2009年 01月 23日

欧州駅ナカ生活

イ課長ブログのホテル評価では「利便性の良し悪し」は重要な評価要素になる。
というより「利便性が悪い」っていうホテルはそもそも選択対象になりづらい。

何しろこっちは出張者だ。アチコチ移動するわけだから、移動に便利なホテルじゃないと
ダメなのは当然で、いくら安くて設備が良くても「静かな郊外に立地し、駐車場完備
(要するに車じゃないとムリ)」なんてホテルは論外。

駅…それもなるべくターミナル駅に近いホテルを選択することになる。
いわゆる中央駅(ドイツ語だとハウプト・バーンホフ)はいろんなトコに行く電車が
出るから、その近くのホテルなら(他の要素はさておき)移動の利便性はイイ。
だが欧州のターミナル駅は外国人に別の利便性も提供してくれるのである。

欧州の大きな駅って、メシ・物販・床屋に至るまでいろんな店が入ってて、
交通上のターミナルと同時に商業上の集積拠点を兼ねてる場合が多い。
さらにメシ屋のレベルがおおむね庶民的なものであるってのも非常に助かる。
ワシントンじゃ晩メシや買い物に苦労しただけに、よけいそう感じる。

これを見ると、どこの肉屋の店頭かと思うだろうけど、これも実は駅の中の店。
フランクフルト中央駅にはこういう肉屋さんもあるのだ。これは2008年撮影。
 
f0189467_4322530.jpg


フランクフルト中央駅にはイ課長が愛用したトルコ系ファーストフード店もあるし
寿司屋もある。トルコめし屋でメシ食いながら撮った寿司屋の写真がこれ。
ドイツの大きな駅のフードコートって大体こんな感じのところが多い。
f0189467_4331120.jpg


ドイツの大きな駅にはこんな庶民的メシ屋からコンビニ・本屋・ネクタイ屋に至るまで
何でもあった。ホテルで飲む缶ビールの調達も駅がそばにあれば何の問題もない。

ハンブルクの中央駅では夜にミュージカル観に行く前にこんなモノ食って腹ごしらえ。
トルコのドネル・サンドのトースト版とでもいうか…あと当然ビールね。
「ちょっと軽く何か食ってくか」って時にも欧州のターミナル駅はとっても便利。
f0189467_43353100.jpg


ベルリンの中央駅じゃメシは食わなかったけど床屋に行った。この駅のショッピング
モールもスゴい規模で、ベルリンで通訳さんと別れたとき、彼女は「帰りの飛行機まで
ここで少し買い物していきます」って言ってたくらいだ。
f0189467_4344238.jpg


これは2007年出張で、プラハの中央駅の中にある店で昼飯食った店の写真。
69コルナだから…当時たぶん400円くらいかなぁ?今考えりゃ安かった。
プラハの中央駅も大きかったなー。「何でも用の足りる欧州の中央駅」という法則は
ドイツだけではないのである。
f0189467_4354917.jpg


こっちはブリュッセル南駅(北駅とならぶターミナル駅)で食った晩飯。
ま、単なるピザだけどさ(笑)。
ワシントンじゃこういう「缶ビールでも飲みつつ、安い晩飯を食う」って店が全然なくて
苦労したことを思えば、やっぱ欧州のターミナル駅って便利だ。
f0189467_6122736.jpg


写真はないけど、ケルンやデュッセルドルフの中央駅もいろんな店が充実してた。
「セレブなホテルの高級レストランで優雅に食事」っていう志向の人は別として、
地元民に混じって安いメシ屋に入るのダイスキ、っていう貧乏性のヒトは欧州行ったら
大きなターミナル駅のそばに泊まるのがいろんな意味で便利だよね。
 
[PR]

by tohoiwanya | 2009-01-23 04:38 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)


<< プラハという街 -その1-      オバマ大統領就任記念 >>