2009年 01月 28日

プラハという街 -その2-

プラハって街は路面電車がアミの目みたいに市内を走り回ってて、市内の移動には
非常に便利なんだけど、路線が多すぎて短期滞在の外国人にゃ覚えられっこない。
その点、3路線だけの地下鉄はわかりやすい。イ課長も何度も乗った。

駅の構内もワシントンDCみたいに薄暗くなくて(笑)、チャンと明るい。
こんな感じで、駅はどこも非常にキレイだったね。
f0189467_11444249.jpg


ごーーーッと電車がきて…
f0189467_11445919.jpg


わらわらと乗り込む。
f0189467_11452346.jpg


中はこんな感じ。連続写真でお送りしてみました(笑)。
f0189467_11454310.jpg


しかし、何と言ってもプラハの地下鉄を語る上で欠かせないのがエスカレーターだ。
地下鉄だから、当然どの駅にも必ずエスカレーターがある。しかもけっこう長い。

まぁ長いだけなら「うわ~なげぇ~」と感心してりゃ済む。大きな問題ではない。
だが、このエスカレーターにはもう一つ重要な問題があるのだ。それは…


速度がヤタラ速いことだ。

速い。これまで乗ったどの国のエスカレーターより速い。
「プラハ エスカレーター」で検索してみ?プラハ地下鉄の高速エスカレーターに
乗った体験談がイッパイ出てくる。今やちょっとしたプラハ名物だ(笑)。

乗るときはキモチ“加速”してタイミングを合わせる必要がある。
足腰の悪いお年寄りは困るんじゃないか…と思って見てると、やはり慣れというのは
恐ろしいもので、よぼよぼのバーサマもちゃんと加速してヤッ!と乗ってる。

2007年出張ではイ課長はゴロゴロスーツケースを持たず、荷物を手に下げてたから
速いエスカレーター乗るのも支障なかったけど、重いゴロゴロケースをころがしながら
アレに乗り降りするとしたら、“難度”はかなり高いと思うなー。
プラハの地下鉄の高速エスカレーター、乗るときはみなさんご注意ください。

下の写真でエスカレーターに乗ってる人(特に手前の方)が少しブレてるのは撮影時の
手ブレではない。速度のせいなのだ。
f0189467_11474373.jpg


このようにプラハの地下鉄のエスカレーターでは急ぐヒト用に「左側をあける」みたいで、
この辺は大阪方式のようである(笑)。
 
[PR]

by tohoiwanya | 2009-01-28 11:48 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(0)


<< 欧州ステンドグラス紀行      プラハという街 -その1- >>