2009年 07月 10日

パリのメトロに乗る -その2-

その1」を書いたのが、もう1ヶ月以上前じゃないか…(笑)

パリのメトロって、駅の通路とか階段とかが複雑だ。スッキリしてない。
次々と路線を作り、次々と乗換え通路だナンだって掘り足してはつないでいった結果、
ああいう複雑な構造がいつの間にか出来ちゃったんだろうな。
f0189467_2349473.jpg

切符売場は一応透明ブースだし、改札だってもちろん自動改札。
この辺までは他の国と特に変わるところはないけど、駅構内に入って、
天井の低いトンネルや階段を歩いてると古い歴史に裏打ちされた複雑さを感じる。
f0189467_23493877.jpg

こういう風に細いトンネルや階段がウネウネとつながってるあたり、実にキブンだ。
これがプラハの地下鉄だと長〜い斜坑1本掘って、長〜いエスカレータ1基敷いたら
終わりって感じだけど、この“ウネウネ感”がいかにも古めかしくてイイ。
東京で言うと、銀座線の虎ノ門駅をちょっと思い出させる。

下の写真はメトロの…シテ島の駅だったかなぁ?
深いホームまで吹き抜けで、その間に床やらラセン階段やら二層のエスカレータやら柵やらが
ごちゃごちゃと複雑にからまってる。日本なら階段とエスカレータはたいてい並んであるもんだが。
こんな複雑な設計にしなきゃいけない理由があったんだろうか?(笑)
f0189467_23503475.jpg

だが、イ課長がメトロの駅で一番ギョッとしたのは出口だ。下の写真が出口。
これ…どう見ても乗客用の出口には見えん。資材の搬入・搬出口か何かに見える。
イ課長も最初そう思った。乗客用の出口はもっとキレイで見通しのイイやつが別にあるのでは?
f0189467_2352103.jpg

だが、地元のフランス人たちはみんな次々とこの金属扉に突進していく(笑)。
やっぱこれが出口なのか。一応は自動ドアなんだけど、適度な距離に近づいたところで
スッとやさしく開くんじゃなく、ギリギリまで近づいて「あ、ぶつかるかな?」と思う寸前に、
すごい勢いでドタバンッ!と開く、かなり粗野な自動ドアなのである。
(もう少し小型の出口ドアが1枚目の写真の右スミに写っておる)

地下鉄の切符の自動販売機はコレ。この自販機は別の意味で問題が多い。
実はある駅の窓口で回数券を買おうとしたら、「自販機で買ってくれ」と言われた。
係員が指差した先にある自販機のところに行き、このフランス語を見て買うのをあきらめた。
なんだよコレ。ヒトッコトもわからんではないか。
f0189467_23524887.jpg

なぁ〜、これ、ちょっとアンマリじゃないかい?
欧州だと、鉄道切符自販機の初期画面にはイギリス国旗、フランス国旗、ドイツ国旗なんかの
絵があって、どの言葉を選択するっていうトコから始まるタイプをけっこう見てきた。
ブリュッセルの市電の切符自販機もそうなってたよ。だからイ課長もかろうじて買えた。
ところがパリのメトロの自販機はいきなりコレかい。わかるわけねぇじゃん。
(それともコレは初期画面じゃないのか??そんなハズないんだが…)

自販機は無理だ。ヘタなフランス語で人間相手に買う方がはるかに簡単。
そう思い、あきらめて立ち去ろうとしたら、さっき「自販機で買え」とイ課長に指示した
駅の係員が見かねて窓口から出てきて、目にもとまらぬ早さで自販機を操作し、
代わりに回数券を買ってくれた。おお、これはかたじけのうござる。メルシーでござる。
(買ってくれたっつうても、使ったお金はもちろんイ課長の持ってたお札だけどさ(笑))

彼が買うのを見てたけど、これって手前にある筒状になったニギリ?部分をコロコロと
手前に回したり奥に回したりして画面を操作するんだな。ダイヤル式(つまり左右回転式)
自販機は見たことあるけど、前後回転式自販機なんて初めて見たよ。

もう一度言うぞ。ンなん、わかりっこねぇてば!
もっと外国人フレンドリーな切符自販機にしろ!フランス人!
 
ま、外国人から見りゃ東京の切符自販機だって相当ヒドいと思うに違いないのだが…。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-07-10 00:04 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(4)
Commented by チロリ at 2009-07-11 05:14 x
こないだCNNのサイト見てたら
世界で一番ヤなツーリストで、フランス人が堂々一位だった。
しかもブッチギリ。
曰く、彼らは他の国に行っても、自分のスタンスを全く変えず、横柄であるばかりでなかく、海外から来る旅行者にも非常に不親切である、と。

だから仕方ないのである。ぼんそわーる
Commented by kaz at 2009-07-11 16:46 x
>彼らは他の国に行っても、自分のスタンスを全く変えず、横柄
25年前、空港で働いていたときにそう感じたけど、今でもそうなんだなぁ、きっと。
なんてったって、英語の前は、フランス語が共通語でしたのよ、英語なんて軽々しい言語喋れませんワ、って言われたこともあったし。(通訳付きで)
Commented by tohoiwanya at 2009-07-12 21:50
>だから仕方ないのである。ぼんそわーる

相手が外国人ならフランス語通じないかもしれない  …っていう可能性を
マターク考慮してないヒトは多かった、確かに。
「この車庫の扉を閉めたいので、もし教会の写真撮るんでしたらすみませんけど
早く撮っちゃっていただけません?」
…なーんて、こんな複雑なフランス語言われてわかるかってーの。
いかげで意思疎通にすごく時間がかかって、彼女はかえって扉を閉めるのに
時間がかかってしまったのだが(笑)。
 


Commented by tohoiwanya at 2009-07-12 21:54
>英語なんて軽々しい言語喋れませんワ

まぁホテルはそれでもさすがに英語で応対してくれた。
しかし一般民間人?がイ課長に英語で話しかけてきたっていうのはアミアンでのたった1回。
キレイな光景の写真を撮ってたら「びゅーてぃふぉー かんとりー いえー?」って言ってきた(笑)。

ちょっとイカレたネーチャンたちに見えたけど、実は彼女たち、インテリだったのかも。
そういやね、パリのメトロの車内広告には英会話教室の広告もけっこうあったよ。
 


<< 映画ヲタクの旅  -男と女1-      アミアン大聖堂 -その3- >>