人気ブログランキング |
2009年 03月 09日

飛行機の中で観る映画

イ課長ブログ、今日は少し趣向を変えて
出張移動フライトの中で見た映画について書こうではないか。

だってさー、考えてもみ?
フランクフルト便飛行時間は行き約12時間、帰り11時間。これを2往復だ。
ワシントン便はもっと長くて行きが約12時間、帰りは13時間ときた。
合計するとほぼ3日間。しかも狭いエコノミー席では身長障害者・イ課長は
ゆっくり眠れない。仕方ないからノートPCで仕事も少しはしたけどさ、あとは
映画でも見るしかなかったんだよ。ツラかったなぁ…。

昨年の出張では欧州2回も米国1回も全部ANAだった。
ANAが提供してくれる、どんな映画を観たかというと…

①インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
 
f0189467_22143.jpg

これは9月にフランクフルトに行く機内で観た。
まぁ、おなじみの調子の娯楽アクション大作っつうわけで、ハリソン・フォードも
頑張ってるし、ケイト・ブランシェットは相変わらず魅力的だが…
…まぁ結局のところ、はいはい、いつものアクション大作ですねっつうだけの話。
最後の方、クリスタル・スカルの謎が解き明かされるあたりで退屈で少し寝た(笑)。


②ザ・マジック・アワー
f0189467_224242.jpg

これは…10月のフランクフルトからの帰国便で観たんだっけかなぁ?
三谷幸喜の脚本・監督っつうけど、正直言って面白くなかった。
この設定は昔のおバカ・コメディ「サボテン・ブラザース」と同じなんだけど、
イ課長はアッチの方が断然好きだな。三谷幸喜は昔の脚本の方が面白かったよなぁ。


③かけひきは恋のはじまり
f0189467_231171.jpg

今やアメリカを代表する二枚目ジョージ・クルーニーが主演・監督し、彼の昔の
ジョノカであるレニー・ゼルウィガーが出てるラブ・コメディ。
これもかなーり退屈だった。ワシントンからの13時間という長い帰国フライトの
時間をつぶすにしても、もう少し何とかならんのか。


④バットマン ダークナイト
f0189467_234399.jpg
f0189467_241199.jpg

これは実を言うと9月出張、10月出張のフライトで2回観た。
さすがにコレは見応えあったね。とうとう死後にアカデミー賞取っちゃった
ヒース・レジャーのキレまくり演技には度肝を抜かれるよ。
前評判も非常に高かったけど、前評判だけのことはあると思ったイ課長であった。



⑤ゲット・スマート
f0189467_25151.jpg

正直に言おう。イ課長は3回の出張・6回のロングフライトの間、この映画を
たぶん3回半くらい観た(笑)。欧州出張2回の間で2回半くらい観て、たしか
ワシントン出張のフライトでも観たんじゃなかったかなぁ?

名作では全然ない。全然ないんだけど、ついまた観たくなったんだよなぁ。
こういうおバカ系スパイ・コメディは飛行機ン中で観るのにはいいのかも。
秘密組織のズッコケ・ボスをやってるハゲたおじいちゃんが、若い頃はクセのある
性格俳優として鳴らしたアラン・アーキンだっていうのにもビックリだぜ。


何せ長〜〜いフライトを何回も乗ったんだから、他にもけっこう観た。
ウォーター・ボーイズとか、スウィング・ガールズなんて旧作も観た。
6回のロング・フライトで観た映画の数はナンだカンだで10本くらいになるはずだ。
あまりのツマラナさに、冒頭だけ観て中止した映画も何本かあった。
その中で「最もイ課長を楽しませてくれた映画大賞」は結局「ゲット・スマート」
であると言わざるを得ない。ああ…映画オタクとして恥ずかしい…(笑)。

by tohoiwanya | 2009-03-09 02:07 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)


<< プラハという街 -その4-      プラハという街 -その3- >>