2009年 05月 07日

画期的フランス語学習法

ご存知のようにイ課長は映画ヲタクであり、昔のフランス映画もいろいろ観てる。
イ課長にとって、映画こそがフランス文化に接する窓だったのだ。
その中でも、イ課長に深刻すぎる影響を与えた映画がある。
まぁほとんどの人は知らないだろうけど…「シェルブールの雨傘」という映画だ。
f0189467_045259.jpg

この映画に関しては、イ課長はもうダメなの(笑)。
イ課長はこの映画を愛してる。初めて観た中学生の時から今に至るまで、そして今後も
死ぬまでこの映画を愛し続けるのは間違いない。

この映画は日常のセリフが全編歌になってる、ちょっと変わったミュージカルなんだよね。
あまりに何度も観ているから、イ課長は全てのシーンの旋律を唄えるし、日本語訳も
覚えてるし、フランス語の歌詞が「こんな風に聞こえる」っていうのもけっこう覚えてる。
もちろんイ課長のiPodにも全編入っているから、歌は聞きたい時にいつでも聞ける。

…ん?待てよ…

イ課長のフランス語能力は想像を絶して低いが、この映画のフランス語の歌詞に関しては
けっこう耳が覚えてるわけだ。しかもその日本語訳はほぼ完全に覚えてる。
「シェルブールの雨傘」をパリ旅行前の泥縄フランス語習得に使えるのではないか?

amazonで探してみたら、おお!!「シェルブールの雨傘」の対訳シナリオ本が
1890円で発売されているではないか!光の速度でクリックして買った。
「こういうシーンで、なんとなくこう聞こえた」フランス語の歌詞を、この対訳本で
照合しながら聞けば、すごく効果的なフランス語の練習になるんじゃないの?

本が届いた。で、実際にiPodで歌詞を聞きながら対訳本を読んでみた。

うーむ…これはイイかもしれない。
文法なんかドウでもいいから、とにかくカタコトがしゃべれりゃいいんだっていう
イ課長にとってはまことにグッドな、画期的学習法だと思うよコレは。
たとえば映画の中で、主人公がカフェの支払いをする時にお札を出しながら

ぺいえぶー

と言う。少なくとも映画を観てるガワにはそう聞こえる歌詞で唄う。
実際にはこれは

Payez-vous

って言ってて、「(渡したお金から)代金をとって下さい」って意味になるらしい。
映画の場面と重ねると実にスンナリと理解できる。

どうせイ課長はフランス語の数詞なんて全然わからない。
大きいお札で支払いをする局面はパリ旅行の間に何度もあるはずだ。そういう時に
サラリとPayez-vous…おお、たちまちフランス語オッケー男に変身だぜ。

「お代わり」「ほら見て」「どうしたの?」「また明日」等々…
イ課長のフランス語の語彙はアッという間に急増した。
「もし良かったら私とおいでよ」なんて、ナンパに使えそうなセリフも言える。
「エリーゼが昨夜死んだの」なんて、旅行中に絶対使いっこないセリフまで言える(笑)。
「シェルブールの雨傘」で耳で覚えたフランス語という、アヤフヤな基礎を利用した
画期的フランス語習得法。映画の神はイ課長を救い給うた。


…ただ、この画期的な学習法には一つだけ問題がある。それは…






映画と同じフシで唄わないとしゃべれないということだ。


ゔぃあ〜ん あゔぇくもあ〜 すぃとゔ〜(もし良かったら私とおいでよ)

イ課長は確かにこのセリフをフランス語で言える…いや正確には“唄える”。
当然のことながら、その抑揚を支配しているのはミシェル・ルグラン作曲の旋律だ。
本来のアクセント・本来のイントネーションがどうなのかはわからないまま。

カタコトのフランス語を言おうとすると唄ってしまう外国人…ちょっと…いやかなり怪しい。

パリ旅行中は沈黙を保っていた方が無難かもしれない(笑)。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2009-05-07 00:06 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(2)
Commented by sca at 2009-05-07 17:09 x
>…ただ、この画期的な学習法には一つだけ問題がある。それは…

このあと、
パリの街でシェルブールの雨傘の歌詞を口ずさんでいる髭の紳士を想像して噴出したら鼻水が出てしまったじゃありませんか!(笑)

でも、出張のときと違ってずいぶん楽しそうですねー。
Commented by tohoiwanya at 2009-05-08 02:14
>出張のときと違ってずいぶん楽しそうですねー

いやもう、シゴトでなくアソビで行く海外旅行の準備っていうのは
こんなに楽しいモノだったってことを再発見しているイ課長です(笑)。

「シェルブールの雨傘 学習法」は少しだけフランス語を勉強した、なんていうヒトにとっては
「ああ、未来形はこういう言い方するんだ」とか、すごく役立つと思う。

しかし語学的知識ゼロのイ課長だからねぇ…。
役立ってるのか、それともむしろマイナスになってるのか…?
 


<< 百物語      プラハという街 -その5- >>