2009年 05月 04日

ご報告

世間は黄金週間。イ課長も昨日から何の予定もない5連休を楽しんでおります。

さて。

ミクシの方ではご報告したけど、こちらの方でも一応告知しておこう。
イ課長がけっぷち の記事に書かれていた、「もし提案が受かったら、イッキに2回の
海外出張が発生してしまう」という、例の提案書。

G.W.直前の金曜日に結果がわかりました。

結果は…







落ちました(笑)。


進むもジゴク、退くもジゴクって書いたけど、結果的には退くことになった。
今年可能性のあった海外出張のうち、少なくとも2つはしなくて済む。

イ課長としては立場上、残念がり、口惜しがりながらこのことを
「悪いニュース」としてアホダメ上司に伝えなければならなかった。
しかし、あまりにもホッとしたもんだから、こみあげる笑いを押さえるのが大変(笑)。

いやもうホントーーーーーにホッとしたよ。あの提案書が受かっていたら、今年度の
イ課長のジゴクっぷりは昨年をはるかに上回ったのは絶対に間違いない。
単にタイヘンな海外出張を2つやらずに済んだってだけじゃなく、他にもやらずに
済んだタイヘンなこと、味わわずに済んだストレスがすごくたくさんあるのだ。

もうバラしてもいいだろうけど、もし今回の提案書が受かってたら、イ課長は
マレーシアとトルコに出張する必要があった。
ご存知のように、この2カ国は両方ともイスラム圏である。そうする必要があった。

イ課長の勤務先の親会社では海外出張先の“安全度”にランクがあって、たとえば欧州なら
大体の国は問題ないし、マレーシアも問題ないけどトルコは政情の問題もあって、
「海外ナントカ本部長の許可がないと出張してはいけない国」だったんだよね。

もし受かったら、そういう面倒な許可ももらわないと…と心配していただけに、
落ちてくれたのは神の配剤と言いたくなるくらい助かった。

しかしトルコが「許可ナシじゃ出張しちゃダメ国」であるってのは今回初めて知った。
確かにクルド人問題とかいろいろ抱えてるし、過去に小規模な爆弾テロとか何度もあった。

実はイ課長は2005年に、その年に金婚式だった両親を連れてトルコのイスタンブールに
行ったことがあるんだよ。イスタンブールは、それはもう実に魅力的な街だった。

だから今回、もし受かってたら「またイスタンブールに行ける…」という思いもあった。
その一方で、あのステキな街にシゴトで行くのはいやだなぁ…という思いもあった。
結果的に、あの街にシゴトで行くことはなくなったわけだ。

基本的に海外ネタだけで何とかしようとしているイ課長ブログにとっては、
海外出張が2つなくなったことは「ネタの欠乏」が早まることになる。

もし、どうしようもないくらい海外ネタがなくなったら、その時はイスタンブールに
行ったときのネタ&写真を紹介をしよう(笑)。
(下の写真は2005年にイ課長がイスタンブールで撮ってきた写真の中の1枚)
f0189467_1335960.jpg


  
[PR]

by tohoiwanya | 2009-05-04 01:36 | 日本でのオシゴト | Comments(0)


<< プラハという街 -その5-      問題はフランス語… >>