを考えて・・・いやその前にまず行く国を決めるべき?その前に日程を決めるべき?

まぁ詳しく書くと長くなるから、はしょって書くと、要するに

①目的にあった面談候補がいっぱいいて、アポが取れなかったときの次善の策をとりやすい国(街)
②現地で行動がしやすい国(通訳さんを見つけやすいとか、多少は土地カンがある、とかね)

といったあたりを考慮して、大まかに場所を考える。

主に①の理由で今回はブリュッセルとロンドンあたりかなぁ~という、非常にモヤモヤした状態の
まだ出張スケジュールとはとても呼べないような「スケジュール原物質」が形成される。

次に、まず1件アポを決めてしまう。
決めてしまえば自動的に「その週」ということが決定し、あとは空いた日の日程を埋めるべく、
訪問先アレンジに奔走する。併せて飛行機やホテルの手配も並行して進めるわけだ。
この辺から「原物質」だったものは急速に「出張スケジュール」らしくなる。

ある程度仕事のスケジュールが固まると、「この日の夜はブリュッセルで誰それと会食になる」とか
「この日は夜の予定は何もないな」ってことがわかってくる。
f0189467_1833436.jpg

この辺から仕事スケジュールの調整と並行して、夜の娯楽アレンジという重要な作業が始まる(笑)。
イ課長が欧州出張行くとなりゃ、もちろんオペラざますよ。

ところが今回はブリュッセルのモネ劇場も、ロンドンのコヴェント・ガーデンもナショナルオペラも
日程が合わなかったり、売り切れだったり、演目がイマイチだったりでダメだったんだよ。
ちぇー。今回はオペラなしかよ・・・
さらにあきらめず、ロンドン交響楽団とかロンドン・フィルの予定も調べたけど、これまた日程合わず。
なんてこった。つまんねーなー。

・・・と思いつつ、出張に持ってく地図をコピーするために図書館から借りた「地球の歩き方」を読んでた。
ロンドンのナイトライフのページを開くと、有名なロイヤル・アルバート・ホールのことが書かれていた。
ああ、そうか、アルバートホールってのもあったな。しかし今の季節は大したものやってないんじゃないか?

一応調べてみた。
するとどうよ、なぜか知らんがロイヤル・アルバート・ホールで英語上演のカルメンやってるぞ?
しかしあそこはオペラ劇場じゃないだろ?どういうことだ?演奏会形式の上演ってことか?
よくわからないんだけど、不思議なことにイ課長の手は自動的に動いてチケットを予約していた(笑)。
f0189467_1841170.jpg

まぁこれで(上演形態がイマイチよくわからんが)夜の娯楽も1件確保した。
その他に、今回は現地で仕事関係者との会食っていうのも2晩予定されている。
昼間の仕事の面談はもちろん、最後には夜もそれなりに予定が入ったねぇ。
原物質だったものが、今じゃどこから見ても立派な海外出張スケジュールになった。

もちろん、ホテルはとっくに予約した。ロンドンに行くユーロスターの切符も印刷済み。
出発24時間前から解禁されたオンラインチェクインで、行きの大英帝国航空の座席も決めた。
(ちなみに、イイ席は全然残ってなかった)
帰国便の座席は・・・これまた出発24時間前にならないと指定できない。だから決まってない。
旅先じゃ搭乗券のプリントアウトも出来ねぇじゃねぇか。BAのばっきゃろう。

そんなわけで、何とか今回もほぼ準備はメドをつけたイ課長なのでありました。
明日早朝、出発するっす。大英帝国航空だから、また成田の第2ターミナルからです。
もちろん、太宰府天満宮の航空安全御守はすでにスーツケースに入れたのである。
(本日載せた写真は、全て過去の出張で撮ったものです・・・って、当然だが(笑))。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-02-22 18:06 | 2013.02欧州出張 | Comments(8)
2013年 02月 08日

3社相見積り、そして結局・・・

詳しく書くと長くなるから省いて書くが、イ課長の海外出張というのは基本的に全て
「自分の会社のために行く」わけではなく、「あるところから委託された仕事のために行く」ものだ。
出張経費は領収書や関連書類なんかをキチンとそろえ、委託先の確認を経ないといけないんだけど、
揃えるべき書類ってのがいろいろあってさ、これがけっこう大変なのヨ。

そろえるのが特に厄介な書類の一つが複数社の航空運賃見積書だ。
これは必ず、というわけじゃないけど、相手によっては絶対に必要になる書類なのだ。
航空運賃は同じ条件で複数社に見積もりさせて比較し、一番安いところにする。俗に言う
アイミツ(相見積り)ってやつだけど、大抵の場合は最低3社必要。これがヤッカイなんだ。

仮にフランクフルト往復としよう。「行きがこの日、帰りがこの日のフランクフルト往復で見積りつくって」と
JTBと、近ツリと、日本旅行と、って感じで3社に頼まないといけない。しかも見積書は3社に出させても、
航空券を発注するのは1社だけだから、ダメ確率が2/3ってことも説明しないといけない。

これって面倒だし、旅行代理店に対しても気がひける。
過去に何度も見積り頼んでおきながら、結局一度も航空券を発注したことがない代理店もある。
そんなところに「申し訳ないんですけど、また…」って受注確率1/3の見積りを頼みづらいじゃん?

2月23日に出発するこんどの欧州出張。
ここでも「イ課長さん、航空運賃は3社相見積りでお願いします」と言われたんだよ。

うえーーーまたか。やだなぁ。
こんな規定のない出張だったら、ネットでサクサクと自分で予約できて、ラクなのに。
そこで、先方の担当者に聞くだけ聞いてみた。

「たとえば、ANAとJALとルフト、みたいに3社のネット予約料金比較で相見積りってことにして、
 いちばん安いところにしたっていうのでもいいですか?」

それでもいい、と言われたので、少し気がラクになった。
さっそく今回の旅程、日本→(乗り継ぎ)→ブリュッセル→(地上移動)→ロンドン→日本で3社比較してみた。
ブリュッセルは直行便がないから、行きは必ずどこかで一度乗り継ぎになるのだ。


f0189467_0515896.jpg

まずANA。相見積りが必要じゃなきゃ、たぶんスンナリとこれに乗っただろう。マイルも貯まるし。
料金を調べてみると、行きはフランクフルト乗り換えでブリュッセル入り、帰りはロンドンから直行便で24万円くらい。
ううむ…けっこう高いな。しかも去年と同様、卒業旅行シーズンにかかってしまったようで、残席僅少。
通路側も窓側も残ってないじゃん。まいったねー。


f0189467_0522834.png

次に同じスターアライアンス組からルフト。ルフトでも一応イ課長のマイルは貯まる。しかしだ。
帰国便でフランクフルト乗り継ってのはバカバカしいから、コードシェアしてるANA便でロンドンから
直行で帰ろうとすると、結局ANAと値段はほとんど変わらないんだよね。まぁ当然ちゃー当然だが。


f0189467_0543938.jpg

3社め、JALいってみるか(JALって、また鶴のマークに戻ったんだね、知らんかった)。
ぐえ。往路はロンドン経由ぅ~?ヒースローまで延々乗って、ブリュッセルまで戻るの?遠回りじゃない?
ところが、こっちの方が値段が安いんだよ。約20万円。え~?じゃ、JALにしないといけないってことじゃん。
スターアライアンスのマイルの呪縛は打ち破ったイ課長だから、ワンワールドでもいいんだけど、ただねぇ、
行きがロンドン経由ってのは距離的・時間的に少し長くなって、気がすすまないなぁ。

JALはブリティッシュ・エアとコードシェアしてる。そうか、BAもワンワールドだったか。
ロンドンから直行便で帰る方法としてBAっていう選択肢もなくはないわけだ。一応確認するかっていうんで
BAのサイトで同じ日程・同じ旅程でチェックしてみた。

うげ、安い!約15万円とは。

行きはJALと同様、ロンドン・ヒースロー乗り換えだから飛行時間は長い。ブリュッセル着は夜になってしまう。
もっとも到着時刻に関しちゃ他の各社も似たようなもんだからいいんだけど、ロンドン乗換えってのがなぁ…。
なーんか遠回りするようでやだなぁ。実際にはそう極端な遠回りってわけでもないんだけど、エコノミーの
激狭シートに押し込められている時間は少しでも短い方が助かる。

もっと残念なのは帰りだ。BAの日本直行便、ロンドン出発が昼でやんの。
JALやANAなら現地発は夜だから、最後の土曜日に半日観光できるんだけど、昼出発じゃムリじゃん!

「ロンドン半日観光したさに、BAのサイトは見なかったことにする」ということをかなり真剣に考えた(笑)。
しかしANAやルフトの2/3という安さを知ってしまった以上、これを無視するのは困難だよなー。
うう…今回はBAにせざるを得んか…土曜日のロンドン半日観光はあきらめるか…、。
f0189467_0551264.png

というわけで、イ課長は大英帝国航空に乗って2月23日に欧州出張に行ってまいります。
もう予約もしちゃったのである。生まれて初めてだよ、BAに乗るのって。

え?
なんでいつもみたいに日曜出発じゃなく、23日の土曜出発にしたのかって?
これには理由が二つある。一つは上述のように、直行便のないブリュッセルに乗り継ぎで行くから、
飛行時間が長くなるうえに到着は遅くなる。日曜遅くに着いて、翌日朝からすぐ仕事ってのはキツいから、
時差ボケ回復の余裕をとりたかったのだ。海外出張では体調のセルフマネジメントが重要なのである。

二つめの理由は「何かあったときの用心」だ。
ウチの会社の人間がつい先日、エア・インディアでまたインドに出張したんだけど、実はエア・インディアも
例の787を買ってたんだよね。で、機体のやりくりがつかなくなったっていうんで行きも帰りも欠航(ひぃー!)。
結局、行きはJAL、帰りはキャセイに振り替えたりして、タイヘンな苦労の末に戻ってきたんだよ。

そんな話を聞いたばかりだったし、こないだの福岡行きではイ課長自身もANAトツゼン欠航でピンチを味わった。
こうなると愚かなるイ課長だって用心深くなる。大英帝国航空が787を買ったかどうか知らないけど、
少なくとも、行きについては多少余裕を持たせた旅程にしておきたかったのだ。
海外出張ではスケジュールのセルフマネジメントも重要なのである。


え?
最後にロンドン半日観光できない腹イセに、日曜にブリュッセル観光するためにワザと早めたろうって?
観光のセルフマネジメントじゃねぇか、だとゥ?


そ、そんなことはなーい!ないったらなーーーーい!!


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-02-08 00:57 | 2013.02欧州出張 | Comments(20)