2009年 08月 24日

シャルトル大聖堂 -その2-

少しずつ夏カゼから回復しつつあるイ課長でござんす。

さて、シャルトル大聖堂訪問記の続き。
知らずにミサの最中に写真を撮ったことを反省したイ課長。
それならいったん外に出て、ミサが終わった頃にまた中を見学することにした。
どうせ時間はあるんだし、入場料はタダだから何度でも入れるし(笑)。

外に出て正面ファサードを見上げる。
うーむ…こうして見るとシャルトル大聖堂の正面って意外にスッキリしてるって印象だね。
他のカテドラルだと彫刻やら装飾やらがもっと高密度に詰め込まれてて、結果的に
圧倒的な装飾の重量感があるけど、シャルトルは割とスッキリ感があるというか…
f0189467_0415012.jpg

脇にはこんな日時計天使?もいる。
この天使さん、日時計を持つという自分の仕事があまり楽しくなさそうな顔つきだ(笑)。
f0189467_0422860.jpg

正面のスッキリ感とはウラハラに、教会の側面にまわるとそのフライング・バットレスは
一本(…と数えるのかな?)がやけにブ厚くてゴツゴツしてて重量感がある。
これがズラリと並んでるんだからすごい迫力。
f0189467_0431078.jpg

教会の裏の方にまわるとこんなノドカな光景が広がってる。
こうして見ると、シャルトルって実はけっこう田舎町なんだねぇ…。
地図を見ると、アッチの低くなってるあたりが旧市街の中心みたいだから、
とりあえず散歩しながらアッチの方に行ってみるか。
f0189467_0434191.jpg

大聖堂の裏手の道はどんどん下り坂になってる。
こういう、中世の香りを残すような魅惑的な路地がいっぱい残ってる。
f0189467_044345.jpg

で、低くなったところにはチャンと川が流れてる。
これがまたやけに風情のある川で、ここだけ切り取るともうフランス革命よりずっと前、
中世そのままって感じがするよなぁ。
f0189467_0442392.jpg

橋の上から振り返ると、大聖堂からけっこう下りてきたことがわかる。
欄干に座って釣りをしてる人なんかもいて、のどかだねーー。
f0189467_0445075.jpg

さて、そろそろミサも終わっただろうから、戻ろうかな…いや、その前にどこかでメシを食うか。
キリスト昇天祭で祝日の木曜日。
田舎町・シャルトルはドコもカシコものどかな風景が広がる街だった。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-08-24 00:45 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(2)
Commented by kaz at 2009-08-24 12:30 x
>日時計を持つという自分の仕事があまり楽しくなさそうな顔
(笑´∀`)ヶラヶラ確かに。きっと重くって冗談じゃ・・・でも上司の命令だから・・・みたいな。
アスファルトで囲まれた日本を考えると、ずいぶんきちんと街並みが整って残ってますよね。日本はどうしてこういう風にいかないんでしょ。京都に高層ビルとか。
Commented by tohoiwanya at 2009-08-25 13:46
まぁ大きな要素としては石造か、木造かっていう違いがあるよね。
石造建築だったら単なる民家やアパートでも平気で数百年残るけど
一般の木造住宅じゃそうはいかないもんねぇ。
必然的に、石造りの家の多い欧米の街の方が昔日の面影をそのまま
保存しやすいはず。火事で燃えてなくなるリスクも低いしね。

まぁそれでも、やっぱ住民の意識ってのもあるよねぇ。
フランスとかドイツって、街の景観にはすごくうるさいらしいし。
 


<< シャルトルでのランチタイム      シャルトル大聖堂 -その1- >>