タグ:風景 ( 90 ) タグの人気記事


2017年 12月 07日

ヤンゴン・小ネタあれこれ2

やれやれ・・名古屋3泊出張から戻ってまいりました。
写真はいっぱい撮ってきたけど、行った先はけっこうジミなとこばっかりだったから
さてどうやって書こうか・・。とりあえずヤンゴンネタで更新。

汲めども尽きぬヤンゴンネタ。本日はそんなヤンゴンの小ネタ企画の第2弾。
これはブログに載せたいなっていう写真がまだまだあるんだよ。

①古代遺跡かよ
ヤンゴンの道は大体両脇に側溝があり、その上に石板でフタしてる。ま、早い話がドブ板だ。
それ自体はぜんぜん珍しくない。日本にだってあるさ。フタはコンクリ製だろうけどね。

しかしヤンゴンではその側溝のフタに、何かミャンマー文字が彫ってあることがたまにある。
こんな感じ。
f0189467_13015042.jpg
 
なんとなく古代遺跡の破片か何かに見えない?イ課長にはそう見えた。
しかし実際はただのドブ板(笑)。たぶん書かれてる内容も大したことじゃないんだろう。
・・とわかっていても、やっぱり古代遺跡の破片に見えるから困る。まぎらわしいことやめて。
 
②体重測定屋
けっこう他の国でもあるんだろうけど、イ課長は初めて見たよ。路上体重測定屋。
客がそこで体重を計ると“測定賃”を払うんだと思われる。1回いくらなんだろうなぁ?
f0189467_13015957.jpg
 
彼のビジネスの資本はこの体重計だけ。あとは何の仕入れも技術も必要ない。
体重計さえあればイ課長だって明日からヤンゴンでこの商売ができるわけだ。
儲かる商売なのかなぁ?儲かるならウチの体重計持ってってやろうかなぁ?(笑)

③絶対解読不能バス
ヤンゴンの路線バスには路線番号がついている。
「●番のバスに乗るとドコソコまで行ける」なんて情報がガイドブックにも乗ってる。
しかしその路線番号をミャンマー数字で表記するとは何たる所業か。解読できぬではないか。
このつながってない9みたいなのがミャンマー数字なの。
f0189467_13020655.jpg
 
こんな風にアラビア数字と併記タイプもあるにはある。「純粋ミャンマー数字型」と
「併記型」の割合は半々くらいだったかなぁ?
f0189467_13020646.jpg
 
つまり外国人がヤンゴンで路線バスに乗ろうと思えば大体半分の確率で路線番号が読めない。
え?覚えりゃいい?ヤンゴンに二日間しか滞在しないイ課長ににそんな芸当、ムリっす。
f0189467_13020624.jpg
 
④ジャラジャラジャラ!
米国なんかだと、よくホームレスが小銭を入れたコップをゆすってジャラジャラいわせ、
道行く人に金くれって催促してる。ヤンゴンでも銀の器に入った小銭をゆすってジャラジャラ
音を立ててる人たちがいる。物乞い?でも身なりはキチンとしてるが・・。
f0189467_13021392.jpg
 
本で読んだところによると、これはお寺の修繕なんかのための寄付集めらしい。
早い話が募金活動。バス停みたいな、人の集まる所で見かけた理由もそれでナットクだ。
ミャンマーの方々はみなさん信心深いから、こうしてお寺のための募金活動に精を出すのだ。
f0189467_13021356.jpg
 
ヤンゴンの町は、こんな感じの小さなハテナに満ちた街だった。インドを思い出したよ。
ほんっと面白い町だった。そんなヤンゴンの小ネタ企画第2弾でした。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-12-07 00:09 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 10月 27日

ヤンゴンのヒッチコック交差点

電波が走ったりヤタラと再会したり、現地の人たちとの接触がやけに面白かったヤンゴンだが
「うは何だこりゃ」という異様な風景もまたあちこちにある。以前に書いた「水色の疱瘡」も
そうだったけど、本日のヒッチコック交差点もその一つ。

もちろん、ヒッチコック交差点というのはイ課長が勝手に命名したもので、最初に見つけたのは
スーレー・パゴダから東西に伸びるマハバンデュラ通りと、28thか、29thか、とにかくそのあたりの
路地との交差点だった。

東南アジアの大都市には大体どこもすごい数の電線がつながってるわけだけど、なぜかわからんが
この交差点だけ、電線の上におっそろしい数の鳥がとまってるんだよ。「ヒッチコック交差点」と
命名した理由はおわかりいただけただろう。
f0189467_23535947.jpg
 
この交差点だけ切り取ってみればホントに「ヒッチコックの鳥」状態。街路樹とかにはあまり
とまってる様子はなくて、電線が人気のようだ。電線は街中にあるのに「他ではなくこの交差点」の
電線にだけ鳥が大集合する理由がわからぬ。ここだけエサが豊富?ンなわけないよな。
f0189467_23535846.jpg
 
なぜこの交差点にのみ鳥が大集結しているのか、理由をいろいろ考えたけど、当然わからない。
ま、いいや。ガイコクにはこういう不思議もあるんだよ、時には。

その後しばらくあちこち歩いて、たぶんさっきのヒッチコック交差点より一つ北の通りを
うろついていた時だったと思う。イ課長はまたもや遭遇したのだ。

またここだけ鳥の大集会。さっき見たのは実は「第一ヒッチコック交差点」で、今いるのが
「第二ヒッチコック交差点」ということだったのか。ヤンゴンにはこういうのが幾つあるのだ?
電線はそこらじゅうにあるのに、ある特定箇所の電線にだけトリが集まる理由がカイモク不明。
f0189467_23542856.jpg
 
一度ならず二度までも、となると、その形成理由を再び考えざるを得ない。
第一ヒッチコック交差点と、この第二との間だけに共通するナニカがあるのだろうか。
写真を見るとある偶然に気付く。下の写真、トリたちの後方に写ってるものにご注目いただきたい。
f0189467_23542974.jpg
 
これ、ヒンズー寺院だよ。
仏教国ミャンマーの中にあっては珍しい宗教施設。あの辺もまだインド人街なんだろうな。

実はさっきの第一ヒッチコック交差点近くにはモスクがあったんだよ。
インド人街に限って言えばこういうモスクがあの近辺に軽く三つ四つはあったけど、
ミャンマー全体で考えればやはり珍しいだろう。
f0189467_23535996.jpg
 
ヤンゴンの他のところじゃ見かけないのにイスラム教とヒンズー教の寺院の近所にだけ
鳥が大集結するというこの偶然。ここに重要なカギがある。
もしかすると、ここに鳥が集まる理由とはだね・・・


ミャンマー人の大多数は仏教徒だが、ミャンマーの鳥はイスラム教徒やヒンズー教徒が多いから


という理由しか思いつかないのである。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2017-10-27 00:14 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 09月 25日

水色の疱瘡にかかった建物

ヤンゴンの偶然はすげぇって話を書いたけど、もちろんヤンゴンはそればかりじゃない。
風景にもミョーなものはいろいろあったのだ、ヤンゴンってトコは。

その一つが本日の標題「水色の疱瘡にかかった建物」。
最初に見た時はそれが何なのかわからなかった。空港から乗ったタクシーの窓ごしに
見たんだけど、ごく一瞬チラリと、ビルの壁面にびっしりと小さな水色のブツブツが
くっついてるのを目にしたのだ。うわ、いまの何あれ?

先にタネ明かしをしておこう。
その水色の疱瘡とは、実は衛星放送受信用のパラボラアンテナなのである。
ヤンゴンじゃこのアンテナの圧倒的多数が鮮やかな水色。高層住宅にこれを取り付けると
全部同じ方向を向く。ま、アンテナなんだから当然だが。
f0189467_00234972.jpg
 
この水色はけっこう目立つ。くっついてるのが薄汚れた高層住宅だから、なおさら
鮮やかな水色が目立つ。それがびーーっしりくっついてればね、視覚的にけっこう
インパクトあるんだよ。
f0189467_00241958.jpg
 
ヤンゴンはほぼ道が碁盤目状になっている。しかもちょうどタテが南北ヨコが東西の向き。
この水色のアンテナは向きでいうとほぼ南西上空に向かって設置されるようだ。
だから南ガワが道路に面した建物ならそちらにアンテナをくっつける。それを南側から
見るとこんな感じになる。
f0189467_00245077.jpg
 
しかし南面がふさがってる建物だと西側の面にくっつけることになる。
これを北に向かって見ると、特にアンテナだらけの壁面に見えるんだよ。ほぉら。
f0189467_00241970.jpg
 
この後行ったミャンマー第二の都市マンダレーはヤンゴンに比べると低層建物が多くて
アンテナはこんな目立ち方をしてない。つうか、気がつかなかったよアンテナなんて。
そういう意味じゃ水色の疱瘡はヤンゴン独特の風景といっていいんだろう。
f0189467_00244996.jpg
 
海外に行きゃ多かれ少なかれ「うわ何だこりゃ」という光景を見る。ヤンゴンでも
たっぷり見たわけだけど、これはその最も初期の「うわ何だこりゃ」だったといえる。

海外旅行なんてある意味「うわ何だこりゃ」を味わうために行くものじゃん?
だから水色の疱瘡なんかはイ課長的には非常にグッドなネタなわけで、「日本に戻ったら
コレのことをブログに書こう。標題は『水色のカサブタ』・・いや『水色の疱瘡』か・・」なんて
バカなこと考えながら歩いてたよ。その執筆構想?が実現してイ課長は大変満足じゃ(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-09-25 00:10 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)
2017年 06月 15日

ケンジントン・ガーデン横断

大聖堂の話ばっかり続くのもナンなので、ちょいと気分転換の小ネタを。

ロンドンにある有名な公園で、ハイドパークっていうのは昔から名前だけは知っていた。
ケンジントン公園っていうのも名前は聞いたことがあった。

ロンドン出張でパディントン駅近くに宿泊した時、上の二つの公園うちハイドパークの方が
近くにあることを知った(行かなかったが)。ハイドパークがそこにあるっていうからには
ケンジントン公園の方はロンドンのどこか別のところにある、とイ課長は思い込んでいた。

ところがこの二つ、実は公園の真ん中を突っ切ってる道路のアッチとコッチで名前が違うだけで、
実質的には一つの巨大公園だってことを昨年の銀婚旅行で初めて知ったのでした。そうだったの!
ああ・・世界は未知なる事柄に満ちておることよなぁ・・。

昼はヒースロー空港に行かなきゃいけないというロンドン滞在最終日の朝、我々は
この巨大公園を徒歩で横断した。ロンドンで見ておきたいものが公園の向こう側にあったのだ。
地下鉄でも数駅乗れば行けるけど、どうせなら朝の散歩がてら公園突っ切って行くことにした。

うーーーーん・・・朝の広大な公園は気分がええのう。
f0189467_00003653.jpg
f0189467_23564210.jpg
 
英国人のガーデニング執念の強さは有名だけど、イギリス風の造園ってフランス庭園みたいに
キチーッと幾何学的に整頓されてなくて、わりと人工感を排除しようとしてるブブンが多いと思う。
風景式庭園という言い方もあるようで、東京の新宿御苑はそういう考え方で設計されてるらしい。
f0189467_23571115.jpg
 
池も広いねぇ・・。
ロンドンの一人当たり公園面積って、東京23区のソレのほぼ9倍くらいある。広くていいなー。
(ちなみに、豪州の首都キャンベラの一人当たり公園面積はロンドンのさらに約3倍ある)
f0189467_23571128.jpg
 
何だかわかんない巨大なトリ。トリはデカいの小さいの、もうワンサカいたね。
f0189467_23564270.jpg
 
リスもいる。いいなー。日比谷公園にリスなんていないよなー。
ワシントンDCでリス見たときも感心したけど、やっぱこういう世界的大都市の真ん中で
こんな風に野生?動物を目にできるのは羨ましい。
f0189467_23595920.jpg
 
公園の北側、ベイズウォーター側から入って、反対側までのーんびり徒歩で横断しても
せいぜい15分くらいだったんじゃないかなぁ?大したことはない。反対側の出口に近づくと
アルバート公記念碑っていうのもある。

そんな記念碑どうでもいいと思ったけど、記念碑のカドにある彫像はちょっと面白かった。
やけにエジプト・アラビア風なんだよ。どっちもかつては英国の支配下だったトコだが。
f0189467_23571945.jpg
 
と思うとこっちはインド・中国風。インド・香港も英国支配地域じゃねぇか。ってことは、
大英帝国の植民地をエリア別に表現してんの?と思ったけどあとで調べたらアフリカ、アジア、
アメリカ、ヨーロッパという4大陸を象徴した像なんだと。ってことは反対側の二つのカドッコには
アメリカ風とヨーロッパ風があったわけか。見て来なかったが。
f0189467_23571913.jpg
 
アルバート公記念碑を過ぎるともう公園の南側出口。むかし「カルメン」を観たロイヤル・アルバートホール。
しかし今日はもちろんここが目的地ではない。
f0189467_23571856.jpg
 
朝っぱらから公園を突っ切って、イ課長たちは何を見に来たのか?
(ちなみに、強くソレを見たがったのはイ課長だけで、トホ妻はつきあいで来たのだが)
それについて説明しようとするとものすごく長くなるので、いずれ機会を改めて。
本日はロンドンの有名な公園を歩きましたという、それだけでオシマイ(笑)。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-06-15 00:05 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 05月 24日

ストーーーンヘンジッ!!【その4】

ストーンヘンジはもう終わったろうって?
何のなんの、ここで引き下がるイ課長じゃねぇぜ(⇦何か勘違いしている)。

ここでイ課長は問いたい。ストーンヘンジを見に行った観光客は何に感動するか?

もちろんあの巨石構築物を見て「おお」と感動するわけだけど、同時にそれを取り巻く環境、早い話
「見事なほど周りにナニもない」ということ、もう少しいえば「周りに何もないことがもたらす
演出効果」にも感動するんじゃないかと思う。少なくともイ課長にはそれがものすごく印象深かった。
f0189467_01151906.jpg
 
前回書いたみたいに、ストヘン建設当時ここが深い森の中だったって説もあるらしい。
しかしイ課長にはそれはトーテー信じ難い。作られた当時からこういうダダッ広い、
何もないところだったんじゃないかなぁと思うんだよ。5000年前にこれを作った人たちも
やはりそれなりに「周囲がもたらす演出効果」を考えたんじゃないか?
f0189467_01164993.jpg
 
大体、何万年とか何十万年単位ならともかく、たかが4000〜5000年程度の期間で
そこまで土地って劇的に変化するかい?エジプトのピラミッドが「建設当時は森だった」って言われても
信じ難いのと同じくらい信じ難い。

まーーとにかく見渡す限り草原と森以外何もない。こういう所とは予想してなかったよ。
目に入る人工物っつうたらかろうじて道路だけ。おそらくストヘン管理主体(国かなぁ?)が
周囲に家だの工場だのを作るのを厳しく規制してるんだと思われる。
f0189467_01151901.jpg
 
建設当時ここがドウだったかという論議はともかく、今ここが「周りに何もない場所」であることは
明白な事実。目に入るものは草原と空とストーンヘンジと、あとはちょっと牛や羊がいるだけ。
(ま、あと不幸なことに大量の観光客がいるわけだが(笑))。

この感じ。昔見たタージ・マハルを思い出しちゃうわけよ。「それしかない」「それだけがある」という
視覚効果にイ課長は弱いのかも知れない。ストーンヘンジのポツンと孤立した感じ、だからこそ逆に
すごい存在感を放射しているという、この効果はすごい。

想像してみてほしい。
なーーーんにももない草原に異様な存在感を放つ古代遺跡・・・そこを歩く自分・・
目に入るものは巨大な石だけ・・・聞こえてくるのは風の音だけ・・・
そりゃーもう演出効果バツグンなわけヨ。これであとイ課長以外の観光客が全員
消えてなくなれば完璧なのだが(笑)。
f0189467_01184246.jpg
 
建物は論外として、もしストーンヘンジの周りに木がワサワサ生えている程度だとしても
今とはガラリ違った印象になると思う。ストーンヘンジを見る価値は単に巨石の遺跡を
見ることより、遺跡の周囲の「何もなさ」にある、とイ課長は思った。

最初に書いたように、ここは30分刻みで入場予約制になってるけど、見学そのものの時間に
制限はなさそうだった。ストーンヘンジの周りを何時間ウロついてもいいんだと思う。
f0189467_01165005.jpg
 
しかし帰りのバスの時間があるからね。こんなところに置いていかれても困る。
古代巨石遺跡を堪能した観光客はまたシャトルバスに乗って、とりあえずビジターセンターまで
戻ることになる。バスはけっこう頻繁に来るけど、バスを待つ列はすげー長い。1~2台は
見送る可能性大。時間に余裕を持たせて戻った方がよろしくってよ。
f0189467_01124642.jpg
 
ビジターセンターに戻ったら、解説のオーディオ・ガイドを返却しましょう、持ち帰っては
いけません。こういう専用棚があるから、引っ掛けておきましょう。イ課長は見学中にコレを
聞くことは結局ほとんどなかったけどね(っていうか操作方法がよくわからなくて・・)。
f0189467_01124611.jpg
 
ビジターセンター駐車場でバスの出発時間までちょっと時間をつぶす。
この駐車場が出来る前はここもホンットに何もない場所だったんだろうな。
赤いポピーの花(かな?)が咲いてるだけの原っぱがどこまでも続く。
f0189467_01135348.jpg
こうして駐車場からツアーバスに乗ってふたたびロンドンに戻ってきたというわけでした。
半日ツアーだから、3時頃だったかな。ところが行きよりさらにヒドい渋滞にハマッた。
f0189467_01135280.jpg
 
バスは最初の集合場所だったビクトリア駅まで行くはずで、イ課長たちもそこで降りるつもりだった。
ところが、あまりにバスが動かないもんだから何人かの乗客がシビレを切らして「ここで降ろして」と
ドライバーに頼んで降り始める。イ課長とトホ妻もそれに続けとばかり降りて、最寄りの駅から地下鉄で
ホテルに戻って一休みしたのでありました。
(夕方、ロイヤルフェスティバルホールに行ってカニ歩きニンジャするのがこの日なのでした)

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-24 00:11 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(4)
2017年 04月 28日

コッツウォルズ地方をめぐる【総括編】

トホ妻の話によると、英国のコッツウォルズ地方とか湖水地方って、もうだいぶ前に
女性誌等でだいぶもてはやされたらしいね。湖水地方っつうたらピーターラビット
ゆかりの地でもある。その影響でツアーに参加する人も(特に女性には)多いのかも。

でも実際に一日バスに揺られてコッツウォルズ地方の美しき村や町をあちこち回ってると、
ツアーの内情みたいなものが多少わかってくる。要するに「ああ、そういうことなんだな」と
察しがつく部分があるんだよ。

本日はその辺について整理してみたい。
いわばコッツウォルズ・ツアーに参加してみての所感というか、考察とでもいうか。
これからコッツウォルズに行こうと思っている方の参考になるかもしれない。
どんな考察かって?たとえばだよ?

①なぜこの4つが訪問地になったの?
まず素朴な疑問はコレだよね。何でこの4つが?
キレイだから、有名だから、その他理由はいろいろあるだろう。しかし実際参加してみると
この4つの村が選ばれた決定的理由がわかってくる。それは何かというとズバリ、
大型バスが停められる場所があるということだ。
 
なにせバスの数は1台や2台じゃないからね。日本人向けツアーだけでも毎日複数あるし、
他国の観光客もバスを使う。駐車場のない村じゃムリなんだよ。逆に広い駐車場がある村には
各国の観光客を乗せた大型バスがすげーたくさん集中する。
(下の写真はボートン・オン・ザ・ウォーターの駐車場。ここが一番広かったと思う)
f0189467_00452591.jpg
 
レンタカーとかで行くならまた話は変わってくるだろうけど、それでもバイブリーみたいな
有名どころは路上駐車の車だらけ(笑)。なんだかなーーー。
f0189467_14344481.jpg
 
コッツウォルズツアーの行き先は「その村がキレイかどうか」と同じくらい「その村に
ツアーバスが停められるかどうか」が重要な判断要素。これはまず間違いない。

②じゃ、実はほかにもキレイな村があるの?
4か所しか行ってないわけだから印象で答えるしかないけど、たぶんあると思う。
バスで走ってるとわかるんだよ。車窓から外を見てるとライムストーンの屋根が連なった、
こじんまりしてキレイそうな、小さな村って感じの場所を何度か見かける。

そういうの見るたびに「ああいう村、どんな感じなんだろ?」と思うわけなんだけど、
バスは通り過ぎてしまうので確認することはできない。しかし今にして思えば、それがどんなに
美しい村であっても、バスが停められなきゃ素通りするしかない。
f0189467_00452588.jpg
 
③他のツアーも全部同じ町に行くの?

これは確認してないのでわからないけど、おそらくどんなツアーでもバイブリーは必ず行くはずだ。
あそこは確かに観光客がイメージするコッツウォルズそのものって感じの田園の村で美しいし、
何といってもバスが停められるからね。一方、ボートン・オン・ザ・ウォーターは大きい町で
飲食店も多いから、昼飯どきはあの町で長めの自由時間をとるツアーが多いはず。
(下の写真はイ課長たちが簡易メシを買ったパン屋)
f0189467_15082431.jpg
 
④結論として行く価値はある?
「英国の田園」「ライムストーンの家」といったものに対する好み&思い入れの問題もあるから
一概にはナンとも言えないが、イ課長は4つめのブロードウェーではちょっと疲れた(笑)。

それを見透かしたように、最後にロンドンに戻るバスの中でガイドさん(現地の日本人女性)が
こう言った。「みなさんいかがでしたか?疲れましたかー?飽きましたかー?

個人的には、訪問地はバイブリー+2か所でもいいんじゃないかと思う。朝8時半にビクトリア駅に
集合して、同じビクトリア駅に戻ってきたのが・・6時頃だったかな?(よく覚えてないスマヌ)
バスや車にゆられ続ける一日ツアーってやっぱ疲れるよね。もう少し早く帰れると嬉しい。
f0189467_15102777.jpg
 
帰路、また地下鉄サークル線が止まってやがったので、すげー遠回りのハマースミス駅経由で
パディントン駅まで戻り、メシを食い、ホテルに戻った時は正直クタクタでござんしたよ、ええ。
例によって先を争うように寝床に入った我々でござんしたよ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-28 00:31 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(6)
2017年 04月 26日

コッツウォルズ地方をめぐる【ブロードウェー編】

最後の村はブロードウェーというところです。N.Y.の劇場街とは関係ありません。
その名の通り、広々した道路+歩道がだぁーーんとあるきれいな町だった。
f0189467_00540355.jpg
 
しかしイ課長も今日一日だけでキレイな町だの村だの田園だの、散々見てきたからね。
目が慣れてきて、このくらいのキレイさなら驚かなくなる(笑)。

この町にもライムストーンの家はある。でも鬱蒼たる緑に包まれたバイブリーと違って、
建てられた年代もやや新しそうでモダンに見える。その分「おとぎ話のような」的雰囲気は
やや希薄になって、現実にヒトが住んでる家って感じだ。
f0189467_00540386.jpg

この町でも自由時間は40分くらいじゃなかったかな?
まぁブラブラと散歩しましょう。暑い日ではなかったけど、トホ妻はこの町でアイスクリーム購入。
このアイス売りのお姉さん、かわいいね。
f0189467_00540320.jpg

トホ妻がベンチに座ってアイスを食ってるワキで、しばらくイ課長も休んだ。さすがに疲れたぜ。
向こうでも地元の子供たちがアイス食ってる。のどかだなぁ。この写真は前に載せたよね。
f0189467_09102151.jpg
 
アイス食ったあとはまた散歩。このツアーでは到着地ですることは散歩以外はあまりない(笑)。
今日一日ですっかり見慣れたライムストーンの蜂蜜色の屋根と石壁の家が多いのはもちろんだけど、
こんな異彩を放つ家もある。これは・・・藁葺き屋根か?壁はコゲ茶のレンガかな?
f0189467_00550429.jpg

ほぉ、こんな渡り廊下もあるよ。路地の上の渡り廊下ってなんかヨーロッパっぽくて好きな風景だ。
f0189467_00550486.jpg

そんなことをしてるうちにそろそろ集合時間。
他の町では駐車してあるバスに戻ればよかったけど、この町では指定されたパブの前の歩道で
待ってるとバスが来るという方式。「馬と猟犬」なんてパブの看板はいかにも英国らしい。
f0189467_00553416.jpg

うわ、看板じゃなく本物の馬もいるじゃねぇか。
バイブリーに比べるとずいぶん町らしい町だと思ったけど、こうして見るとやっぱ田舎だねー。
牧場というほどじゃないけど、馬が何匹か飼育されている原っぱらしい。
f0189467_00553315.jpg

やがてバスが来てゾロゾロと乗り込み、一路ロンドンに戻ったわけでありました。
途中ドッシャーと雨が降って、こりゃヤバいと思ったけど幸いロンドンは降ってなかった。
f0189467_00561276.jpg
  
こうしてロンドン発・コッツウォルズの村をめぐる一日バスツアーは終了したわけでありました。
最後はちと疲れた(笑)。
しかしコッツウォルズ編はこれで終わらない。このツアーに参加してイ課長なりにいろいろと
考えるブブンも多かったので、次回「総括編」を締めくくりとしたいのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-26 00:21 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(4)
2017年 04月 24日

コッツウォルズ地方をめぐる【ボートン・オン・ザ・ウォーター編】

さぁまたコッツウォルズめぐりに戻るぞ。
3番目はボートン・オン・ザ・ウォーターだ(長いので以下BoWと略す)。

ここは「コッツウォルズのベニス」と言われる町だそうで、地名に「ウォーター」って
ついていることから考えても、何やら水に縁の深い町なんだろうってことは想像できた。
f0189467_01095961.jpg
 
ここは昼食タイムを含めて1時間半くらい自由時間があったと思う。
この日は日曜だったから、ガイドさんはパブでサンデー・ローストを食べてはいかが?とか
いろいろ教えてはくれたんだけど、イ課長とトホ妻は前にご紹介したように屋外で簡易メシ。
f0189467_00275701.jpg
 
とにかくねぇ、ここはこの川べりの芝生の公園がとても気持ちのいいところなんだよ。
店ン中で注文が出来るのを待って時間を使うのはもったいない。せっかくだからこの
気持ちのいい川べり公園で地元の人たちに混じってピクニックランチしようじゃないの。
f0189467_01095086.jpg
 
平日だとまただいぶ雰囲気が違うのかもしれないけど、天気のいい日曜の昼過ぎだから
ほんとにたくさんの人たちが芝生でくつろいでる。BoWに住んでる人たちはみーんな
キレイなこの町が好きなんだろうなー。
f0189467_01095994.jpg
 
川っぺりでメシ食っただけじゃなく、もちろん町も散策してみた。ほんと、きれいな町だよ。
バイブリーは美しき田園そのものだったけど、実際に住むとなるとBoWくらいの賑やかさが
あった方が住みやすいかもね。
f0189467_01095956.jpg
 
塀も壁も屋根もぜんぶ石造り。さらに外壁には何かの植物を這わせてる家がすごく多い。
英国人のガーデニング執念。
f0189467_01094926.jpg
 
BoWでもう一つ驚かされたのは何だか知らない革ジャンバイク軍団がそこらじゅうブイブイ
走り回ってたことだ。コッツウォルズになぜヘルズ・エンジェルスみたいな連中が・・・
f0189467_01081362.jpg
 
ただの集団ツーリング?マッチョなバイク野郎も英国の美しき田園風景が見たいのか?
とにかくすごい台数だったよ。バイク野郎どもの大集会でもあったんだろうか。
f0189467_01081326.jpg
 
美しき水辺の公園でメシを食い、のどかな街並みを眺め、暴走ヘルズ・エンジェルス?たちの
爆音に見送られつつ、我々はBoWを後にしたわけでありました。さぁ次の訪問地が最後だぞ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-24 00:14 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)
2017年 04月 19日

コッツウォルズ地方をめぐる【バイブリー編】

第二の目的地、バイブリーに向けてバスは走る。
このバイブリーという村の説明で枕詞のように使われるのが
あのウィリアム・モリスが『イギリスで最も美しい村』と評した」というエピソード。
どんだけ美しいっていうの?

先に結論を書いちゃうけど、バイブリーは確かに非常に美しいところなんだよ。
美しき英国の緑の田園の中を川が流れ、古い石の橋がかかり、向こうにはライムストーンの古い民家。
「コッツウォルズの村」と聞いてイメージする風景そのものという感じの村じゃないかと思うのだ。
本日のツアーで周る4つの村の中でも白眉と言っていい。
f0189467_14242184.jpg
 
イ課長の乏しい語彙力では「美しい」「田園」「ライムストーンの家」といったコッツウォルズに
付き物の言葉以外で説明するのが難しいので、とにかく写真をご覧いただこう。

ほーら・・。
f0189467_14080568.jpg
f0189467_14181841.jpg
 
ほーら、美しいでしょう?なんといっても白鳥がいるってところがズルい。
ヤバいくらい風景が美しかった町・ブリュージュでも白鳥を見たことを卒然と思い出した。
恐るべし“白鳥効果”。こいつのおかげで心理的には美しさ3割増し。
f0189467_14080456.jpg
 
川の水がまたやけに澄んでるんだコレが。
こんどはジョン・エヴァレット・ミレーの「オフェーリア」って有名な絵を卒然と思い出した。
イギリスの田舎の川ってほんとにあの絵みたいだなー。
f0189467_14085667.jpg
f0189467_01150998.jpg
 
ツアーの白眉・バイブリーの中でも誰もが必ず行く場所がこのアーリントン・ロウ。
コッツウォルズっていうと取り上げられる風景みたいだね。映画のロケにも使われるらしい。
しかもちょっと調べてみたら驚いたことに、このアーリントン・ロウは英国のパスポートカバーの内側の
図柄になってるんだと。英国政府もココが「美しき英国の田園」を代表すると思ってるのか。
f0189467_14081415.jpg
 
このあたりの家は建てられた年代も古そうで、けっこう屋根が低いところまでセリ出してる。
だから石で葺いた屋根というを身近から見られる。ふーむ、こういう感じなんだ。
石を薄く割って、それを瓦代わりにしてるって感じに見える。これなら屋根の重みを
あまり心配する必要もないのかな?(ま、どうせこの辺に地震なんてないだろうが)
f0189467_14081464.jpg
このバイブリーには民家風の立派なホテルもある(写真はない)。
天皇陛下が訪英した時に泊まったホテルっていうから、こんな田舎でもすげー高いんだろうな。
イ課長も金があり余ってたらそんなホテルで散歩と読書だけで過ごしてみたいぜ。ムリだが。

と、まぁこんな具合で、この村で目にする光景は何もかも美しいんだよ。
コッツウォルズの中でも随一の人気を誇るのも当然。しかしそれだけ人気があるところだけに
観光客の数はスゴいよ。観光客を除外したアングルで蜂蜜色の古い民家を撮ることは不可能に近い。
f0189467_14260615.jpg
 
美しすぎる風景であるがゆえに、美しさを阻害するモノが集まってしまうという皮肉。
そういうイ課長たちだって阻害ブツなわけだが。まぁ人気観光地だからなぁ・・。
f0189467_14194050.jpg
 
とはいえ、この美しすぎるバイブリー滞在時間もやっぱ40分程度だったはずで、我々はまた
バスで次に移動しなければならない。次に行く町でランチタイムなのである。あー腹減った。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-19 00:26 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(0)
2017年 04月 17日

コッツウォルズ地方をめぐる【バーフォード編】

最初の降車地バーフォードに着いたのは10時か10時半くらいだったと思う。
ここでツアー参加者はバスを降りてしばし自由散策。散策時間が40分くらいあったかな?
1時間よりは短かったはず。この辺、ウロ覚えで申し訳ない。

ここは田園の村っつうより、“町”くらいの規模はあるところのようだ。
真ん中に幹線道路が通ってて、交通量も多い。気をつけて横断しないと車にひかれる。
のどかな散策という感じじゃないけど、何とか道路を横断して向こう側にいってみた。
f0189467_22484948.jpg
 
おおっ、幹線道路から細道に入ると急にムードある風景に。
古びた家が連なる静かな道。いかにも英国の美しき田舎という感じになってくる。
f0189467_22485685.jpg
 
さらに細道を進む。うーむ・・・なんか美しくなってきたねぇ。
f0189467_22494413.jpg
 
ライムストーンで作られた家ってたぶんこういう感じなんだ。確かに色がかすかに蜂蜜色。
石造りだからおそらく断熱性が高くて冬は暖かいんだろうけど、夏は暑いんじゃないか?
もっともこの辺なら夏はそんなに暑くないようにも見えるが。
f0189467_22501968.jpg
 
うーん・・こういう風景は確かにキレイだ。自然そのままの水路じゃなく、周囲の緑は
キッチリ手入れされてる。英国人のガーデニング執念。
f0189467_22504654.jpg
 
この町で忘れられないのは名も知らぬ教会に行ったことだ。
中には入れないようだったので、何となくグルッと外側を歩いて教会の裏の方に行ってみた。

そこには墓地があった。
緑に覆われたこの墓地は静かで、素晴らしい雰囲気だったね。おそらく墓参りに来る人も
ほとんどいないような古い墓地だろうけど、こういう所に葬られるのっていいなーー。
f0189467_22510790.jpg
f0189467_22512451.jpg
  
緑に覆われた墓地でしばし静寂なひととき。
しかし表通りに出ると相変わらず車だらけの幹線道路。たちまちムードが壊れちまうじゃねぇか。
まったくもーー。
f0189467_22521175.jpg
 
この道路沿いには骨董屋なんかが多いらしい。あんまりよく見てこなかったが(笑)。
トホ妻はこの町でお土産物用布バッグを何枚か買ったけど、例によって買い物に対する
情熱が乏しいイ課長は何も買わず。
f0189467_22525946.jpg
 
・・・てな感じでバーフォード散策の約40分(もっと長かったかなぁ?)は過ぎていったので
ありました。何せ移動を含めて一日で4つ回るから、一つトコロにそう長くはいられない。
ふたたびバスで次の目的地・バイブリーに向かう我々なのでありました。
なかなか忙しいんだよ、このツアーは。 

 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-17 00:21 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Comments(2)